去年の春は

まだまだ寒いですが2月も下旬になりいよいよ春も近いと感じています。
こんな時期は例年通り前年の春の画像を見て気分を上げましょう。




DSC_0013-s_201802191938271e7.jpg
                                     2017/5/30

昨年は開花が遅れて例年よりも1週間ほど遅れたのではないでしょうか。
ようやく咲き出したという感じです。
5月30日といえば例年ならばもっとも華やかな時期です。





DSC_0002-s_2018021919382572c.jpg
                                      2017/6/1

右上はマニントン・モーブ・ランブラー、左手前はガート・ルード・ジェキルです。





DSC_0038-s_20180219193828534.jpg
                       2017/6/6

つるサマー・スノーが咲き出したところです。
例年ならば満開の時期です。
それにしてもひ弱な感じの咲き出しです。





DSC_0044-s_201802191938300cc.jpg
                                     2017/6/6

昨年の画像を見てみると6月6日が最盛期のようでした。





DSC_0045-s_20180219193831394.jpg
                                     2017/6/6

昨年は4月、5月と極端に雨が少なく開花に大きなダメージがあったのです。
こうして画像を見てみると花に力がないのがよくわかります。






078-s_20180219194651a7e.jpg
                                     2016/6/2

↑と同じような場所で撮った一昨年の画像をUPしました。
一輪一輪の力強さが違うのがわかります。

今年は良い条件で春を迎えたいです。



スポンサーサイト

ジーン・シスレー


昨日石灰硫黄合剤の散布をしました。
昨年カイガラムシが目についたので久しぶりにマシン油も一緒に散布です。
これで冬の作業はひと段落つきました。
この冬は珍しく作業が順調に進んで追われる感覚がないままに今日まで来ました。
後は鉢の植え替えと地植えの品種の移植、それから落ち葉の整理と寒肥をやることが残っていますが
これは凍った土の融ける今月下旬まで待たなければなりません。

これから10日くらいはやることがないのでとりあえず庭木の剪定でもしましょうか。
心が軽く気分がいいです。
今日はジーン・シスレーをUPします。





DSC_0027-s_20180211203147aa3.jpg
ジーン・シスレー(Jean Sisley)                   2017/6/6

画像をUPしてから念のために確認してみようと思ってオールドローズ花図譜をひらいてみたら出ていません。
そういえばこのバラはTeaだと思っていたらHTだったのだと思い直して別の図鑑を見たのですが
手持ちのどの図鑑にも出ていませんでした。
そんなにマイナーな品種なのかと驚いて改めてネットで見てみました。





DSC_0267-s.jpg
ジーン・シスレー(Jean Sisley)                   2017/6/6

姫野バラ園とローズ・アンティークで販売されていてることがわかりました。
このなかで姫野バラ園の説明が参考になったので以下に書いておきます。

ジーン・シスレーは1879年にイギリスのヘンリー・ベネットにより
President(Tea1860)×Emilie Hausburg(Hybrid Perpetual1868)の組み合わせにより作出された。
そして次のような言葉も書かれています。
「ハイブリッドティーの父」と呼ばれるヘンリー・ベネット氏が最初に示した10種類のハイブリッドティー種の中の一つです。
この文章の意味がもうひとつわからないのですがごく初期のEHTであることがわかります。





DSC_0157-s_20180211203149508.jpg
ジーン・シスレー(Jean Sisley)                   2017/6/9

ここでジーン・シスレーの交配親にプレジデントが使われていることを知ったのですが
そういえば家にもプレジデントというバラがあったことに気がつきました。





DSC_0608-s.jpg
ジーン・シスレー(Jean Sisley)                   2017/9/23


参考までに画像をUPしようと思い昨年の画像を探してみたらありません。
どうしてだろうと思って記録簿を見たら癌腫の記載がありました。
昨年は不調でまともに花が咲かなかったことをようやく思い出したのでした。
さかのぼって一昨年のプレジデントをUPしておきます。




DSC_0070-s_20180212161553c4b.jpg
プレジデント(President)                         2016/8/5   

いかにもティー・ローズらしいよい雰囲気ですがなぜか苗が売られていないようでネットでもヒットしません。
バックアップを考えたほうがいいようです。



今日は気軽にUPしようとしたのですがプレジデントのところまで話が及んでしまい思わぬ時間がかかってしまいました。


      

落ちこぼれのバラ

落ちこぼれのバラというのは私が勝手につけた名前で処分候補だけれど残っている鉢植えのバラのことです。
地植えのバラの場合はもういいかなと思うとスパッと抜いてしまうのですが
鉢植えの場合はもういいかなと思いながらとりあえず植え替えだけしておこうと思い直して何年も居座っていることになっているのです。
こんなバラが5本以上あります。
当然のことながら冷遇されていて咲いてもめったにカメラを向けません。
今日は罪滅ぼしのような気持で数少ない画像の中からいくつかをUPします。





DSC_0008-s_20180208175055b58.jpg
さおり                                 2017/6/14

下がスカスカになったつるバラの下に沿わせようかと思い購入したのですがずっと生育不良だったのです。
植え替えをしてみたら癌腫があったので切除したところようやく花が咲き出しました。
目下処分候補から格上げしようかと様子見の最中です。





DSC_0080-s_201802081750562b9.jpg
マジカル・ミラクル(Magical Miracle)                 2017/8/20

バラを始めたころに買ったのですがOR中心になってもなぜか残っています。
手入れが悪いのでずんぐりむっくりの形ですが本来はどれくらいの高さになるのでしょう。





DSC_0041-s_20180208175058e06.jpg
ミッドナイト・ブルー(Midnight Blue)                 2017/5/31

こちらもマジカル・ミラクルと同じころに購入しました。
咲き出しの色合いはいいのですがマジカル・ミラクルと同様に開くと色が褪せてしまいます。





DSC_2369-s.jpg
るる                                  2017/10/21

京成バラ園に行った時に買いました。
悪くはないんだけれど我が家では居場所がないバラとなっています。
こういうバラはほしい人がいれば差し上げるのですがこれまで誰も目に停めてくれません。





DSC_0187-s_2018020817510180d.jpg
時の恵み                  2017/6/16

村田晴夫さんが育成したバラということで買ったのですがこのところ姫野バラ園のカタログでは目にしません。
昨年撮ったのはこの一枚だけでした。





DSC_0065-s_20180208175102f50.jpg
淡雪                    2017/8/20

頂き物ですが本で見るようにきれいに咲かせられません。




ペルル・デ・パナッシェ

バラを育て始めたころは絞り柄のバラには特に興味はありませんでした。
最初に買った絞り柄のバラはフェルディナンド・ピシャールでその後センチメンタルなどいくつかあったのですが
このころの絞りはシャープなイメージが強くて好みに合わず結局いなくなっていきました。
その後しばらくは絞り柄がなかったのですがバラ友さんのブログでジョルジュ・ヴィベールを見てまた絞り柄を育ててみたくなりました。
気がついたら今では5本以上のストライプ柄のバラがあります。
これらのバラは以前持っていたような強いイメージではなくて柔らかな印象であるのが特徴でしょう。
今日はこの中からペルル・デ・パナッシェをUPです。




DSC_0035-s_20180201213223011.jpg
ペルル・デ・パナッシェ(Perle de Panachees)              2017/6/15

ガリカの系統でペルル・デ・パナッシェは「まだら模様の真珠」という意味だとたった今知ったのですが納得の名前だと感心してしまいました。




DSC_0123-s_2018020121322433d.jpg
ペルル・デ・パナッシェ(Perle de Panachees)              2017/5/30





DSC_0130-s_20180201213226b02.jpg
ペルル・デ・パナッシェ(Perle de Panachees)              2017/6/6





DSC_0136-s_20180201213229e03.jpg
ペルル・デ・パナッシェ(Perle de Panachees)              2017/6/12

絞り柄のバラが好きな人をシボラーと呼ぶらしいですね。
なかなかいい呼び方だと感心したのですが私はシボラーと言えるでしょうか。



昨日は皆既月食(スーパーブルーブラッドムーン)

昨日の皆既月食はテレビでもウエブサイトでも報道されていてその話題につられて撮ってみようという気になりました。
皆既月食というのはそれほど珍しいものではないと報道されていたのになぜ今回は話題なっているのでしょう。

持っているレンズはバラを撮るのが中心で望遠といえば80~200mmのズームしかありません。
200mmでは豆粒くらいにしか写らないのでカメラはDX(APS-C)で300mm相当で撮りました。
それでも小さく写っていたのでトリミングしています。




DSC_0004-s2_20180201193622bc2.jpg
                                2018/1/31 18:12

何か風景になるものを入れて写したかったのですが田舎で高い建物があるわけでもなく
光がある光景がなかったので日の丸構図で玄関の前での撮影です。




DSC_0015-s2_20180201193624ba9.jpg
                                2018/1/31 21:28

報道では20:48に月食が始まり21:51分に皆既月食になると言っていました。
この画像は月食が始まって40分後です。




DSC_0028-s2_201802011936254f9.jpg
                                2018/1/31 22:08

22時を過ぎたところで外に出てみたら白っぽい月が赤銅色に変わっていました。
皆既月食になっているはずですが右上が明るくてどうしてだろうと思っていたのですが
ウエブサイトに最大食は22:30だと出ていたので納得でした。
この時間には均一な赤銅色の月を見ることが出来たのでしょう。
わかっていれば最大食の時間にも撮ったのに残念なことをしました。

テレビでスーパーブルーブラッドムーンだと言っていたのを耳にしたのですが
どういう意味なのか聞き落してしまっていたので皆既月食の写真を撮ってからウエブサイトで調べてみました。
スーパームーンとは月が地球に接近した時に見える月で、ブルームーンとは満月のことで、
ブラッドムーンとは皆既月食の時の月であって今回はこの3つの現象が重なったことから
スーパーブルーブラッドムーンと呼ばれていたようです。
この現象は35年ぶりだということでそうなるとたびたび見られる皆既月食とは違って
テレビでも大きく取り上げられたのだと納得でした。

7月にはまた皆既月食が見られるそうなので真夜中でなかったら見ていようと思っています。





プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク