兄弟会にて(その1)

昨日から一泊で軽井沢でおこなわれた恒例の兄弟会に行ってきました。
今回の当番は末の妹夫婦で
元の職場の保養所が軽井沢にあるとのことで決まったのでした。

昼前にJR軽井沢駅に3組の夫婦が集合してすぐに昼食。
あらかじめ決めてあった蕎麦屋へ行きました。
我々の年になると肉料理といったものではなくて
ソバのようにあっさりしているものがいいですね。



DSC_0042-s_20130930205036903.jpg

昼食の後は白糸の滝を見に行きました。
ここには以前来たことがあるのですが
少し前の台風の影響でしょうか、倒木があったりして荒れた感じで残念でした。



DSC_0041-s_20130930205033081.jpg

深い木立のせいでしょうかブレブレの画像ですが
滝なのでかえって風情が出たような気がします(やせ我慢か)。



DSC_0049-s_201309302050405c9.jpg

この後はセゾン現代美術館で現代美術の鑑賞でした。
ここは建物の中の作品を見る楽しみもさることながら
屋外の雰囲気を楽しめたのが予想外でよかったです。

入口のカラマツの大木越しに見る秋の空はきれいでした。



DSC_0051-s_20130930205045a89.jpg

こもれびの優しい光も素敵です。



DSC_0053-s_20130930205143716.jpg

樹間に垣間見ることができる屋外彫刻も自然な感じに収まっていました。
白い大理石の作品は安田侃の製作です。



DSC_0057-s_20130930205157786.jpg

秋の優しい日差しの中で大きな樹木に囲まれた作品を見て回るという
予想外の体験はまた来てみたいと思わせられました。



DSC_0054-s_201309302051482f3.jpg

まだ緑が濃いと思って歩いていたのですが
足元には枯葉がいっぱい。



DSC_0056-s_201309302051525e8.jpg

この光景は美術館を出るときに目にしたもので
黒くて丸いものは玄関のガラス戸の手を触れるところです。
建物の中から撮ったのですが建物を額縁にして見た入口の光景は
絵になりますね。

屋外彫刻を見ながら玄関までの素敵な光景は
入場料を払わなくても見ることができるのですから
何度でも来てみたいです。



この後は一路保養所へ直行。
保養所は清潔で食事もよくさらに安いというおまけがついて
大満足でした。
スポンサーサイト

秋ですね~

気がついたら稲刈りはどこも済んでしまいました。
今朝は川向うから太鼓の練習の音が聞こえてきました。
秋祭りの練習が始まったようです。
いよいよ本格的な秋です。

今朝の7時頃のバラをUP。
昨夜は風もなく快晴だったので夜露がたっぷりついていました。


DSC_0003-s_2013092817505795e.jpg
マリー・ドウ・サン・ジャンMarie de Saint Jean)   9/28

ぽつぽつと返り咲きますが春のふんわりとした咲き方にはなりません。
このタイプの咲き方はうっかりして名前を書き忘れてしまうと
同じような咲き方のバラが多く
はたして本当にこの名前でよかったのだろうかと思うものが出てきます。
これまでに名無しの画像がたくさん出ているのでした。



DSC_0004-s_201309281750591a9.jpg
バーガンディ・アイスバーグ(Burgundy Iceberg)     9/28

今が盛りと咲いています。
アイスバーグは3種類あるのですがなぜか同時に咲かず
つぎはブリリアント・ピンク・アイスバーグでアイスバーグはもうしばらく後になるのです。



DSC_0007-s_20130928175102d74.jpg
スベニール・ドーギュスト・ルグロ(Souvenir d'Augst Legros)9/28

今年はなぜか春から色合いが薄いです。
気候のせいにしてよいのでしょうか。




DSC_0011-s_20130928175114005.jpg
マダム・シャルル(Mme Charron)              9/28

花弁に粉砂糖を振りかけたように見えますが
露が残っているのです。



DSC_0012-s_20130928175116f37.jpg
アルシデック・ジョゼフ(Archidic Joseph)         9/28

近くで見ると雫がびっしりです。
色合いはまだまだ秋色にはなっていません。




DSC_0014-s_201309281751556f7.jpg
マドモアゼル・ドゥ・ソンブレイユ(Mademoiselle de Sombreuil)9/28

こちらはまさに秋色です。
いよいよ10月ですね。

明日は恒例の兄弟会で軽井沢集合です。

嵐が去って

今日の朝は外に出て最初にやることは倒れている鉢を起こすことでした。
台風の余波でしょうか
昨日は強い北西の風が終日吹きまくり多少の風では倒れることのない鉢まで
次々と倒れたのでした。

倒れた鉢は伸びていたシュートが折れたものが二鉢あったのですが
被害はその程度で起こせば済む話です。
実はそれよりも痛いことがあったのでした。
ハウスのビニールが強風ではがれてしまったのです。
一部破れていたところがあったのですが強風で一気にめくれてしまったのでした。
バタバタと大きな音がしていたのですがどうしようもありません。


DSC_0002-s_201309271831533e7.jpg

鉢を起こした後カメラを持って歩いたのですが
咲いていたバラは傷んでしまい見る影もありません。
ガウラを一枚撮ってお終いです。



DSC_0032-s_20130927183155fa7.jpg
ソフィーズ・パーペチュアル(Sophies Parpetual)   9/27

夕方になって改めてバラ畑に出てみました。
朝目につかなかったものが咲いていました。



DSC_0058-s_2013092718315722e.jpg
モリー・シャーマン・クロフォード(Molly Sharman Crawford) 9/27

台風一過というような天気で風もなく穏やかな快晴の一日でした。
朝の最低気温が10℃だったということが信じられません。



DSC_0072-s_20130927183245480.jpg
イザベラ・スプラント(Isabella Sprunt)                            9/27

夕方の色合いというのもいいものですが
もう少し早ければ本来の色合いが出ていたはずです。



DSC_0060-s_20130927183200887.jpg
ディーム・プルーデンス(Dame Prudence)     9/27

気がついたらティーやERばかりが咲いていたようです。



DSC_0064-s_2013092718324385b.jpg
シャリファ・アスマ(Sharifa Asma)                               9/27



DSC_0079-s_20130927183247182.jpg
ザ・ナン(The Nun)                 9/27



今日はこれまでとは違った撮り方をしているのですが
違って見えるでしょうか。
実はこれまでのピントをオートで合わせて撮るやり方を
マニュアルで合わせるやり方に変えてみたのです。

実は昨日Tさんのブログを見ていてピント合わせをマニュアル・フォーカスに変えてみようと
思い立ったのでした。
Tさんは福岡先生の講習会でマニュアル・フォーカスで撮りなさいと言われました。
今回のブログはこれまでと違って見えたのです。

もしかしたらピント合わせの方法の違いということがあるのだろうかと思ったのです。
これまでは老眼のために細かいところがコントロールできず
もっぱらオートに頼ってきたのですが
今日一日はMFだけで撮ってみたのでした。

結果は私の場合は良い方向に変わったとは感じられませんでした。
MFのばあいは三脚が必要だと感じたので
今後はケースバイケースで撮ることになるでしょう。



彼岸花が咲いた

家の庭に彼岸花が咲きました。
咲いたと言っても↓の画像がすべてということで3輪だけのささやかな咲き方です。



DSC_0010-s_2013092516183938a.jpg

数年前から咲くようになったのですが増えもせず減りもせず2輪か3輪だけ咲くのです。
色合いは昨年までは赤色だったと思うのですが
この微妙な色合いは記憶にありません。



DSC_0022-s_20130925161842035.jpg

今年になって↑の彼岸花から少し離れて一輪咲いていました。
こちらは基本種というのでしょうか赤色です。

庭一面に広がるとなると困りますが
数本同じ場所で咲いているというのならこのままにしておこうと思っています。

私が小さいころはこの地方には彼岸花はありませんでした。
今では珍しいという花ではなくそこここで見かけますよ。
これも地球温暖化の影響なのでしょう。



DSC_0048-s_201309251618452e2.jpg

バラ畑もすっかり秋の色です。
もうすぐカメラを持って右往左往する季節ですね~。

暑い暑いと言いながらゴロゴロ

このところ昼夜の寒暖の差が大きい。
今日も朝は14℃ということで肌寒いくらいだったのですが
日中の最高気温は28℃でその差は14℃もあったのです。
これだけ差があると体の方がついていかず日中はだらだらとしてしまいます。

ようやく夕方になってからバラ畑の草取りを少しだけしました。
オルラヤのこぼれ種が芽を出して一面雑草が生えていると言ってもよい状態でした。

久しぶりにバラ畑に入ったらバラ畑のバラを撮りたくなってパチリ。


DSC_0006-s_20130921204355f5b.jpg
ソフィーズ・パーペチュアル(Sophies Parpetual)      9/21 

まだ秋の咲き方にはなっていないけれどその色合いは秋の色です。

  

DSC_0007-s_20130921204357f8b.jpg
赤胆紅心                           9/21

このバラは濃赤色なのですが力強さは感じないのです。
そのせいかめったにカメラには収まりません。



DSC_0029-s_20130921204359944.jpg
シャンプニーズ・ピンク・クラスター(Chanpniey's Pink Cluster)9/21

これから本格的に咲き出します。
私の好きなバラで待ち遠しいです。



DSC_0041-s_20130921204403a2d.jpg
チャイコフスキー(Tchaikovski)                                 9/21

まだ夏顔ですね。



DSC_0043-s_2013092120440568e.jpg
イザベラ・スプラント(Isabella Sprunt)       9/21

次にUPしたときには本当の色合いでお目にかかれるでしょう。



DSC_0051-s_2013092120450035b.jpg
ロサ・モエシー・ヒリエリ(Rosa moyesii hillieri)   9/21

ロサグリーンさんのところでは色づき始めたヒップを載せていましたが、
私のところではまだこんな色合いです。



DSC_0065-s_201309212045034ff.jpg
プリンセス・ダイアナ                                      9/21

今年は春以降のつるの処理をしなかったところ
すごい勢いでシュートが出てつるアイスバーグとすみれの丘の1/3くらいを覆い尽くしてしまいました。
途中で気がついて大半をカットしたのですが
クレマチスに覆われたところは葉を落としてしまいました。
コラボレーションなんて言っていられない状態になるということを知ったのでした。



DSC_0078-s_201309212045071fe.jpg
L.D.ブレスウエイト(L.D.Braithwate)                             9/21

一輪だけ咲いていました。
これから本格的に咲き出します。
霜が降りるころの色合いは何とも言えない深みのある暗赤色で素敵です。



DSC_0085-s_20130921204510d34.jpg
スノードン(Snowdon)                  9/21

ちょっと硬い感じで咲いています。
これからはティッシュ・ペーパーのような柔らかな花弁が見られるでしょう。

あと10日もすればいよいよ秋の開花ということになるでしょう。
早めにバラ畑の整理をしなければ…。

やってしもうた!

今日は中秋の名月ということで6時ころから外でウロウロ。
6時5分を過ぎたところで山間からゆらゆらと揺れるような感じで昇ってきました。
雲一つない快晴の空に昇ってくるいつもより大きな満月をしばし堪能しました。

昨日は里山を歩く会で「アプトの道」を歩きました。
旧信越線の熊の平駅から横川駅まの廃線敷きを歩くコースです。

現地に到着してカメラを取りだして撮影条件をセットしようとしたら
エラーの表示が出たのです。
SDカードを入れていなかったのでした。
同行の人がメモリーを貸してくれると言ったのですが
サイズが合いませんでした(トホホ)。

画像をパソコンに取り込んだときにSDカードをカメラに戻していなかったということは
自宅のバラを撮ろうとしたときにしばしば経験しています。
それが旅行に出た時にやってしまったというのは初めてでした。

このコースは7月に下見をしていて撮っていたので
あっさりとあきらめがついたのですが
ガーデンツアーのときに忘れたということになったら泣くに泣けなかったでしょう。



今日はパソコンに入ったままになっていたSDカードに入っていた前日のバラをUPしましょう。


DSC_0006-s_201309191838013ea.jpg
フランソワ・ジュランビル(Francois Jiranville)                        9/17

シュートがまだまだ伸びそうです。
3m~5mも伸びて地面を這いずり回っています。
支柱を立ててまとめておけばいいのでしょうがずぼらで何もしていません。



DSC_0023-s_20130919183804b26.jpg
グラウカ(Rosa glauca)             9/17

ヒップが色付いてきました。
暑さに弱いバラだそうですがこの夏の暑さにも負けず枝枯れもせず生き残りました。



DSC_0027-s_20130919183807afd.jpg
ロシアン・セージ                      9/17

いつも遠目にきれいだと思いながら見ているのですが
UPで見るのは初めてです。
こんどは最盛期に正面からしっかり撮ってみたいです。



DSC_0034-s_201309191838096f1.jpg
サウダージ(Saudade)                                      9/17

9月は咲かせないようにカットしているはずなのに
なぜか今頃が最盛期で咲いてしまうものがいくつかあります。
サウダージもその一つですがやはり深い色合いが出ていません。



DSC_0046-s_20130919183812e4f.jpg
リタウマ(Ritausma)                                      9/17

秋の花は見た目よりも花弁がカサカサした感じに撮れてしまうと感じています。
光のせいでしょうか(そんなことはないでしょう)。


DSC_0056-s_2013091918392167e.jpg
アウト・オブ・イエスターイヤー(Out of Yesteryear)                      9/17

このところ連続の登場ですが
これまで咲いたなかではこの秋の花が一番きれいだと思います。
育て方がうまくなったのかも

そういえばこの咲き方はマクミラン・ナースにそっくりで
これだけ見せられたらわかりません。

ひまわりとコスモス

台風18号は今頃当地を進んでいるらしいです。
雨脚が強く暑い雲に覆われていて昼だというのに電気をつけています。

気温も低く半袖では寒いです。
天気予報をみてみたら最高気温は20℃だということで納得。
もう秋ですね。



ひまわり畑の情報があったのでそのうちに見に行こうと思っていたのですが
台風が来るというので急きょ13日に行ってきたのでupします。



DSC_0035-s_20130913210120923.jpg

このあたりは車でよく走っていたのですが山側に入ったところにあり
案内標識がなければとても見つけられないところでした。



DSC_0085-s_20130913210221a3d.jpg

ひまわりはまだ盛りを過ぎたというところではなくてよかったのですが
印象がどうも迫力が感じられないのです。
ひまわり畑のひまわりは皆同じ方向を向いていて
圧倒的な迫力があるものだというイメージがあったのですが
この迫力が感じられないのです。

ここのひまわりはそれぞれ色々な方向を向いているではないですか。
行ったのが夕方で日が傾いていたからでしょうか。
そして高さがふぞろいだったというのも印象を弱くしていたのでしょう。

ということでひまわりの撮影は中止です。



DSC_0071-s_20130916123427c4a.jpg

ここで印象的だったのは木立の間から見たキバナコスモスの鮮やかなオレンジ色でした。



DSC_0061-s_20130916123245686.jpg


DSC_0062-s_20130916123249d9f.jpg

日が落ちてあたりが薄暗くなってきているところで
一際鮮やかで幻想的でした。



DSC_0043-s_20130916123239430.jpg



DSC_0044-s_20130916123242df2.jpg

普通のコスモスもたくさん咲いていました。
ひまわりを見に来たのですが今回はコスモスが被写体になってしまいました。



DSC_0080-s_20130916123430eb7.jpg

もっとゆっくり被写体を探したかったのですが
あたりは暗さを増して誰もいなくなってしまったことに気がついて
急いで帰路についたのでした。

あやしい雲行き

今日は日が傾いたころにヒマワリの花を撮りに行くつもりでしたが
3時頃からあやしい雲行きになってきたので急きょ中止。
暗くなってからポツリポツリといった程度の雨が降っています。

それではと気を取り直して家のバラをパチリ。



DSC_0015-s_201309121956332a5.jpg
リタウマ(Ritausma)                                      9/12

春はピンク色がのった花弁なのですがほとんど白花といってよい色合いです。



DSC_0017-s_201309121956350fe.jpg
シャンタル・メニュー(Chantal Merieux)       9/12

ひょろひょろとした細い枝に咲く感じがお気に入りです。



DSC_0034-s_201309121956374ac.jpg
プラウド・タイタニア(Proud Titania)                              9/12

このところ次々と咲いていたのですがこの房が最後です。
秋の花は咲くのでしょうか。



DSC_0041-s_20130912195639b7e.jpg
ジュビリー・セレブレイション(Jubilee Celebration)   9/12

摘蕾し忘れた蕾がぽつぽつと咲いています。
いつ咲いてもきれいですね。


DSC_0050-s_20130912195642d55.jpg
禅                            9/12

8月下旬から剪定をしていたはずなのですが
なぜか今頃最盛期といった感じで咲いているものがいくつかあります。
この禅とかエンジェル・フェイスもその一つなのです。



DSC_0057-s_20130912195732989.jpg
エンジェル・フェイス(Angel Face)             9/12

たぶん今日の花が夏の終わりのバラということになるでしょう。


土曜日の新聞に近くの休耕地にヒマワリが植えられていて
今頃が見ごろだという記事を見つけました。
さっそく行ってみようと思ったのですが
なぜか行こうという日は天気に恵まれません。
この辺りのひまわりは花弁が落ちて実が黒々と実っているという状況なので
見ごろかどうか半信半疑なのですが日を改めて行ってみようと思っています。

横谷峡散策

横谷峡散策は里山を歩く会の10月の予定に入っているところなので
昨日世話役4人で下見に行ってきました。

以前、横谷峡の入り口までは行ったことがあるのですが
遊歩道として紹介されているコースを歩くのは初めてでした。



DSC_0053-s_20130911172631292.jpg

スタート地点にあるのが乙女の滝です。
すぐそばまで行くことができ見ごたえがあります。
乙女というイメージはなくなぜそのような名前が付いたのか不思議でした。



DSC_0059-s_20130911172634a4e.jpg

遊歩道は渋川と名付けられた川に沿ってできています。
渋川は岩盤を削ってできた川のようで
砂や石ころといったものは目にしません。



DSC_0090-s_2013091117272239a.jpg

なめらかな川底は見ていて気持ちがいいです。


DSC_0068-s_20130911172637744.jpg

川底は赤褐色に染まっています。
渋川という名前のとおり鉄分が多い川なのでしょう。

見どころには名前がついています。
ここは一枚岩というところです。
このほか霧降の滝、鷺岩。屏風岩といった名前が着いた場所がありました。



DSC_0085-s_201309111726418ba.jpg

今回の散策の最終地点の王滝展望台からみた王滝です。
離れていてはっきりしないのですが20mから30mくらいの落差があるのではないでしょうか。

ここまでゆっくり歩いて1時間ほどでした。

この横谷峡は秋の紅葉がきれいなことで有名だそうです。
里山を歩く会の予定は10月なので期待したいと思います。




昨日の9月10日は私の誕生日でした。
昨年はつれあいがすっかり忘れていたということをブログに書いたので
今年は孫が気にして忘れないでと念を押していたようです。
もちろんつれあいは知っていたと言っていましたが…。
優しい孫の気持ちにおもわずホロリでした。

昨日の夜は孫たちにおめでとうコールをもらい目じりを下げた夜でした。
そして今日になって孫の一人からお祝いの手紙が届きました。


img009-s.jpg

みんなニコニコ笑顔の絵手紙でした。
本人たちは黒々とした髪の毛の気分なのですがジジ、ババはすぐわかりますね。

私にとっては今年の誕生日は特別な気持ちで迎えた誕生日でした。
それは私の父が生きた年齢と同じになったということなのです。
なんとなくこの数年は父の亡くなった年を超えて生きないと
申し訳ないという気持ちになってきていたのです。

次の目標は東京オリンピックを見に行くということになりました。

今日も雨だった

今日も朝から雨模様でした。
この時期の雨は秋野菜の種まきの時期にあたり
順調な発芽が期待できるのでありがたいのですが
毎日雨というのはさすがにもう晴れてよといいたくなります。

気温も下がって半袖では家の中にいても寒いくらいです。
確実に秋が近づいています。

夕方になって雨が止んだのでバラの葉の雫を撮りに出ました。


DSC_0070-s_20130907184634dad.jpg
ラネイ(Laneii)                                         9/7

葉に雫が付きやすいということは
葉の表面がざらざらしているということで
黒星病になりやすいという目安になるでしょうか。



DSC_0072-s_20130907184636b2b.jpg
マニントン・モーブ・ランブラー(Mannington Mauve Rambler) 9/7
              
葉の表面がピカピカしていると黒星病になりにくいと栽培の指導書に書かれていますが
まだ実感としては感じていません。



DSC_0075-s_20130907184644bb7.jpg
スノー・ペーブメント(Snow Pavement)                              9/7

スノー・ペーブメントのヒップが一つだけ色づいていました。
ローズヒップを積極的に楽しもうと思っていないので
花ガラを取り残したものが付いていたという状況です。


雨の中で咲いていたバラをUPです。



DSC_0048-s_20130907184524663.jpg
マリー・ドゥ・サン・ジャン(Marie de Saint Jean) 9/7

思い出したようにぽつぽつと返り咲きしますが
春の花のようには咲きません。



DSC_0061-s_20130907184527b93.jpg

アウト・オブ・イエスターイヤー(Out of Yesteryear)  9/7 

蕾が大きくなっていてつい秋剪定をしそびれてしまったものです。
夏の間も咲いていたのですが
花弁の痛みがひどくまともには咲きませんでした。
この時期に秋めいてきてようやくまともな咲き方になりました。

            

DSC_0065-s_20130907184532381.jpg
フレーザーズ・ピンク・ムスク(Frazer's Pink Musk) 9/7

こちらも同様ですね。



白花ばかりなのでハウスのバラをおまけにUP。


DSC_0032-s_201309071845221fa.jpg
パーク・アベニュー・プリンセス(Park Avenue Princess) 9/7

花色、花形ともに本来の状態とは大きく変わっていますが
これはこれでかわいいのではと思いました。



DSC_0026-s_20130907184520a18.jpg
ターン・ブルー(Turn Blue)                 9/7

こちらも摘蕾し忘れていて咲いたものですが
こちらはそれなりに本来の咲き方といってもよいでしょう。


今日は50㎜単焦点のレンズで撮ってみたのですが
やはり60㎜マクロとは印象が違いますね。

入道雲だ!

昨日は関東地方で竜巻が発生するなど不安定な天候ですが
こちらでも今日の午後にはバケツをひっくり返したようなすごい雨が降りました。
幸い短い時間だったので一安心でした。

夕方の5時頃に用事があって車で出かけたのですが
気がついたら東の空に入道雲が出ているではないですか。

今年の夏は記録的な暑さだったというのに
なぜか入道雲が全く出なかったのです。
急いで用事を済ませて帰ってきてカメラを持ち出しました。


DSC_0070-s_201309032030483e6.jpg
                             9/3 

なんと入道雲を見つけてから15分くらいしかたっていなかったのですが
こんなにぺちゃんこの雲の塊に変わってしまっていました。
カメラの撮影記録では5:18となっていました。
もう山並みは光が当たらず暗く沈んでいました。 
                        

                      

DSC_0099-s_20130903203056a4b.jpg
                                                9/3

おもむろに南の空を見るとやはり入道雲崩れとでもいうような
雲が残っていました。
                      



DSC_0108-s_20130903203101271.jpg
                                                9/3

最初の画像から15分くらい後の雲の様子です。
おかしなものでこれから30分くらい後には
暗い空にまた立派な入道雲が出ていました。



DSC_0103-s_2013090320305997f.jpg
                                                9/3

見上げると秋の空です。
上空は暖気と寒気が入り混じっているようです。




話は変わって今日のバラのUPです。
いずれも今朝ハウスで咲いていたものを撮りました。
昼間の雨は影響なかったのですよ。



DSC_0014-s_2013090320293882a.jpg
マクミラン・ナース(Macmilan Nurse)              9/3

葉の色つやを見ても丈夫そうですが次々と咲いてきます。



DSC_0030-s_20130903202940999.jpg
プラウド・タイタニア(Proud Titania)              9/3

初期のERですが花持ちが悪いのが残念だと思っています。
今の派手なERをみると同じ系統だとは思えません。




DSC_0057-s_20130903202945279.jpg
エミー・グレイ(Emmie Gray)                   9/3

現代のバラの圧倒されるような花形をみていると
このような可憐な花形にはほっとさせられます。
画像はがっちりしたイメージに撮れてしまいましたが
本当はもっと柔らかな感じです。
プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク