ガーデン・カフェ・グリーン・ローズ(GCGR)

22日最後に行ったのはGCGRです。
GCGRもノイバラが満開でした。
私のバラ好みから言うともう少し後に来たほうが良かったという咲き方でした。
でも次の週というと咲き進んでしまっているでしょうから難しいところです。

オーナーの斎藤よし江さんは昨年と同じようにさわやかな笑顔で迎えてくれました。
この笑顔を見るために行くと言っても過言ではありません。

今回は私にしてはめづらしくたくさん貼ってしまいました。
撮影順に並べてあります。
文章なしで見てください。


DSC_0105-s_20170527201951e04.jpg


DSC_0108-s_20170527201953dea.jpg


DSC_0111-s_20170527201954ea5.jpg


DSC_0122-s_20170527201956231.jpg


DSC_0137-s_2017052720221099c.jpg


DSC_0141-s_2017052720221319d.jpg


DSC_0146-s_20170527202214b27.jpg


DSC_0148-s_201705272022164e0.jpg


DSC_0156-s_20170527203302234.jpg


DSC_0159-s_20170527203304103.jpg


DSC_0161-s_20170527203305c3c.jpg


DSC_0174-s_20170527203307f54.jpg


DSC_0176-s_201705272033089f8.jpg


DSC_0188-s_20170527203813751.jpg


DSC_0194-s_20170527203814121.jpg


DSC_0199-s_2017052720381613e.jpg


DSC_0205-s.jpg


DSC_0223-s_2017052720381927e.jpg


DSC_0240-s_2017052720390670e.jpg


DSC_0247-s.jpg


DSC_0253-s_20170527203909bad.jpg


DSC_0269-s.jpg


DSC_0273-s_20170527203912174.jpg



最後のバラはERのローズムーアです。
帰りがけにポットに入っていたこのバラが目に入りました。
2004年発表の古いバラなのですが初めて目にしたのです。
ORの雰囲気がたっぷりで私好みでした。


スポンサーサイト

Roses with Breeze


滝ノ入ローズガーデンを出てすぐ近くにRoses with Breezeと名付けられている個人のお庭があります。
滝ノ入ローズガーデンに行っているときはここにも寄っていましたが
昨年は滝ノ入ローズガーデンがオープンする前にGCGRに行ったので来ていませんでした。

今回入ってみたら以前の印象よりも格段に美しくなっていると感じました。
それほど大きくない庭なのですがほっと落ち着く印象が強く残りました。
ちょうど正午頃だったのですがここでは暑くて集中力がなくなるという感じがなかったのです。
植栽されている一つ一つに目が行く構成が良かったのではないでしょうか。

オーナーとはお話しする機会はなかったのですが庭作りへの情熱がしっかり感じられました。





DSC_0084-s_2017052521100604f.jpg





DSC_0079-s_20170525211002f5f.jpg





DSC_0099-s_201705252111036ac.jpg





DSC_0081-s_20170525211004ef8.jpg






DSC_0078-s_20170525211001e27.jpg






DSC_0082-s_20170525211005828.jpg






DSC_0086-s_20170525211057bed.jpg






DSC_0089-s_2017052521105848c.jpg






DSC_0092-s_2017052521110141c.jpg






DSC_0090-s_2017052521110088d.jpg

滝ノ入ローズガーデン

22日(月)にGCGR、滝ノ入ローズガーデンそれにRoses with Breezeに行ってきました。
行った順番に今日は滝ノ入ローズガーデンをUPです。






DSC_0035-s_201705252006424f2.jpg

数日前にオープンしたのですがやはりちょっと早かったようです。
咲き出したという雰囲気にあふれていました。





DSC_0041-s_20170525200644910.jpg

ここはバラ中心のバラ園ですがこのように宿根草とバラの組み合わせの場所もありました。
バラは柴玉です。





DSC_0046-s_2017052520064524a.jpg

この長いアーチが迫力があるのですがあと5日くらい後だったら見事だったのでしょう。






DSC_0059-s_201705252006477cc.jpg






DSC_0063-s_20170525200716901.jpg

ガーディナーに聞いたらチエという名前だと教えていただきました。





DSC_0069-s_20170525200717cbb.jpg

今回はノイバラが盛りで印象的でした。
この後でGCGRに行ったのですが斎藤よし恵さんは今年はノイバラが咲くのが遅いと言っていました。
それでこんなに見事な光景を見ることができたのでしょう。





DSC_0071-s_2017052520071936f.jpg



着いたのがお昼近くで暑い日だったのでバラをゆっくり楽しむというよりも
木陰がどこにあるのあそのことに気が行ってしまう状態で注意力散漫のまま後にしました。



早咲きのバラが開花

今日は朝のうち雨、その後は曇りで気温もあがらず外仕事には最良な一日でした。
昨日までの4日間にわたる真夏日で我が家の早咲き御三家は一気に咲き進んでしまいました。
UPが遅れていて前後してしまうので今日は今朝の画像からのUPです。

今はいわゆる早咲き品種が開花してきていて中でもチャイナやティーの開花が目につきます。
これらの中から選んでUPしてみました。





DSC_0104-s_201705242028055aa.jpg
つるごじゃ                                                   5/24





DSC_0111-s2.jpg
スミズ・パリッシュ(Smith Parish)                                     5/24





DSC_0114-s_20170524211904a21.jpg
ミセス・ハーバート・スティーブンス(Mrs Herbert Stevens)                     5/24





DSC_0132-s_20170524202808803.jpg
ラ・シールフィード(La Sylphide)                5/24





DSC_0143-s_2017052420285939f.jpg
ソフィーズ・パーペチュアル(Sophies Parpetual)                            5/24





DSC_0156-s2.jpg
リヴァル・ドゥ・パエスツム(Rival de Paestum)                              5/24





DSC_0174-s_2017052420290340e.jpg
イザベラスプラント(Isabella Sprunt)                                    5/24





DSC_0147-s_20170524202900f4e.jpg

今日の締めはミーちゃんでした。




山梨へゴー②

今日で4日続いて最高気温が30℃を超えてこれからのバラの開花は予想がつきづらいです。
この時期に咲く一重のタカネバラやエディーズ・クリムソンなどは
この気温で咲いたと思ったらあっという間に散ってしまいました。

あれもこれもUPしなくてはと思っているのですがまずは山梨へ行った続きをUPします。





DSC_0091-s_20170523112555737.jpg

keikoさんのお宅です。
壁面のつるバラが実に優雅です。
やはりバラと煉瓦の壁というのは最良のコンビでしょう。





DSC_0102-s_201705231125579f6.jpg

昼頃の強い日差しだったのでコントラストが強いです。
朝夕だったらもっと雰囲気があるはずなので残念です。






DSC_0118-s_20170523112558076.jpg

煉瓦の壁とアイアンの格子窓につるバラはこれ以上の組み合わせはない景観でしょう。






DSC_0120-s_20170523112559752.jpg

ここではこのような小物があちこちに効果的に使われているのです。
我が家でも参考にしたいのですがイメージが貧困で実行に移せません。






DSC_0138-s_201705231126015bb.jpg

塀からこぼれるように咲くバラは絵になりますね。
計算通りだったら素晴らしいアイデアです。






DSC_0140-s_20170523112645a6d.jpg

keikoさんのお宅に来て一番気になるバラがこのつるバラです。
来るたびに名前を聞くのですがいまだに購入していません。
ここまで書いてからたしか名前をメモしていたはずだと思い探してみたらありました。
このバラはブーケット・パルフェでした。






DSC_0158-s_2017052311264725b.jpg

keikoさんのお宅を見た後はイタリアンのランチだったのですがランチの画像はありません。
なぜか誰も写真を撮ろうとはしませんでした。





DSC_0163-s_20170523112648a6f.jpg

tamaさんのお宅です。
tamaさんのお庭は宿根草の中にバラあるという我が家とは反対のイメージのお庭で
丁寧に作られた優しいイメージでした。





DSC_0168-s_201705231126507b8.jpg

玄関わきのアイスバーグです。
宿根草を撮らなかったので庭のイメージがわく画像がなく申し訳ございません。



tamaさんのお宅を後にして恒例のハーブスタンドを目指しました。






DSC_0173-s_20170523112712d0b.jpg

ハーブスタンドは18日からバラの苗の販売を始めたところで
回りの木々の緑も浅くいかにも春が浅い時期だと感じさせられました。

例年だとこのつるバラが咲くころに来ていたのです。





DSC_0175-s_2017052311271550f.jpg

ここではゆめさんはなにやら車に乗らないくらいの長尺苗を買って、keikoさんもあれこれ予約して、
私もお願いしていた苗をいただいたのでした。
ゆめさん、ykeikoさんとはここで別れてこの春のシーズンのスタートを実感しながら帰路につきました。





プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク