嵐が去って

今日孫たちが帰っていきました。
まさに嵐のような4日間でした。

今回は改めていろいろ感じるところがあったのでした。
鬼ごっこをすれば小学校の上級生には追いかけても追いつかないし
子供たちに振り回されてカメラをどこにに置いたか判らなくなるし
撮った画像を消去してしまうといことがあったのに対して
会うたびにしっかりしてくる子供たちだと実感して
心境は超複雑!

そのような合間に今日は雨だという天気予報に
急いで撮った昨日の画像をUPです。



DSC_0027-s_20130331145119.jpg

庭の石の間にすみれを発見。
放置すると雑草のように増えるのでこのままにしてよいかどうか思案中。



DSC_0071-s_20130331145130.jpg

水仙も咲き出しそうです。



DSC_0036-s_20130331145123.jpg

しだれ桜はこの程度。
4月10日くらいには満開でしょうか。



DSC_0076-s_20130331145226.jpg

ライラックもだいぶ膨らんできました。



DSC_0039-s_20130331145127.jpg


しだれ桜の下でちょろちょろしていたミーです。
横目のカメラ目線は色っぽいかも(笑)。


まだまだ春は浅いと言わざるをえませんが
二週間ほど前に来た苗は新葉が展開してきました。



DSC_0079-s_20130331145232.jpg
ラネイ(Laneii)

初めて見る花への期待からでしょうか
葉までが特別美しく見えてしまいます。



DSC_0080-s_20130331145242.jpg
デュシス・ダングレーム(Duchesse d'Angouleme)

これくらいの新葉の展開している頃が一番ドキドキしてしまいます。



昨日つれあいが一泊で東京に行ったので
3人の孫は私が一日面倒を見たのでした。
すごく緊張したみたいで今日の夕方つれあいが帰ってきたら
久しぶりに会った気にになっていることに気が付き
ちょっと気恥ずかしい気分でした。

スポンサーサイト

3月の里山を歩く会

昨日は里山を歩く会の今年最初の例会で
足慣らしということで近くの太郎山(1164m)に登りました。

朝の最低気温が-2℃と冷え込んだのですが
山登りには暑からず寒からずの気温で快適な登山でした。
普通では1時間で登ると言われているのですが
2時間の予定でゆっくりとした登山なのです。



DSC_0045-s_20130327212444.jpg

登山道の樹木は落葉樹が中心なので見晴が良く
休憩時もあそこが見えるといった会話が出ていました。



DSC_0004-s_20130327212202.jpg

このところ雨が降らず乾燥しているので山道も乾いていて
枯葉を踏みしめて歩くのは気持ちが良いものです。



DSC_0007-s_20130327212219.jpg

途中にはこのような道しるべがあります。
登山道というと1合目から10合目までの標識があるのではないでしょうか。
丁石という言い方も珍しいと思ったのですが
頂上は24丁丁石となっていたのです。
由来はどういうものだったのでしょう。



DSC_0014-s_20130327212233.jpg

天蚕の繭です。
萌黄色がきれいです。
山道から結構目にしました。
安曇野には天蚕センターがあり天蚕の糸から
織物を作っていると聞いたことがあります。



DSC_0039-s_20130327212355.jpg

山頂から見た光景です。
春霞のような空気で遠くははっきり見えなかったのですが
かえって雰囲気がある光景だと思いました。
一番遠くにかすかに見える山並みは北アルプスです。



DSC_0034-s_20130327212345.jpg

頂上での昼食です。
なぜかまとまっているのに別々の方向を向いているのが面白いですね。
今回は29名中(男女ほぼ同数)13名の参加と少なかったのですが
特に男性が4名と少なかったのは写真を見るまで気が付きませんでした。



DSC_0038-s_20130327212350.jpg

食事をしていたところにあったお地蔵さん。
実に雰囲気のある顔をしていました。
前にはお椀が置いてありお賽銭(?)がたくさん入っていました。
誰が管理しているのでしょう。



DSC_0026-s_20130327212238.jpg
ツノハシバミ

春がまだ浅いということで緑がなく花も見ることがなかったのですが
こんな花が咲いていました。
当然のことながら知らない花だったのですが
たまたま名札が付いていて知ることができました。
渋いというか上品な色合いで素敵だと思いました。



DSC_0050-s_20130327212457.jpg
春蘭

帰りの山道で誰かが見つけました。
枯葉の中に埋もれるように咲いていたのは春蘭でした。
昔はうちの裏山にもたくさん咲いていたと聞いたことがあります。


一進一退

この時期はその日の気温の状態に一喜一憂する毎日です。
今日は日中から北風が強く夕方になるにしたがってどんどん気温が下がってきました。
昨日は穏やかで暖かかったのでその変化の大きさに体が付いていきません。
三寒四温と言いますが一進一退なのではないかと思ってしまうのでした。

今日は久しぶりに花屋さんに行ったのですが
ちょっと様子を見るつもりが気が付いたらポットを5つも持っていました。

帰りがけに道路際に桜が咲いているように見えたので車を止めてみてみました。


DSC_0014-s_20130325192433.jpg

この時期に桜が咲くはずがないのでびっくりしたのですが
よく見ると梅でした。
枝打ちが細かくて花も小ぶりでややまばらに咲く様子は桜そのものと見えたのです。


DSC_0021-s_20130325192435.jpg

DSC_0022-s_20130325192437.jpg

この梅はどんな実がなるのでしょうか。
きっと小さな実だと思うのですがしばらく気を付けてみているつもりです。
道路際というか河川敷と言ってもよいところに立っているので
自然に生えてきたものなのでしょう。


DSC_0024-s_20130325192520.jpg

こちらは我が家の隣の家の梅です。
例年大きな実がたくさんなるのですが↑の花と比べると
雰囲気が全く違います。
こちらが自分がイメージしている梅ですね。
ブロック塀のそばで暖かいのでしょう、この枝だけが満開です。

東京方面は桜が満開だそうですがこちらはこれから梅が咲き始めます。


DSC_0005-s_20130325192428.jpg

DSC_0008-s_20130325192431.jpg

梅を撮ったついでにこの地方ではこの時期目につく黄梅もUP。
昨年もこのころにUPしたはずと調べてみたら4/8にUPしていました。
やはり今年は例年より暖かいのですね。


DSC_0030-s_20130325192522.jpg
リタウマ(Ritausma)                                3/25

バラの方はこの時期までにやることはほぼ終わりました。
順調です。
あとは果報は寝て待てというところでしょうか。
気が緩んでしまってこのところじっくり見てなかったのですが
前回(3/14)UPしたリタウマの新芽は本葉が展開していました。
この状態を見てもやっぱり春は例年よりも早いようです。


明後日には孫たちがやってきます。
今日は早く寝て体力を温存しておかなければと思っているところです。

下見

今日は里山を歩く会の4月の行く先の下見に今年の世話役4人で行ってきました。
行く先は群馬県のさくらの里と妙義山です。

天気は快晴でしたが昨日までの暖かな気候と打って変わって肌寒いくらいの気温で
心配したのですが山歩きにはちょうどよく気持ちよく歩けました。



DSC_0052-s_20130321194137.jpg

最初は山めぐりコースを調査。
中之岳大駐車場から中之嶽神社、大国神社を抜けたところから
一気に急な階段を上ることになりちょっとあせりました。
見晴台からの景観です。


DSC_0054-s_20130321194139.jpg

こちらは見どころの第4石門です。
自然に出来た石のアーチで実に見事です。
このようなアーチは全部で四つあるのですが
この第4石門が最も大きいようです。
持っていったカメラが50㎜のレンズだったので全景が撮れませんでした。
映っている3人は同行の人たちです。

この後大砲岩まで行き戻ってきました。
ゆっくり歩いて1時間半くらいだったでしょうか。



この後は昼食をとってからさくらの里の調査です。
里ということから平坦な場所かと思っていたのですが
急な斜面と尾根歩きがありとてもお上品な靴を履いては歩けないとこだったのです。

45種、5000本の桜があるそうですが当然ながらまだ咲いていませんでした。
それでもちらほらと咲いている桜があり最近の陽気のせいかとびっくりしたのですが
冬桜と十月桜が咲いていたのでした。
このような桜があることを初めて知って驚いてしまいました。


DSC_0068-s_20130321194144.jpg
十月桜                     3/21


DSC_0067-s_20130321194142.jpg

さくらの里から見える妙義山です。


DSC_0070-s_20130321194242.jpg

尾根に上がると眼下に桜が見渡せます。
我々の計画では4月24日に来ることになっているのですが
うまく開花に合うでしょうか。
この陽気では葉桜になっているかもしれませんね。


DSC_0071-s_20130321194244.jpg

尾根の東屋からみた光景です。


DSC_0074-s_20130321194247.jpg

中之岳大駐車場からもこのような景観を見ることが出来ました。

春がまだ浅く誰もいないさくらの里でしたが
天気が幸いして楽しい下見になりました。

出来上がりました

パーゴラがようやく完成しました。
昨年12月から始めて4ヶ月近くたってようやく完成したのでした。
地面が凍る前に柱は立てたのですが2月には天候不順で全く手が付けられなかったのです。

いつもながら最初に図面を書いてから材料を準備するということをしないので
材料が思っていた長さがなかったり、強度不足で補強したら見てくれが悪くなってしまったりと
反省しきりの出来栄えです。


DSC_0003-s_20130318190603.jpg

出来上がってみるとラティスを張っているので
パ-ゴラとは呼べないのではないかと思ってしまました。
アーチとパーゴラの折衷品ということにしておきましょう。


DSC_0014-s_20130318190606.jpg

パーゴラを作ると決めてからどんな品種を添わせるか結構悩みました。
最初はメイ・クイーンを考えたのですが
ある人から棘がすごくて張り替えるときにけがをするよと言われ
腰が引けてしまいました。
そのあとゆっくり考えてみたらアッシュ・ウエンズディをはじめ
棘がすごいというつるバラは結構もっているのでそれほどビビることはなかったのでした。
最終的には一昨年買ったマニントン・モーブランブラーと
モーヴァン・ヒルズを添わせることにしました。

パーゴラが出来上がったらすぐにマニントン・モーブランブラーを移動して添わせました。
もう新芽が5㎜くらいまで伸びていて
ちょっと触るとぽろぽろと芽が落ちてしまう状態だったからです。


DSC_0019-s_20130318190608.jpg

こちらは昨日到着したばかりのモーヴァン・ヒルズです。
とりあえず鉢で育てて夏ころにパーゴラに添わせたいと思っています。

この品種を決めてから気が付いたのですが
マニントン・モーブランブラーとモーヴァン・ヒルズの組み合わせは
長岡の丘陵公園の組み合わせと同じでした。


DSC_0027-s_20130318190610.jpg
白花タンナゲンカイツツジ☓白花姫エゾムラサキツツジ 3/18

昔交配したシャクナゲ(ツツジという名前が付いていますが分類学的にはシャクナゲです)が
咲いていました。
期待した樹形、花型にならなかったので放っておいたのですが
こういうものにかぎって丈夫です。


バラの管理に集中していたら周りは草だらけです。
雑草も花が咲くときれいですね。


DSC_0031-s_20130318190613.jpg

DSC_0034-s_20130318190700.jpg

DSC_0038-s_20130318190702.jpg

これからは家庭菜園の準備で忙しくなります。
まずはトマトの種まきです。
それから畑を起こして馬鈴薯を植える準備でしょうか。


春は名のみの

今日は数日前に本格的な春がやってくると喜んだのは
とんだ早とちりだったと思い知らされた一日でした。

朝から晴れていたのですが一日中強い北西の風が吹き
時おり雪が舞うという本当に寒い日でした。
今朝の最低気温は1℃、最高気温は3℃という気温だったのですが
鼻水をすすりながら畑のバラの模様変えをしました。

ザ・ナン、チャイコフスキー・イザベラ・スプラントを離れた畑に移して
ムッシュ・ボンセーンと紅美香登を鉢から畑に移したのです。
午前中にこれだけやって午後はお出かけでした。



DSC_0009-s_20130314193247.jpg
                                             3/14

烏帽子岳はまだ白いままです。
今日の桜の開花予想では3月が暖かだったので例年よりも開花が早まると言っていましたが
信じられません。
でも明日はまた14℃まで気温が上がると言っていましたから
たぶんそうなのでしょう。


DSC_0018-s_20130314193249.jpg
水仙                                          3/14

バラ関連の作業に追われてあたりを見渡す余裕がなかったのですが
それなりに春めいてきました。
水仙は5cm位になっています。
よく見ると蕾も上がってきていました。


DSC_0025-s_20130314193251.jpg
ライラック                    3/14

ライラックの蕾もこんなに膨らんでいます。



DSC_0052-s_20130314193252.jpg
リタウマ(Ritausuma)                                3/14

バラの芽の動き具合はと言いますとこちらもぼちぼちです。
例年HRgの芽の動きが早いと感じていますが
その中でもリタウマの芽の動きが顕著です。


DSC_0061-s_20130314193442.jpg
ベイシーズ・パープル・ローズ(Basye's Purple Rose) 3/4

一方、ベイシーズ・パープル・ローズはまだこの程度です。

面白いもので新芽が早く動いたバラが早く咲くかというとそうではないのです。
我が家ではロサ・セリケア・プテラカンタやフリューリングス・ゴールドが最も早く咲くのですが
これらの新芽は確認できないくらい小さい状態です。

 
DSC_0073-s_20130314193444.jpg
ノイバラ(R.multiflora)                             3/14


明日15日はつれあいの誕生日なのですが
法事で今日札幌に行くということで忙しがっていてこの話題にはなりませんでした。

私にとっては15日はこの冬に注文したバラの苗の到着予定日で
そちらのほうがわくわくという日なのです。
一部のナーセリーからは発送済みの案内が来ています。

今夜は冷えています。
明日の朝は-5℃まで下がると言っています。
芽が動いてきているので強い霜が降りなければいいのですが…。


カラーマネージメント講習会

今日は午前中に19℃まで気温が上がって
昼前から雨に変わるとともに急激に気温が下がりました。
こんな気温の変動を見越して外仕事をやめたというわけではないですが
カラーマネージメント講習会に行ってきました。


DSC_0035-s_20130310210241.jpg
ジャック・カルティエ(Jacques Cartier) 2012/6/19


ウエブの画像はモニターによって見え方が違うということが前から気になっていました。
しかし、自分のブログの画像がほかの人のモニターではどのように見えているのか
気になっていても最適な状態にする方法がわからずそのままだったのです。

今回、市のマルチメディアセンターで講習会があることを知りさっそく申し込みました。
みっちり6時間の講習を受けて大分理解できました。


DSC_0018-s_20130310210243.jpg
シャンプニーズ・ピンク・クラスター(Chanpnie's Pink Cluster)
                          2012/5/23


結論は私の今のハードの組み合わせは画像処理には適していないということで
目視という感覚的な方法で管理するしかないということでした。

今回初めてカラーマネジメントのできるモニターやソフトがあることを知りました。
日常使用しているモニターの周りの環境の影響の大きいことも納得しました。


DSC_0068-s_20130310210245.jpg
デュック・ド・ギッシュ(Duc de Guiche)   2012/6/12


帰ってきてから自分のモニターを調整してみました。
感覚では輝度が下がって見やすい画面になりました。
この画面で画像を加工したのが今日UPした画像です。


DSC_0061-s_20130310210248.jpg
ローズ・ディベール(Rose d'Hivers)     2012/6/10


自分としてはこれまでとそれほど違った雰囲気になったとは感じていないのですが
ほかの方のモニターにはどのように見えているのでしょう。


今夜は冷えます。
予報では明日の朝の最低気温は-6℃となっています。
でも、これが最後の寒さでしょう。
そう思うと鼻歌が出てきそうです。

バラの話はありません

私としては珍しく一週間も更新しませんでした。
便りがないのは良い便りと言いますが
私の場合は変わり映えのしない日々だと言っているようなものです。

この一週間はひたすら鉢の植替えをしていました。
そうはいっても何かと出歩くことも多く
早く植替えをしなくてはと思いながら手を付けられない日がが多いのです。
昨日も自治会長の地域連合会のOB会で温泉に行ってきたのです。

菱野温泉に行ったのですが私は初めてでした。
ここは山奥にあるのですがホテルの中に登山電車があって
この登山電車に乗って露天風呂に入るというのが売りのようです。

眺望がすばらしく晴れていれば富士山も見えるそうですが
今回は昨日も今日の朝も曇りがちで見ることはできませんでした。


カメラを持って行ったのですがこんなところしか撮りませんでした。


DSC_0033-s_20130308182157.jpg

登山電車の終点には屋内の風呂と露天風呂が3つあったのですが
この時間には我々だけだったのでパチリとしてみたのです。



DSC_0034-s_20130308182801.jpg

登山電車は6人乗りの手動で
これは中間で交差する対向車です。



DSC_0131-s_20130308183819.jpg
セレスティアル(Celestial)        2012/6/15

気分を変えようとバラの画像を貼ってみたのですが
どうも場違いの雰囲気になってしまいました。

ひと山越えました

2月下旬から一気に春めいてきました。
やっとバラ畑の地面も乾いてきたので
冬の間に落ちた枯葉を集めて焼却処分することができました。
枯葉の整理が終わって昨日ようやく二回目の石灰硫黄合剤の散布をしました。

こんなに遅くに散布したことはなかったのですが
この冬は寒さが続いて新芽の動きも遅れていたので大丈夫でしょう。
これからは鉢物の植替えを頑張ります。



DSC_0012-s_20130302171846.jpg
                                             3/2

地面に落ちた枯葉を整理して石灰硫黄合剤を散布した後の状況です。



DSC_0022-s_20130302171848.jpg
                                             3/2

昨年春に撮った場所の今日の状況です。
↓の画像と見比べてみるととても同じ場所とは思えません。

剪定が終わったバラ園は咲いている時よりもきれいだという話がありますが
我が家は剪定がへたくそなのと配置が悪いのでしょうか
美しいという感想は出てきません(涙)。



DSC_0035-s_20130302171750.jpg
                                         2012/5/29

DSC_0155-s_20130302171753.jpg
                                         2012/6/8

これからいくつかの株は移植する予定なので
この春の印象はまた変わるでしょう。

昨日はハリーの8歳の誕生日でした。
犬用のバースディケーキというものがあるそうだと話しは出たのですが
話だけで終わってしまいました。
ハリーが8歳ということはバラの栽培を始めて8年目ということです。
そろそろ満足出来るような咲かせ方を確立できればと思うのですが
今年はどんな咲き方をしてくれるでしょう。

プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク