早咲きのバラが開花

今日は朝のうち雨、その後は曇りで気温もあがらず外仕事には最良な一日でした。
昨日までの4日間にわたる真夏日で我が家の早咲き御三家は一気に咲き進んでしまいました。
UPが遅れていて前後してしまうので今日は今朝の画像からのUPです。

今はいわゆる早咲き品種が開花してきていて中でもチャイナやティーの開花が目につきます。
これらの中から選んでUPしてみました。





DSC_0104-s_201705242028055aa.jpg
つるごじゃ                                                   5/24





DSC_0111-s2.jpg
スミズ・パリッシュ(Smith Parish)                                     5/24





DSC_0114-s_20170524211904a21.jpg
ミセス・ハーバート・スティーブンス(Mrs Herbert Stevens)                     5/24





DSC_0132-s_20170524202808803.jpg
ラ・シールフィード(La Sylphide)                5/24





DSC_0143-s_2017052420285939f.jpg
ソフィーズ・パーペチュアル(Sophies Parpetual)                            5/24





DSC_0156-s2.jpg
リヴァル・ドゥ・パエスツム(Rival de Paestum)                              5/24





DSC_0174-s_2017052420290340e.jpg
イザベラスプラント(Isabella Sprunt)                                    5/24





DSC_0147-s_20170524202900f4e.jpg

今日の締めはミーちゃんでした。




スポンサーサイト

山梨へゴー②

今日で4日続いて最高気温が30℃を超えてこれからのバラの開花は予想がつきづらいです。
この時期に咲く一重のタカネバラやエディーズ・クリムソンなどは
この気温で咲いたと思ったらあっという間に散ってしまいました。

あれもこれもUPしなくてはと思っているのですがまずは山梨へ行った続きをUPします。





DSC_0091-s_20170523112555737.jpg

keikoさんのお宅です。
壁面のつるバラが実に優雅です。
やはりバラと煉瓦の壁というのは最良のコンビでしょう。





DSC_0102-s_201705231125579f6.jpg

昼頃の強い日差しだったのでコントラストが強いです。
朝夕だったらもっと雰囲気があるはずなので残念です。






DSC_0118-s_20170523112558076.jpg

煉瓦の壁とアイアンの格子窓につるバラはこれ以上の組み合わせはない景観でしょう。






DSC_0120-s_20170523112559752.jpg

ここではこのような小物があちこちに効果的に使われているのです。
我が家でも参考にしたいのですがイメージが貧困で実行に移せません。






DSC_0138-s_201705231126015bb.jpg

塀からこぼれるように咲くバラは絵になりますね。
計算通りだったら素晴らしいアイデアです。






DSC_0140-s_20170523112645a6d.jpg

keikoさんのお宅に来て一番気になるバラがこのつるバラです。
来るたびに名前を聞くのですがいまだに購入していません。
ここまで書いてからたしか名前をメモしていたはずだと思い探してみたらありました。
このバラはブーケット・パルフェでした。






DSC_0158-s_2017052311264725b.jpg

keikoさんのお宅を見た後はイタリアンのランチだったのですがランチの画像はありません。
なぜか誰も写真を撮ろうとはしませんでした。





DSC_0163-s_20170523112648a6f.jpg

tamaさんのお宅です。
tamaさんのお庭は宿根草の中にバラあるという我が家とは反対のイメージのお庭で
丁寧に作られた優しいイメージでした。





DSC_0168-s_201705231126507b8.jpg

玄関わきのアイスバーグです。
宿根草を撮らなかったので庭のイメージがわく画像がなく申し訳ございません。



tamaさんのお宅を後にして恒例のハーブスタンドを目指しました。






DSC_0173-s_20170523112712d0b.jpg

ハーブスタンドは18日からバラの苗の販売を始めたところで
回りの木々の緑も浅くいかにも春が浅い時期だと感じさせられました。

例年だとこのつるバラが咲くころに来ていたのです。





DSC_0175-s_2017052311271550f.jpg

ここではゆめさんはなにやら車に乗らないくらいの長尺苗を買って、keikoさんもあれこれ予約して、
私もお願いしていた苗をいただいたのでした。
ゆめさん、ykeikoさんとはここで別れてこの春のシーズンのスタートを実感しながら帰路につきました。





山梨へゴー①

バラはようやく本格的に咲き出すというこの時期に昨日は31℃、今日は33.7℃と真夏並みの暑さになって
ちゃんと咲くのだろうかと気になったのですが今のところは問題なさそうです。
それでも気になって夕方になってからバラシャワーをしてやりました。

うちのバラが本格的に咲き出す前に今年も一昨日(19日)山梨県のバラ友宅を訪問してきました。
いつものゆめさん、keikoさんに今年は新たにtamaさんのお庭を訪ねて最後はハーブスタンドに寄るというコースでした。

二回に分けてUPしますが今日はゆめさんのお庭です。






DSC_0051-s_201705211918559a0.jpg

前にもUPした場所ですが標高1300mの清里から見た八ヶ岳です。
畑が白いのはレタス用のマルチシートです。






DSC_0056-s_201705211918563ea.jpg

山梨県側に入って長坂インター近くから見える北岳と甲斐駒の山々がきれいでした。






DSC_0059-s_20170521191858b18.jpg

ゆめさんのお庭はちょうど見ごろでした。
玄関前の光景です。






DSC_0060-s_2017052119185950e.jpg

いつもは撮ったバラは品名を確認しておくのですが今回はうっかりしてメモするのを忘れていました。
今回はすべてバラの名前なしです。






DSC_0062-s_20170521191901eaf.jpg







DSC_0067-s_20170521191936e22.jpg

テーブル回りも気持ちが行き届いていました。






DSC_0070-s_201705211919373be.jpg

庇に横に這わせているバラはフランソワ・ジュランビルです。
高いところに横に這わせるというのは作業が大変なのですがきれいにやっていていつも感心してみています。





DSC_0074-s_20170521191939832.jpg

小物もさりげなくきちんとおかれています。
私にはとてもできない気配りです。





DSC_0086-s_20170521191942ecf.jpg

ゆめさんの庭というとバタースコッチが印象的なのですが今回も咲いていました。




keikoさんとtamaさんのところは明日UPしたいと思っていますが
明日はGCGRに行き帰りが遅いので後日のUPになるかもしれません。


山で咲く藤の花

昨日藤の花を撮りに行ってきました。
一週間前に撮りに行く直前にギックリ腰になったあの藤の花です。

一週間たってもう散り始めているかと思ったのですが盛りは過ぎていましたがまだきれいでした。






DSC_0129-s_2017051521221801e.jpg

家の近くで歩いても5分くらいのところに咲いているのです。
今回はそれでも用心して車で近くまで行ったのでした。

大きな木の上からゆったりと流れるように垂れていて7~10mくらいはあったでしょう。
庭園の藤のように棚に誘引されて1m程にもなるような大きな房で咲いているのもきれいですが
私にはこのように野性味にあふれる藤の花のほうが魅力的です。






DSC_0084-s_20170515212135946.jpg

地面は前は農地だったのですが休耕地になっています。
ここは河川敷で見る人もいないところですが返って野生の美しさを感じます。






DSC_0118-s_20170515212215d42.jpg







DSC_0090-s_20170515212137f79.jpg







DSC_0120-s_20170515212216ea5.jpg







DSC_0105-s_20170515212138259.jpg

遠くに見える車は私の車です。
本当に歩いても5分くらいでこんな山奥のような感じのところがあるのです。
前からこんなに大きな木々に囲まれたところでバラを栽培したら秘密の花園になるのではと
夢のような妄想を掻き立てていた場所です。




雨に濡れた新緑のバラ

昨日は午後になって雨が止んでから雨に濡れた新緑のバラを撮ったのですが
咲き出したバラをUPしたのでお蔵入りになるところでした。
しかし、この時期にしか見られないバラの葉もUPしたいと思いUPします。






DSC_0003-s_201705141054049ca.jpg
                                                        5/13

ORのコーナーです。
雨に濡れた赤味のないさわやかな緑色の葉は花を見なくてもよいと思うくらい美しいです。
中央がヴィオラセ、その右がキャプテン・ジョン・イングラム、その右はセギエと続いています。





DSC_0006-s_20170514105406b0e.jpg
                                                        5/13

左からセギエ、シシング・ハースト・キャッスル、エリザ・ボエル、ブラン・ドゥ・ヴィベール
手前右はブラッシュ・ヒップです。





DSC_0014-s_20170514105408bc0.jpg
マダム・ルグラ・ドゥ・サンジェルマン(Mme Leguraas de St.Germain)              5/13





DSC_0010-s_20170514105407440.jpg
セレッシアル(Celestial)                     5/13





DSC_0023-s_20170514105455e81.jpg
ローズ・ディヴェール(Rose d'Hivers)                                 5/13

これらの品種はこの時期には一度ならずUPするお気に入りです。

ローズ・ディヴェールは葉の雰囲気も花もお気に入りなのですが唯一の欠点は黒星病に弱いということです。
どの品種よりも早き発病してその後の防除でも止まらないのです。






DSC_0032-s_201705141054562d5.jpg
ロサ・ホロドンタ(Rosa holodonta)                                   5/13

ロサ・ホロドンタは昨年購入したもので初めての開花を期待しているのですがまだ蕾は上がってきていません。
ロサ・モエシーiの交配品種で別名にロサ・モエシー・ピンクという名前があるそうです。
画像も見ていないのでどんなピンク色なのか大いに期待して待っているところです。



プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク