たまには本の話を

しばらく前に池袋のジュンク堂で暇つぶしをしていました。
そこで目に入ったタイトルが「コーヒーテーブル・ブックス」。
コーヒーそして本と好きなものが二つも並んだタイトルに
何の迷いもなく手に取ったのでした。


DSC_0013-s_20120227180554.jpg

コーヒーテーブル・ブックス(堀部篤史著、mille books刊 2007/6/30)は
装丁も製本(ペーパーバック)のスタイルも1960年頃を感じさせる雰囲気があり
今風でない雰囲気も気に入ったのでした。

内容は一つ一つが新鮮なことばかりで
文章が独特の語り口で読みやすく一気に読んでしまいました。

まずはコーヒーテーブル・ブックスの意味です。
序文の最初に説明されていますが
きちんと定義されている言葉なのでした。
それは
「持ち上げて読めないほど重量感のある、大判で図版が満載の豪華な本。
内容は適度にエキゾチックで、大衆がうらやむよううなライフスタイルが
描かれており、たいていの写真は芸術的でインスピレェーションに満ちた、
というよりもごく凡庸なものである。つまり、インスタントかつ安全無害な
空想に束の間耽ることが出来る本、それがコーヒーテーブル・ブックである。」
というものだそうです。

富豪の家の応接室のコーヒーテーブルに置かれ来客の手慰みになるような本
のことだということも説明されていました。

筆者はこのような本を頭に入れて
この本では
持ち歩いて読むには重すぎる、もしくは文庫本のように乱暴には扱えない
ちょっと珍しいもの、
実用や芸術性を離れてそこにもうひとつの物語を読み取ることのできる本、
持っていたって役に立たないけれど、
書斎やリビングにおいてあるとちょっと嬉しい、
そんなビジュアルブックを紹介しています。
ここでは写真集や、デザイン書、絵本など23点が取り上げられています。

私には書かれた内容がすべて新鮮で「へぇ~」という声を出してしまうものばかりでしたが
そこからさらに頭の中に入ったことを書いてみます。


「失われたダイナーを求めて」
この中でダイナーという言葉を知りました。
ダイナーとは「食堂車」が語源でだそうです。
アメリカで鉄道が発達した19世紀後半にできた食堂車が
自動車の普及によって食堂車がそのまま路上沿いに固定されるようになり
それを路上型に改良した誰にでも親しみやすい軽食堂を
ダイナーと呼ぶとのことです。

個人経営のこのような食堂は
その後でてきたファーストフード店に太刀打ちできず減少してきているのです。

このタイトルの内容は消えゆくこのようなダイナーを訪ねる旅を記録した
本の話だったのです。

私にはダイナーという言葉はここで初めて知りました。
日本ではファーストフード店はあたりまえですが
ダイナーというアメリカ人にとって郷愁を誘うというこのような店のことを
全く耳にもしないのは不思議ですね。



このほかにも「ティファニーのテーブルマナー」の本の話とか
「Rock And Other Four Letter Words」の
フォー・レター・ワードのことなど
書きたいことがたくさんあるのですが長くなったので
今回はこれまでとします。



今日は晴れていたのですが
西北西の強い風のせいで体感的には零下の気温だと感じました。
この中でバラの移植用の穴を5つ掘りました。
久しぶりの力仕事で足の内腿が痛くなってしまいました。
こうして春に向かって体力がついてくるのでしょうか。
スポンサーサイト

剪定終了です

穏やかな一日で剪定作業も楽しんでやれました。
なんとか予定通りの日程の範囲内でバラ畑の剪定が終わりました。
つるバラの誘引をしているときには
なかなかはかどらないように感じて焦ったこともあったのですが
ブッシュの剪定に入ったら一気に終わってしまいました。
つるバラは立ち上がっているので
面積としてみると小さいのでどうしても作業が進まないと感じてしまうのですね。

終わったと言ってもバラ畑の中に落ちた枝はそのままなので
枝の整理はしばらく続きます。
それでも大きなヤマを越えたという実感がわき肩の力が抜けました。
一ヶ月かかったということになるのです。

これからはいくつかを移植して
それから鉢植えの植替えです。
目標は3月10日完了ですが来週はまた寒波がやってくるそうなのでどうなるでしょう。



ひと段落したところで春の庭に思いをはせて
昨年のバラ畑の写真を日を追ってUPします。


147-s_20120224181255.jpg
2011/6/8

6月8日にはブッシュタイプは咲いていますが
つるバラはまだですね、


049-s_20120224181310.jpg
2011/6/10

朝もやの中の景色です。
昨年は6月10日頃が開花のピークだったようです。

130-s_20120224181322.jpg
2011/6/11

写真の出来が悪いのですが満開の状況です。
今のバラ畑の状態からは想像もできない光景と言ってもよいでしょう。

020-s_20120224181332.jpg
2011/6/15

最初の写真から6日目ですがつるバラも満開です。


023-s_20120224181343.jpg
2011/6/17

フランソワ・ジュランビルも満開になりました。
開花のピークの最後と言ってもよいでしょう。


昨年は肥料のやり方に問題があったようで
きれいに咲いたという状態ではありませんでした。
今年は期待したいです。

ショック

今朝も冷えました。
朝の気温は昨日の-11℃というほどはなかったのですが
-9℃ということでこの時期では考えられない寒さでした。
家の前の用水路はほぼ全面結氷していました。

DSC_0004-s_20120220180729.jpg

↓は用水路の中央付近の氷です。
このように少しずつ針状に伸びながら凍っていくのは
ちょっと面白いですね。

DSC_0006-s_20120220180740.jpg



こんなに寒い朝に
玄関に新聞を取りに行って大変なものを見てしまいました。
昨日日光浴のために玄関の外に出していた
バラの苗の鉢の10鉢ほどが一晩屋外に置きっ放しだったのです。

12月からぽつぽつと買っていたバラは
取り置きしてもらえずにすぐに送られてきたものは
玄関の中に置いているのです。

この時期になると一部のものは芽が動き始めるので
時々日光浴と称して日に当てています。
昨日も日光浴ということで外に出したのですが
よりによってこれほど気温が下がることはめったにないという日に
家に取り込むのを忘れてしまったのでした。

DSC_0012-s2.jpg DSC_0016-s2.jpg

一番芽の動きが大きいのはこのような状態になっているのです。
今日のところはなんらダメージを受けていないように見えるのですが
春になって動きが止まってしまうとか
思わぬ状態になるのではないかと考えるとショックです。
ひたすらなにもなく順調に生育してくれるのを祈っています。



今年になって認知症サポーター養成講座に行っています。
18日の講座で認知症の人が伝えたいことという資料をいただき
その中の「アルツハイマー初期の人が家族と、友人にあてたメッセージ」に
書かれていた文章に心を打たれました。
その中から二つを書き出してみました。

どうか、私がどう思うか、どうしてほしいかを、私に聞いてください。
私に聞かずに、決めつけたりしないでください。

どうか、私が貴方を愛していることを信じてください。
たとえ、愛情の表し方を忘れてしまっていたとしても、今までと変わらず愛しています。


ほぼ終了

例年のことですがこの時期になると日差しが強くなり
春がすぐそこまでやって来ていることを実感します。
その一方で気持ちが緩むせいでしょうか
体感的には一番寒い時期だということを強く感じる時期でもあります。
しかし、今年はことのほか寒さが厳しく
春が近いことを感じることもなく寒さだけを実感しているこの頃です。
予報では明日の朝は-6℃、明後日の朝は-10℃だそうですが
そのあとは一気に暖かくなるとのことです。

気が付けば2月も終わりになります。
1月は行く、2月は逃げる、3月は去るという言い方をしますが
この時期になるとほんとにそうだと思い出します。


ようやくつるバラの誘引が
一番難物のアッシュ・ウエンズディを残すだけで
ほぼ終了というところまで来ました。

予定では今月中に畑の剪定を済ませて
二回目の石灰硫黄合剤の散布をし、
3月に入ったら鉢植えの植替えをすることにしています。




DSC_0002-s_20120217175653.jpg
1/26

誘引前のフランソワ・ジュランビルです。
上の部分は昨年の開花後にカットしています。
もっと下からカットすればよかったのですが
シュートが次々と伸びて櫛を入れていない髪の毛のような状態です。
ここでは見えませんが地面にはシュートがのた打ち回っています。


DSC_0002-s_20120217175957.jpg
2/17

こちらは今日誘引した状態です。
バラ園は剪定・誘引の終わった時が一番美しいと言った方がおりますが
この誘引状態は美しいと言えるでしょうか。

うしろの状態を見てわかると思いますが
今年はいまだに落葉していないのです。
雪が降る前に落ち葉を集めたのですが
地面には雪が降ってから落ちた葉がびっしりです。
つるバラの誘引も枯葉が付いていてやりずらかったです。

落ち葉は畑のバラの剪定が終わって地面が乾いたら
集めて焼却します。
今月中にここまでいければ理想的なのですが…。
(移動するものがあるのを忘れていました。
5本移動すると10か所の穴掘りですね)


029-s2_20120217175841.jpg
フランソワ・ジュランビル(Francois Juranville)2011/6/17

今年もこのように咲いてくれることを期待して
寒さの残る中でもうしばらく頑張ります。

貫生花

今日は曇りのち雨。
つるバラの誘引が思うように進みません。
それでもなんとか半分くらいは終わったのではないでしょうか。
今週は出かける予定がないので集中的に取り掛かろうと思ったのですが
あいにくずっと天気が良くないようです。


前からUPしようと思っていたデュック・ド・ギッシュの貫生花をUPしました。
貫生花とは花の中からもう一つ花あるいは葉がでてくる状態をいいます。

貫生花という言葉はもう一昔どころか二昔くらい前に知ったのです。
うろ覚えですが「遺伝」という雑誌に
ドイツの文豪のゲーテが貫生花を好み
さまざまな品種の貫生花を集めた庭を作ったというような記事が出ていたのでした。

バラの栽培を始めた本当に最初の頃にカタログを見て
プロリフェラ・ドゥ・ルドウテという品種を購入しました。
そのうちにプロリフェラの意味は貫生花を意味していることを知ったのです。



065-s_20120213192309.jpg 
デュシス・ド・モンテベロ(Duchesse de Monntebello) 2011/6/12


以来春になると貫生花が見られるだろうかと探すのですが見つかりませんでした。
ところが2年前にてんちょのブログに
これまでプロリフェラ・ドゥ・ルドウテと呼ばれていた品種はデュシス・ド・モンテベロで
プロリフェラ・ドゥ・ルドウテは濃いピンクのボンボン咲きであると書かれていたのです。

これで毎年見ていても貫生花がでない理由がわかりました。
デュシス・ド・モンテベロはもともとこの花が気に入って買ったものなので
抜いてしまおうというような気にはなりませんでしたが、
昨年思いもかけずデュック・ド・ギッシュで貫生花を発見したのでした。


075-s_20120213134743.jpg 
デュック・ド・ギッシュ(duc de Guiche) 2011/6/15

077-s_20120213134752.jpg
デュック・ド・ギッシュ(Duc de Guiche) 2011/6/15


これまではごく普通の花が咲いていたのですが
下のような貫生花を見つけたのです。


015-s_20120213134838.jpg
デュック・ ド・ギッシュ(Duc De Guiche) 2011/6/24


花の中から蕾が出ていたのです。
明日以降の開き具合が楽しみだと思ったのですが
この先の話はありません。

見つけた時に明日は一日外出するので危ないと思ったのですが
翌日には危惧した通りになっていました。
もぎ取られてしまっていたのです。

我が家では花がら摘みはつれあいの仕事になっています。
外仕事はほとんどしないのですが
なぜか花がら摘みは積極的にやってくれるのです。
これはありがたいのですが時には悲劇も起こりうるのです。

前には交配してラベルを付けてあるのにもかかわらず取ってしまったことがありました。
今回も花とはみなさず取ってしまったようです。
 一言言っておけばよかったと悔やんでみても元には戻りません。



098-s_20120213191330.jpg
シャンタル・メリュー(Chantal Merieux) 2011/6/5

貫生花とはいえないこのような形のバラも見つけました。
窒素過剰の場合にでるそうです。

花の形の変化はいろいろあって
貫生花とブルヘッドは混同されているということもあるようです。
呼び名にこだわることはないのですが
花の中にまた花が咲いたという状態を見てみたいと思っています。



今日はバレンタイン・ディですね。
車に乗ったらラジオでは盛り上がっていましたが
我が家では何事もなく過ぎていきます。

コーネル装

今週から始めたバラ畑の剪定・誘引がなかなか進みません。
一番の問題はしばらく前に降った雪が残っていて
このところの暖かさで融けるため
畑の中がどろどろになっているからなのです。

昨年のブログを見ると2/18にピエール・ド・ロンサールの
誘引後の写真がUPされています。
ピエール・ド・ロンサールは順番から見ると
つるバラでは一番最後になるので
昨年並みにやるためにはあと一週間で
つるバラの剪定・誘引を済ませなければならないわけです。
あと数日で畑のぬかるんだ状態が乾いてくれるか
反対にがっちりと冷えて固まってくれると嬉しいのですが。


今日は気分を変えて製本の作品をupです。


DSC_0062-s_20120211175435.jpg

この本はコーネル装といって
背と前の角の部分に革を使った製本の方法で作った本です。

昨年の2月から製本教室で作り始めほぼ一年がかりで出来上がりました。
一年といってもバラの季節には中断するなど
のんびりとやっていたので実質半年がかりで作ったということでしょうか。



DSC_0033-s_20120211175421.jpg

開くとこのような感じになります。
天地が切れてしまったのはご愛嬌ということにしてください。

元の本は「古書修復の愉しみ」(白水社)と題された翻訳本です。
私のように自分で製本したい人のために
未綴りの状態で販売されたものを購入して製本したのです。


DSC_0001-s_20120211175330.jpg

左が販売されている本です。
右のコーネル装の革の間の赤い色の部分は
マーブル紙と呼ばれる紙を使っています。
天(本の上の部分)に色がついているのは
絵の具で色付けしたものですがちょっとおとなしすぎました。



DSC_0024-s_20120211175348.jpg  DSC_0032-s_20120211175403.jpg

左が市販されている本の表紙カバーです。
右は表紙カバーを外してコーネル装仕立ての本と並べたところです。

本は中身と表紙(装丁)がバランスとれていることが大事だと思っているのですが
この本は内容が古書の修復に関するものなので
革装でもよいのではと思ってやってみたものです。

出来上がりは残念ながら満足できるレベルではありませんでしたが
革装を手掛けるという一つの目標を達成したので
満足しているということにしましょう。

今日も雨でした

今日も雨でした。
昨日はようやくつるバラの剪定、誘引を始めたけれど
昼前には雨・アラレの急変で
フリッツ・ノビスとコーネリアを済ませたところで退却。

今週は外に出ることが多くたぶん何もできないでしょう。
もっとも雨の後に畑に入ったらどろどろになってしまうので
ちょうどよいタイミングだったのでしょうか。


こんな時には気分転換になるようにと思って
花数の多い写真を選んでUPしてみました。
これを見て少しは元気が出ればと思うのですがどうでしょう。


152-s.jpg
ラプソディ・イン・ブルー(Rhapsody in Blue)                   2011/6/11

暖地では夏越しが大変らしいですが
ここでは全く手のかからない品種でよく咲いてくれます。


125-s_20120207192457.jpg
シャンプニーズ・ピンク・クラスター(Chanpniey's Pink Cluster) 2011/6/8

私が好きな品種のベスト5に入る品種です。
前に持っていたのはいつものミステイクと言ってよい多肥で枯らしてしまい
昨年新たに購入したものです。
なんと秋には調子を落としてしまい
この春にはちゃんと新芽が出てくれるかどうか
やきもきしているところです。


049-s_20120207192535.jpg
ノワゼット・シンデレラ(Noisette Cinderella)                   2011/6/7

なぜか何度撮っても本来の美しさが表現できないのです。
白花もいろいろありますが
きれいに撮れるものと撮れないものがあるというのは
不思議です。


061-s2.jpg
ロザリウム・ウーターセン(Rosarium Uetersden) 2011/6/14

この品種も微妙な赤色がうまく出せません。
この写真もちょっと白すぎますね。

つるバラなのに花付が良いためなかなか大きくなりません。
シュートに蕾が付いたら取ればよいのですが
どうしても咲かせてしまうのです。


197-s2.jpg
バロネス・ロスチャイルド(Baroness Rothschild)                  2011/6/16

いつもきちんと咲いてくれて信頼性の高い品種です。
さすがロスチャイルド家の名前を付けられただけのことはあると感心しています。
確認してはいないので関係ないと言われたら赤恥ですね。


124-s2.jpg
ブルー・フォー・ユー(Blue for You)                        2011/6/10

ルゴサの血を引いているとどこかで読んだ記憶があります。
そのせいか秋の葉の紅葉も見どころだと感じています。

最近ルゴサ交配に興味があるので
自分でもこんな品種を作ってみたいと思わせる品種です。

遠方より来る

友遠方より来るまた楽しからずやという言葉がありますが
今回は北海道の友人Dさんから花の雑誌が送られてきました。

送られてきた雑誌は北海道で古くからある園芸雑誌「花新聞」で
シャクナゲの特集が組まれていました。
この特集の監修をしたのが
日本ツツジ・シャクナゲ協会北海道支部の支部長をしているDさんなのです。

札幌を離れて10年になろうとしているのに
ざわざ送っていただき胸が熱くなります。



img070-s.jpg


特集のシャクナゲのページは豊富な写真と
わかりやすい栽培管理のページに加えて
美しいイギリスの庭園のシャクナゲの光景と見どころ満載で
充実しています。

札幌にいた時のシャクナゲ栽培に熱中していた頃のことを
改めて思い出しました。

シャクナゲの葉はアルカロイドを含んでいて有毒だそうです。
そのせいばかりではないでしょうが
花の魅力よりも葉の美しさにひかれて中毒になりそうと思ったものです。
新葉が緑色ではなくて青い葉のシャクナゲがあり
展開してくるときの青色の葉の美しさは宝石のように見えたことなどあれこれと
思い出しながら読ませていただきました。

Dさんありがとう。





同じことを考える人がいました

今日は真冬日。
最高気温はー2℃でした。
晴れたのですが風があったので外仕事はお休み。
一日中家の中でごろごろしていました。

いつも見ている方のブログを見ていたら私と同じことを考えている人がいました。
入手したバラがどうやら当初のラベルと違うのではないかということで
誰かわかる方はいませんかという内容でした。

私の場合先週、不明のバラの名前がわかればと思いUPしましたが
残念ながらこれといった名前のわかるような情報は
今のところコメントされません。

今回見たブログでは不明の品種はファンタンラトゥールとセレッシアルではないかという
画像をアップしていました。
私の場合はは単に不明の品種としてUPしたのですが
このように推測できる品名をあげてUPすると
見た人は違うとか同じだとか反応しやすかったのだと
勉強になりました。



今回は、たまたまファンタンラトゥールとセレスティアルを持っていたので
ここにUPしました。

070-s_20120201205949.jpg
ファンタンラトゥール(Fantin-Lator)                      2011/5/30

004-s_20120201210006.jpg
ファンタンラトゥール(Fantin-Lator)                      2011/6/5

花の形が一つ一つ微妙に違うのがわかります。
たまたま撮った花だと代表的なものかどうかわからないことがあります。
バラの場合は季節とか肥料とかその時の条件で微妙に色や形が変わるので
私のような初心者には名前を言い合えるのは難しいと思います。

012-s_20120201205842.jpg
ファンタンラトゥール(Fantin-Lator)                      2010/6/11

念のために前年度の写真をUPしてみました。
色合いが濃いですね。


セレスティアルもUPします。


013-s_20120201210034.jpg
セレスティアル(Celestial)                          2011/6/13                          
094-s_20120201210049.jpg
セレスティアル(Celestial)                          2011/6/16
021-s_20120201210107.jpg
セレスティアル(Celestial)                          2011/6/19 

念のために2010年の写真もUPしてみました。
色合いが全く違いますね。

001-s_20120202194540.jpg
セレスティアル(Celestial)                          2010/6/1


そして、ネットで画像を検索してみたら
花型がいろいろなタイプが出ていました。
このように平たいカップ咲きのもののほかに
カップ咲きにならず開いた形の花弁のものも出ていました。

私のところにあるものはアルバの典型的な灰緑色の葉で
アルバ系統であることは間違いないでしょう。
しかしネットの画像や本に出ている画像からは
ちょっと違うかもという印象さえあります。


私としてはいずれも正しい品種だと思っているのですが
ほんとうのところはどうなのでしょう。
プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク