あけましておめでとうございます

2016年賀状2-3
                                                       2015/6/4

あけましておめでとうございます。
今年もバラ好きというだけの平凡な内容になると思いますが
ボチボチ更新しますのでよろしくお願いします。

↑の画像は年賀状に使った昨年の春の光景です。
年末に来た孫たちはあっという間に帰っていきました。
明日からはこのような光景をイメージして本格的な剪定、誘引を始めます。
まさに新年の始まりです。



スポンサーサイト

猛暑日に咲くバラ

このところ連日猛暑日が続いています。
バラも鉢植えは夕方の水やりが欠かせません。
こんな暑さの中で思い立ったように5月から中断していたシェッドの組み立てを再開しました。
もちろん日差しの強い日中ではなくて
日差しが弱くなった5時頃からの作業です。





038-m_20150727142618556.jpg
                                                                7/27

昨日までにようやく下地の合板の打ちつけが終わりました。
この後はこの上から杉板を張って屋根を張れば出来上がりです。
そうそう、ドアを付けるのを忘れていました。

手前の白いバラはオディ・ピンクで
奥のつるバラのように見える白いバラはブノワ・マジメルです。
たくさん咲いているように見えますが
この暑さで咲いているというのがかわいそうな状態です。





003-m_20150727142417ffb.jpg
ピエール・ド・ロンサール(Pierre de Ronsard)                                    7/27

シェッドの途中経過を撮るつもりでカメラをもって出たのですが
ついでにバラも撮ったのでUPです。
たくさん咲いていますが早くカットしてやったほうがいいのだけれどと思ってしまいます。





007-m_201507271424197c7.jpg
イングリッシュ・ヘリテージ(English Heritage)                                    7/27





004-m_2015072714241922c.jpg
ピンク・メイディランド(Pink Meidiland)                                        7/27





026-m_2015072714245963a.jpg
パルフェ・タムール(Parfait Amor)                                          7/27






027-m_20150727142501744.jpg
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ(Briliant Pink Iceberg)                            7/27





030-m_20150727142502af4.jpg
ブノワ・マジメル(Benoit Magimel)                                          7/27

こうして引いて撮ると花弁の傷みが見えなくていいですね。





036-m_20150727142536f2f.jpg
アンナ・シャルザッハ(Anne Scharsach)                                      7/27

返り咲きする品種ですがこの時期の返り咲きは残念です。
秋に返り咲きするような管理方法はあるのでしょうか。



シェッドを作っていると言っているのですが
物置以上のものに見えるように出来上がるのでしょうか。
早めに物置を作っていると言い換えた方が良いかも・・・ですね。




来た来た来た、春が来た

3月は寒暖の差が激しく暑い寒いと言っているうちに
気がついたらもう3月も終わりです。
ブロ友さんがコメントに季節の移り変わりの速さに付いていけませんと書かれていましたが
本当にその通りで気がついたらもう春だという今日この頃です。

先週は最低気温が-4℃という日があったのに
昨日、今日の最高気温は20℃で明日は23℃と予想されています。
昨日出された桜の開花予想は例年よりも5日早い4月2日だそうです。
正に季節の移り変わりの速さに付いていけないことを実感しています。




2040-m.jpg

さくらの開花予想から思いがけず早く咲くらしいということで
我が家のしだれ桜を見てきました。
もうこんなに蕾が膨らんでいて来週咲くというのも納得でした。




2047-m.jpg

我が家で一番早く咲く土手の陽だまりの水仙も蕾が上がってきていました。




2056-m.jpg

庭梅の蕾もしだれ桜の蕾と同じくらい膨らんできています。




2061-m.jpg

近くの果樹園のリンゴもきれいに剪定されています。




2067-m.jpg

一つだけ見つけたフキノトウはこんなに伸びていました。




2069-m.jpg

おまけはまだ鍬を入れてない畑のいわゆるペンペン草と呼ばれている雑草です。
これだけ一面にきれいに咲いていると見ごたえがあります。


今週は5月並みの気温が続くそうです。
自分の頭も春に切り替えましょう。


今日のバラから(2)

家の周りの山々も褐色一色になってきました。
秋の気配が急速に失われていきます。
明日の朝の最低気温は0℃とか、
その後の一週間も同じような気温らしいです。
連日強い霜が降りるのではないでしょうか。


名残のバラということで12日に撮った残りをUPです。



091-b_201411131147054f1.jpg
アイスバーグ(Iceberg)                                                    11/12

ようやく咲き出したのですがこれが見納めかも。





093-b_20141113114707852.jpg
グルス・アン・アーヘン(Gruss an Aaschen)                                       11/12

不調です。
秋の花はこれ一輪。





095-b.jpg
マクミラン・ナース(Macmilan Nurse)                                            11/12

こちらは絶好調です。
たぶん霜が降りても咲くのではないでしょうか。




101-b.jpg
ペルフェクション・ドゥ・モンプレシール(Perfection de Montplaisir) 11/12

こちらも次々と咲いたのですが
もう少し引いて枝も入れて撮れるような形になるのにはまだ時間がかかりそうです。





106-b_20141113114710492.jpg
セラフィム(Seraphim)                            11/12

秋のあっさり顔です。
春のようには咲いてくれませんでした。




108-b_20141113114825039.jpg
ソーヤー・プロット・ティ(Sawyer Plot Tea)               11/12

今年のティー・ローズはきれいに咲いたものと
蕾はたくさん付いたのに咲ききれずに終わってしまうものに
はっきり分かれました。
ソーヤー・プロット・ティはよく咲きました。





110-b.jpg
コーネリア(Cornelia)                                                     11/12

忘れたころにぽつりと咲いています。




111-b_20141113114828de9.jpg
ボレロ(Bolero)                                                         11/12

この春に地におろしたのですが
気に入らなかったのか全く咲きませんでした。
今頃になってようやく一輪が開花。
来年は機嫌を直してくれるでしょう。




115-b.jpg
ミセス・ダドリー・クロス(Mrs Dudley Cross)                                        11/12

この写真は3時半ころのものです。
もう夕日の色です。





117-b_201411131148545e1.jpg
チャールストン(Charleston)                                                 11/12

秋のバラと言えば我が家ではチャールストンです。
春は全く見向きもしないのに今頃になると気になりだすのです。

春のボテッとした色合いからすっきりとした色合いに変わります。



やってしもうた!

今日は中秋の名月ということで6時ころから外でウロウロ。
6時5分を過ぎたところで山間からゆらゆらと揺れるような感じで昇ってきました。
雲一つない快晴の空に昇ってくるいつもより大きな満月をしばし堪能しました。

昨日は里山を歩く会で「アプトの道」を歩きました。
旧信越線の熊の平駅から横川駅まの廃線敷きを歩くコースです。

現地に到着してカメラを取りだして撮影条件をセットしようとしたら
エラーの表示が出たのです。
SDカードを入れていなかったのでした。
同行の人がメモリーを貸してくれると言ったのですが
サイズが合いませんでした(トホホ)。

画像をパソコンに取り込んだときにSDカードをカメラに戻していなかったということは
自宅のバラを撮ろうとしたときにしばしば経験しています。
それが旅行に出た時にやってしまったというのは初めてでした。

このコースは7月に下見をしていて撮っていたので
あっさりとあきらめがついたのですが
ガーデンツアーのときに忘れたということになったら泣くに泣けなかったでしょう。



今日はパソコンに入ったままになっていたSDカードに入っていた前日のバラをUPしましょう。


DSC_0006-s_201309191838013ea.jpg
フランソワ・ジュランビル(Francois Jiranville)                        9/17

シュートがまだまだ伸びそうです。
3m~5mも伸びて地面を這いずり回っています。
支柱を立ててまとめておけばいいのでしょうがずぼらで何もしていません。



DSC_0023-s_20130919183804b26.jpg
グラウカ(Rosa glauca)             9/17

ヒップが色付いてきました。
暑さに弱いバラだそうですがこの夏の暑さにも負けず枝枯れもせず生き残りました。



DSC_0027-s_20130919183807afd.jpg
ロシアン・セージ                      9/17

いつも遠目にきれいだと思いながら見ているのですが
UPで見るのは初めてです。
こんどは最盛期に正面からしっかり撮ってみたいです。



DSC_0034-s_201309191838096f1.jpg
サウダージ(Saudade)                                      9/17

9月は咲かせないようにカットしているはずなのに
なぜか今頃が最盛期で咲いてしまうものがいくつかあります。
サウダージもその一つですがやはり深い色合いが出ていません。



DSC_0046-s_20130919183812e4f.jpg
リタウマ(Ritausma)                                      9/17

秋の花は見た目よりも花弁がカサカサした感じに撮れてしまうと感じています。
光のせいでしょうか(そんなことはないでしょう)。


DSC_0056-s_2013091918392167e.jpg
アウト・オブ・イエスターイヤー(Out of Yesteryear)                      9/17

このところ連続の登場ですが
これまで咲いたなかではこの秋の花が一番きれいだと思います。
育て方がうまくなったのかも

そういえばこの咲き方はマクミラン・ナースにそっくりで
これだけ見せられたらわかりません。
プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク