ちょこっとドライブ⑥

どこの別荘地でも中に入ると意外に目印がなくわかりづらいものです。
ハーブスタンドのKIRAKOさんに教えていただいたT邸は
ヒュッテ・ブランシェというペンションを目印に何とかたどり着きました。

ここのお宅は牧草地跡に建てられた別荘で
あたりは見通しの良い場所にあり広いお庭と相まって開放感のある光景が目に入りました。
なんと敷地の周りが全部つるバラで囲まれているのです。




138-s_20160629212409e75.jpg

ここのオーナーは東京とここでトールペイントの講師をしておられるということで
トールペイントで彩られたドアを開いて入ると
このような光景が目に飛び込んできました。

南側に緩く傾斜した庭の向こうにはガゼボがフォーカルポイントになっていて
さらにその向こうには牧草地、松林と続き
晴れていれば南アルプスや八ヶ岳も見えるというとのことでした。
この日は午後から曇ってきてT邸に来たときは青空は見えませんでした。

別荘地の面積は聞いていませんが300坪くらいあるのではないでしょうか。
右側に見えるつるバラの長いフェンスが圧巻です。





141-s_2016062921244800b.jpg

なんとこのガゼボで私が行った前々日には
プロのバイオリニストのバイオリンコンサートが無料で開かれ
2回の公演で150人が集まったそうです。
この話だけでも広い庭だとわかるのではないでしょうか。





118-s_201606292123194df.jpg

オーナーのTさんは一ヶ月のうち20日は東京で指導をして
10日はここで指導されているとのことでした。
この10日の間に庭の維持管理をされていると聞いてびっくりです。
我が家の小さな場所にもかかわらず手が回らないとぼやくのが恥ずかしくなります。





125-s_201606292123293c9.jpg

この庭の特徴はたくさんあるバラの大半はつるバラで木立のバラはごく少数だということでしょう。
庭の真ん中は宿根草で彩られていて見通しは良いです。




134-s_20160629212406517.jpg

通路は芝あるいはウッドチップが敷き詰められていて歩きやすいのでした。
(ここで我が家に来たことのある方は我が家の状態を思い浮かべないでくださいね。)





124-s_201606292123269bd.jpg

Tさんはトールペイントでバラを描くにあたってもっと良くバラの形を知ろうと思ったことから
バラを植え始めて4年目だとおっしゃっていました。
それにしても広い敷地をつるバラで飾ろうというのはスケールの大きな計画です。
どうやら花ガラ切り以外はほとんど一人で管理されているようですが
きれいに整えられた状態を見ると信じられない行動力です。





121-s_201606292123225f1.jpg





122-s_20160629212324153.jpg

後で気がついたのですがつるバラの縁をぐるぐると歩いただけで
中心部の宿根草の部分は全く見ていなかったのでした。





131-s_20160629212404f19.jpg

たくさんあったつるバラの中で気になったのがこのバラです。
ラベルはエゼルとなっていました。





142-s_2016062921244643b.jpg

実はこのお宅で最も気になったのはこの大きな犬のオブジェでした。
入口に置いてあったのですが殺風景な我が家にも一つ置いておきたいです。



スポンサーサイト

ちょこっとドライブ②

今日は一言でいえば曇り時々雨というパッとしない一日でした。
雨の合間を縫って四季咲きのバラの花ガラ取りをしていました。
ようやく四季咲きが終わったのでひとまずほっとしています。
つるバラは雑草取りの合間にぼちぼちとやる予定です。

さて、バラクラの次に行った香草庵のバラをUPしましょう。
バラが咲いている蕎麦屋として知られていて
数年前にも行っていてブログにUPしています。
その時は6月23日に行っていてバラが咲く時期には早かったと書いています。

今回は時期的には良かったようで多くのバラが咲いていました。





058-s_20160628165553e16.jpg

大きな木々の中にひっそりとたたずむ洋風住宅でとても蕎麦屋さんには見えません。
以前は別荘だったところで蕎麦屋さんを開いたのではと思ってしまうのですが
今回も確認はしていません。





060-s_201606281655542d7.jpg

窓際から見た光景で外にはアルバセミプレナが見えていました。

注文したのは鴨なんばんでしたが写真は撮り忘れました。





062-s_20160628165557373.jpg

外から見たアルバセミプレナです。





064-s_20160628165558c72.jpg






069-s_2016062816562919c.jpg

この場所は標高1000m位の場所だということで寒さに強いバラが植えられています。
今回は画像がありませんがF.J.グルーテンドルストとその色変わりの品種が
いくつか植えられていたのが印象的でした。





070-s_20160628165630e84.jpg






071-s_20160628165630c52.jpg






074-s_20160628165632d86.jpg

それぞれのバラの名前をお店の方に聞いてみたかったのですが
このあと次々とお客さんが入ってきて忙しそうだったのであきらめました。

ここに植えられているバラは私の好みのバラが多いのですが
大きな木が多く日当たりが悪いでしょうか花数が少ないのが残念でした。



ちょこっとドライブ①

今日は春のバラツアーの最後のドライブということで
バラクラ・イングリッシュ・ガーデン、香草庵、御射鹿池、姫野バラ園、
ハーブスタンド、オープンガーデンを廻ってきました。

順にUPしていきます。
最初はバラクラ・イングリッシュ・ガーデンです。
バラのトップシーズンということで入場料は季節的には一番高い期間だったのですが
ここでも咲き進んでいてほぼバラは咲いていないと言ってもよい状態でした。
イングリッシュガーデンという見方をすれば良い時期だったと言えるでしょう。

例によって撮影順にUPです。
バラの画像もあったのですが今回はあえてバラ抜きの画像をUPしました。






001-s_2016062720261850e.jpg






          009-s_201606272026199ea.jpg

この庭のシンボルツリーのゴールデンアカシアの木は来るたびに大きくなっていると感じます。





017-s_20160627202622798.jpg






019-s_201606272026223c0.jpg






021-s_20160627202624b24.jpg

アリスをテーマにした「アリス イン ワンダーランドの庭」です。





033-s_2016062720270537b.jpg






034-s_20160627202707297.jpg





042-s_201606272027085e0.jpg





044-s_2016062720271061f.jpg





046-s_20160627202711b56.jpg





047-s_20160627202913d1d.jpg





054-s_20160627202916d8f.jpg

最初にバラ抜きだと書いたのですがちらほらと入ってしまいました。
こうして見てみるとわたしにはやっぱりバラがたくさんあるという光景がよいと感じ他のでした。



次回は香草庵のバラの予定です。

夢ハーベスト農場のバラ

数日前に夢ハーベスト農場のブログを見たら5分咲きと書いてあったので
昨日急いで行ってきました。

行く時刻は例によって夕方です。
着いたのは4時半ごろでもう人影はありませんでした。
農場の方の話ではちょっと前まではたくさん人がいたのですが一気に帰っていきました、
本当はこれからが良い時刻なのにとおっしゃっていました。
私としてはまさにこの時間がねらい目だったのです。
日が傾いてから見るバラは気持ちが落ち着きます。
もちろん写真を撮るのにも最適です。





030-s_20160611130601479.jpg

私がここに来るときはいつもピークを過ぎてからなので
こんなに早く来たのは初めてでしょう。





033-s_20160611130609569.jpg

このフェンスは3m位あって見ごたえがあります。





039-s_20160611130603f3d.jpg

夕日を背にしたメインガーデンですが誰もいません。





040-s_20160611130607f6a.jpg






057-s_20160611130607342.jpg






071-s_20160611130700b2a.jpg






077-s_201606111307018cc.jpg





079-s_201606111307044c7.jpg






081-s_20160611130705952.jpg

ここはショーガーデンのような華やかさはありません。
ナチュラルガーデンといってもいいような素朴な雰囲気が好きです。





021-s_20160611130902cc6.jpg
ブラータ(Bullata)                                              6/10

ここにくれば必ずカメラを向ける定番のバラ、ブラータです。
印象が強いです。






034-s_20160611130904559.jpg
ロサ・モスカータ・ヘルマン(Rosa moschata Herrman)                        6/10





045-s_201606111309057da.jpg
ピンク・グルーテンドルストの枝変わり                                 6/10

ピンク・グルーテンドルストの株に同じくらいの枝数で濃赤色の花が咲いていました。
先祖がえりでF.G.グルーテンドルストに戻った枝なのでしょう。






061-s_20160611130909873.jpg
バフ・ビューティ(Buff Beauty)                                       6/10

我が家のグラハムトーマスが花数が少なくなってきています。
バフ・ビューティに入れ替えると雰囲気が変わるだろうと密かに思案しています。





063-s_20160611130909171.jpg
オールド・イエロー・スコッチ(Old Yellow Scotch)                           6/10

このさわやかな黄色はいつも目を引きます。






087-s_20160611130945370.jpg
スベニール・ドゥ・ドクトール・ジャメイン(Souvenir duDocteur Jamain)               6/10






090-s_20160611130707dc1.jpg

夕日を浴びた水盤の中のバラをみて
我が家もこんな雰囲気の場所を作ったらバラ畑からバラ園に昇格するのにと思いながら
帰路についたのでした。



oldroseさんの庭

今年の春はoldroseさんの庭に2回行くことができました。
一回目はつぐみさんと5月27日に行き
二回目はゆめさん、Keikoさんと今日行ってきました。
2回合わせてUPします。





080-s_20160601212317b4f.jpg
                                                        5/27

ガーデン雑誌によく紹介されているフォーカルポイントです。
今日気がついたのですがドアの色が以前とは違っているのでは・・・。





          072-s_201606012123156fd.jpg
                                            5/27





079-s_2016060121231914c.jpg
                                                        5/27

この日はシェッドに誘引したノイバラの開花がバッチリでした。






081-s_20160601212354712.jpg
                                                        5/27

この庭はこのような小物も充実しています。





083-s_20160601212356fd3.jpg
                                                        5/27

この庭ではバラよりも宿根草が多くあって充実しているのですが
どうしてもバラに目がいってしまします。





086-s_20160601212358d23.jpg
                                                        5/27






002-s_2016060121244826b.jpg
                                                         6/1

今日行ってもやっぱりバラの植栽に目が行くのですが
ここでもバラのピークが過ぎていて雰囲気が変わっていました。





          004-s_201606012124481bd.jpg
                                              6/1

玄関前のバラです。
さりげなく一枝自由にするだけでいい雰囲気です。





016-s_201606012124501e2.jpg
                                                          6/1

ここには珍しい宿根草がたくさんありますが
今回のお気に入りはボリジでした。





017-s_20160601212538b90.jpg
                                                          6/1





028-s_20160601212539cba.jpg
                                                          6/1

今回気になったバラの一つがこちらです。
帰りを急いで名前を聞き忘れてしまいました。





030-s_20160601212540668.jpg
                                                          6/1

この庭ではシェッドがフォーカルポイントになっていますが
振り返るとこのような光景が広がっています。
我が家も周りの風景が借景になっていますが
oldroseさんの庭ははるかにスケールが大きな借景です。



プロフィール

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク