摘蕾逃れのマドモアゼル・ドゥ・ソンブレイユ

今日は一日曇り、夕方雨という天気で昨日と同じような鬱陶しい一日でした。

今朝見つけたのですが摘蕾逃れの一輪が咲いていました。






DSC_0011-s_20170822182620b25.jpg
マドモアゼル・ドゥ・ソンブレイユ(Mademoiselle de Sombreuil)       8/22

春に移植したのですが4月、5月と雨が降らず水やりをしなかったために樹勢が衰えて
春の花はお休み状態だったのですがこの時期になって蕾が上がってきました。
秋に向かって摘蕾していたのですが一輪咲いていたのです。





DSC_0002-s_20170822182619a99.jpg






DSC_0012-s_20170822182622f24.jpg






DSC_0014-s_20170822182623ee2.jpg

花弁が厚いせいでしょうか。
痛みもなくきれいです。





DSC_0025-s_20170822182624d14.jpg

今日のおまけはマドモアゼル・ドゥ・ソンブレイユの下に咲いていたつゆ草です。




スポンサーサイト

夏の名残のバラ

8月も下旬に入ると夏が終わると感じます。
夏の名残のバラをUPしましょう。

秋に向かってせっせと摘蕾していると言っているのですがそれなりに咲いているのです。
今咲いている理由はバラによっていろいろあるのですが
大半は今日咲いているのが夏の最後のバラでしょう。





DSC_0027-s_20170820200006bf0.jpg
パルフェ・タムール(Parfait Amour)                    8/20

気がついたらこのようにどっさり咲いています。
すぐにヒップが大きくなってくるので花柄切りは欠かせません。





DSC_0033-s_201708202000083a2.jpg
プロスペリティ(Prosperity)         8/20

今を盛りと咲いています。
蕾を切ろうかと思っていたら一斉に蕾が上がってきて切りそびれてしまいました。






DSC_0039-s_2017082020001103d.jpg
スイート・ジュリエット(Sweet Juliet)                     8/20

こんな風に夏顔で咲いているのもかわいいものです。





DSC_0041-s_201708202000122e7.jpg
エブ・タイド(Ebb Tide)                           8/20

このように中輪で咲くフロリバンダは蕾を半分くらいにピンチして咲かせています。






DSC_0049-s_20170820200058186.jpg
チエズ・チャイナ・No1・クリムソン(Chie's Chaina No1 Crimson) 8/20

数輪咲いているなと近くで見てみたら一斉に蕾が上がってきていました。
撮影後にすべての蕾を切りました。
このように一気に摘蕾するものもあれば
プロスペリティのように切らずに残してしまうものもあるのです。
何が違うのかといわれると明確には答えられませんので
気分で決めていますと言わざるを得ません。





DSC_0068-s_20170820200102b78.jpg
淡雪                                     8/20

淡雪や下のマジカル・ミラクルなどのポリアンサは摘蕾していません。





DSC_0080-s_20170820200104559.jpg
マジカル・ミラクル(Magical Miracle)                     8/20





DSC_0091-s_20170820200407d79.jpg
ヘンリー・ハドソン(Henry Hadson)     8/20

ヘンリー・ハドソンは鉢植えなのですがこの数年不調できれいに咲いてくれませんでした。
今年は復活してどんどん蕾を上げてきます。
こういう状態を見るとまずは咲かせてみようという気になってしまうのです。






DSC_0062-s_20170820200101a68.jpg
ベイシーズ・パープル・ローズ(Basye's Purple rose)            8/20

こちらも成り行きで咲かせているバラでした。





DSC_0084-s_20170820200406b21.jpg
スノー・ペーブメント(Snowy Pavement)                   8/20

今年は数年ぶりにヒップができて色づいてきています。
このヒップとのツーショットを撮りたいと思って摘蕾していなかったのですが
一輪も思い通りの場所で咲いてくれませんでした。





DSC_0106-s_20170820200409d32.jpg
スノー・ペーブメント(Snowy Pavement)                   8/20






DSC_0055-s_20170820200059e35.jpg

ミーが遊んでちょうだいと要求しています。



ひとりで散歩

今日は久しぶりに夏らしい天気になりました。
ようやく暑い暑いと言いながら伸びた雑草を抜いていました。

夕方になって日が落ちる直前散歩に行こうとしたら東の空に入道雲が白く輝いていたのです。
急きょカメラをもって散歩することにしました。




DSC_0004-s_20170819195719c9b.jpg






DSC_0008-s_20170819195720b99.jpg

午後になってから出る入道雲は激しい夕立になることがあり要注意なのですが
夕方になって出る入道雲はかわいいと思ってしまうのです。






DSC_0013-s_2017081919572238e.jpg

途中で人様の畑のお花をパチリ。





DSC_0015-s_20170819195723fb0.jpg

ついでにお地蔵さんもパチリ。
昔は木造のお堂だったのですが今ではオール金属製のお堂です。

時代の流れと言ってしまえばその通りですがやはり寂しいです。





DSC_0018-s_20170819195741e36.jpg

これは名前がわからない現代バラですね。





DSC_0021-s_20170819195742690.jpg

コスモスが咲き出していました。
やっぱり秋だと思いました。

この時はもう日が落ちてかなり暗くなっていてISO1000で撮っていますよ。



ハリーがいなくなってからもハリーと散歩したコースを一人で歩いています。
亡くなってもう一か月になるのですがまだ朝や夕方には
ハリーの散歩に行かなくてはという気持ちになってしまうのです。





今日も雨だった

今日も雨でした。
それでも日中は一時晴れ間が見えたのですが気温が低く最高気温が26℃ということで
夕方には寒いと感じてしまいました。

朝、霧雨の中で撮った画像をUPです。





DSC_0010-s_201708162024461c4.jpg
マニントン・モーブ・ランブラー(Mannington Mauve Rambler)         8/16

滴を探したのですがよい状態のものは見つかりませんでした。
見る目のある人はばっちり撮るのでしょうがうすらぼんやりで困ったものです。





DSC_0021-s_201708162024473a1.jpg
マニントン・モーブ・ランブラー(Mannington Mauve Rambler) 8/16






DSC_0003-s_201708162024441cd.jpg
真宙                    8/16





DSC_0024-s_2017081620244967e.jpg
マダム・ドゥ・ラ・ロッシュランベール(Mme de La Roche-Lambert)     8/16

購入したナーセリーでは一期咲きだとのとでしたが返り咲きしています。
「オールドローズ花図譜」を見てみたら秋に少し返り咲くとなっていました。
以前の画像を見てみたら今年と同じように夏に返り咲いていました。
咲き方も環境で変わるのでしょうか。





DSC_0043-s_20170816202528f61.jpg
マダム・ピエール・オジェ(Mme PierreOger)                  8/16

こんな気候のせいでしょうか、今頃咲く花とは思えないきれいな咲き方です。





DSC_0049-s_2017081620252917b.jpg
カーディナル・ヒューム(Cardinal Hume)                    8/16

夏もうっとうしいくらい盛大に咲いています。
そろそろ秋に向かって切り戻しをしなければ・・・。





DSC_0037-s_201708162025269db.jpg

いつものようにミーがやってきました。
バラ畑の中はこのように草だらけです。
まだしばらくは手が付けられませんというよりもやりたくないのです。




真夏のバラ

孫たちが帰ってほっと一息ついたところでバラ畑を見て回ったら
8月の蕾はすべて摘蕾すると言っているのに次々と咲いています(苦笑い)。
ちょっと言い訳すると鉢物はきちんとピンチしていますよ。
15日過ぎにはHTから順に夏剪定をする予定になっているのですがどうしたものでしょう。

時折小雨模様の中で撮ったのでコントラストのないのっぺりした画像ですが
撮影品種を半分程度に絞ってUPします。




DSC_0012-s_20170815131940920.jpg
ミセス・ダドリー・クロス(Mrs Dudley Cross)                8/15

一輪だけ咲いていたのですが残りの蕾は撮影後にピンチしました。
9月に入ったら弱剪定をします。





DSC_0015-s_20170815131941a0c.jpg
マドモアゼル・ドゥ・ソンブレイユ(Mademoiselle de Sombreuil)       8/12

春に移植したのですが雨が降らず水不足で春の花はありませんでした。
今頃になって一斉に蕾を上げてきたのです。
こちらも撮影後全部ピンチしましたよ。





DSC_0022-s_20170815131943a5d.jpg
チューイン(Chu Ying)                            8/15





DSC_0023-s_201708151319447f1.jpg
アンデンケン・アン・アルマ・ドゥエーグル(Andenken an Alma d'Aigle)     8/15





DSC_0033-s_20170815132032566.jpg
リタウマ(Ritausma)                             8/15





DSC_0045-s_20170815132033f2e.jpg
ラプソディ・イン・ブルー(Rhapsody in Blue)  8/15





DSC_0049-s_20170815132035382.jpg
スベニール・ドゥ・デリゼバルド(Souvenir d'Elise Vardon)           8/15





DSC_0056-s_20170815132036186.jpg
プロスペリティ(Prosperity)           8/15





DSC_0058-s_201708151320384fd.jpg
アイスバーグ(Iceberg)             8/15

アイスバーグは真面目にちゃんとピンチしているはずだったのに下枝に咲いていました。





DSC_0059-s_20170815132115a07.jpg
ヒュームズ・ブラッシュ・ティ・センテト・チャイナ(1Hume's Blush Tea-scented China)8/15





DSC_0064-s_20170815132117b26.jpg
ピンク・ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンド(Pink Ghislaine de Feligonde)8/15





DSC_0065-s_20170815132118e2b.jpg
フィリス・バイト(Phyllis Bide)         8/15





DSC_0066-s_2017081513212050d.jpg
フェリシア(Felicia)                            8/15





DSC_0069-s_201708151321213fe.jpg
ベイシーズ・パープル・ローズ(Basy's Purple Rose)              8/15

なぜか摘蕾はバラツキがあってフェリシア、プロスペリティそれにこのベイシーズ・パープル・ローズなどは
摘蕾していない株になっているのです。
今日の状態は一斉に色づき始めているのでこのまま咲かせます。





DSC_0071-s_20170815132145bc8.jpg
真宙                                     8/15

真宙も放任状態です。
理由は春以来このようにきれいに咲かない状態が続いていて秋までピンチしないつもりだからです。





DSC_0075-s_20170815132147a0c.jpg
スノードン(Snowdon)                           8/15

スノードンは春はきれいに咲くのですが二番花以降はこのように獅子咲き状態になってしまうので
やはり放任状態なのです。



この夏は日照時間が例年の半分くらいだと言われていますがそのせいでしょうか
黒点病がいくつかの品種に出ています。
明日も雨の予報なので明後日には防除をしたいです。




プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク