春霞

今朝は晴れていたのですがもやがかかったように霞んでいて
この時期の春らしい光景でした。
しかしこの数日気温は上がるものの終日北西の風が吹いていて
肌寒くて体感温度は低く気持ちの良い春というのにはまだまだです。




DSC_0056-s_201703181453190ed.jpg

それでもハリーの散歩のときは凍っていた池も10時ころには融けて金魚がゆったりと泳いでいました。





DSC_0057-s_20170318145320d7b.jpg

枝垂桜の向こうに見える烏帽子岳はまだ白いですね。





DSC_0071-s_201703181453222d7.jpg

モクレンの蕾も硬いです。





DSC_0076-s_201703181453238f0.jpg

お隣さんの家の梅は一輪花びらが見えていました。





DSC_0086-s_20170318145354fe6.jpg
ノイバラ

さて、バラはというとようやく芽が動き始めました。
一番動きのあるバラは何かと探してみたらノイバラでした。





DSC_0085-s_20170318145325f34.jpg
ノイバラ





DSC_0093-s_201703181453554a3.jpg
リタウマ

例年ならばこのリタウマが一番早く芽が動くのですが年によって微妙に違うようです。





DSC_0094-s_20170318145722481.jpg
マニントン・モーブ・ランブラー

数日前に枝を微調整しようと思ってあれこれ枝を動かしてみたのですが
思いのほか芽が動いていてぼろぼろと芽が落ちてしまいあきらめたのでした。


まもなく新葉の展開した画像をUPできるでしょう。



スポンサーサイト

今日は誕生日

今日はつれあいの誕生日で子供たちからお花が届いたので撮ってみました。
このところ撮るものがないと思っていて手持無沙汰だったので撮ってみたのですが
いまいちというか平凡な画像でいささかがっかりです。





DSC_0024-s_20170315200719797.jpg






DSC_0047-s_20170315200720534.jpg

はいっていたコメントによると入れてあるバラはスイート・アバランチェとホワイト・バンビーナだとのことです。




ついでに窓辺にあったシクラメンとラナンキュラスも撮ったのでUPします。
こちらの方は春らしいです。





DSC_0011-s_201703152007154cc.jpg





DSC_0014-s_201703152007171e8.jpg



3月も半ばとなりましたがまだ烏帽子岳は真っ白です。
今年は春が遅いのかと思ったら昨年も同じような光景でした。
春は近づいていると感じるのですが本当に春らしいと感じられるのはまだ先の話です。




淡雪

今朝起きて外を見たらうっすらと雪が積もっていました。
日が差すと見る見るうちに溶けていてしまった淡雪です。





DSC_0002-s_201703081409270e2.jpg

積もったと言ってもふわりと載っているといった感じです。






DSC_0001-s_20170308140926b48.jpg

バラ畑は剪定後の美しい光景と言いたいのですが雑然とした感じでちょっとがっかりですね。
下草は全く手をかけていません。
これからボチボチですね。






DSC_0003-s_20170308140929649.jpg

我が家の東側に見えるよそ様のリンゴ畑です。
まだ剪定が終わっていませんがバラと同じで葉が落ちた後の光景は美しくて見とれてしまいます。





DSC_0004-s_201703081409300a2.jpg

今月1日にUPした枝垂桜の下の水仙です。
一週間で結構伸びたと感じます。





DSC_0030-s_201703081409572d7.jpg

雪の下でも咲いているオオイヌノフグリを一度撮ってみようと思っていたのですが
ようやく今日撮ることができました。
もう少し時間がたって撮るときれいに花びらが開くのですが
そうすると今度は雪が消えてしまうのでこのタイミングが限度でした。





DSC_0014-s_201703081409562f4.jpg

今日のおまけは春のビタミンカラーの黄色のラナンキュラスです。
数日前におぎはら植物園に行ったら一鉢200円で売っていました。
ピンク色もあったのですが迷わず黄色を手に取りました。





DSC_0010-2s.jpg

別の写真をトリミングしてみたのですがこのほうが春らしいですね。



去年のブログを見てみたら9日に同じような雪の光景をUPしていました。
そして14日にはもっと降ったと書いていました。

先ほど天気予報ではこの時期は光の春というと天気予報士が言っていました。
確かに明るい日差しを感じるこの頃ですがまだまだ寒いです。


3月です

3月の声を聴くとこれまでの冬という気分的に抑圧された状態から一気に解放された気分になります。
そうは言っても今朝は冷え込んで外猫の水飲みの入れ物は3mmくらいの氷が張っていました。
霜も強く降りたと感じました。





DSC_0003-s_20170301174923ec1.jpg
                                     3/1

それでも春らしさを探してみました。
我が家の枝垂桜の下の水仙は5cmくらいまで伸びていました。
例年桜と水仙は同じ時期に咲きます。
咲くのは4月中旬なのであと一か月半ほど待つことになるのです。





DSC_0008-s_20170301174925662.jpg
                                                          3/1

ハリーの散歩道で見かけたヒメオドリコソウです。
この時期はオオイヌノフグリよりも先に華やかに枯野を彩っています。






DSC_0004-s_20170301174926a38.jpg
                                                          2/28

このところひたすら鉢の植え替えをしています。
スノーペーブメントにヒップが一つ付いていました。
しわしわですが鮮やかなオレンジ色が目を引きました。





DSC_0008-s_20170301174927a7e.jpg
                                                          2/28

今日のおまけはミーです。
スノーペーブメントのヒップを撮っていたら遊んでちょうだいというように
足元でゴロゴロポーズです。



ところで今日はハリーの12歳の誕生日です。
ということはバラの栽培を始めて12年目ということです。
今年のバラの咲き方には満足できるでしょうか。




本になったTシャツ

もう去年のことになってしまったことですが年末に変わったものをいただきました。
宅急便で来た小さな荷物は品名を見たら「書籍、衣類」となっていました。
送ってくれたのはうちの親戚筋のインダストリアル・デザイナーの若者です。
いぶかしく思いながら開いてみると本が二冊入っていました。





DSC_0008-s_201701041900030a4.jpg

サイズは14.5×10.5×2と文庫本のサイズですが厚表紙の本格製本のスタイルです。
タイトルは「本になったTシャツ」で表紙の色は淡いグレー系のベージュ色とでもいうのでしょうか
本格的な重厚な内容を思わせる装丁です。






DSC_0020-s_20170104190006eec.jpg

開いてみると本文は表紙の背についておらず本文の表紙にはエンボスがつけられていますが文字はありません。






DSC_0023-s_2017010419000829f.jpg

裏側がら開けるようになっていたので順番に開いていきました。






DSC_0025-s_201701041900383c1.jpg






DSC_0026-s_201701041900403d7.jpg







DSC_0028-s_20170104190041f8f.jpg

全部開くとTシャツの形になりました。
本の形に成型するためでしょう糊が付いていて不自然に見えますが
一度洗えば本来のTシャツになるはずです。

Tシャツのタグには蔦屋書店と入っていました。
送ってくれた彼に聞いたところ彼がデザインしたもので一部の蔦屋書店で売られているとのことでした。

うちの家系はみな硬い人ばかりなのですがデザイナーという職業の人が出るなんて面白いものです。
素材もよく気が利いていて私も誰かに送ってあげたくなったのでした。




このところ他の方のブログを見ているとBISESが休刊になったことが話題になっています。
休刊すると知ったときは私もびっくりしました。
バラを中心とした雑誌はいくつかありますが
バラは美しいという位置づけで作られている雑誌はこの雑誌だけだと思っていました。
バラ園芸の一つの時代が終わったと思うと複雑な気持ちになります。

プロフィール

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク