夏の庭

今は2番花が咲いていますが例年にない暑さで
咲かせるのがかわいそうなくらいの貧弱な花が咲いています。
この時期に咲く宿根草でもあれば柔らかな印象になるのでしょうがバラ畑は殺伐とした印象です。

この時期に我が家と違うほっとする庭を見る機会がありました。





DSC_0205-s_20170725161339c47.jpg
                                      7/16

16日にあじさいの小道という遊歩道で行われたモデル撮影会に行ってきました。





DSC_0206-s_20170725161341a60.jpg
                                      7/16

昼に終わって帰ろうと歩いていたらオープンガーデンと書かれている椅子を置いてある家を見つけました。
中央の大きなヒマラヤスギがシンボルツリーになっています。




DSC_0207-s_20170725161343931.jpg
                                      7/16

中に入ってからこの家は以前オープンガーデンをしていた時に来てブログにもUPしていたことを思い出しました。
そしてここの家主は建築家で家庭という字は家と庭からできていると
庭の重要性を言っていたということも思い出しました。





DSC_0208-s_20170725161344b82.jpg
                                      7/16

咲いていた花はあじさいと一輪の白いバラだけで自然の中にいるような感じになる庭でした。
十分に注意を払って管理しているのでしょうが自然のままに見えるように維持するのも大変でしょう。





DSC_0211 (2)-s
                         7/16

しっとりとした緑に包まれてベンチに座っている気分は我が家では味わえません。
夏はこういう庭がほしいです。





DSC_0195-s_20170726091831e2d.jpg

肝心のモデル撮影会の内容はというとそれなりだとしか言えません。
でもモデルさんとの関係はだんだん良くなってきていると感じています。
二名のモデルさんは昨年の方と同じでこの画像のモデルさんはかなさんと言います。




スポンサーサイト

これは困った

今日は最高気温が33℃で湿度が高く体を動かすのが重いと感じる日でしたが
頑張って畑の草刈りそしてつるバラの剪定をしました。

午後からつるバラの剪定を始めたのですがグラハム・トーマスの枝を切っていた時に
思いもかけないものを見つけてしまいました。
小鳥の巣があり卵が3個入っていたのです。





DSC_0009-s_20170708194717370.jpg

夕方になって写真を撮ろうと巣を見てみたらなんと卵が5個に増えているではないですか。

巣の上はバラのつるや葉で覆われていたはずなのですが
今ではこのようにスカスカの状態です。





DSC_0008-s_2017070819471616c.jpg

少し前にヒヨドリのような感じの鳥が飛び立ったのを見ていますが
卵から鳥の種類を知ることはできません。






DSC_0010-s_20170708194719c19.jpg

最初に巣を発見したときは親鳥はもう諦めて巣を放棄するだろうと思ったのですが
卵が増えているとなるとしばらく近寄らないようにしなくてはいけませんね。






DSC_0012-s_201707081947465da.jpg

鳥の巣があったのはこの画像の中央あたりです。
左側のバラはグラハム・トーマスで右側はつるアイスバーグです。
このアーチには反対側にはピエール・ド・ロンサール、ファンタンラトゥール、マドレーヌ・セルツアーがあるのですが
しばらく手が付けられません。





DSC_0002-s_20170708194714cf8.jpg

困ったついでにもう一つ画像をUPです。
梨(二十世紀)ですが見たとおり葉が黒く変色していてほとんど葉がなくなっている枝があります。
10日ほど前にリンゴと一緒に防除したのですがその後一気に黒変して落葉してしまったのです。
いつもリンゴの防除暦でリンゴに使用する農薬を一緒に散布しているのですが
こんなことは初めてです。
葉が落ちれば果実が順調に生育することはないのでせっせと摘果しています。
全部摘果してしまえばいいのですが全部葉が落ちてしまったわけではないので
残った葉の数に合わせて残してもいいのではないかといじましい考えでいるのです。
原因はわからないのですが新梢には新しい葉が展開してきているので来年に期待するという気持ちで
状況観察中です。

このようなわけで今年はどこにもお送りできませんのでご了解願います(ペコリ)。






DSC_0020-s_2017070819474992c.jpg
スミズ・パリッシュ(Smith Parish)                    7/8

今日のおまけは夏顔のスミズ・パリッシュでした。


トホホのギックリ腰

気がついたら今年はリンゴの花を撮っていなかったということで
午後からリンゴの花を撮ってそれから藤の花を撮り行こうと外に出ました。






DSC_0003-s_201705091857174d8.jpg
                                                        5/9

リンゴ(フジ)の花は散り始めていて名残の花になっていました。
咲き出しはピンク色がのるのですがもう白一色です。






DSC_0004-s_20170509185718e47.jpg
                                                        5/9

リンゴの木のそばに小川があるのですがゴミがたまっていたのを見て取り除こうと腰を曲げたときに
ぎくりと強い衝撃が走り歩こうとしても痛みで足が前に出ません。
幸い家の裏だったのでなんとか歩いてどうにか家に入ることができたのです。


ギックリ腰だと思ったのでとりあえず安静にしていればいいかと思ったのですが
あまりの痛さに整形外科に行ってきました。
つれあいは付き添いなのですが車の運転ができないので私が運転です。

医者はレントゲン写真を見ると骨が変形しているしこれからも痛みは完全にはなくならない。
うまく付き合っていくことだというようなことを言われ痛み止めと湿布薬をもらっっただけで帰ってきました。

こんな経験は初めてだったのですがだいぶ前から腰に鈍痛があるという自覚症状があったので
いよいよ私も腰痛持ちになったのかと心境複雑でした。

明日はつれあいが東京に行く予定だったので今日でよかったです。
つれあいは東京行きがキャンセルになるし、ハリーの散歩をしなくてはならないし、
加えてバラの鉢の水やりもしなくてはならなくなって被害甚大でしょう。

今日は新たに咲いたバラはありません。
私としてはバラの開花シーズン前でほっとしています。
とりあえず一週間くらいはおとなしくしていましょうか。





山が笑う

今朝は昨日の雨で洗われたさわやかな空気の中で山の木々の芽吹きも鮮やかでした。
朝食のテーブルから見える裏山も柔らかな緑の色合いを濃くしています。






DSC_0062-s_20170502145450c88.jpg

山が笑うと表現されるこの季節の色合いの中に身を置くことは
バラの開花を待つまでの間の最高の喜びです。






DSC_0089-s_2017050214560012e.jpg

裏山のUPです。
柔らかな木々の色合いを見ることができます。
この雰囲気もあと数日で緑一色に変わっていきます。






DSC_0067-s_2017050214545287f.jpg

ハリーの朝の散歩にカメラを持っていきました。
手前の木々はリンゴです。
今日のリンゴの開花状態は8分咲きといってもよいでしょう。
農家の方々は出面さんを集めて花粉付けの作業に追われていました。






DSC_0070-s_20170502145453b55.jpg






DSC_0082-s_20170502145557340.jpg

いつもの定番撮影ポイントです。
山桜が点々と咲いているのですがちょっとわかりずらいですね。






DSC_0086-s_20170502145559799.jpg

遠くに尖った山が見えますが烏帽子岳の一方のピークです。
品種はわかりませんが遅咲きの桜が咲いています。






DSC_0079-s_2017050214545413c.jpg

烏帽子岳の反対側を見ればリンゴ畑の向こうに
北アルプスの白い峰々が雨あがりのさわやかな空気の中で輝いていました。




城山公園の桜

ソメイヨシノが散り始めました。
春の一つのピークが過ぎようとしています。



こんな時期にちょっとタイミングがずれてしまいましたがまだ間に合うと思い
数日前(18日)に撮って保存したままになっていた城山公園の桜をUPです。



家から川向うに見える城山公園の桜が鮮やかに色づいていた18日のものです。
快晴で雲一つない青空を背景に桜を撮ってみようと急きょ午後も遅くなってから行ってきました。

今は城山公園と呼ばれていますが昨年の大河ドラマ「真田丸」で迫田幸也さんが演じた
真田昌幸の家臣矢沢三十郎頼幸の矢沢城と呼ばれた城だったのです。

御多分に漏れずここも急きょ提灯が飾られ賑わしていますが
行った時は夕方だったせいなのでしょうか犬の散歩をしている人がいるくらいで閑散としていました。





DSC_0201-s_2017041821143445c.jpg
                                                        4/18






DSC_0207-s_201704182114369cc.jpg
                                                         4/18



    

DSC_0211-s_201704182114370f8.jpg
                                                          4/18


DSC_0220-s_20170418211515413.jpg
                                                          4/18

ここは上田盆地が一望できる見晴らしのいい山城です。
山並みの向こうは武田信玄の甲斐の国です。
兵どもが夢の跡という言葉が自然に出てきます。





DSC_0239-s.jpg
                                                          4/18






DSC_0241-s.jpg
                                                          4/18

この地域は今でも矢沢という地名で呼ばれています。
矢沢三十郎頼幸の家臣の末裔はいるのでしょうか。



わずか5日しか経っていないのに今朝ハリーの散歩で見た散る桜と違って
張り張りとして華やかだのに驚きました。



プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク