ピークを過ぎた

我が家では遅咲きになるフランソワ・ジュランビルが咲き出しました。
どうやら我が家のバラのピークは昨日だったようです。
これからは一気に花ガラ取りに追われることになるでしょう。

今日は一輪の大写しではない画像を選んでUPです。




008-s_20160530204033cc3.jpg
フランソワ・ジュランビル(Francois Juranville)                            5/30  

フランソワ・ジュランビルよりも遅咲きと言えば
同じランブラーのボルチモア・ベルとプリンセス・ルイーズくらいでしょうか。
そういえば頂きもののロサ・ムルチブラクティアータもこれからでした。



                        

          028-s_20160530204035943.jpg
          アッシュ・ウエンズデイ(Ash Wednesday)            5/30





          055-s_20160530204036fa3.jpg
          デュック・ド・ギッシュ(Duc de Guiche)              5/30






070-s_201605302040372a6.jpg
マニントン・モーブ・ランブラー(Mannington Mauve Rambler)                   5/30






072-s_20160530204131668.jpg
フリッツ・ノビス(Fritz Nobis)                                       5/30






147-s_2016053020413417f.jpg
バフ・ビューティ(Buff Beauty)                                      5/30






179-s_2016053020413474c.jpg
シャンプニーズ・ピンク・クラスター(Chanpniey's Pink Cluster)                   5/30






228-s.jpg
フィリス・バイト(Phyllis Bide)                                        5/30




   

248-s.jpg
コルデス・マジェンタ(Kordes Magenta)                                  5/30







          290-s.jpg
                                               5/30






324-s.jpg
マドレーヌ・セルツアー(Madeleine Selzer)                                5/30




今日の天気は一日中曇りで時折小雨模様というすっきりしないうえに
最高気温が20℃に達せず肌寒く感じる日でした。
そして明日はというと晴れて気温も30℃近くまで上がるという予報です。
これでまた一気に咲き進むのでしょうね。



スポンサーサイト

お気に入りの場所

ちょっと前にガーデンダイアリーのカメラマンの福岡さんが
「庭の主の好みがはっきりと反映された庭はカメラを向けるポイントが一目でわかる」と書いていたことが
ずっと気にかかっていました。
我が家の好みが反映された場所はどこだと言われたら一応ここですと言いたい場所があります。
ところがこの場所はバラを見に来ていただいた方には人気がないようなのです。





047-s_2016052821110370a.jpg
                                                        5/28

パ^ーゴラの下はORを中心に植えました。





023-s_20160528211100eb3.jpg
                                                         5/28





055-s_20160528211104603.jpg
                                                         5/28





061-s_2016052821110567b.jpg
                                                         5/28

ここのメインのバラはセギエです、





089-s_201605282111354e8.jpg
                                                        5/28

このようになんとなく雑然とした光景が好みなのです。
しかし、バラを見に来てくださる方々はこのエリアには興味を示してくれません。





111-s_20160528211137351.jpg
                                                         5/28

右側にトリコロール・ドゥ・フランドルがあって左側にはデュシス・ダングレームがあります。

OR中心の光景は意外に人気がないのでした。
我が家のバラは庭の主の好みが反映された庭には見えないようです。

トホホです。


ERも咲き出した

002-s_20160526194820898.jpg
                                                        5/26

今年の定点観測の場所と決めたところから撮って見たのですが
思っていたよりもバラの数が少なく昨年の定点観測の場所に移動です。





069-s_201605261948240f3.jpg
                                                        5/26

ここからだと新たに作ったシェッドも見えてにぎやかな感じです。





073-s_20160526194826c0d.jpg
                                                        5/26





006-s_20160526194907c34.jpg
スノードン(Snowdon)                                          5/26

ERが咲き出しました。
代わり映えがしないかもしれませんが記録ということでUPです。





017-s_2016052619491097c.jpg
イングリシュ・ヘリテージ(English Heritage)                             5/26





013-s_201605261949105c9.jpg
ガートルード・ジェキル(Gertrude Jekyll)                               5/26





052-s_20160526194913a40.jpg
シャリファ・アスマ(Sharifa Asma)                                    5/26





039-s_201605261949139ea.jpg
コンスタンス・スプライ(Constance Spry)                                5/26



今日は蒸し暑いことに加えて30℃を超えていたということで
黒赤系のバラや花弁の薄いバラは一日でチリチリになってしまいました。
もうしばらくは穏やかな気温の日々であってほしいものです。

今日咲いていたバラ

我が家のバラもそろそろ満開と言える時期になってきました。
今週の日曜日(29日)がピークではないでしょうか。
どうやら昨年よりもちょっと遅い感じです。

今日もたくさん写真を撮っているのですが整理が追い付かないので
思いつくままにUPです。





184-s_2016052520343024a.jpg
                                                        5/25

今日のバラ畑はこんな感じです。
左側のつるサマースノーが満開になるとピークだということになるようです。





          023-s_20160525203226013.jpg
          ヴィオラセ(Violacea)                     5/25





          024-s_201605252032278d5.jpg
          ブラッシュ・ヒップ(Blush Hip)                5/25





025-s_201605252032300fa.jpg
レーヌ・デ・ビオレット(Reine des Violattes)                              5/25





089-s_20160525203230a2f.jpg
カーディナル・ドウ・リシリュー(Cardinal de Richeliau)                        5/25

バラ畑のフォーカルポイントになるようにシェッドを作ったつもりだったのですが
意外に目立たなくてなおかつ写真の撮りづらいところで
せいぜいこんな感じで撮るという状況です。





117-s_20160525203332adf.jpg
ペーパー・ムーン(Paper Moon)                                     5/25





137-s.jpg
フリッツ・ノビス(Fritz Nobis)                                       5/25

早咲きのフリッツ・ノビスはもう満開状態です。





143-s_20160525203338662.jpg
フィリス・バイド(Fhyllis Bide)                                       5/25





174-s_201605252033375e3.jpg
不明                                                      5/25





249-s_20160525203430f4e.jpg
ジュノー(Juno)                                               5/25

紫の小輪はパルフェ・タムールです。





259-s.jpg
ラ・シールフィード(La Sylphide)                                     5/25



このところ雨が降らなくてバラ畑にも水が欲しいと思っています。
先週の予報では明日は雨ということだったのですが
今日の予報では一日ずれて27日が雨となっていました。
雨が降るならたっぷり降ってほしいのですが
27日は遠来のお客さんを迎えることになっているので
恨めしいという思いで天を仰いでいるのでした。


バラ友のお庭

先週20日にバラ友さんのお庭を見せてもらいに行ってきました。
ゆめさんとkeikoさんのお庭です。

こちらよりも咲き進んでいてピークを過ぎたかなといったところでしたが
良い状態で見ることができました。

それぞれのお庭の印象は一言でいうとゆめさんのところは愛情いっぱいのお庭で
keikoさんのお庭はきちんと計算された美しさのお庭でした。





039-s_20160523202634669.jpg

最初にゆめさんのお庭をUPします。





          041-s_20160523202636134.jpg





043-s_20160523202638755.jpg





045-s_20160523202642653.jpg





048-s_20160523202645092.jpg





049-s_2016052320272096d.jpg





          113-s_20160523202915f56.jpg





105-s_20160523202915246.jpg





096-s_2016052320282336f.jpg

昼食はkeikoさんが選んでくれたイタリアンのお店です。
こちらは私が注文したオムライスのデミグラスソースかけです。
濃厚な味がおいしかったです。





098-s_201605232028247da.jpg





052-s_2016052320272288b.jpg

続いてkeikoさんのお庭をUPです。
中央の白いベンチが決まっています。
このお庭はこのベンチ以外にも小物の設置ががぴったり決まっていました。





055-s_2016052320272355b.jpg





059-s_20160523202726aab.jpg





          061-s_20160523202727a14.jpg





          071-s_20160523202819c6d.jpg





072-s_20160523204114b6b.jpg






          078-s_20160523202820a01.jpg





083-s_201605232028226b3.jpg



このあとは珍しい植物のあるナーセリーに案内していただきガラにもなくあれこれ買ってしまったのでした。


5月21日のバラ

今年の春は我が家の早咲き御三家と呼んでるバラが4月に咲き出して
これでは今年のバラはどれほど早く満開になるのだろうかと
すっかり気も動転してしまったのですが
どうやら昨年と同じ時期の開花だといえそうな感じになってきました。

つるばらもようやくいくつかが咲き出しました。
フリッツ・ノビスが先日咲き出して
マニントン・モーブ・ランブラーが今日数輪咲き出しました。
昨年はフリッツ・ノビスが20日に咲いたと書いていますし
マニントン・モーブ・ランブラーは23日に3分咲きくらいの画像がUPされていました。





016-s_20160521202951dbc.jpg
                                                        5/21

左側の白いバラはリヴァル・ドウ・パエスツムです。





017-s_201605212029545c2.jpg
                                                        5/21

中央の赤いバラはチエズ・チャイナ・No1・クリムソンです。





049-s_2016052120295400d.jpg
                                                        5/21

カーディナル・ド・リシリューはボチボチと言ったところです。






          053-s_201605212029569ac.jpg
          つるサフラノ(Safrano Climbing)               5/21  
                 





          057-s_2016052120303939c.jpg
          マリー・デルマー(Marie Dermar)              5/21






076-s_20160521203040c01.jpg
モーデン・ブラッシュ(Morden Blush's)                                 5/21

昨年買ったバラですが今年の花の大きさが昨年よりも小さくて驚いています。
昨年の大きかったのはナーセリーパワーだったのでしょうか。






          082-s_20160521203042723.jpg
          ミッドナイト・ブルー(Midnight Blue)             5/21






113-s_201605212030433f7.jpg
ローズ・ディヴェール(Rosea d'Hivers)                                 5/21






121-s_201605212031284ca.jpg
ソフィーズ・パーペチュアル(Sophies Parpetual)                           5/21






131-s_20160521203132e46.jpg
エリ・エステラ(ERI ESTERA)                                      5/21







          151-s_20160521203131ba8.jpg
          スベニール・ダルフォンス・ラヴァレー(Souvenir d'Alphonse Lavallee) 5/21 




        


          158-s_20160521203133838.jpg
          紅美香登                               5/21




明日から本格的にお客さんが来るようになります。
掃除が間に合っていません。
どうやってぼろ隠しをしましょうか。


5月19日のバラ

次々と咲き出してUPが追い付きません。
とりあえず恒例にしている一日10枚以内のUPを目途にUPです。





002-s_201605192011063eb.jpg
ローズ・デヴェール(Rose d'Hivere)                                  5/19

このように柔らかなピンク色がこのバラの魅力でしょう。





008-s_201605192011090fb.jpg
マダム・ピエール・オジェ(Mme Pierre Oger)                            5/19

咲き出しは一輪、二輪ということでどうしても大写しの画像ばかりになってしまいます。
意識して引いて撮ってみました。





031-s2_2016051921023660a.jpg
紅美香登                                                  5/19

こちらも引いて撮ってみたのですが引きすぎでしょうか。





          082-s_201605192012128a2.jpg
          マダム・ジョルジュ・ブリアン(Mme Georges Bruant)    5/19




                
035-s2.jpg
ソフィーズ・パーペチュアル(Sophies Parpetual)                          5/19





          048-s_201605192012065f2.jpg
          スイート・セレナーデ(Sweet Serenade)           5/19

頂き物ですがこれもペーパー・ムーンと同じ寺西菊雄さんの育製品だったのですね。





078-s_20160519201208368.jpg
ウジェーヌ・ド・フルスト(Eugene de Furst)                               5/19

紫味の入らない赤バラというのも見直したバラです。





097-s_20160519201211ff2.jpg
バーネット・ダブル・ピンク(Burnet Double Pink)                            5/19

最後の一輪にミツバチがやってきました。
足には大きな花粉団子を抱えていました。





106-s_2016051920124747a.jpg
ベルト・レベック(Berthe Leveque)                                    5/19





111-s_201605192012524d9.jpg
マダム・チレット(Mme Tiret)                                       5/19





123-s2.jpg
                                                        5/19

おまけの一枚はグラスもあるよとアピールしてみました。


明日は山梨のバラ友の所へ遊びに行ってきます。
どんなお庭がUPできるでしょうか。

ガーデン・カフェ・グリーンローズ

今年も恒例になっている斉藤さん詣でということで
ガーデン・カフェ・グリーンローズに行ってきました。
これまでは5月下旬に行っていたのですが
新しい光景を見たいと思い14日に行ってきました。





266-s.jpg

定番の撮影スポットのムルガニーがまとわりつく窓はまだほんの数輪が咲いているという段階でした。
早咲きのリージャン・ロード・クライマーが見られるかと思っていたのですが
こちらは反対にもう終わりで咲残りがちらほらと咲いているだけでした。





268-s_20160516115739dac.jpg

今回はノイバラが満開でした。
これまで気がつかなかったのですが驚くほどたくさんのノイバラがあったのです。
というわけでたくさん撮ってきました。





227-s.jpg





129-s_20160516115336b27.jpg





148-s_20160516115340133.jpg





152-s_20160516115341c5f.jpg





154-s_20160516115346796.jpg





          170-s_20160516115345013.jpg





183-s_20160516115437516.jpg





207-s_20160516115441864.jpg





212-s.jpg





216-s_201605161154423ec.jpg






          221-s.jpg





222-s_20160516115556ce5.jpg





232-s_2016051611555867a.jpg





237-s.jpg





239-s_20160516115641811.jpg





          243-s_20160516115645824.jpg





          247-s_20160516115643831.jpg





250-s_20160516115646fb2.jpg





253-s.jpg

この庭には魅力的な小道があるのですが
気がついたら目線が上を向いていたようです。
小道の画像はこの一枚だけでした。





258-s.jpg





261-s_20160516115736671.jpg




272-s.jpg





271-s_201605161157412b4.jpg


今回も斉藤さんとはやっぱりオールド・ローズはいいよねという
いつもながらの会話でお別れしたのでした。








いろいろ咲き出しました

きのうに続いてガーデン・カフェ・グリーンローズをUPしようと思っていたのですが
次々と咲き出したので予定を変更して
今日咲き出したバラをUPします。




101-s_20160516200116efe.jpg
チエズ・チャイナ・No1・クリムソン(Chie's China No1 Crimson)                   5/16




          013-s_20160516200112533.jpg
          リヴァル・ドゥ・パエスツム(Rival dee Paestum)       5/16




056-s_20160516200114920.jpg
ペルフェクション・ドウモンプレジール(Rival de Paestum)                      5/16





098-s_20160516200115952.jpg
マダム・チレット(Mme Tiret)                                        5/16





107-s_201605162001183b3.jpg
ノワゼット・シンデレラ(Noisette Cinderella)                               5/16





108-s_20160516200155d2c.jpg
ソフィーズ・パーペチュアル(Sophies Parpetual)                            5/16





112-s_201605162001567f1.jpg
ヒュームス・ブラッシュ・ティ・センテット・チャイナ(Hume's Blush Tea-scented China)     5/16






121-s_201605162001583f2.jpg
マダム・ジョルジュ・ブリアン(Mme Georges Bruant)                         5/16






          125-s_201605162001594a2.jpg
          チャンピオン・オブ・ザ・ワールド(Champion of the World)  5/16





132-s_20160516200201cd7.jpg
ブルー・ヘブン(Blue Heaven)                                       5/16



今夜は久しぶりに雨の予報です。
明日はみずみずしいバラが見られるでしょう。

ザ・トレジャーガーデン

昨日、ザ・トレジャーガーデンに行ってきました。
主な目的はガーデン・カフェ・グリーンローズへ行くことだったのですが
ついでに行く予定だった滝の入ローズガーデンが20日からの開園だということで
おまけにザ・トレジャーガーデンを選んだのでした。





116-s.jpg
ピエール・ド・ロンサール(Pieere de Ronsard)

バラの開花のピークを迎えるという時期で
おまけに土曜日ということで混んでいるだろうと思ったのですが
やはり駐車場はほぼ満車状態で
中に入るのがちょっと躊躇してしまいました。

入ってすぐの場所にあるアーチのピエール・ド・ロンサールは満開でした。





126-s_201605142206250bc.jpg






025-s_2016051422040232a.jpg
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク(Paul's Himalayan Musk)

ここの見どころの一つであるポールズ・ヒマラヤン・ムスクはようやく咲き出したところです。






087-s_20160514220512de3.jpg






092-s_20160514220553500.jpg

いかにもローズガーデンという雰囲気です。
この華やかさはちょっと苦手です。






008-s_20160514220311747.jpg

脇の小道はバラが少ないので人も少なくホッとする場所です。
右下の紫色のバラはERのザ・ナイトです。
幻のバラという案内文がついていました。





010-s_201605142203146cb.jpg





120-s_20160514220559e9e.jpg
アオラキ(aoraki)





018-s_20160514220314f86.jpg
ロザリタ(Rosalita)





057-s_20160514220408bfa.jpg
エディーズ・クリムゾン(Eddie's Crimson)

以前来たときはちょっと変わったほかでは見たことがないバラが
植えられていたという印象があったのですが
今回もいくつか目にすることができました。
アオラキ、ロザリタ、エディーズ・クリムゾンは初めて見ました。
どれも魅力的ですがエディーズ・クリムゾンがハイブリッド・モエシーだと知って
ますます気になってしまいました。





021-s_201605142203162dd.jpg





023-s_2016051422031729c.jpg





080-s_2016051422050813d.jpg





038-s_2016051422040540f.jpg
つるサマー・スノー(Summer Snow Climbing)

色変わりのピンク色と2本が植えられています。





032-s_201605142204074e8.jpg
つる スカーレット・ジェム(Scarlet Gem Climbing)





040-s_2016051422040783f.jpg






064-s_201605142205055f3.jpg






078-s_20160514220507512.jpg






086-s_20160514220510362.jpg






100-s_20160514220555649.jpg






104-s_20160514220557e82.jpg

きらびやかなバラの庭は多くの皆さんに喜ばれますが
これだけの広い場所なのだから
地味なORの庭があってもよいのではないだろうかと思うのです。
河合さんにお願いしたらすぐに作ってくれるのではないだろうか。



ロサ・モエシー・ヒリエリが咲いた

今朝は早朝からバラ畑の防除しました。

ひと段落したらもう日が高く昇っていて写真を撮る気にならなかったのですが
防除の時にモエシーが咲いていたのに気がついて
とりあえずモエシーを撮ってみました。





003-s_20160513143639fe9.jpg
ロサ・モエリー・ヒリエリ(Rosa moyesii hillieri)                            5/13

苗を購入した時から自然樹形で育てようと思ってスペースのある場所に植えたのです。
今年はこれまでよりもシュートが伸びて3m位になっているのではないでしょうか。
大きな弧をえがいて伸びた枝先に咲いているのは良い眺めなのですが
さすがに大きくなりすぎたと感じています。
今年は花後には切り戻しをする予定です。





006-s_2016051314364177c.jpg
ロサ・モエリー・ヒリエリ(Rosa moyesii hillieri)                            5/13






          007-s_20160513143642c38.jpg
          ロサ・モエリー・ヒリエリ(Rosa moyesii hillieri)        5/13






008-s_20160513143643435.jpg
ロサ・モエリー・ヒリエリ(Rosa moyesii hillieri)                            5/13




明日は恒例のガーデン・カフェ・グリーンローズさん詣でです。
斉藤さんの笑顔が目に浮かびます。

明日は土曜日で混むのではないでしょうか。
予定では16日の月曜日に行きたかったのですが
曇りの予報なのでやむなく土曜日に行くことにしたのです。
テーブルでコーヒーを飲めるでしょうか。


早咲きのピークです。

例年になく早く咲き出したといってあわてたり
どうやら昨年と同じ咲き出になったと思ってみたりと
今年の春は本当にせわしない気持ちになっていて落ち着きません。

気がついたら我が家の早咲き御三家がもうピークを過ぎた感じになってきました。




001-s_20160511195908332.jpg
                                                        5/11

昨年作ったORのコーナーです。
思っていたよりもワサワサになってきてこれからの管理方法をどうするか思案中です。





043-s_20160511195942803.jpg
ナニワイバラ(Rosa laevigata)                                     5/11

遠目には満開状態に見えます。





019-s_20160511195911f3d.jpg
ナニワイバラ(Rosa laevigata)                                     5/11

近くで見るともう蕊が黒くなってきています。
見頃は過ぎてしまったという感じです。





040-s_20160511195940f2d.jpg
ロサ・セリケア・プテラカンタ(Rosa sericea pteracantha)                     5/11

今日がピークなのかなという感じです。





          029-s_2016051119593803e.jpg
          フリューリングスゴルド(Fruhlingsgold)           5/11

こちらは終盤でしょうか。

このほかの早咲き品種がぼちぼち咲き出しています。





          017-s_201605111959094a6.jpg
          エミー・グレイ(Emmie Gray)                 5/11

今日の開花はエミー・グレイでした。
これからはティーやチャイネの系統が咲き出すでしょう。




雨上がりは雫を撮ろう

雨上がりの朝には雫を撮りたくなります。
今回は蕾と雫の関係ということで・・・。

この時期のバラの葉と雫の組み合わせを見るのは
バラの花を見るのと同じくらい幸せになります。





011-s_20160510200918a40.jpg
セレスティアル(Celestial)                                        5/10





          012-s_20160510200921717.jpg
          マニントン・モーブ・ランブラー(Mannington Mauve Rambler)  5/10    

早咲きのマニントン・モーブ・ランブラーもまだこんなに小さな蕾です。



            

015-s_2016051020092290d.jpg
チェビー・チェイス(Chevy Chase)                                  5/10





016-s_20160510200955a9c.jpg
ベイシーズ・パープル・ローズ(Basye's Purple Rose)                      5/10

鮮やかな緑色の葉と赤紫色の茎の組み合わせは花がなくても魅力的です。





          031-s_2016051020095749d.jpg
          ファラ・シンボ(Fara Shimbo)                  5/10





          039-s_20160510200958103.jpg
          グロワール・デ・ムスー(Gloire des Mousseux)       5/10

なぜかこの頃はモスに目が行くようになってきました。
どういう風の吹き回しなのでしょう。





002-s_201605102009164c6.jpg
寒河江                                                    5/10

この時期の寒河江の雫はバラの葉の雫にも勝るとも劣らない魅力があります。

やっぱり今年の春は変だ

今日は曇りのち雨という一日で明日、明後日は雨という予報です。
これでバラも落ち着いて咲くようになるのではないでしょうか。

今日、咲いているバラを撮ろうと外に出てハタと気がついたことがありました。
フリューリングスゴルドを撮ろうとしたら妙に締まりがなくだらけた感じに見えたのです。
結局今日は写真を撮らずに終わってしまいました。





060-s_20160509201402380.jpg
フリューリングスゴルド(Fruhlingsgold)                                5/8

昨日の咲いていた状態です。





058-s_20160509201400bef.jpg
フリューリングスゴルド(Fruhlingsgold)                                5/8

改めて見ると本来の大きさよりも大ぶりで締まりがなく見えます。





069-s_201605092014038a2.jpg
フリューリングスゴルド(Fruhlingsgold)                                5/8

改めて思い返してみると昨日見たロサ・セリケア・プテラカンタも
ふわりとした花びらでやはり大振りな花だったのです。

肥料をやりすぎると花形が乱れたり締まりのない花弁になりますが
この冬も例年通りの施肥だったので肥料が原因とは思えません。

今年の春の気象条件のせいだと思ったのですがどうでしょうか。





004-s_20160509202332788.jpg
                                                         5/8

今年の定点観測の場所の光景です。
まだバラの花の色合いも見えていません。

目下の開花予想は5月23日から6月3日が見ごろではないかと思っています。


タカネバラが咲きました

5月に入ったらバラの開花速度が落ち着いてきて
咲いているものと言えば我が家の早咲き御三家だけです。
(今年来たものはあれこれ咲いていますが・・・)

その中で今日バラ友からいただいたタカネバラが開花しました。





074-s_201605081923555de.jpg
タカネバラ(Rosa nipponensis)                                      5/8

バラの原種には全く疎くてタカネバラがハマナスの中の一種だということも知りませんでした。
確かに葉の葉脈が深いところはハマナスとよく似ています。
開花したところもやはりハマナスに似ていると思いました。






009-s_2016050819235377c.jpg
タカネバラ(Rosa nipponensis)                                     5/2

蕾が上がってきたときに驚いたのは蕾を包むように葉のようなものが付いていたことでした。






081-s_20160508192356f6d.jpg
タカネバラ(Rosa nipponensis)                                      5/8

そしてその後もっと驚いたのはこの葉の間からさらに蕾が見えたことです。
このような蕾のあがり方をするバラはこれまで見たことがありません。
蕾を覆っていた葉に見えたのは大きな托葉のようにも見えます。

頂いたバラ友さんにお会いしたら
このような蕾のあがり方について教えていただこうと思っているところです。


正式な開花宣言

連休で来ていた子供たちが帰って行ったので
数日ぶりにバラ畑を一回りしてみました。





001-s_20160506193738bf3.jpg
ロサ・セリケア・プテラカンタ(Rosa sericea pteracantha)                      5/6

ぽろぽろと咲いていたロサ・セリケア・プテラカンタがようやく枝にびっしり咲くようになっていました。
それではほかの我が家の早咲き御三家はどのような状態なのかと見てみたらボチボチの状態です。





005-s_201605061937408a0.jpg
フリューリングスゴルド(Fruhlingsgold)                                 5/6

フリューリングスゴルドは数輪が開花直前になっていました。
あと数日で満開になるでしょう。





008-s_20160506193743649.jpg
ナニワイバラ(Rosa laevigata)                                      5/6

ナニワイバラはフリューリングスゴルドよりも咲き進んでいました。

今年はロサ・セリケア・プテラカンタ、ナニワイバラ、フリューリングスゴルドの順で開花したと
開花宣言しましょう。
今年は気温の変動が激しかったのでフライングで咲いた蕾があって
本来の開花とは言えない咲き方で戸惑った春でした。

去年のブログを見たら5/7に同じような画像をUPしていました。
今年は例年になく早い開花だった昨年よりも早い開花になるのかと驚いたのですが
どうやら昨年並みの開花となりそうです。





013-s_20160506193744511.jpg
ロサ×マルチャーナ(Rosa×marcyana)                                5/6

この冬に来た新しいバラです。
このバラも玄関に取り込んでいたので本来の開花時期よりも早い開花なのでしょう。
期待通りのいい雰囲気です。




子供の日だから

今朝孫たちが一斉に帰って行った。
いつもの生活に戻ると一気に疲れがでて昼間はひたすら休憩モード。

夕方、ハリーの散歩に出て風になびく鯉のぼりを見たときに
今日はこどもの日で明日になれば鯉のぼりはもう来年まで見ることはできないのだと気がついた。





036-s_201605052017035b8.jpg

この鯉のぼりはリンゴの木のそばにあって
かねてからリンゴの花と一緒に鯉のぼりを撮りたいと思っていたのですが
風がないとか光の向きが悪いとか理由を付けて撮ることがなかったのでした。

風もあったのでとりあえずハリーの散歩の後に撮ってきました。






051-s_2016050520170417d.jpg

都会ではこのような鯉のぼりを見ることは難しいのではないでしょうか。
幸せを感じる光景です。






019-s_20160505201700ab3.jpg
ウイリアム・サード(William Ⅲ)                                      5/5

咲き出しの紫赤色を撮ろうといろいろ条件を変えてみたのですが
今回は思う色合いにはなりませんでした。





023-s_20160505201701297.jpg
ウイリアム・サード(William Ⅲ)                                      5/5

花持ちがよくないのですがそれもまたいいのではと思える花です。



ウイリアム・サードが咲きました

ウイリアム・サードが昨日から咲いています。
並べてある鉢の中でぽつんと一つだけ咲いていると
なぜか場違いな雰囲気があるのです。
周りはこれから本格的に本葉が展開してきて蕾が上がってくるという状況なので
当然と言えば当然の印象なのです。





003-s_201605031236197e6.jpg
ウイリアム・サード(William Ⅲ)                                      5/3

咲き出しは鮮やかな紫紅色ですがすぐに外側から退色が始まります。






          007-s_20160503123620b48.jpg
          ウイリアム・サード(William Ⅲ)                  5/3

同じスピノシッシマ系統のバーネット・ダブル・ピンクはまだ硬い蕾です。
ウイリアム・サードはこの冬に来たので玄関の中に入れておいたので
咲き進んでしまったのです。
本来はバーネット・ダブル・ホワイトと同じ時期に咲くのでしょう。





015-s_20160503123623cea.jpg
ウイリアム・サード(William Ⅲ)                                      5/3

花径は4cmくらいですが大きな金色の蕊が良いアクセントになっています。





          017-s_20160503123650df9.jpg
          オルフェリン・ドゥ・ジュイエ(Orpeline de Jullet)      5/3  

こちらもこの冬に来たものですがようやく色が載ってきたところです。
飾りガクが印象的ですね。




                

022-s_20160503124404649.jpg
宿根アマ                                                    5/3

宿根草はこれから咲くものが大半ですが宿根アマは満開です。


春は一休み

いよいよ5月に入って本気モードになってきたと言いたいのですが
気温の変動に振り回されています。
数日前は続いた暖かさでバラが一気に咲きそうに見えて気が動転してしまったのですが
また一気に冷え込んでしまいバラの勢いも一休みといった状況です。




013-s_20160501193858715.jpg
フリューリングスゴルド(Fruhlinsgold)                                    5/1

27日にガクが割れ出したとUPしたフリューリングスゴルドもこのとおりで
まったく変化がありません。





027-s_20160501193934997.jpg
                                                         5/1

それでも目に見えて緑の色合いが濃くなって勢いが感じられ
朝日の中の新緑がきれいです。





023-s_20160501193901ea5.jpg
デュシス・ド・モンテベロ(Duchesse de Monntebello)                        5/1





041-s_201605011939377ed.jpg
ノイバラ(Rosa multiflora)                                        5/1





029-s_20160501193936da6.jpg
ヘンリー・ハドソン(Henry Hadson)                                      5/1

この時期は緑の葉に目が向いてしまいます。
特にハイブリッド・ルゴサとかアルバは見飽きません。





021-s_20160501193859f31.jpg
ローブリッター(Raubritter)                                          5/1






008-s_201605011938566a3.jpg
ロサ・グラウカ(Rosa glauca)                                         5/1

そうは言っても赤い葉もきれいだと思いますよ。





          043-s_2016050119393906b.jpg
          ミセス・ダドリー・クロス(Mrs Dudley Cross)         5/1



今日は昨日よりも気温が上がったので
27日にもうすぐ咲きそうだと言っていたウイリアムⅢが咲くのではと思っていたのですが
蕊が見えるところまで開いた状態になったものの
開花とはなりませんでした。

この調子ではいつ頃が開花のピークになるかまだまだ分からないな~。


プロフィール

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク