来た来た来た、春が来た

3月は寒暖の差が激しく暑い寒いと言っているうちに
気がついたらもう3月も終わりです。
ブロ友さんがコメントに季節の移り変わりの速さに付いていけませんと書かれていましたが
本当にその通りで気がついたらもう春だという今日この頃です。

先週は最低気温が-4℃という日があったのに
昨日、今日の最高気温は20℃で明日は23℃と予想されています。
昨日出された桜の開花予想は例年よりも5日早い4月2日だそうです。
正に季節の移り変わりの速さに付いていけないことを実感しています。




2040-m.jpg

さくらの開花予想から思いがけず早く咲くらしいということで
我が家のしだれ桜を見てきました。
もうこんなに蕾が膨らんでいて来週咲くというのも納得でした。




2047-m.jpg

我が家で一番早く咲く土手の陽だまりの水仙も蕾が上がってきていました。




2056-m.jpg

庭梅の蕾もしだれ桜の蕾と同じくらい膨らんできています。




2061-m.jpg

近くの果樹園のリンゴもきれいに剪定されています。




2067-m.jpg

一つだけ見つけたフキノトウはこんなに伸びていました。




2069-m.jpg

おまけはまだ鍬を入れてない畑のいわゆるペンペン草と呼ばれている雑草です。
これだけ一面にきれいに咲いていると見ごたえがあります。


今週は5月並みの気温が続くそうです。
自分の頭も春に切り替えましょう。


スポンサーサイト

里山を歩く会①

真冬並みの寒気団が居座っていて今朝の最低気温は-4℃と
3月下旬とは思えない寒さが続いています。
今日よりももっと寒かった25日に今年最初の里山を歩く会が行われました。

最初だからと足慣らしにちょうど良いということで
隣町の里山を歩いてきました。
天気は良かったのですが強い北西の風が吹いて寒くて心配したのですが
歩いているうちに体も暖かくなってきました。




DSC_0004-m_20150325203654872.jpg

朝のうちは空気が澄んでいいて見通しがよく北アルプスが見えていました。
まだ真っ白な北アルプスは左端の前穂高岳から
右端(木の陰で見えませんが)の鹿島槍まで一望できたのでした。




DSC_0005-m_20150325203657138.jpg

途中でこんな光景も目にしました。
朝鮮人参を栽培しているところです。
日光を遮断して7年くらい育てるらしいです。




DSC_0010-m_201503252036580d1.jpg

東御市には昔から農民歌舞伎が行われていて立派な舞台があります。
この東町の舞台では今でも年一回地域の人たちによって上演されているのですが
舞台だけがあって座席は地面に座ってみるのでしょう何もなくちょっと驚きました。




DSC_0020-m.jpg

このあたりは江戸時代は天領だったということと関係があるのでしょうか
立派なお寺がいくつかありました。
勉強不足でお寺の名前もわからず通り過ぎてしまいました。




DSC_0027-m.jpg

最終目的地は昼食場所でもある城山です。




DSC_0032-m.jpg

城山というのは昔の出城のことで見晴らしの良いところにはあちこちにあります。
ここは地名にもなっている祢津氏の出城だったところだそうです。

城山から最初の画像と同じ方向を撮ったのですが
正午過ぎということもあり北アルプスはかすんで見えません。
高速道路がきれいに見えています。




DSC_0036-m_20150325203751b91.jpg

皆さんは南向きの見晴らしの良いところで昼食です。
正面の山は右側が蓼科山、左側が八ヶ岳です。
空気が澄んでいれば富士山が八ヶ岳のすそ野の上に見えるはずですが
今回は見ることができませんでした。



DSC_0044-m.jpg

ここからはほぼ360度の視界があり北側には烏帽子岳も見えます。
我が家からはいかにも烏帽子というピークが二つ見えるのですが
ここからはピークが重なって一つに見えます。
まだ真っ白な山頂なので雲の白さと重なってよく見えません。




DSC_0048-m.jpg

城山を下りて帰路につきました。
ここはもう駐車場のすぐそばです。
中央の白い山は烏帽子岳です。
昼食も含めて5時間の行程でした。
皆さんけっこうお疲れ気味ですね。
お疲れさんでした。



猫つながりで

先日22日のブログでおまけということで
ハナの画像をUPしたのですが
その時に大分前にミーの画像を下書きしていたことを思い出したのです。

探してみたらありました。
昨年12月に撮影日順にならべたものですが
猫つながりということでUPしてみました。




003-s_20141218180322edf.jpg
                                  6/24

このポーズは朝ごはんを早く頂戴というポーズです。
頻繁にえさをもらう場所と居間の窓際を往復するのですよ。
トラとハナはこんなことはしません。
ひたすら餌をもらう場所で待っているのです。




057-s_201412181750139f3.jpg
                                                      7/6

パーゴラの下でくつろいでいます。
怒っているのではなくあくびをしているところでした。




088-s_20141218175015fba.jpg
                                                      7/23   

はいポーズ。                                                 
私かわいいでしょうというポーズでしょうか。




025-s_201412181750188f5.jpg
                                                    9/13

目線の先にはトラがいます。
ミーはじゃれるのが好きなようで
トラにもハナにもこのようにしてモーションをかけるのです。




043-s_20141218175203352.jpg
                                                   10/27

今と比べると毛並みがきれいに見えます。
これは季節のせいでしょうか。
こうしてUPして気がつきました。




020-s_20141218175205639.jpg
                                                   10/31

この石は亡くなった母の歌碑です。
ここはハナの定位置なのですがめずらしくミーがいたのです。




今度はトラの画像をUPしてやりたいと思っているのですが
ミーほどは画像がないので実現するかどうかわかりません。


今のところのトップは

一日で終わると思ったオルラヤ抜きが思いのほか大変でしたが
ようやくめどが立ちました。

地面から上に目を向けて周りを見ることができるようになったので
カメラを持って一回りしてみました。




026-m_20150322155815ec7.jpg
マーティン・フロビシャー(Martin Frobisher)                                   3/22

3月8日にスノー・ペーブメントに緑色になった芽が見えたと書いたのですが
今日見たらマーティン・フロビシャーの方が緑が濃かったのでした。

新芽の動きが最も遅いのはイプシランテのようです。
まだ芽のあるところが赤くなってきたといった程度です。




018-m_20150322155814341.jpg
マーティン・フロビシャー(Martin Frobisher)                                   3/22

スノー・ペーブメントはこれよりも短い葉の状態です。
それでもほかのバラに比べると葉の展開は早く
同じHRgのリタウマも緑色の葉が見えていました。




002-m_20150322155813675.jpg
                                                              3/22

バラの開花はまだ2ヶ月くらいは待たなければならないのですが
今、わが世の春を謳歌しているのはオオイヌノフグリでしょう。




029-m.jpg
                                                              3/22

リンゴの木の下はオオイヌノフグリの青い花でじゅうたんのようになっています。
しかし、これも数日後には除草剤を散布するので見納めです。




今日のおまけは数日前のハナです。




006-m_201503221559002f9.jpg
                                                              3/19

台所の窓からのぞきこんで食べ物をねだっているところです。
外には壊れた洗濯機が置いてあるのですが
そこに飛び乗って覗いているのです。
一度つれあいがダシ用の煮干しをやってから
味をしめて毎朝顔を出すのです。
ミーとトラはこのようなことをしないのですよ。


ペーパー・ムーン

3月に入ってからすっかりペースダウンしていた
バラ畑の手入れがようやく終盤になってきました。
今日は一日、枯葉の整理と多すぎる宿根草を抜くことに費やしたのでした。
多すぎる宿根草というと聞こえはいいですが
雑草と化したオルラヤを抜いただけです(苦笑)。


このところカメラを手にしていないので昨年の画像から
私のハンドルネームになったペーパー・ムーンをUPです。




104-b_20150307220747a0a.jpg
                                       2014/6/3





234-b_20150307220811f5a.jpg
                                                              2014/6/6





239-b.jpg
                                       2014/6/6





172-b.jpg
                                                               2014/6/7






005-b_2015030722074655b.jpg
                                                               2014/6/8

ペーパー・ムーンの周りには宿根草がからみつくように咲いていますが
計画的に植えたわけではないのです。
気がついたらちょうど良い感じに咲いていたというわけです。
今年もこのような感じになるかどうかは
宿根草に聞いてくださいというよりほかはありません。



ペーパー・ムーンというハンドルネームは
花フェスタで見て気に入って購入したということから決めたのですが
その後バラ以外のものにペーパームーンという名前を見たのです。

最初は山中湖の喫茶店にこの名前がついているのを見て
一瞬わけもなくドキッとしたものでした。

数年前に知人から国道から脇道に入ると我が家の方向には近道だと
教えてもらったことがあったのです。
なんとこの脇道を入るとモーテル街になっていてビックリ。
こちらに戻って10年にもなるのにこんなところがあるなんて知らなかったのです。

そしてモーテルの一軒の名前がペーパー・ムーンという名前だったのには
びっくりというより思わずエーッと声を上げてしまったのでした。

このもやもやした気持ちは誰かに話せばすっきりするのかもしれませんが
まだつれあいにも話していません。



The Rose Garden of Fukusima

009-b_201503131437037ae.jpg




017-b_20150313143705b23.jpg


この本は福島県の双葉ばら園の写真集です。
2011/3/11の前後のばら園の画像で構成されています。
今回、この写真集は昨年秋に出版されていたことを知ったのですが
私はほんの数日前までこの写真集については全く知りませんでした。

数日前、具体的には3月10日の朝
いつものようにハリーの散歩に出かけて帰ってきたら
つれあいがテレビで福島のバラ園のことをやっていたよ、
バラの本も出したらしいと言うのです。

すぐに双葉ばら園のことだとわかって見たかったと思ったものです。
バラの本のことというのは全く分からずなんだろうと思ったのですが
調べようもなくあきらめていました。

その日の夜になっていつものようにブログをあちこち見ていたら
かな。さんのブログに見たかった朝の番組の動画がUPされていたのです。
さらに本のことも具体的にわかりました。
すぐにネットでポチッとしたのは言うまでもありません。

昨日とどいた本が↑の画像の本です。
ごらんのように英語の写真集です。

私は双葉ばら園の3.11を挟んだ写真集が英語で書かれているということに
最初に違和感を覚えたのです。
作者のマヤ・ムーア(MAYA MOORE)さんは
NHKのアナウサーとして出ていた方だということがわかったのですが
なぜこのような写真集を日本人が出版しなかったのだろうかという思いが
強く残ったのです。

もちろん双葉ばら園の写真集を作りましたと言っても
買ってくれる人はそれほどいないでしょう。
しかし、双葉ばら園の写真を撮っている人はたくさんいるはずで
3.11の記録として残していこうと声を上げた日本人がいなかったということが
残念だと感じたのです。

いろいろ大変なことがあったと思われる中で
写真集を作ろうと声を上げたマヤ・ムーアさんの行動はすばらしいと思います。
そしてなによりうれしいのは本当にきれいな写真集だということです。

表紙を外したところが二枚目の画像です。
白地に自己主張することなく収まっているタイトルが好ましいですね。

なによりうれしかったのはバラの写真集はこうであってほしいという
わたしの気持ちをそっくり具体化していてくれることです。
これまで見てきたバラの写真集はほとんどが写真をたのしむというよりも
情報を加えたムックの体裁で写真を楽しめるものがなく
唯一良いと思っているのが梶みゆきさんの「オールドローズ ガーデン」でした。
今回の写真集はこれに次ぐものでほんとうに久しぶりの出版だと思っています。


この本の唯一残念だと思っているのはたくさん載っているバラに名前がついていないということです。
できればバラの名前を入れて日本語で再度出版していただきたいものです。

ともすれば記憶の中から薄れていく3.11のことを
この写真集を見ることで思いを新たにしていくことができると思っているところです。



ピエール・ド・ロンサール

気がついたら日陰の雪も消えていました。
しかし、今日は寒かったです。
一日中北西の風が強く時折雪が舞うという
とても春が近いとは思えない天気だったのです。

当然のことながら一日家にこもりきりでした。
暇に任せて昨年の画像を整理していたのですが
たまたまピエール・ド・ロンサールの画像を整理していて
これまでほとんどUPしてこなかったことに気がついたのです。

いまさらUPするまでもないポピュラーな品種ですがUPします。




039-b_20150310151209692.jpg
ピエール・ド・ロンサール(Pierre de Ronsard)                                   2014/6/5




073-b_20150310151237a89.jpg
ピエール・ド・ロンサール(Pierre de Ronsard)                                   2014/6/4

年によってピンク色が強くなったり薄くなったりします。
薄いほうが好ましいので管理方法でなんとかならないかと思うのですが
色の濃淡の減少はコントロールできていません。




070-b_20150310151209dec.jpg
ピエール・ド・ロンサール(Pierre de Ronsard)                                   2014/6/4

昨年は程よい色合いできれいでした。

また、昨年は秋の返り咲きが例年よりも多かったのですが
赤い色合いが濃くなり春の一季咲きで十分だと思ったものです。




141-b.jpg
ピエール・ド・ロンサール(Pierre de Ronsard)                                   2014/6/11




028-b_20150310151205763.jpg
ピエール・ド・ロンサール(Pierre de Ronsard)                                   2014/6/5




269-b.jpg
ピエール・ド・ロンサール(Pierre de Ronsard)                                   2014/6/4

日本で一番売れている品種だと書いてあるのを見た記憶がありますが
私も魅力的なバラだと思って納得です。



緑を見つけた

今日も雨。
朝のうちは雪だったのですが午前中には小雨となり昼頃にはようやく止みました。
この冬は本当によく降りました。
この頃いつも同じことを書いている気がします。
明日も明後日も雨模様らしいです。

外仕事が全然できません。



031-m_201503081303429f3.jpg
ノイバラ(Rosa multiflora)                                             3/8

雨が止んでからカメラを持って一回りです。
ノイバラの撮影定点では雫がきれいでした。




048-m_20150308130408f5c.jpg
ノイバラ(Rosa multiflora)                                             3/8

よく見ると新芽が伸びて葉が開きそうです。




064-m_201503081304115ba.jpg
リタウマ(Ritausma)                                                3/8

そしてついに見つけました。
リタウマの新芽が緑色になっていました。
わくわくです。




027-m_20150308130339a27.jpg  
                                      3/8                                                                                     
チューリップもこんなに伸びています。




028-m_20150308130341485.jpg
                                                                3/8

水仙もこの通りです。
まごまごしていると宿根草も芽が出てきてしまいそうです。

困ったものです。




061-m_20150308130410efa.jpg
                                      3/8

枝垂れ桜はあと一ヶ月もすれば咲き出すのですが芽はまだ硬いです。




015-m_2015030813033741c.jpg
                                                               3/8                                                                   
ガクアジサイの枯れた花が雨に濡れてきれいでした。

ようするにあれもこれも片付いていないという状態です。


気持ちも新たに

今年の冬の雪はめずらしく本格的には積もらないけれど何回も降って
作業がはかどりませんでした。
それでもようやく剪定、鉢の植替え、移植が終わりました。
これからは枯草や宿根草など地面の管理をしなければならないのですが
なかなか地面が乾かず気がもめる日が続きます。


今日はこの春に向けて気持ちを新たにしようと
昨年の春のバラ畑をUPしてみました。



013-b_20150305223851341.jpg
                                                              2014/5/11

5月11日のバラ畑です。
今はやたらに地面が見えていて
ちょっと切りすぎたかなと思うのですが
こうしてみると改めてバラの勢いを感じました。

以下、日付け順に並べてみました。




322-b.jpg
                                                               2014/6/4

定番の撮影位置です。
我が家では5月中旬から咲き出すのですが
このころからが最盛期と言っていいでしょう。




130-b.jpg
                                                               2014/6/4




013-b_201503052242214c0.jpg
                                                               2014/6/6




012-b_20150305223633825.jpg
                                                               2014/6/8



282-b_20150305223857849.jpg
                                                               2014/6/9

なぜか曇り空の時の画像ばかりですが
我ながらこんなににぎやかだったのだろうかと思ってしまいます。
6月10日を過ぎるとそろそろさびしくなってきます。




002-b_201503052236324bd.jpg
                                      2014/6/13




114-b.jpg
                                      2014/6/19

遅咲きのフランソワ・ジュランビルが満開になると
春の終わりを感じます。
奥の方にはほとんどバラが見えません。




010-b_2015030522363085d.jpg
                                                               2014/11/12

この時期は強い霜が降りる時期です。
晩秋の雰囲気がありありと出ています。

奥の方に小鳥の巣箱が見えますが
最初の画像の巣箱の位置と比べると
伸びたバラの高さがわかるのではないでしょうか。
この時期になると本来の通路を歩くのもままなりません。


さて今年はどんなふうに咲いてくれるでしょう。
遅霜で早咲きの蕾が飛んでしまったというようなこともあります。
今年こそはきれいに咲いてほしいです。

お人形さんめぐり

小諸市へひな人形を見るお人形さんめぐりにいってきました。
本当は昨日やっていたガイドの説明を聞きながらまわるという予定だったのですが
あいにくの雨、風で今日に変更したのです。

小諸市は歴史のある町で今でも当時の街並みが残っています。
江戸時代はかなり繁盛したそうで由緒ある家には
江戸時代からのひな人形が残っていることから
店頭あるいは家の中で展示して見てもらうということをしてきて
今年で11回目になるのです。

案内図を見たら展示されていたところは
北国街道小諸宿のあった本町通りを中心にして
数えきれないほど載っていてビックリです。




DSC_0008-b.jpg

昼過ぎに着いたのでいつものそば屋で昼食です。
元は何を商っていたところなのでしょうか立派な造りです。




DSC_0003-b_20150302163210330.jpg

私が注文したのは辛み大根おろしそばでした。
左上の薄紫色がおろした辛み大根です。
大根は申し分なく辛く満足しました。




DSC_0012-b.jpg

最初にこのそば屋を出てすぐのところにあるほんまち町屋館に入りました。
ここは昭和の時代まで味噌・醤油の醸造業を営んでいた
旧清水屋の商家を活用した小諸市の多目的施設とのことです。

つるし雛が一面に吊り下げられていて華やかでした。




DSC_0014-b.jpg

ここには個人のお宅のひな人形がたくさん持ち込まれて飾られていました。
このお内裏様は享保雛と呼ばれているものだと説明していただきました。
享保雛はいくつか展示されていましたが
ここの内裏様が一番保存状態が良かったです。
享保とは1716~1736の間だということで300年くらいたっているのですね。

説明文によるとお人形の箱には京都から小諸の商家に運んだと書いてあるとのことで
当時の小諸はこういうものが手に入るくらい繁栄していたのですね。




DSC_0021-b.jpg

ここからの3点は呉服屋さんに飾られていたものです。
どうやら人形製作教室のようなこともされているようで
創作人形が展示されていました。
こちらは狐の嫁入りというタイトルでした。




DSC_0025-b.jpg

そしてこちらはなんと「ぶす姫」というタイトルがついていました。
説明では大金持ちのブスをモチーフにしたとか。
これでもかと着飾り胸元には財布を入れているブスな顔の人形はとてもユーモラスでした。
何体も同じデザインで並んでいるのですが
ブスという顔の作りがどれも中年の女性の顔を意識させるものだったのが
妙に印象的でしたよ。




DSC_0026-b.jpg

こんなものもありました。
これも全部布でできているのです。
作った人は作っている間中楽しかったのではないでしょうか。




DSC_0028-b_20150302163256757.jpg

昔の商家は内部が暗い作りになっています。
部屋の明かりを点けず足元の照明だけで見せていたものです。

このほか享保雛の内裏様だけをひっそりと展示したショーウインドゥや
7段のひな壇にずらりと飾ったショーウインドゥなど
見どころがたくさんありました。




DSC_0032-b.jpg

ほんまち町屋館とは違う味噌・醤油屋さんです。

たくさんあってとても全部は見きれず今日は途中で引き揚げてしまいました。
このような催しの時はゆっくり時間をとってこないとだめだと感じながら帰ってきたのでした。



ハリー、誕生日おめでとう

今日はハリーの10歳の誕生日でした。

急に思い立ってバースデイケーキを買ってやろうとペットショップに行ったのでした。
聞いてみたところ事前予約で取り寄せになりますと言われて
さてどうしましょうと店長と顔を見合わせてしばし無言。

ちょっと間をおいてこれならありますと店長がもってきたのがこちらでした。




DSC_0015-s2.jpg

見た通りMerry Christmasと書かれています。
クリスマスケーキだけれど賞味期限は3月31日だから大丈夫でしょうという言葉に
背に腹は代えられぬという気分で買ってしまいました。



DSC_0019-s_20150301202440323.jpg

中身のケーキはこれです。
直径10cmくらいのかわいいケーキです。
Merry Christmasと書かれたシールが付いていたのですが取ってあります。

ペット用のケーキは初めて見たのですが
人間用のケーキだといってもおかしくないくらいよくできています。




DSC_0020-s_2015030120244194e.jpg

まずセレモニーでハイ、ポーズ。
飼い主が期待するような男前のポーズはしてくれません。




DSC_0023-s_20150301202443c30.jpg

それでもおやつはまだかという時の顔は凛々しく見えます(親馬鹿)。




DSC_0025-s_2015030120251149e.jpg

いよいよケーキを出して記念撮影です。
まるまる一つを食べさせるのは問題だろうと1/4にカットしてあります。




DSC_0028-s_20150301202513da2.jpg

ヨシという掛け声とともにパクリ。




DSC_0031-s_20150301202514666.jpg

食べ方を見ているとどうやらいつものおやつよりもおいしくないという食べ方です。




DSC_0032-s_201503012025163ea.jpg

それでも食べ終わるともっとないのかというそぶりをしていましたよ。


飼い主の気まぐれでいつもと違ったおやつを食べさせられたのには
満足できたのでしょうか。

残りの3/4は明日の外猫のおやつにする予定です。
(このケーキは犬・猫用と書いてあります)


前に飼っていたハスキー犬の力丸は9歳で亡くなりました。
ハリーが10歳を迎えられてホッとしているというのが今日の心境です。

背中の毛に白いものが目立ってきていて
歩き方も機敏さが失われてきていますが
このまま元気でいてほしいものです。


プロフィール

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク