FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越します

DSC_0205-s_20181101205928dac.jpg
アイスバーグ(Iceberg)                       10/29

画像保存容量がなくなったことを知り急きょ引っ越しをすることにしました。


早速準備を始めたのですが新しく開いたサイトがこちらのサイトにUPできないとか新旧のサイトをきちんと開けないとか手に負えない状態になってしまったのです。
今日専門家に見てもらったところすべては私の思い込みというか勘違いでやり方を間違えていたということが判ったのです。


ようやく新しいサイトのお知らせをするが出来きました。
(穴があったら入りたい・・・。)


新しいサイトのタイトルは「オールドローズの咲く庭」と変えましたが内容はこれまでと同じような内容です。
下記のタイトルからこれまでと同じように遊びに来てください。

             オールドローズの咲く庭


スポンサーサイト

とりあえず今日のバラを

このグログの画像保存容量がなくなってきたので新しいサイトに変わろうと準備したのですが
なぜか新しいURLが貼り付けできなくなったのです。

あまり時間を空けたくなかったのでとりあえずこのサイトで更新します。




DSC_0283-s_2018103021055502f.jpg
ジャック・カルティエ(Jacques Cartier)    10/30

気がついたら返り咲きしていました。
やっぱり良いバラですね。




DSC_0300-s_2018103021055691a.jpg
L.D.ブレスウエイト(L.D. Braithwate)      10/30

この時期の黒赤系の色合いは格別です。
黒真珠も咲いていますがビロード状の花弁は見ていて飽きません。




DSC_0306-s_20181030210558deb.jpg
チエズ・チャイナ・No1・クリムソン(Chie's China No1 Crimson)     10/30

グラスの実の間で咲く風情は秋ならではの光景です。




DSC_0317-s_20181030210559251.jpg
紅美香登                   10/30





DSC_0342-s_20181030210601618.jpg
スミズ・パリッシュ(Smith Parish)                     10/30

夕日が落ちて雰囲気が違って見えますがこれもご愛嬌ということで・・・。




DSC_0362-s_20181030210602129.jpg
チャールストン(Charleston)                        10/30

秋恒例のお目見えです。
この時期にしかUPされないというにバラですが秋の色合いは好きです。



新しいURLが貼り付けできないという原因がわからずてこずっています。
明後日見てもらうことにしているのでその結果によってはパソコンの更新ということになるかもしれません。
一旦おかしくなると素人にはお手上げというのがパソコンの嫌なところです。



寒い朝

今朝の最低気温は予報どおり6℃で寒かった。
昨日までの雨とこの気温の低さでわずかに残っているバラの花はぐったりとしたりボーリングしてしまったりしています。
明日も寒い朝のようですが明後日からは気温もあがるようなのでなんとか蕾は咲ききってほしいです。





DSC_0128-s_20181021194202c67.jpg
マダム・ジョゼフ・シュバルツ(Mme Josef show Chwartzk)10/21

たくさん咲き出していたのにこの形でストップです。





DSC_0180-s_201810211942381c9.jpg
マダム・アルベルト・ベルナルダン(Mme Albert Bernardin)        10/21

今年の新顔でこの秋から咲き出しました。
まだたくさん蕾があるのできちんと咲ききってほしいです。




DSC_0193-s_2018102119424023f.jpg
ザ・ブライド(The Bride)             10/21

なんとか一輪が咲きました。
残りはみなボーリングしてしまいました。
画像の雰囲気が本来の状態と違うのですがこれはこれまでの画像処理ソフトから新しいソフトに変えたため不慣れで使いこなせていないためです。
追々見た目らしく調整できるでしょう。




DSC_0134-s_20181021194111e8f.jpg
マドモアゼル・ドゥ・ソンブレイユ(Mademoiselle de Sombreuil)      10/21

この秋の優等生です。
春は全く咲かなかったのですが秋は途切れなく咲き続けています。




DSC_0133-s_20181021194546ee8.jpg
マダム・アルベルト・ベルナルダン(Mme Albert Bernardin)        10/21

今年の新顔です。
中輪ですが小輪に近い大きさで私好みの大きさです。





DSC_0117-s_20181021194200f91.jpg
ノイバラ                    10/21

ローズ・ヒップも色づいてきました。
ノイバラはあちこちに鳥の落とし物由来であるのですがローズ・ヒップの色づきがみな違うことに気がつきました。
まだ緑色が残っているものから真っ赤に変わっているものまで色々です。
これはオレンジ色が強いタイプです。




DSC_0057-s_201810211948533cc.jpg
ノブドウ

今日のおまけはノブドウの実です。
つるが伸びて手に負えないのですがこのような実を見ると少しは残しておきたくなります。





今年の兄弟会は

今年の兄弟会は14,15日の一泊で伝説の里と言われる鬼無里・戸隠巡りをしてきました。
鬼無里・戸隠は長野県の北部、新潟県との境にあり山深いところです。

今回の兄弟会の幹事は妹夫婦で義弟が鬼無里の出身ということで決まりました。
実はひと昔よりももっと前に一度案内されたことがあったのですが
今回の方がひと際印象が強く行った甲斐がありました。

生憎曇り空で写真を撮らなかったのですがUPです。





DSC_0002-s_20181018174602eae.jpg
白髭神社

鬼無里は本当に山深いところなのですが大昔から人が住んでいていろいろな言い伝えがるところなのです。
天武天皇が天皇13年(685)に鬼無里に遷都を計画したことから東京(ひがしきょう)とか西京といった地名があるとか
鬼女紅葉(きじょもみじ)の伝説から鬼無里という名前になったとか興味深い話があるのです。

白髭神社は鬼無里遷都に際して鬼門の守護神として鎮座させたとされ国の重要文化財となっているのです。
((神社が建てられたのはいつなのかは調べていません。)




DSC_0034-s_20181018174604163.jpg
奥裾花大橋

白髭神社を見た後は奥裾花川沿いに渓谷をドライブしました。
まだ紅葉には早くちょっと残念。

この夜の宿は奥裾花温泉鬼無里の湯でした。




翌日は義弟の家を見て一山超えた戸隠へ向かいました。

鬼無里は平地がなく山また山といった地形のところにぽつぽつと人家があるのです。
義弟の家の隣の家はというと谷を隔てた向かい側でした。
以前来た時はなぜかど山深いという印象がなかったのですが
今回はこういうところで生活していくということは本当に大変だったのだろうと身にしみて感じたのでした。
義弟の家は人手に渡っていましたがなんと今の持ち主は別荘として使っているとのことで不在でした。





DSC_0058-s_20181018174650ba7.jpg
大望峠展望台

鬼無里と戸隠の境の峠です。
戸隠連峰はなんとか見えましたが北アルプスは雲の中で見えませんでした。





DSC_0068-s_20181018174652c84.jpg

戸隠神社という言い方をしていますが実際には奥社、中社、宝光社、九頭竜社、火之御子社の五社からなっていることを知りました。
戸隠というとそばが有名で我々も昼食はそばした。
ざるに盛られたそばは山盛りではなくて「ぼっち盛り」という5~6つに分けた状態で盛り付けされているのが特徴だそうです。



来年は我が家の当番です。
年と共に遠出はしたくなくなってきたということで近くの温泉にするつもりです。


夏剪定は8月6日③

昨日から一気に寒さを感じる陽気になってきました。
バラの開花も足踏み状態になってしまっています。

11日に開花したバラのUPを続けます。
昨日に引き続きティー・ローズのUPです。




DSC_0213-s_20181013182240a1f.jpg
フロム・ジロー・No1(From Jiro No1)                  10/11

ティーの樹形は色々ですがこのバラはすらりと伸びてコンパクトです。
樹高は何とも言えませんが1m以上になりそうです。





DSC_0218-s_20181013182241e27.jpg
タンチン(Tantine)                              10/11

アルシディック・ジョゼフに似た色合いですが印象的な花形です。
樹形はコンパクトですが2年目なので不明です。




DSC_0222-s_20181013182242a71.jpg
ペルフェクション・ドウ・モンプレシール(Perfection de Montplaisir) 10/11

何年も前からあるのですが順調に生育せず本来の樹形は推定できません。




DSC_0224-s_201810131822446f3.jpg
エミー・グレイ(Emmie Gray)                       10/11

コンパクトでスレンダーな樹形です。





DSC_0229-s.jpg
ラ・シールフィード(La Sylphide)                     10/11

密な枝ぶりで典型的なティー・ローズの樹形です。





DSC_0241-s_20181013182247e0c.jpg
スベニール・ドーギュスト・ルグロ(Souvenir d'Augst Legros)    10/11

今年は例年よりも大きい花が咲いています。
どうしてでしょうか。
樹形はすらりとしていてフロム・ジロー・No1や紅美香登と同じタイプです。




DSC_0247-s_20181013182249b94.jpg
オディ・ピンク(Odee Pink)                         10/11

強剪定してから樹勢が衰えてしまいました。
本来は典型的な枝が密になる樹形ですが新しいシュートが出ず形を作ることが出来ません。
とりあえず来春も様子見ということになりそうです。





DSC_0250-s.jpg
スベニール・デリゼ・バルド(Souvenir d'Elise Vardon)         10/11

樹形はコンパクトで枝も密です。
管理が楽なバラです。




秋のティー・ローズに続いてそれ以外のバラについてもUPしようと思っていますが
明日は留守にするので気が変わるかもしれません。




プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。