昨日の続き

昨日UPした画像を見たら大写しでアンダーなものばかりだとちょっと反省です。
そこで改めて引いた画像をUPしました。



004-s_2015103118463929a.jpg
ローテ・ローゼ(Rote Rose)                                      10/31




009-s_20151031184732c08.jpg
エンジェル・フェイス(Angel Face)                                   10/31




011-s_20151031184734552.jpg
黒真珠                                                   10/31




012-s_20151031184806219.jpg
コルデス・パーフェクタ(Kordes Parfecta)                              10/31




006-s_201510311851565f8.jpg
禅                                                      10/31




025-s_20151031184809c28.jpg
ザ・ヨーマン(The Yeoman)                                       10/31




001-s_201510311846374af.jpg
イザベラ・スプラント(Isabella Sprunt)                                  10/31



今日のおまけはハナです。
相変わらず雑草が生い茂っています。




044-s_20151031184810a99.jpg



スポンサーサイト

10月20日のバラ

昨日は兄弟会で行った諏訪大社についてUPしましたが
予備知識なし、団体行動ということで
書いている内容も不確かで画像ももうひとつパッとしませんでした。

今日は気を取り直して我が家のバラです。
北海道へ行ってからしばらく我が家のバラをUPしていなかったので
さかのぼって10月20日のUPです。




002-s_2015103019090664a.jpg
ジーン・シスレー(Jean Sislay)                                    10/20




008-s_20151030190908f93.jpg
オディ・ピンク(Odee Pink)                                      10/20




011-s_201510301909109c5.jpg
                                                      10/20

右側の白いバラがオディ・ピンクで左奥のピンクのバラがジーン・シスレーです。


我が家のバラ畑は二か所に分かれていて道路を挟んだところには
主としてHTが植えられています。
今日はここのHTをUPです。




012-s_20151030190910bb9.jpg
エミーラ                                                 10/20

このバラは切り花品種だということで購入したのですが
摘蕾しないとたくさんの花が咲きフロリバンダというよりも
ポリアンサと言った方が良い咲き方になります。
このように一花で咲くというのは珍しいのですが
やはり一花だけ残して他はすべて摘蕾するという育て方をする品種なのでしょうか。





031-s_20151030190911664.jpg
黒真珠                                                 10/20





039-s_201510301909521b1.jpg
チャイコフスキー(Tchaikovski)                                  10/20




042-s_20151030190954eeb.jpg
ワイルド・ブルー・ヨンダー(Wild Blue Yonder)                         10/20





          051-s_201510301909559f4.jpg
          ノスタルジー(Nostalgie)                   10/20





          058-s_20151030190957d0e.jpg
          ローテ・ローゼ(Rote Rose)                 10/20





059-s_20151030190959ed5.jpg
コルデス・パーフェクタ(Kordes Parfecta)                              10/20



このごろの購入品種はORが多くなってきています。
これらのHTはそのうちにORにとってかわられてしまうのでしょうか。


今年の兄弟会②

兄弟会二日目は諏訪大社めぐりです。

諏訪大社といえば7年に一度行われる御柱祭のことくらいしか知りません。
諏訪神社と言っていたような気がして諏訪大社ということも知りませんでした。
今回は全くのおのぼりさん気分で見て回ったのですが
目から鱗というのかただ単に知らなかったというのか
いいものを見てきたというのが実感でした。

しかしあまりにも知らないことばかりで具体的なことは何も書けません。
できればちゃんと勉強してからもう一度行ってみたいです。



034-s_20151029202401e36.jpg

最初に行ったのは上社の前宮です。

諏訪神社には上社と下社があることは知っていましたが
それぞれに二つの神社があって4つの神社をあわせて諏訪大社というのだそうです。




          046-s_2015102920240310c.jpg

ここにも御柱が立っていました。




051-s_2015102920240417c.jpg

4つの神社の中で最も古い神社とのことで
素朴な雰囲気に原始信仰のなごりを感じました。




052-s_201510292024071b3.jpg

次は上社本宮です。
こちらは一転して土産店がならび賑わいがあります。
左側の白い柱が御柱です。




055-s_201510292024082c4.jpg

欅の木のこぶがライオンの顔に見えると説明がありました。



062-s_201510292024459e5.jpg




063-s_201510292024460ce.jpg

この辺りはいかにも格式のありそうな神社の雰囲気ですが
説明は聞きそびれてしまいました。




064-s_2015102920244716f.jpg

この神社の御神体は裏の守屋山で原生林のままだそうです。
そのためいわゆる神殿というものがないとのことです。




066-s_20151029202449d5d.jpg

諏訪大社には竜伝説がありそのため竜の彫り物や
このような飾り物が多くあるのでした。


下社は車で30分ほど離れたところにあるのです。




072-s_2015102920245165c.jpg

下社には春宮と秋宮があります。
最初に訪れたのは春宮です。



078-s_2015102920252852f.jpg

春宮と秋宮は社殿の配置が同じでこの画像の清楚な美しさの幣拝殿も同じ作りなのだそうですが
棟梁が違うので雰囲気が違っています。




086-s_201510292025297c5.jpg

秋宮のご神木の杉の木で「根入りの杉」と呼ばれているそうです。
昔夜泣きする子供にこの杉の葉を煎じて飲ませると夜泣きが止むとも言われていたとか。



100-s_20151029202531fb9.jpg

これは秋宮の日本一大きといわれるしめ縄なのですが
写真で大きさを表現するのは難しいです。


これで諏訪大社めぐりは終わりです。

この秋宮の脇に新鶴本店という塩羊羹を売っているお菓子屋さんがあります。
私は知らなかったのですが名物だそうで
一緒に行ったお客さんはほとんどの人が買い求めていました。
つられて私も買いましたよ。
帰ってから食べてみたらあっさりした塩味で
砂糖の入った羊羹とは違った風味で新鮮でした。

諏訪大社めぐりの後のお昼は諏訪名物のうなぎを食べて解散となりました。


来年の幹事は我が家です。
皆張り切って考えてくれるのでハードルが高く
次回のアイデアをひねり出すのが大変。


今年の兄弟会①

25,26日と私の兄弟3人の夫婦6人で諏訪へ行ってきました。
今回の当番は私の上の妹夫婦です。

昼前にJR上諏訪駅に集合。
さっそくお勧めの蕎麦屋へ直行です。
ところがこの日は諏訪湖マラソン大会の日だったので
お店の近くが通行止めになっていました。
なんとか裏道を走って予約時間に到着したのでした。




007-s_20151028193235c7e.jpg

お店の名前は花尋亭です。
おかみさんに聞いたら「花に尋ね・・・」から取ったとのことだったのですが
後で聞いたら皆あとの言葉を忘れてしまっていて良い言葉だったのに残念です。




005-s_20151028193232c12.jpg

食べた蕎麦は鴨のはいった汁で食べたのですが
こちらも名前を忘れてしまいました。



さて、この日のメイン行事は水陸両用バスで諏訪湖を遊覧するということでした。
なにしろすべて幹事さんにお任せということで
予備知識もなくついて歩くだけだったので
水陸両用バスのことも帰ってから確認して書いています。




009-s_20151028193236ee0.jpg

このバスは全国9ケ所で観光に使われているそうです。
諏訪湖では70分乗車で25分湖上遊覧のコースでした。




025-s_20151028193238f86.jpg

最初に見た時にずいぶんタイヤが小さいと感じたのですが
ガイドさんの話では高速道路も走ることができるスピードが出るとのことでした。




027-s_20151028193308fbf.jpg

帰ってきてから見たスクリューです。
デザイン的にはスクリューを強調したものでも良かったのではと感じました。

肝心の乗った感想はというと車としてはそれほど乗り心地は悪くありませんでした。
そして最も興味のあった湖に入るときの衝撃は思っていたほどのものではなく
あれれといった感じで終わってしまいました。

この日は終日強い北西の風が吹いていて
期待の湖上遊覧は安全のために湖のヨットハーバーの中だけとなってしまいました。
このためもう一度陸上に上がって湖面に入るということをしてくれたのですが
ガイドさんも言っていた通り一度で十分と言った印象だったのです。

こうしてこの日のメインイベントは消化不良のうちに終了し
一路ホテルへ直行です。




028-s_20151028193309716.jpg

ホテルは湖に面していて部屋は5階だったので湖がきれいに見えました。
夕日が沈む直前の湖面はまだ波立っていました。




032-s_20151028193311042.jpg

翌朝の湖面です。
穏やかで湖面には向かいのビルが映っていました。


翌日は諏訪大社めぐりです。

サーシャ

25日、26日と兄弟会があり諏訪へ行ってきました。
そのことをUPしようと思っていたのですが
家のバラが2週間以上UPされていないことに気づき
急きょ家のバラのUPに変更しました。


今日のバラは切り花品種のサーシャ(Sasha)です。
一時期切り花品種を集めていたことがあったのですが
そのなかでもお気に入りの品種です。




128-s_20151026205558cb5.jpg
                                                          10/24

咲き出しはクリーム色が入っています。




045-s_2015102718044802b.jpg
                                                          10/27




047-s_20151027180451679.jpg
                                                          10/27




          008-s_20151026205530b20.jpg
                                             10/24

開くとともにクリーム色からわづかに赤味がかった色に変化していきます。




044-s_201510262055313ac.jpg
                                                          10/24




049-s_201510271804534db.jpg
                                                           10/27

最後は赤味が抜けて象牙色に変わります。
私はサーシャと同じような雰囲気の色合いである
アッシュ・ウエンズデイやサウダージのようなバラがお気に入りです。
海外の品種ではフローランス・ドゥラートルが同じようなイメージですね。


北海道の秋(イコロの森)

ミオン農苑を出るとナビに従ってイコロの森へ向かいます。
高速道路を一区間だけ乗って降りるとナビが予想外の指示をしてきたのでした。
思っていた方向と反対の方へ曲がれと言っているのです。
一瞬躊躇しましたが言われる通りに進みます。
ところが進むにつれて森の中に入っていき目印になるものは何もありません。
ナビの画面も一本の線が出ているだけで灰色です。
さらに進むとこれより先は私有地というゴルフ場の看板が大きく出ていたのです。
ナビは直進を指示したままです。
いまさら戻る気はしないしUターンする場所もありません。
まもなくゴルフ場の入り口が見えてきましたがそのまま通り抜けることができました。

こんな森の中にイコロの森はあるのでした。




409-s.jpg

イコロの森の前の道路です。



411-s.jpg

イコロの森はガーデンと店舗に分かれていますがこちらはガーデンに入ったところです。
あいにく雲が広がりぼんやりした光景になっていますが
朝夕の光景は素敵でしょう。
芝生も美しいです。
突き当りがローズガーデンです。




413-s.jpg

ガーデン入口の店舗です。




415-s.jpg

このローズガーデンは見事に宿根草の類は植えられていませんでした。
こうして改めて見たらほとんどこの中を歩いていなかったことに気がつきました。
どんなバラが植えられていたのかも記憶にないのです。




420-s.jpg

オーナーの工藤さんは札幌にいた時から知り合いだったので
お会いしたかったのですが外に出て歩くことが多い方なので
会えるかどうかそれほど期待していませんでした。
運よくイコロの森にいてお会いすることができたのですが
忙しい方なので立ち話だけで、昔話をしているうちに
肝心の植えてあるバラの話をすることなく別れてしまったのでした。




448-s.jpg

バラが咲いている時期ではなかったのでみても品種は判らなかっただろうと
勝手に言い訳をしていますがそれにしても迂闊でした。

このように花の咲いていない状態をみても本州のローズガーデンとは雰囲気が違うのがわかると思います。
工藤さんはルゴサに興味があると言っているのでおそらくルゴサの系統が多いのでしょう。




425-s.jpg

ローズガーデンの隣りに続くローンです。
紅葉が一番きれいな時だったのでしょう。
晴れ間も見えてきて光が差してみごとでした。




426-s.jpg





          445-s.jpg




446-s.jpg




451-s.jpg

ガーデンの外側は遊歩道になっていて散策することができます。
春もきっと素敵なのではないでしょうか。




453-s.jpg

こんな池もありました。




454-s.jpg

エリカが数種類植えられているコーナーがあり本州では見られない光景でした。




          469-s.jpg

芝生に腰を下ろすこともなく時間に追われるように千歳空港へ向かったのでした。
今回の旅行の最後にここでバラの苗をゲットしました。
ロサ・カニナ‘キーズ’(Rosa canina‘kiese’)という深紅の一重のバラです。

帰ってから改めて地図を見たら(私はスマホを持っていません)
私が思っていたように国道に出るのではなく
ナビが指示した道路が近道であることがわかったのでした。




今回の北海道旅行の記録の最後にもう一枚UPします。




351-s.jpg

北海道ではよく見られる牧場の風景ですが
実はこの牧場の近くの場所に3年ほど通っていたのです。
退職以来初めて来てみて感慨ひとしおでした。
道路から一枚写真を撮って来ましたよ。



北海道の秋(ミオン農苑)

10月15日いよいよ北海道最後の日となりました。
石狩平野を走った後はブロ友に教えてもらったミオン農苑へ向かいました。

千歳市から支笏湖方面に向かってしばらく走ってからわき道にそれます。
周りは灌木が覆いかぶさるような狭い道路になってナビが正しいのか不安になってきたころに
突然建物が現れました。




363-s.jpg

森の中の建物とは思えないすっきりとした入口です。

ここにはロングパリッシュというレストランもあって庭を眺めながら食事ができます。




368-s.jpg

窓際のテーブルに座って外を眺めたところです。
外のテーブルは野鳥やリスの餌が置いてあります。




373-s.jpg

食後のデザートです。
私としてはめずらしい食べ物の画像です。




376-s.jpg

食事の後になにげなく外を見ていたらエゾリスがやってきました。




384-s.jpg

庭は秋のせいでしょうか咲いている花は見かけませんでした。
かえってそれが庭に静寂をもたらしているようです。




386-s.jpg





387-s.jpg





389-s.jpg




391-s.jpg

庭の中心にあるこの木(種類は聞き忘れました)を生かすように開墾したのだそうです。





403-s.jpg

グラス中心の余計な色彩のない美しさが際立っています。
Garden Diary Vol.3にここの取材記事が出ていますが
「いちばん見ていただきたいのは冬のガーデンです」という見出しがよくわかる光景でした。

グラスに霜が降りた光景が見えるようです。





405-s.jpg

今回の旅行は天候に恵まれなかったのですが
この日はよく晴れてよい光景を見ることができました。

窓辺に座っていると時間の流れを忘れてしまうくらいゆったりできます。




360-s.jpg
スマーティ(Smarty)

なぜか駐車場にバラが一本あってポツポツと咲いていました。
一重でピンクの柔らかな色合いが良かったです。
古そうな品種でいかにもノイバラの血が入っていると思えたこのバラは
帰ってから調べてみたら1979年にオランダで育成されたと知って
思わずへ~っ結構新しい品種なんだと驚いてしまいました。
シュラブだということで大きくなりそうですが
育ててみたい品種です。



この後イコロの森へ向かいました。






北海道の秋(北大植物園)

10月14日の朝は青空でした。
ホテルの窓から見た手稲山が白くなっています。
ニュースで初冠雪だと言っていたのですがここで見ることができてラッキーでした。
例年と比べると3日早いとのことです。
10月下旬になればいつ雪が降ってもおかしくない季節なのです。


この日はレンタカーを借りて郊外というか石狩平野を走ります。
その前に昨日行けなかった北大植物園に行ってきました。




201-s_2015101918480884e.jpg

正面の山が雪をかぶった手稲山です。
手前の緑の場所は北大です。




213-s_20151019184811a5a.jpg

植物園の入り口を入ってすぐのところです。
ここはJR札幌駅から徒歩10分の所なのです。
隣りは北海道庁で周りはビルに囲まれています。

この植物園の大きさは133,000㎡だそうです。
ほぼ正方形なので350m×350mと考えるとわかりやすいでしょう。




217-s_201510191848123da.jpg

明治19年(1886)に原生林を保存する形で作られたということで
とても町の中心地とは思えないうっそうとした樹木に覆われています。




218-s.jpg

中には国の重要文化財となっているアーリーアメリカンの建物が点在しています。




229-s.jpg

近寄ってみると何回も塗り重ねられたペンキの凹凸が歴史を感じさせています。




234-s_20151019184859f69.jpg




239-s_20151019184900bb4.jpg

原生林のままで維持しているのではなくて
研究用にいくつかの利用形態になていてここは芝生のゾーンです。
樹木の向こうにちらっとビルが見えています。




249-s_20151019184953404.jpg
なぜかここにはバラのゾーンがあるのです。
300種のバラが植えられているそうですがこの時期なので寂しいものです。




251-s_20151019184954c08.jpg

フロリバンダの品種が多いと思いながら歩いていたらこんなバラが咲いていました。
ラベルを見たらエルゼ・ポールセン(Else Poulsen)1924となっていました。
ポールセンといえばフロリバンダ系統の最初の育成者で
帰ってから調べたらエルゼ・ポールセンはその中でも初期の品種だとわかりました。
もしかしたらバラ園が出来た時から植えられていたものなのでしょうか。
良いものを見ることができました。




254-s_201510191849562df.jpg

右側に咲いている白いバラはアイスバーグです。
この時期にほかのバラ園を見に行くと一番元気に咲いているのがアイスバーグです。
ここでも一番元気でした。




264-s_201510191849578ef.jpg




267-s.jpg




273-s_201510191850545f5.jpg

北大構内のところで書いた子供を連れてきて写真を撮ったというのは
こんな感じの所でした。
生後半年くらいだった長男を連れてきた理由は覚えていませんが
金色に輝く葉が降りかかる大きなニレの木の下で写真を撮ったのでした。




294-s_20151019185059e0a.jpg

ここでは北大構内で見られなかった
ケンタッキーブルーグラスの美しい芝生を見ることができました。




298-s.jpg

大きなニレノの木も見ることができました。
昨日のがっかりはここで取り戻した気分になって札幌を後にしたのでした。


明日は千歳のミオン農苑の予定です。

北海道の秋(大通り公園)

北大構内を廻った後朝食を済ませてから北大植物園に行く予定でホテルを出ました。
植物園はJR札幌駅の近くにあってホテルから10分ほどで行くことができるのです。




089-s_20151018144641fce.jpg

ホテルを出てすぐにJR札幌駅に着きます。
駅には大丸デパートがあるのですがこんな形のビルだというのは初めて知りました。
大丸デパートができたときには私は札幌を離れていましたが
ここにデパートが出来たら一気に人の流れが変わって
それまで町の中心地だった南一条あたりは閑古鳥が鳴いているということは聞いていました。




091-s_20151018144643f59.jpg

大丸デパートの前にあるビルです。
ここは以前は10階建てくらいの小さなビルだったのですが
すっかり様変わりしていてこれもびっくりでした。
しかし、びっくりしたのはこれだけではなくて
後でわかったのですが駅前通りのビルはほとんど建て代わっていたのです。
北大構内で古い学部の建物がなくなってしまったことに驚いたのですが
市内でも同じような現象ですっかり田舎者になっていた自分に気がついたのです。




094-s_201510181446442ab.jpg

さらに100mほど歩くと北海道庁に出ます。
手前の赤い歩道は以前は車道だったのですが歩道に変わっていました。
また左手には証券会社や銀行が入っているビルがあるのですが
建て替えられて4階まで飲食店が入っているという
観光を意識したスタイルになっていたのでした。




112-s_20151018144646fbb.jpg

同庁の裏に回ると植物園に出ます。
なんと休館日ではないですか。
いつが休館日なのかはまったく気にかけてもいなかったので
そういうこともあるのだと認識を新たにしました。
本来の休館日は月曜日だったのですが12日が祝日だったので
13日の火曜日が休館日だったというわけです。


さてどうしようかと考えて大通りのバラ園に行くことにしました。
歩いて15分くらいで行けるはずです。




121-s_20151018144647ada.jpg

大通公園の12丁目にバラ園があるのです。
着いてすぐにハスキー犬が散歩していたのでパチリ。
札幌にいた時に我が家にも同じような白黒の力丸というハスキー犬がいました。
力丸よりもふっくらとしていましたが懐かしかったです。




122-s_20151018144741592.jpg

このバラ園はフロリバンダが中心に植えられていて
目線が低く開放的なレイアウトです。




135-s_20151018144742c3b.jpg

後の建物は昔は裁判所だったところで今は文学関係の施設のはずです。




140-s_20151018144744a21.jpg





144-s_20151018144745669.jpg

大通公園は東西に直線で延びている公園で西1丁目から東13丁目まであります。
バラ園はほぼ西のはずれの12丁目にあり
バラを見てからは東に向かって歩きます。




170-s_201510181447479af.jpg

イサム ノグチの滑り台です。
西8丁目と西9丁目の間の道路をつぶしたところにあります。
印象的な彫刻で実際に滑り台として子供たちがよく遊んでいます。




179-s_20151018144824d26.jpg

公園の一番東に建っているテレビ塔の近くまでやってきました。
右隅に黄色い屋台があります。
とうきびと書いてありますがなんだかわかりますか。
トウモロコシ売り場なのです。
昔は焼いたトウモロコシを売っていたのですが
今はどうなのでしょう。



184-s_2015101814482610a.jpg

この後夕立のような強い雨になりました。
この日は一日荒れ模様でした。


次回は翌日行った北大植物園です。


北海道の秋(北大構内)

今回札幌に行くにあたって秋の北大構内を撮るというのが目的の一つでした。
そのため北大正門前のホテルを予約し天気のチェックも何度もしたのでした。
ところが前日の天気予報では雨で雪に変わる恐れもあるとなっていて
あわててマフラー、手袋さらに貼るカイロを用意しました。

13日の朝早くホテルの窓から外を見ると青空が見えたのです。
天気予報が外れたのかと喜んでまずは外に出てみてどれくらいの寒さか様子を見ます。
結局マフラーと手袋といういでたちで6時半頃に北大の正門をくぐりました。

この時期に北大構内に来るのはたぶん長男が生まれた年に連れてきて以来でしょう。
それは11月3日で大きな楡の木の下で写真を撮ったという記憶が
なぜか今でも鮮明に残っているのです。





023-s_2015101619084619d.jpg

正門を入って直進すると突き当りに農学部の建物があります。
この位置から撮る農学部が昔の絵はがきの定番でした。
しかし、見た通り建物はほとんど見ることができません。
中央にわずかに塔らしきものがみえますが
両翼に伸びている建物はまったく見ることができません。
植えられている樹木は楡の木ですが
乱雑にそれもいたずらにたくさん植えてあるという光景です。
昔は大きな楡の木が数本あるだけで絵はがきにもなるような光景だったのに
本当に残念な光景になってしまっていました。

以前はケンタッキーブルーグラスの芝生はきれいに管理されていて
目にも鮮やかだったのですが
今は落ち葉に埋もれてとても美しいとは言えません。

ここで一回目のショックでした。




024-s_20151016190848993.jpg

空は晴れ間が見えたのですがすぐに厚い雲に覆われてしまいました。
農学部を撮った場所の斜め後ろが古河講堂と呼ばれている古河財閥から寄贈された建物です。

後でわかったのですが見どころはこのあたりだけでした。
昔の古い学部の建物は農学部(内部は大幅に改築されているようです)を除いて
皆新しくなってしまっていました。





034-s_2015101619084954d.jpg

昔、農学部の前にあったような大きな楡の木は以前はいたるところで目にしたものですが
今回はこの一本だけしか目に入りませんでした。
たまたま寿命で更新中なのかもしれませんが残念でした。





045-s_201510161909428bf.jpg

大学の中はほぼ中央を南北に一直線に中央道路と呼ばれる道路が通っています。
ひたすら北上するとこんな看板がありました。
ここで横道にそれてポプラ並木へ行ってみました。




          046-s_201510161909447a0.jpg

ポプラ並木は農場の中にあり牧歌的な雰囲気が北海道的だということで人気がありました。
今回行ってみて案内板を見てそうだったのかと再認識したことがありました。
平成16年9月8日18号台風によって
51本あったポプラのうち19本が倒れるという出来事があったが
同窓生や市民の援助によって無事植栽されて今日に至ったとのことでした。
平成16年といえば私はすでに札幌を離れていたのです。

肝心の景観はというとこのような状態です。
若くて樹勢の強い木があるのでしょうか牧歌的な印象とは程遠い印象です。
ここで感じた興ざめの印象は周りの農場の印象からも増幅されたのです。
昔は実験中なので作物を取らないでくださいという看板があるくらい
いろいろ栽培されていて広々としたきれいな圃場でした。
ところが今回行ってみたら圃場とはいえない耕作放棄地の状態で荒れ果てていたのです。
研究棟など視界を遮るものも多く完全にイメージを覆されてしまいました。

ここで二回目のショックでした。




063-s_20151016190946e75.jpg

中央道路の突き当りが北18条通りで向かいは昔第二農場と呼ばれていたところに出ます。
ポプラ並木のあたりから青空が見え始めここまで来たときにはよく晴れていました。

正門が北9条ですから一条が100mとすると1kmほど歩いたことになるのでしょうか。
第二農場は牧場だったところでアメリカンスタイルの牧草を貯蔵する建物など
写真の被写体としても見どころがあるのですが
9時から開くということでここから引き返しました。

この白い建物は現在は管理事務所になっているようですが
アメリカンスタイルの建物のようです。




067-s_20151016190947b4f.jpg

中央道路の両脇の木々は紅葉していました。
ごらんのように皆若い木です。

8時頃だったでしょうか、学生や教官が歩いています。




068-s_20151016190948475.jpg

中央道路の両側にはほぼ切れ目なく研究棟が立ち並んでしました。
昔はぽつりぽつりと学部の建物があっただけで風情があったのです。
研究棟はここに載せたような建物のように名前を見ても
なにを研究しているところか想像もつかない名前ばかりでした。

ここで三回目のがっかりです。




070-s_201510161910248cf.jpg

北14条通りには銀杏並木があります。
ここは以前と変わっていませんでした。
色づくのは10月下旬とのことでちょっと早かったです。




075-s_201510161910253cb.jpg

ここは最初に載せた農学部の右手にある建物です。
この斜め向かいにクラーク博士の胸像があるのです。
見てわかるように頭上は晴れているのに奥は黒い雲に覆われています。
このあとすぐに雨が降り出しました。
この日は一日激しく変化した荒れ模様だったのです。




077-s_201510161910278d0.jpg

昔は観光客がガイドさんの案内でここまで来て記念写真を撮っていました。
今は羊が丘に立派な観光写真用のクラーク像があるので
わざわざこの像を見に来る観光客はいないのではないでしょうか。

このあと急に強い雨が降り出したので急いでホテルに戻りました。




088-s_20151016191028490.jpg

ホテルに戻って朝食後外を見るとまた晴れていたので
12階の窓から北大を撮りました。
右下に正門が見えています。

こうして楽しみにしていた北大構内の撮影は終了しました。
それにしても三回もがっかりさせられてしまい落胆の度合いは大きかったのでした。


冒頭で何十年も前の11月3日に大きな楡の木の下で
長男の写真を撮ったという記憶が鮮明に残っていると書きました。
実はこの記憶についてつれあいはかねがね北大植物園だったのではないかと言っていたのです。
今回構内を歩いてみてどうも私の勘違いで北大構内ではなくて
北大植物園だったのだろうと思うようになっているところです。


次回は大通公園です。
バラも少し出てきますよ。


雨上がり

朝は雨上がりで雫が撮れるぞと外に出たのですが大した収穫はなし。
昼過ぎから時々晴れという天気になって再度挑戦しました。




045-s_20151011192003061.jpg
グレッチャー(Gletscher)                                          10/11

このところ同じパターンでの撮影が多かったので今日は意識して
アップとか引いた所も撮ってみました。




          026-s_2015101119200079b.jpg
          マダム・シャルル(Mme Charles)              10/11





035-s_2015101119200249a.jpg
ノワゼット・シンデレラ(Noisette Cinderella)                              10/11





052-s_201510111920040e3.jpg
マクミラン・ナース(Macmilan Nurse)                                  10/11




059-s_201510111920068b4.jpg
スミズ・パリッシュ(Smith Parish)                                     10/11





079-s_2015101119211148d.jpg
スベニール・デリゼ・バルド(Souvenir d'Elise Vardon)                        10/11





          119-s_20151011192220b2b.jpg
          ラプソディ・イン・ブルー(Rhapsody in Blue)         10/11  



                      

086-s_2015101119211373f.jpg
チエズ・チャイナ・No1・クリムソン(Chie's Chaina No1 crimson)                   10/11





104-s_20151011192113f25.jpg
イザベラ・スプラント(Isabella Sprunt)                                   10/11





          133-s_201510111922223f5.jpg
          モリー・シャーマン・クロフォード(Molly Sharman Crawford) 10/11





134-s_20151011192224b3d.jpg
リヴァウルド・ドゥ・パエスツム(Rival de Paestum)                           10/11





123-s_20151011192221568.jpg
                                                          10/11

バラ畑の中に入っていくと伸びたシュートがじゃまになって引いたところは撮れません。



今日のおまけは雑草(オルラヤ)をかき分けてバラ畑に入ってきたミーとトラです。




114-s_201510111922180ab.jpg
                                                          10/11



明日から札幌に行くのですが先ほど天気予報をみていたら
13日は平地でも雪と言っていました。
もうすかり札幌の気象条件を忘れてしまっていて
それほどの寒さ対策を考えていなかったので気が重いです。
ホッカイロを持っていこうか。






取り急ぎ昨日のバラ

今朝も寒かったです。
朝の気温は8℃だったそうですが予報ではこれからは毎日このくらいの気温だそうです。

明後日から札幌に行ってきます。
親族の葬儀で数年前に行ったのですがぶらりと行くのは何年ぶりでしょう。
たぶん6年ぶりくらいではないでしょうか。

行けば毎日飲み会になるのですが
このところの体力の低下を考慮してゆったりとした計画を立てました。
とりあえず段取りはつけたので明日は体力温存日です。

そのようなわけでしばらくバラの画像のUPができないので
記録として昨日のバラをUPします。



003-s_20151009193354215.jpg
ブルームフィールド・アバンダンス(Boomfield Abundance)                    10/8




012-s_20151009193355963.jpg
スノードン(Snowdon)                                           10/8

春以降ポツポツト咲いているのですが
春のようにきれいに咲くことはありません。
一輪ですが久しぶりにきれいに咲きました。




018-s_20151009193357bd0.jpg
マダム・アルフレッド・ドゥ・ルージュモン(Mme Alfred de Rougemont)               10/8





026-s_20151009193358928.jpg
グレッチャー(Gletscher)                                           10/8




030-s_201510091934393b3.jpg
青龍                                                      10/8




039-s_201510091934404d7.jpg
ウジェニー・ド・フルスト(Euene de Furst)                                 10/8

初めての開花です。
本来はもう少し暗赤紫色の花弁で来春の開花が期待できそうです。




          065-s_201510091934422e1.jpg
          エブ・タイド(Ebb Tide)                     10/8

          ブルーイングしたところもいいです。




098-s_20151009193443279.jpg
コルデス・パーフェクタ(Kordes Perfecta)                                10/8

HTですがコルデスがパーフェクトと名付けただけあって良いバラだと感じています。


朝は10℃を切りました

日ごとに寒さを感じるこの頃です。
バラは予想よりも早く咲き始めていて来週がピークでしょうか。
寒いくらいの朝なのにどうも花持ちがよくありません。
どうしてでしょう。


今日も写真を撮っているのですが整理できていないので6日の画像をUPします。



027-s_201510061953043b0.jpg
ジーン・シスレイ(Jean Sisley)                                     10/6

今一番咲いているバラです。




035-s_201510061953056b6.jpg
                                                        10/6

バラ畑はシュートが伸び放題で管理不十分の状態です。
言い訳がましいですが整いすぎたバラ園よりもちょっと荒れた雰囲気のバラ園が好きです。




          016-s_201510061953011db.jpg
          ルドルイ・キャッスル(Ludlow Castle)              10/6




039-s_20151006195307c8a.jpg
ザ・ブライド(The Bride)                                          10/6




040-s_20151006195307909.jpg
デュシスド・ブラバン(Duchesse de Brabant)                             10/6





042-s_201510061953451e7.jpg
青龍                                                      10/6




051-s_20151006195346cea.jpg
ミスティ・パープル(Misty Purple)                                    10/6




056-s_2015100619534860f.jpg
マクミラン・ナース(Macmilan Nurse)                                  10/6




066-s_20151006195349802.jpg
リタウマ(Ritausma)                                             10/6




071-s_20151006195351dd6.jpg
エミーラ                                                    10/6


今回はいつものマクロではなく広角ズームで撮っています。
くっきり映るのですが硬い感じで好みではありません。


確認したはずだったのに

DSC_0001-s_20151004132652b8f.jpg

昨日は孫の運動会を見に東京まで行ってきました。
孫が出るのは3種目だけだったのですが
ほかの子供たちの動きを見ているのも楽しく
思いのほか早く時間が過ぎたのでした。
きびきびと動く子供たちを見て元気をもらえました。
充実した一日だったのですがちょっとしたつまずきで
それにつけても残念という気持ちが消えなかったのでした。

行くにあたっては写真を撮ろうと思ってカメラを準備しました。
前日息子の家に泊まって翌朝にいよいよ出かけようかという時にカメラを手に取ってみたら
全く動かないではないですか。
前の日には東京都美術館、国立西洋美術館それに永青文庫と3か所ハシゴして見て歩き
そのなかで国立西洋美術館では前庭で写真も撮りました。
↑のブールデルとロダンの作品を合わせて撮ったものもその中の一枚です。

昨日はちゃんと撮れたのにどうしたのだろうとあせってあれこれ触ってみても変化なしです。
来る前にはちゃんとバッテリーもSDカードもチェックしたという自信があったのですが
帰ってから確認してみたらバッテリー切れでした。
何をチェックしていたのでしょう。

組体操や演舞など撮ってみたかったので残念でした。

今日のおまけは本格的に咲き始めた秋のバラです。



117-s_20151004200244bad.jpg
ウーメロ(Umilo)                                               10/4





          133-s_201510042002463e5.jpg
          モーデン・ブラッシュ(Morden Blush's)           10/4 

プロフィール

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク