気のせいか?

気がついたら9月も下旬になっていました。
10月上旬の一斉開花を期待しているのですがぽつぽつと途切れず咲いています。
8月から気になっていたのですが秋になっても花のサイズが小さいのです。
今年の気候のせいでしょうか。
10月に入ったら本来の大きさで咲いてくれるのを期待しています。





DSC_0517-s.jpg
チューイン(Chu Ying)                           9/22

花が小さいと書きましたが変わらないサイズで咲くものもあります。
チューインはどちらかというと例年より大きいくらいです。





DSC_0518-s2.jpg
ワイルド・ヌルー・ヨンダー(Wild Blue Yondar) 9/22

こちらは小さい!





DSC_0530-s.jpg
リヴァル・ドゥ・パエスツム(Rivalde Paestum)               9/22






DSC_0547-s.jpg
ドクター・ハーバート・グレイ(Dr Herbart Gray)              9/22






DSC_0555-s.jpg
ペイントブラッシュ(Paintbrush)       9/22






DSC_0595-s.jpg
ミッドナイト・ブルー(Midnight Blue)     9/22





DSC_0576-s.jpg
                                      9/22

ようやくカマキリさんに会いました。
時々目にはしていたのですが写真を撮るタイミングがなかったのです。
春に2cmくらいのかわいいカマキリを見たのが最初だったのですが
一応卵を産むくらいの大きさになっていてよかったです。
もしかして春に見た一匹がこれまで生き残っていたのでしょうか。






DSC_0505-s.jpg
                                      9/22

ミーちゃんが梨の木に登っています。
なぜか木に登る猫はミーだけです。



スポンサーサイト

ショック!台風18号の被害が・・

今朝起きてみたらロサ・モエシー・ヒリエリが根元から折れていたのです。
自然樹形で育てていて天径も3mを超えていて
我が家では唯一自慢できるバラだったので残念です。


昨日は厚い雲に覆われていたけれど雨は降らず翌日の天気は晴れの予報で
台風18号はどこへ行ったのだろうと思っていました。
その後、夜になって風が強くなりざわざわと葉音がしていたので
明日の朝は倒れた鉢を起こさねばと思いながら床に就いたのです。

今朝はさっそく倒れた鉢を起こしたのですがいくつかの鉢の枝が折れていた程度で
思ったよりも被害がなくてよかったと喜んでいました。





DSC_0316-s.jpg

その後生ごみを出すので道路に出たところ
反対側の畑の光景がいつもと違うことに気がついたのです。
ロサ・モエシー・ヒリエリとグロワール・デ・ムスーのあった場所がぽっかりと穴が開いたように
何もないのに気がつきました。
ゴミ袋を道路において急いで近寄ってみたら
ロサ・モエシー・ヒリエリがぽっきりと根元から折れているではないですか。
そしてグロワール・デ・ムスーは根元から倒れていたのです。





DSC_0317-s.jpg

根元から細くても枝が出ていればよかったのですが
この時期では新たなシュートが出ても冬が越せないでしょうし
春になってからの新芽の動きも期待できないのではないでしょうか。
それでも春まではこのまま様子を見てみます。





DSC_0315-s_20170918163115e00.jpg

我が家では古参のバラで折れたところの太さを図ってみたら13cm×11cmで
平均12cmの太さでした。

幹の折れた部分を見てみたら表面から見てもわからなかったのですが
表皮内側が変色して形成層の半分くらいが剥がれていたのです。
早晩枯れる状況だったことがわかりました。





067-s_20170918165205afa.jpg
ロサ・モエシー・ヒリエリ(Rosa moyesii hillieri)            2016/5/26

記念に自然樹形の姿をUPしようと画像を探したのですがなんと
ひとつもないことがわかりガックリ。
とりあえず昨年の画像のUPです。

画面左下のピンクのバラはグロワール・デ・ムスーです。
このバラは倒れただけだったようなので支柱を立てて起こしておきました。





026-s_20170918164857e68.jpg
ロサ・モエシー・ヒリエリ(Rosa moyesii hillieri)            2016/5/20





DSC_0329-s.jpg
ロサ・モエシー・ヒリエリ(Rosa moyesii hillieri)               9/18

折れた枝を整理していたらヒップがふたつ見つかりました。
せっかくだから種をまいてみましょうか。




カメラ散歩

天気予報では今日、明日ともに雨の予報でそれなりの作業段取りをしていたのですが
今朝ちょっと降っただけで一日曇り、明日は晴れの予報に変わってしまい予定変更です。

朝方雨が上がるとつれあいから「運動不足なんだから散歩に行って来たら」と
上から目線で言われたのでした。
言われなくても行くよと心の中で言いながらカメラをもって散歩です。





DSC_0257-s_20170917182809b9d.jpg

アスパラガスの枝に絡みついていた朝顔を発見。





DSC_0261-s.jpg

お地蔵さんと呼んでいる場所です。
地域でもどういういわれのある場所なのか誰も知らない荒れた場所だったのですが
このところ近くに方が面倒を見てくれています。





DSC_0264-s.jpg

休耕地のアサガオです。
たぶんもう直ぐ刈り取られてしまうでしょう。





DSC_0277-s.jpg

道路と畑の間の10cmくらいの空間に植えられているコスモスです。
畑の持ち主の方が管理しています。





DSC_0300-s.jpg
フランシス・デュブルイ(Francis Dubreuil)                    9/17

こんな天気でも咲いているバラを撮りました。
彩りに一枚だけUPです。



昨日は恒例の別所線沿線写真撮影会に行ってきました。
帰ってきてからパソコンに取り込んでこれは良いのではと思えるいくつかをつれあいに見せたら
「う~ん」といったきり反応なしです。
要するに大したことはないという意思表示でがっかり。

気を取り直して後日UPしましょう。


初秋のバラ

夕方には羊雲がいっぱいになった空が見られて秋の気配が濃くなてきました。
明日の朝の気温は13℃の予想で急速に下がってきています。

9月に入ってから摘蕾をやめたのであちらこちらで咲き始めています。
なぜか8月の花よりも小さくパッとしないのですがこの数日のいくつかを選んでUPします。





DSC_0025-s_2017091420125630c.jpg
禅                                     9/5

摘蕾時期を間違えたようで小さな花が満開状態です。
秋に花は深い色合いで素敵なのですが残念です。






DSC_0024-s_20170914201257882.jpg
マリー・デルマー(Marie Dermer)        9/5

地植えしているコケット・デ・ブランシュとして購入したバラがマリー・デルマーだと指摘されました。
でもこの鉢植えのマリー・デルマーという名で購入したバラとはちょっと違うような気がするのですが・・・。
来春もう一度しっかり比べてみましょう。





DSC_0016-s_2017091420125931e.jpg
ミステリー・クリーム・ティ(Mystry Cream Tea)                9/5

この冬の輸入苗です。
春の色合いの方がよかったような気がします。
花の評価は来春です。





DSC_0001-s_201709142013009f6.jpg
パヴィヨン・ドゥ・プレイニー(Pavillion du Pregny)              9/11

ナーセリーの説明には樹高は1mくらいとなっていたのですが
地植えしたらひょろひょろと伸びて私の身長くらいのところで咲いています。
この冬の剪定で悩みそうです。




DSC_0009-s_20170914201302124.jpg
ローテス・ファノメン(Rotes Phanomen)                    9/11

新しく来たHRgです。
古い品種だと思っていたら2002年に発表されたものでした。
そのせいでしょうかHRgにしては華やかな印象です。





DSC_0017-s_201709142013301c5.jpg
サウダージ(Saudade)                             9/12

切り花品種です。
見るからに夏の花ですね。


チョウチョがいっぱい

今朝も晴れてさわやかな秋らしい一日が始まりました。
ようやくバラ畑の雑草取りも終わってシュートの仮誘引も終わって
気分的にもゆったりとした朝でした。

最初に秋野菜の種まきをしたところに水やりをしました。
それから鉢植えのバラに液肥の散布です。
気分的にもゆったりとしていて時間をかけての液肥やりでした。

そんな折に目の前をチョウチョがひらひらと舞っていました。
見たこともないチョウだと思って急いでカメラを取ってきたのでした。

撮っていたら次々と新しいチョウが現れたのです。
撮った後で検索してみたらクジャクチョウ、ヒョウモンチョウ、セセリチョウでした。






DSC_0020-s_20170910122419ad5.jpg

こちらはクジャクチョウです。





DSC_0004-s_20170910122417e89.jpg

このチョウは表と裏が全く違う模様です。





DSC_0033-s_201709101224204e5.jpg

翅の裏はこのように地味な模様です。






DSC_0034-s_2017091012242164f.jpg

イチモンジセセリチョウはこの頃よく見かけています。





DSC_0043-s_20170910122515422.jpg

ヒョウモンチョウはいろいろな種類があるようで正確な名前はわかりませんが
このチョウもたぶん初めて見たと思います。





DSC_0046-s_201709101225173e5.jpg





DSC_0105-s_20170910122518f63.jpg

パソコンに取り込んでからわかったのですがヒョウモンチョウは二種類がいたようです。
模様が違うのがわかりますか。



今日はチョウのオンパレードといった日だったようでこのほかにアゲハもモンシロも来ていました。
クジャクチョウは夕方までバラ畑にいましたよ。

何かいいことがある日なのかなと思ったのですが今日は私の誕生日でした。
チョウも祝ってくれたのでしょうか。






DSC_0037-s_20170910122514dbe.jpg
ボレロ(Bolero)                                   9/10

今日のおまけはクジャクチョウが止まっていた宿根草の横で咲いていたボレロでした。
ヤマボウシのなかで埋もれるように咲いていました。



プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク