蕾を探して

今日は本当に久々の雨降りでした。
これでぱさぱさの地面もしっとりとして一安心です。

このところようやく外仕事もひと段落してほっとしていたところです。
こんな日は休養を兼ねてパソコンの前で過ごしました。


雨の合間にバラの蕾を探しに出てみました。
結構気がつかないうちに蕾が上がってきていてビックリです。



021-s_20140430201609045.jpg
アルバ・マキシマ(Alba Maxima)                                  4/30

いつもながらアルバの葉の色にはほれぼれさせられます。



038-s_2014043020161450a.jpg
ブラン・ドゥ・ヴィベール(Blan de Vibert)      4/30

この数年パッとしなかったブラン・ドゥ・ヴィベールは元気な葉が展開してきています。
良い花が咲いてくれることを期待したいです。



031-s_20140430201614940.jpg
アッシュ・ウエンズデイ(Ash Wednesday)        4/30

バラ畑も緑が濃くなってきました。
このように新葉がワサワサとしてきたものもあります。



030-s_201404302016111d9.jpg
パヴィヨン・ドゥ・ブレイニ(Pavilion de Pregny)    4/30



040-s_20140430201649971.jpg
ジャン・ジュシェ(Jean Ducher)             4/30

蕾が上がってきているのはオールドローズの系統が多いのです。
葉の展開はHTの方が早いのにいつのまにかORが追い越しているんですね。



050-s_201404302016512bb.jpg
オンデイーナ(Ondina)                  4/30

現代バラでは今のところオンディーナが一番かも。
まだ小豆粒くらいの大きさですが。



053-s_20140430201653a23.jpg
プレースビル・ホワイト・ノワゼット(Placeville White Noisette)4/30

少し前にプレースビル・ホワイト・ノワゼットの蕾が上がってきていて
もしかしたら今月中に咲くかもしれないと書いたのですが
その後水切れをした時のようにパラパラと落ちてしまいました。

やはり秋の購入時からの変化が原因だったのでしょう。
今頃になって蕾のつけ方を間違ったことに気がついて
旧枝に着いた蕾はリセットされたのでしょう。

今は新梢にこんな蕾がついています。
これで正常な生育に戻ったのでしょう。




おまけは我が家のしだれ桜です。



004-s_20140430201610e39.jpg
八重しだれ桜                         4/30

大分色あせてきていたのですが
この雨で一気に散り始めました。

今年は長く咲いていたような気がします。
たぶん2週間くらいでしょうか。
楽しませてもらいました。

スポンサーサイト

二十世紀梨の花

昨年に比べて開花が遅れていた果樹も
このところの5月下旬並みの陽気で一気に開花してきました。

おしべが薄紫色した梨の二十世紀も開花しました。
このおしべの色合いは開花してすぐに黒ずんで落ちてしまうのです。
今朝は急いで撮ってみました。



DSC_1317-s.jpg

おしべがこのような色合いの花は結構見かけますが
なぜかこの二十世紀の花がお気に入りなのです。



DSC_1321-s.jpg



DSC_1310-s.jpg



DSC_1432-s.jpg

少し引いたところを撮っていないことに気づいて
夕方撮ったものです。
もう日が落ちていて雰囲気が変わっています。


この後はリンゴの花が咲いてきます。
昨年は一週間くらい早く咲いて22日の凍霜害で大被害を被ったのでした。
今年の果樹は遅霜の心配もなく大丈夫のようです。


カメラを持って散歩

今朝も良い天気でさわやかな朝でした。
久しぶりに早く起きたのでカメラを持ってお散歩。



DSC_1205-s.jpg

まず家のピンク水仙をパチリ。
気のせいか特徴であるピンク色が年々薄くなってきているような気がするのです。



DSC_1211-s.jpg

少し前にヒメコブシを撮らせていただいたお宅の塀越しにパチリ。
ここの海棠は日当たりがいいせいでしょうか
他で見る海棠よりも咲き進んでいます。



DSC_1232-s.jpg

足島神社に寄ってみました。
神社のソメイヨシノは葉桜になっています。



DSC_1244-s.jpg

こちらも神社の桜です。
品種が違うのでしょう。
今が見ごろです。



DSC_1260-s.jpg

こちらも先日UPした花桃です。
昨日はカメラを持ってきていた人を見たので
結構有名になってきたのでしょう。



DSC_1266-s.jpg

こちらはクルミの花です。
今日気がついたのですが白樺の花も同じ形をしていました。



DSC_1275-s.jpg

ようやく家まで戻ってきました。
つれあいが台所の窓から御飯だよと言っています。

我が家の隣のよそ様の畑のプルーンの花です。
咲き出しは薄黄緑色できれいなのですよ。



歩くだけなら20分くらいの距離なのですが
写真を撮りながら1時間ほどかけて歩いたのでした。
こういうのは散歩とは言わないのでしょうか。


周りが色々な花であふれているので
肝心なバラの話はもうしばらく後になりそうです。

花桃が満開

いよいよこちらでも桜が散り始めました。
夕方、ハリーの散歩では散る花びらが道路に彩りを添えていました。
我が家のしだれ桜も色が薄くなってきています。


次に満開を迎えているのは花桃です。
この地方では地域や自治体単位で花桃を植えるということが多いのです。
私たちの自治会でも道路に沿って花桃を植えるということをしています。
もう7,8年経つので結構目立つようになってきました。

昨日昼過ぎだったのですが撮りに行ってきました。



DSC_1116-s.jpg
                                                   4/23

この場所は私が烏帽子岳を撮る定位置です。
烏帽子岳はまだ雪が残っているのがわかります。




DSC_1125-s.jpg
                                                   4/23

花桃はこのように源平咲きになるものが珍重されるそうです。



DSC_1111-s.jpg
                                                   4/23

この下では花見の酒盛りができる広さがあるのですが
まだ一度も見たことはありません。
車の往来が激しいので落ち着かないのでしょうか。



DSC_0017-s_20140424191536825.jpg
                                                   4/23

花桃を撮影した後ろを振り返るとこのような景色が目に入ります。
公園に桜を植樹したそうです。
まだ若木なのですがあと10年もすれば見事になるでしょう。



DSC_0006-s_20140424191537b2e.jpg

花桃の場所から50mほどのところにあるのが
先日天国へ続く道と書いたこの道路です。

このアングルで一度撮影してみようと思っていたところだったのです。
期待していたほどのスケール感はなかったですね。



DSC_1173-s.jpg
                                                   4/24

今朝、ブドウ畑に灌水をしているところを見ました。
リンゴやブドウの畑では秋までこのような光景を目にします。

まもなくリンゴが開花します。
桃は明日あたりが満開でしょう。
梨ももうすぐ開花です。

いといよ本格的な春がやってきます。

何と蕾を発見

桜の花に気を取られている間にバラの新葉が展開してきています。
HTに比べて新芽の動きが遅いORも順調に葉が展開してきました。
この時期はORの柔らかな葉の色合いを楽しんでいます。


DSC_1075-s.jpg
ロサ・モエシー・ヒリエリ(Rosa moyesii hillieri)                       4/23

2月の大雪で昨年伸びたシュートが全部折れてしまったのですが
古い枝にも新葉が展開してきました。




DSC_1078-s.jpg
ロサ・グラウカ(Rosa glauca)                                   4/23

新葉といえば萌黄色の葉が好きなのですが
こんな葉も好きです。




DSC_1037-s.jpg
ローズ・ディヴェール(Rose d'Hivers)              4/23

しなやかに伸びる枝と柔らかな葉の色合いが素敵です。




DSC_1106-s.jpg
ブラッシュ・ヒップ(Blush Hip)                                   4/23

アルバらしい色合いを見ていると花を見なくてもいいと思えます。




DSC_1101-s.jpg
レーヌ・デ・ビオレット(Reine des Violettes)                           4/23

アルバでなくてもこのように赤味がなくて柔らかな葉の感じは気に入っています。




DSC_1095-s.jpg
パヴィヨン・ドウ・ブレイニ(Pavilion de Pregny)                         4/23

なにも気にせず写真を撮ったのですが
モニターで見たところ蕾が上がってきていたのでした。
期待をしていなかったのでビックリ。

実はこれ以外に数日前に蕾が上がってきている品種を発見しているのです。




DSC_1025-s.jpg
ブレースビル・ホワイト・ノワゼット(Placervulle White Noisette) 4/22

昨年秋に購入したものですがなぜか年が明けても葉が青々としていました。
葉に白い斑点がついていますが2月に散布した石灰硫黄合剤なのです。

前年度の葉が全く落ちることもなく残っているというのは初めての経験でしょう。
葉が残っていたからなのでしょうか
新葉の展開と共に一気に蕾が上がってきたのでした。
でもよく見ると新梢に蕾が上がってきたのではなくて
古い枝から出てきているようで
新梢からの蕾はこれからになるのでしょう。

いずれにしても購入時の影響が残っているような気がするので
来春の状況で再確認しないと何とも言えませんが
今年の開花の一番乗りはブレースビル・ホワイト・ノワゼットです。

もしかしたら今月中に咲くかも

妙義山さくらの里

数日前の16日、里山を歩く会で妙義山さくらの里へ行ってきました。
昨年も行ったのですが開花時期を誤ってしまい
行ったときにはメインのソメイヨシノは散ってしまっていたのでした。
今年は満開の時期にうまく合わせることができて
すばらしい景観を楽しんできました。



DSC_0106-1-s.jpg

山と桜と言えば富士山と桜の組み合わせが美男美女の組み合わせとなりますが
武骨な妙義山との組み合わせもいいものです。




DSC_0109-1-s.jpg

花曇りだったので撮影日和かと思ったのですが
遠景を入れるとちょっと物足りない感じです。




DSC_0066-1-s.jpg




DSC_0089-1-s.jpg

吉野山の景観もかくやあらんといった壮大な光景です。
雲がたなびくかのように広がる光景は初めて見るものでしたが
同行の人たちも歓声を上げていました。




DSC_0103-1-s.jpg

このあたりは植樹してそれほどの年月がたっていないようです。




DSC_0114-1-s.jpg

この場所からの光景は昨年もUPしています。
先ほど確認してみたら24日に行っていたのですが
桜の樹は若葉に彩られていました。




DSC_0117-1-s.jpg

ここ(管理センター)に着いた時は1時頃になっていました。
今度は早朝に来てみたいものです。


ほぼ満開です

今日は一気に気温が上がって最高気温は25℃ということで
この気温に誘われるように我が家のしだれ桜がほぼ満開になりました。

明日はまた気温が下がって雨が降るという予報なので
満開前の状態なのですがUPしました。



DSC_0824-s.jpg

満開というよりは五分咲きと言った方が良いのでしょうか。




DSC_0811-s.jpg

夕方の撮影だったのですっきりとした色合いにはなっていません。




DSC_0841-s.jpg



DSC_0863-s.jpg



DSC_0895-s.jpg

このくらいの咲き方が一番みずみずしい感じがします。

明日の雨はそれほどでもないようですが
この花弁はどのように変わるのでしょう。




昨日は里山を歩く会で妙義山のさくらの里へ行ってきました。
昨年も行ったのですが時期が遅くメインのソメイヨシノは見ることはできなかったのでした。
今年はソメイヨシノの満開に行くことができて大満足です。
写真はたくさん撮ってきたのですが
残念ながらもうひとつ納得のいく写真が撮れませんでした。
後日改めてUPします。


咲いた咲いた

昨日到着したムックのガーデンダイアリーを見ていたら
庭仕事は朝の3時過ぎからやっているという方の記事を見て
一念発起して早起きしました。

カメラを持ってご近所の庭先を覗かせていただきました。



DSC_0609-s.jpg

気がついてみたら近くの畑には霜が降りていました。
オオイヌノフグリはまだ閉じたままです。



DSC_0619-s.jpg

去年も撮らせていただいたこぶしのようなモクレンのような花です。



DSC_0623-s.jpg

こちらも目線の高さで咲いていたモクレンです。



DSC_0683-s.jpg

夕方になって我が家のしだれ桜がちらほら咲いてきました。

今週末が満開状態になるのでしょう。

半歩前進

この数日最低気温が零下となって霜が降りる寒い朝を迎えています。
日中も終日北西の風が吹き体感温度は日差しの強さほどには感じられません。

それでも桜は開花を迎えて
今朝上田城跡公園の脇を走っていたら土曜日とあって歩道からはみ出るくらいの人出でした。
見た目の感じでは四分咲きといったところでしょうか。


我が家のしだれ桜は前回UPした状態からは変わっていないと思われるくらいの進み方です。
それでも花弁がふっくらとしてきて半歩前進と言ったところでしょう。



DSC_0605-s.jpg
                                  4/12




一方我が家のバラはハウスにあるものが緑が濃くなってきました。



DSC_0572-s.jpg
ヴィオラセ(Violasea)                     4/12

この冬に衝動買いしたものです。
写真で見たような咲き方をしてくれるかどうか興味津々です。
日本語表記ではヴィオラセという場合とヴィオラセアという場合がありますが
ここでは購入先の表記で書きました。



DSC_0573-s.jpg
エリザ・ボエル(Eliza Boelle)                                   4/12

柔らかな葉の質感と色合いは何とも言えません。
花の雰囲気とよく合っていると思います。

気分転換に昨年の秋の花ですがUPしておきましょう。



DSC_0005-s_201404122002270c1.jpg
エリザ・ボエル(Eliza Boelle)               2013/10/24




DSC_0578-s.jpg
リタウマ(Ritausma)                                        4/12

最も早く本葉が展開したリタウマはもうこんなに繁っています。




DSC_0579-s.jpg
スノー・ペーブメント(Snow Pavement)                                4/12

ルゴサらしい深い葉脈の葉とグレイがかった葉の色合いがたまりません。



DSC_0583-s.jpg
レーヌ・デ・ビオレット(Reine des Villetes)                            4/12

柔らかな枝ぶりと葉の組み合わせ、それにぴったりの紫色の花の組み合わせは
いかにもORらしい雰囲気の品種だとおもいませんか。



DSC_0588-s.jpg
パヴィヨン・ドウ・ブレイニー(Pavilion de Pregny)       4/12

こちらも気がついたらワサワサと葉が茂っていました。
確認していませんが蕾が上がってきているのではないかと思ってしまうくらいです。



DSC_0591-s.jpg
アラスカのワイルドローズ                     4/12

ロサグリーンさんからいただいた種子を撒いたところ
一本だけ発芽しました。

原種の知識がないのでこの葉を見てあれこれ言うことはできないのですが
面白そうだという印象です。
今年は咲いてくれるでしょうか。

珍しく早起き

今朝は珍しくすっきりと目が覚めました。
目覚まし時計を見ると6時だったのですが起きてしまいました。
この時期は特別朝にやることもないので
7時頃にならないと起きないのです。

めずらしく散歩に行こうという気分になりカメラを持って出かけました。




DSC_0010-s_20140409184527cd5.jpg

人様の庭をきょろきょろしながらの散歩です。
我が家のムスカリは葉が出ているのですが花は咲きませんでした。



DSC_0052-s_20140409185017890.jpg

つくしがたくさん出ています。



DSC_0039-s_2014040918453114f.jpg

胞子が飛び散る寸前のものがたくさんあり
うっかり手を触れるとカメラが白くなるほど飛び散ります。

灰色のふわふわしているものが胞子です。



DSC_0029-s_20140409184532130.jpg

ヒメオドリコソウが敷き詰めたように生えている畑です。
我が家の畑も同じような状態ですが除草剤を散布しました。



DSC_0053-s_201404091846128df.jpg

以前UPしたネコヤナギは去年刈り取られてしまったのですが
切り残した枝なのでしょうか花がついていました。




こちらでは桜の開花予想は10日ということだったのですが昨日開花宣言が出されました。
例年よりも2日早いそうですが冬の寒さの影響はないのですね。



DSC_0072-s_20140409184614e3e.jpg


我が家のしだれ桜を見てみたら硬い花弁の先からめしべが見えていました。
あと数日で咲くのでしょう。


バラは早いものは本葉が展開してきているのですが
オールド-ローズの遅いものではようやく芽が動き出したというところです。

今日はバラ畑に宿根草の植え込みをしました。
後はハウスの中の鉢を整理すれば開花前の準備は完了です。

これで疲れも吹き飛びます。

終雪

今朝は寒かった。
ハリーの散歩に8時頃に行ったのですが
ニャンズの水はしっかり凍っていたし日陰には霜が残っていました。
朝の最低気温が-2℃だったそうで当然でしょう。

夜になって天気予報をみていたつれあいが
昨日が終雪だと言っていたと言いました。

知らない言葉だったので早速調べてみたら初雪と対比される言葉のようですが
あまり使われていないようです。
でも昨日は荒れ模様で日中は雪が舞う天気だったので
終雪と聞くとほっとします。

今朝の霜で傷んだ花をあちこちで見かけました。
咲きかけの白モクレンがすべて茶色に変色しているのも見ました。
我が家のハウスにあったエゾムラサキツツジも萎れてしまいました。
この地方では3月から4月いっぱいは霜にことさらの注意が必要なのです。

エゾムラサキツツジは札幌から持ってきたシャクナゲの中で
生き残っている最後のものなのです。



霜にあたる前の4日に撮ったエゾムラサキツツジとその交配種を記録としてUPします。



DSC_0067-s_20140407193357d93.jpg
エゾムラサキツツジ                     4/4

この個体は基本種です。



DSC_0064-s_201404071933561f6.jpg
ピンクヒメエゾムラサキツツジ☓デンドロカーリス                            4/4

私の交配種です。
柔らかなピンクはなかなか良いものだと思うので
登録しようと思ったのですが増殖をするつもりがないので
登録を中止したものです。
(このことは前にも書いたような気がします)



DSC_0060-s_20140407193354a56.jpg
八重咲きエゾムラサキツツジ                  4/4

八重咲き個体はいろいろあるのですが
この個体は花弁がそろっていてきれいな方でしょう。




DSC_0071-s_2014040719335899a.jpg
白花タンナゲンカイツツジ☓白花エゾムラサキツツジ                           4/4

この組み合わせはふっくらとした良い花組になるのですが
私の交配では思ったような良い個体は出ませんでした。



DSC_0073-s_201404071934009f9.jpg
白花タンナゲンカイツツジ☓白花エゾムラサキツツジ                           4/4

もう少し大きめの丸弁を期待したのでした。


いずれの鉢ももう植替えをしなければならないのですが
植替えをすると枯れる確率が高いのです。
この画像が本当に記録になってしまうかもしれません。




さて、肝心のバラのほうは
ようやく今日になってバラ畑の整備がほぼ終わりました。

地面を一面に埋め尽くしたようになっていたオルラヤの間引きが終わったのです。
これでようやく宿根草の植え込みを考えられるところまで来ました。


芽出し雨

今日は一日雨が降ったりやんだりでした。
雨の合間にカメラを持って出てみました。

新芽がひときわきれいに見えました。
例によって雫をパチリ。



DSC_0001-s_201404041901317ef.jpg
ローズ・ディヴェール(Rose d'Hivers)                                4/4

この雨で一気に伸びたという雰囲気。



DSC_0027-s_20140404190218fab.jpg
ノバラ                                                 4/4

ノバラに大きな雫がありました。



DSC_0028-s2.jpg
ノバラ                                                 4/4

近寄って雫を見ると奥の光景が凝縮されて見えます。
この光景を見るといつも子供の頃に思いがけず新しいものを見つけた時のような
ドキドキ感がよみがえってきます。

本当は三脚を立てて近づいて撮るともっとはっきり見えるのですが…。



DSC_0052-s_201404041902214a7.jpg
マーチン・フロピシャー(Martin Frobisher)          4/4

やっぱりルゴサの系統は新芽の動きが早いものが多いようです。



DSC_0009-s_20140404190132ec8.jpg
モミジ                                                 4/4

バラ以外の雫も撮ってみました。

紅葉はまだ蕾が硬いです。



DSC_0010-s_20140404190133fac.jpg
枝垂れ桜                                                4/4

枝垂れ桜はまだまだだと思っていたのですが
もう色づいてきていました。



DSC_0023-s_20140404190135df6.jpg
水仙                          4/4

まだ新芽の緑色も乏しい中で
日当たりのいい土手に生えている水仙は早くも黄色が見えていました。
庭のチューリップや水仙は蕾も見えていません。

梅は咲いたか桜はまだか

今年の3月ほど一ヶ月が早く過ぎた月はなかったような気がします。
もう四月になったんだと気ばかりが焦っています。
やはり2月の大雪の影響で外仕事が遅れたことが大きな原因でしょうが
体力の低下に加えて集中力の低下も大きく影響していると感じています。

今日は馬鈴薯の植え付けをしただけで夜にはぐったりです。
情けないです。

それでも夕方にはカメラを持ってお隣の家まで行ってきました。
前にもUPした梅の蕾がいよいよ開花したのです。
開花したと言っても日当たりのよいブロック塀の前の枝だけです。




DSC_0084-s_20140402210253e96.jpg
                                                   4/2

UPしてから気がついたのですが
梅によっておしべの色が違うのでした。

二本並んでいて気にしないで撮ったのですが
私にとっては新発見です。



DSC_0067-s_201404022102510d4.jpg
                                                    4/2



DSC_0065-s_20140402210250d9e.jpg
                                                    4/2

こちらの方がおとなしい感じです。
満開になったら改めて見比べてみましょう。



梅が咲いたと思っていたら
もう来週は桜が開花することになるのでした。
今日の予報では10日と言っていました。

それを聞くとますます気が急いてきます。
バラ畑の草取りはしてないし
おぎはら植物園にいって買おうと思っていた宿根草も
まったく検討していません。

家庭菜園も果樹も次々とやることが出てきます。
ああ、忙しい忙しい!
プロフィール

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク