季節の変わり目

気がついたら夏至が過ぎてこれからは日に日に日が短くなってくるという時期になってしまいました。
一季咲き品種の切り戻しが始まっていますがそれでもぽつぽつと咲いています。

22日のバラをUPです。





DSC_0017-s_20170624200023cb2.jpg
キャプテン・ジョン・イングラム(Captain John Ingram)              6/22

オールド・ローズのコーナーで咲いていた紫赤色の最後の一花です。
人並みにテーブルと椅子を置いていても椅子に座ってゆっくりバラを見るということがなかったのですが
最後の一輪はゆっくり眺めて過ぎ去った春を思い起こしたのでした。





DSC_0019-s_20170624200123c93.jpg
エリザ・ボエル(Eliza Boele)                              6/22

キャプテン・ジョン・イングラムの反対側にはエリザ・ボエルが今を盛りと咲いていました。
春先にはほぼすべての枝がブラインドになってしまって今頃咲いていたのです。






DSC_0002-s_20170624200019c8e.jpg
プリンセス・マリー(Princess Marie)                         6/22

一番最後に咲き出したプリンセス・マリーです。
他のバラとのコラボレイションはなくクレマチスと咲き競い合っています。





DSC_0014-s_2017062420002201f.jpg
アンア・フォン・ディーズバッハ(Anna von Diesbach)               6/22





DSC_0054-s_20170624200126a9a.jpg
スベニール・ド・ラ・マルメゾン(Souvenir de la Malmaison) 6/22





DSC_0038-s_201706242001252be.jpg
イングリッシュ・ヘリテージ(English Heritage)     6/22

散り急ぐバラを撮るのも楽しいです。
ERはハラハラと散るものが多く絶好の被写体です。





DSC_0009-s_201706242000207a9.jpg
デュシスド グラモン(Duchesseo Gra)         6/22

一方新たに我が家にやってくるバラもあります。





DSC_0030-s_201706242003387cb.jpg
レッド・チャイナ・from・ 台湾               6/22

エミー・グレイのダブル咲きというような印象の品種です。
台湾から来たということのようですがどうやって誰のところに来たのか
ORの謎解きは興味深いです。


スポンサーサイト

お庭訪問(6月21日)

今日は久々の雨でありがたかったのですがお庭訪問にはあいにくの天気になってしまいました。
今日のお庭訪問は軽井沢のNさんのお庭です。

こちらのお宅は前にもUPしていますが初めて見るバラがたくさんあって本当に興味深く
訪問するのが楽しみなお宅です。
午後になって雨があがってから撮ったのですが残念ながら日中の強い雨でどれもみな下を向いてしまっていて
たくさんある鉢物は撮ることができず高いところのバラだけの撮影になってしまいました。
品種名は一つ一つ確認することができなかったので画像のみのUPです。





DSC_0139-s_20170621201711cac.jpg





DSC_0140-s_20170621201713957.jpg





DSC_0142-s_201706212017141ed.jpg





DSC_0150-s_20170621201716837.jpg





DSC_0160-s_20170621201717698.jpg





DSC_0167-s_20170621201755684.jpg





DSC_0179-s_20170621201756817.jpg





DSC_0188-s_20170621201758320.jpg





DSC_0193-s_20170621201759caa.jpg





DSC_0196-s_20170621201834d51.jpg





DSC_0198-s_20170621201836d11.jpg





DSC_0200-s_201706212018377f7.jpg




中ごろの黄色いバラはゴールデン・セレブレイションです。
ここでは名前の通り金色に咲いていたのですが暖地ではこのようには咲かないという話があって
改めて見てみたら本当に金色というかゴールドという色合いで咲いていたのが印象的でした。
私の写真はへたくそでゴールドという表現にはなっていないのですが
思わず自分でも購入して見ようかと思ったのでした。
たぶん我が家ではもっと淡い黄色で咲くのでしょう。




春の終わり

今年はカラ梅雨でバラ畑は土ほこりが舞っています。
そんな中で今日は真夏のような暑さで午後3時の気温は31℃、南東の風5mという状況で
咲いていたバラは一気にチリチリになり春の終わりを実感させられたのでした。

このような状況の中で今日のバラはありませんので昨日のバラから遅咲きのつるバラをUPです。





DSC_0001-s_201706201942390a6.jpg
ボルティモア・ベル(Baltimore Belle)                   6/19

隣のマニントン・モーブ・ランブラーは咲き終わってチリチリの花ガラが残っていて
組み合わせはちょっと失敗だったと反省中です。





DSC_0010-s_2017062019424107c.jpg
ピュリティ(Purity)                              6/19

昨年の秋から今年の春にかけてカミキリムシの幼虫の被害が続出して対処に大わらわだったのですが
枯れてしまうというものがなくほっとしていたところ
同じように被害にあったピュリティはいよいよ咲き出すという時になって枝枯れが出てきました。
枯れるのかと心配したのですがどうやら1/3くらいは生き残りそうで安堵しています。





DSC_0026-s_2017062019424294e.jpg
ピンク・ギスレーヌ・ドウ・フェリゴンド(Pink Ghislaine de Feligonde)6/19

今年は極めて花つきが良くありませんでした。
どうしてでしょう。





DSC_0054-s_20170620194328482.jpg
チェビー・チェイス(Chevy Chase)         6/19

早咲きのフリッツ・ノビスは完全に散ってしまいました。
一番遅咲きのプリンセス・マリーはようやく一輪、二輪咲き出したところです。




今日のおまけは並んで植えてあるER4種です。





DSC_0050-s_20170620194243f7e.jpg
イングリッシュ・ヘリテージ(English Heritage)   6/19





DSC_0118-s_201706201943298e6.jpg
L.D.ブレスウエイト(L.D.Braithwate)        6/19





DSC_0123-s_20170620194331a47.jpg
ルドルウイ・キャッスル(Ludlow Castle)      6/19





DSC_0126-s_20170620194332a39.jpg
ジュビリー・セレブレイション(Jubilee Celebration) 6/19




今日から一季咲き品種の枝を本格的にカットし始めました。
これまでのつるバラの誘引がきっちりしすぎていたと感じたので
来春は少しルーズな印象になるように誘引してみようと思っています。
枝数を減らして大雑把にまとめた印象になるようにするつもりでやっているのですが
思ったようにまとめられるでしょうか。


お庭訪問(6月18日)

今日は軽井沢のFさんがオープンガーデンをしているということで行ってきました。





DSC_0148-s_20170618205748aa9.jpg

深い樹木に囲まれた数百坪の邸宅にゆったりと植えられたバラは
本来の樹形を現したかのように自然な風情を見せてくれました。





DSC_0119-s_20170618205644ba3.jpg

柘植の刈込のある庭は初めて見たのです。
壁泉がフォーカルポイントになっています。






DSC_0124-s_2017061821002869b.jpg

パーゴラから流れ落ちるように伸びていたのはナロー・ウオーターです。





DSC_0135-s_20170618205647dbf.jpg

デッキに沿わせたバラもゆったりとしています。




DSC_0143-s_2017061820564890b.jpg





DSC_0144-s_20170618205746e5c.jpg






DSC_0149-s_201706182057495cb.jpg






DSC_0150-s_20170618211815ad8.jpg

私の好きなガリカがいくつもありこのタスカニーも自然樹形で好ましかったです。





DSC_0151-s_20170618205750c89.jpg





DSC_0126-s_20170618205645671.jpg

ここではつるフラウ・カール・ドルシュキを見ることができました。
まだ咲き始めだったのですがもう少ししたら素晴らしい光景が見られることでしょう。





DSC_0155-s_20170618205830416.jpg

庭から一段高いテラスから見る光景は周りの高い木々の緑と相まって素敵な景観を見せています。
いつまでも椅子に座って眺めていたいと思いました。





DSC_0157-s_20170618205832074.jpg






DSC_0154-s_201706182058290ef.jpg

今日のおまけは家の中にいたデンバー君です。
テラスの枠が映り込んでちょっと幻想的な印象になりmした。


今日は曇り空で肌寒くあいにくの日よりでしたが
ひさしぶりに本当のローズガーデンといえるお庭を拝見できて満足して帰路に就いたのでした。



今日の夢ハーベスト農場

昨日夢ハーベスト農場のブログを見たら5分咲きという案内がありました。
早速今日行ってきました。
確かに5分咲き程度だったのですが写真を撮るのにはちょっと物足りず
後日改めて行こうと思っています。

今日は花数が少ないということから引いて撮った画像を中心にUPをしてみました。





DSC_0100-s_20170617211944cdf.jpg

建物の壁面を飾るシティー・オブ・ヨークです。






DSC_0208-s_201706172120277da.jpg

通路にはウッドチップが敷き詰められて歩きやすくなっていました。






DSC_0109-s_201706172134338d2.jpg

いつも目につくリトルアーティストです。





DSC_0171-s_201706172119467c5.jpg





DSC_0179-s_20170617211947171.jpg






DSC_0116-s_20170617213435762.jpg

リトルジェムです。





DSC_0198-s_201706172120252ac.jpg






DSC_0210-s_2017061721202882a.jpg






DSC_0213-s.jpg




ここはいかにも手をかけたという印象がない素朴な感じのするところが気に入っています。
いつも夕方をめがけていくのですが人影も少なくなって落ち着いた印象が一層深まります。



プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク