これもトンボ?

今朝もとりあえず花ガラ切りだという気分でダラダラと花ガラ切りをしていたらチューインの枝に見慣れない動物を見つけました。
たしか以前にもブログに載せたと思いつつ取り急ぎカメラを取ってきました。




DSC_0127-s_20180617194118833.jpg
                                      6/17

後でブログを見てみたらキバネツノトンボだとわかりました。
止まっている状態からは蝶か蛾に見えてしまいます。





DSC_0130-s_20180617194119b6d.jpg
                                      6/17

写真を一枚とったところで羽を震わせ始めたのです。
見た通り前の翅は透明なのですよ。
体を温めていたのでしょうか、30秒ほど翅を震わせてから飛び立っていきました。





DSC_0134-s_20180617194120ca3.jpg
                                       6/17

昨年バラ友さんからいただいたタチアオイが咲き出しました。
タチアオイが一番上まで咲いたら梅雨が明けると聞いたことがありましたがどうなるでしょう。





DSC_0139-s_20180617194122917.jpg
                           6/17

頂いたときはどんな色で咲くのかわからずどこに植えるか躊躇したのですがやさしいピンク色でホッとしています。





DSC_0142-s_20180617194123cf4.jpg
イングリッシュ・ヘリテージ(English Heritage)              6/17

バラを撮るつもりはなかったのですがついでに撮ってみました。
例年花びらが散るところを撮っているのですが今年は良いタイミングがなくこれが初めてでしょうか。





DSC_0153-s_20180617194126c24.jpg
フランソワ・ジュランビル(Francois Juranville)              6/17






DSC_0155-s_20180617194128ce2.jpg
ボルチモア・ベル(Baltimore Belle)                    6/17


一番遅く咲いたボルチモア・ベルももう半分近くが散ってしまいました。
ボルチモア・ベルの花ガラは例年取っていなかったような気がするけれど記憶にありません。





スポンサーサイト

日光ツアー

昨日は毎年恒例になっている旅行ツアーで日光へ行ってきました。
私は長らく北海道に住んでいたこともあって日光へは初めてだったのです。

輪王寺、日光東照宮、薬師堂、大猷院と回って湯葉料理を食べて帰ってくるというコースでした。
まったく予備知識も持たずボヤッとして行ったので記憶に薄いのですがメモ程度に書きます。

帰って調べて知ったのですが輪王寺と大猷院は一つのお寺で日光東照宮は別でした。
鳴き龍で有名な薬師堂は輪王寺所属か日光東照宮所属かわかりません。

輪王寺と薬師堂は写真がないのでカットです。




DSC_5348-s.jpg
日光東照宮山門

両脇に阿吽の仁王像があります。
この裏には狛犬がいるのです。
神仏習合の形を見たのは初めてです。
ガイドの話では明治の廃仏毀釈の時もおとがめなしだったそうです。





DSC_5351-s.jpg
五重塔




DSC_5353-s.jpg
三神庫の一つである上神庫

催事の道具入れの場所だそうですがきらびやかです。




DSC_5355-s.jpg
三猿の彫刻

日光東照宮で知っていることと言えばこの三猿と眠り猫の彫刻それに陽明門くらいの知識しかありませんでした。
この三猿は神厩舎(しんきゅうしゃ)といって神馬の厩の壁にあるものです。
三猿の彫り物以外に7枚の彫り物があるのですがサルの姿で人の生き方を表しているのだとか。




DSC_5358-s.jpg
陽明門

写真ではいやというほど目にしているのですが実物を見た印象は思ったよりも小さいというものでした。
きらびやかな彫刻には目を奪われましたがなぜか心の中にはしっくりきませんでした。





DSC_5361-s.jpg
陽明門



DSC_5367-s.jpg
御宝塔

ガイドは家康公のお墓だと言っていたのですが後で調べてみたら御宝塔と書かれていました。
どうしてでしょう。




DSC_5369-s.jpg
眠り猫



この後鳴き龍の薬師堂を見て二荒山神社の前を通って大猷院へ行きました。




DSC_5375-s.jpg

この山門にはバクと唐獅子が彫られていました。
ガイドの説明では唐獅子は寝ている間に毒を出すのでその毒を吸収する牡丹が添えられているとのことでした。
ボヤッと聞いているのでその時はなるほどと思っても帰ってくると皆忘れてしまっているのですがこの唐獅子と牡丹の話は妙にしっかり頭に残っています。
高倉健の唐獅子牡丹のイメージとダブったからでしょうか。
しかし帰ってからネットで見てみたら唐獅子と牡丹の関係は諸説あるようで??ですね。





DSC_5379-s.jpg

山門の扉に彫られていたのも牡丹でしょうか。




DSC_5392-s.jpg

お昼はゆばの料理でした。
ゆばと言えば京都が有名ですが日光でも僧侶の食事に使われていたのですね。
京都では湯葉と書きますが日光では湯波と書くそうです。
日光ではゆばを取り出すときに鍋の中央から取り出すので二重になって波打つから湯波と書くのだそうです。
画像の料理はコースの一部です。





DSC_5395-s.jpg

旅行の締めは金谷ホテルでのコーヒーです。





DSC_5397-s.jpg

どんな器で出てくるのか興味があったのですが建物に合ったクラシックなものでした。




旅行の印象はお寺とか神社のイメージからかけ離れた見世物を見るような印象でちょっと興ざめでした。
しかし年中混んでいるということは人気があるのですね。




行ったり来たりの気温

今日の気温が24℃もあったのに明日は11℃とのことで体がついていきません。
三寒四温という言葉があるけれどこのところの気温の変化は極端です。
それでも明後日以降はこの時期らしい気温が続くようなので一安心です。

この時期と言えば咲いている花はオオイヌノフグリでしょうということで撮ってみました。





DSC_4052-s.jpg
オオイヌノフグリ                               3/15

せっせと雑草取りをしているのですが撮影用に残してあったオオイヌノフグリだったのです。





DSC_4060-s.jpg
ホトケノザ                                 3/15

少し前までヒメオドリコソウだと思っていたホトケノザもにぎやかです。





DSC_4034-s.jpg
ノイバラ                                 3/15

バラの芽の動きはどうかというと葉が落ちないノイバラとして少し前にUPしたノイバラの新芽が伸びてきています。
他のバラはまだ殆んど動いていないと言ってもいいくらいの芽の動きなのですがこのノイバラは飛びぬけて早い芽の動きです。






DSC_4040-s.jpg
リタウマ                      3/15

なんと気がついたらこのノイバラのそばにあるリタウマの芽も動いていました。
この二点は例外ということでしょう。

鉢植えのバラは新芽の動きが気になって毎日のように見ているのですがほとんど動いていません。
動いていないというよりも枯れているのではないかと思えるものが目につきます。
もしかしたらこの冬の寒さが原因かもと気になっています。





DSC_4041-s.jpg

トラがご機嫌伺いにやってきました。
バラ畑の様子がわかりますね。





DSC_4022-s.jpg

今日のおまけは家猫のハナです。
夕食の後に居間に連れてくるのですがこのようにパソコンの前に座ってお休みです。
新聞を広げていると新聞の上に座ってしまって読めないということをよく聞きますが
パソコンのキーボードの上に乗って邪魔をされるという話もよく聞きます。
遊んでほしいからだということのようですがハナは遊んでほしいのではなくてその場で眠りたいだけのようです。




金星と水星が大接近

今日も良い天気で外仕事がはかどりました。
最高気温は18℃だというのですから驚くよりほかはありません。
ようやく枯葉を整理したので残りは寒肥をやればひと段落です。


昨日ネットであすの夕方日没ころに西の空に金星と水星が近づいて見えるということが出ていました。
今日はよく晴れていたので見晴らしのいいところまで出かけて写真を撮ってきたのでUPします。





DSC_0042-s_20180304205130b8b.jpg
2018/3/4 18:11

日没は17:43だったのでこの時間をめがけて出かけました。
日没になればすぐに見えるのかと思ったのですがそうではありませんでした。
18時過ぎの西の空です。





DSC_0044-s_20180304205131885.jpg
2018/3/4 18:12

遠くに見える山は北アルプスです。
中央に槍ヶ岳が見えています。





DSC_0045-s_201803042051335c8.jpg
2018/3/4 18:25

日没後30分経っても見えません。
気休めに街の明かりを撮ってみました。
幸い気温もそれほど下がっていなくて寒さも感じず待っているのも気になりませんでした。





DSC_0048-s_20180304205134c82.jpg
2018/3/4 18:32

カメラを三脚にセットして1時間ほどしてようやく金星が見えてきました。
山際の低いところに出るということだったのですが思っていたところよりも高いところに出ていてびっくり。
気がつくよりも前から見えていたのでしょうか。

画面中央の上の方にポツンと黄色い点が見えているのが金星でしょう。
そしてその右側にうっすらと黄色い点が見えています。
これが水星でしょう。
見えたなと思っているうちに見えなくなりました。
意外と見えている時間は短かったのでした。


昨日は皆既月食(スーパーブルーブラッドムーン)

昨日の皆既月食はテレビでもウエブサイトでも報道されていてその話題につられて撮ってみようという気になりました。
皆既月食というのはそれほど珍しいものではないと報道されていたのになぜ今回は話題なっているのでしょう。

持っているレンズはバラを撮るのが中心で望遠といえば80~200mmのズームしかありません。
200mmでは豆粒くらいにしか写らないのでカメラはDX(APS-C)で300mm相当で撮りました。
それでも小さく写っていたのでトリミングしています。




DSC_0004-s2_20180201193622bc2.jpg
                                2018/1/31 18:12

何か風景になるものを入れて写したかったのですが田舎で高い建物があるわけでもなく
光がある光景がなかったので日の丸構図で玄関の前での撮影です。




DSC_0015-s2_20180201193624ba9.jpg
                                2018/1/31 21:28

報道では20:48に月食が始まり21:51分に皆既月食になると言っていました。
この画像は月食が始まって40分後です。




DSC_0028-s2_201802011936254f9.jpg
                                2018/1/31 22:08

22時を過ぎたところで外に出てみたら白っぽい月が赤銅色に変わっていました。
皆既月食になっているはずですが右上が明るくてどうしてだろうと思っていたのですが
ウエブサイトに最大食は22:30だと出ていたので納得でした。
この時間には均一な赤銅色の月を見ることが出来たのでしょう。
わかっていれば最大食の時間にも撮ったのに残念なことをしました。

テレビでスーパーブルーブラッドムーンだと言っていたのを耳にしたのですが
どういう意味なのか聞き落してしまっていたので皆既月食の写真を撮ってからウエブサイトで調べてみました。
スーパームーンとは月が地球に接近した時に見える月で、ブルームーンとは満月のことで、
ブラッドムーンとは皆既月食の時の月であって今回はこの3つの現象が重なったことから
スーパーブルーブラッドムーンと呼ばれていたようです。
この現象は35年ぶりだということでそうなるとたびたび見られる皆既月食とは違って
テレビでも大きく取り上げられたのだと納得でした。

7月にはまた皆既月食が見られるそうなので真夜中でなかったら見ていようと思っています。





プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク