二番花の最盛期


梅雨が明けたというだけで空気が変わるのでしょうか。
同じ真夏日でも暑さが違って日中は動きたくありません。
それでもバラは二番花が盛りです。




DSC_0145-s_201607311512472eb.jpg
                                                        7/30

雲も夏の雲になりましたがまだ本格的な入道雲とはなりません。





DSC_0005-s_20160731151146e46.jpg
                                     7/30





DSC_0013-s_20160731151148201.jpg
                                                         7/30





DSC_0014-s_2016073115115107b.jpg
スベニール・ドーギュスト・ルグロ(Souvenir d'Augst Legros) 7/30





DSC_0021-s_2016073115115224d.jpg
ジュビリー・セレブレイション(Jubilee Celebration)                          7/30






DSC_0065-s_20160731151246329.jpg
ワイルド・ブルー・ヨンダー(Wild Blue Yonder)                             7/30





DSC_0198-s_20160731151250209.jpg
メルヴェール・ドゥ・リヨン(Merveille de Lyon)                              7/30





DSC_0195-s_20160731151248973.jpg
                                                          7/30

珍しくトンボがやってきました。



スポンサーサイト

天気が悪いので美術館へ

一昨日の天気予報では昨日は天気が良くないという予報だったので
軽井沢現代美術館へ行く予定にしていました。
数日前の新聞に軽井沢現代美術館で開かれている写真家松本路子さんの
作品展「Portraits-女性アーティストの肖像」の記事が載っていて興味を引いたのです。
8月6日には松本さんのレクチャー&トークがあるとのことでしたが
その時期の軽井沢は身動きが取れないほど込み合うので
あっさりあきらめてこのたびの観覧となりました。

天気予報と違って良い天気になったのですが予定通り行ってきました。





DSC_0023-s_20160727203649289.jpg

軽井沢は私のところとは違って曇り空で肌寒いくらいの気温で梅雨真っ只中という印象でした。
軽井沢にはいくつか美術館があっていろいろ行っているのですが
この美術館については全く知りませんでした。

小さな美術館ですが65歳以上の高齢者割引があり
飲み物付き(紅茶かジュース)で800円という入場料は良心的というよしも大サービスでしょう。




DSC_0014-s2_20160727211428ad5.jpg

入って正面の窓です。
晴れていたらもっと印象的だったでしょう。





DSC_0002-s_20160727203345bbb.jpg

この美術館は海外で活躍している日本の女性アーティストの作品をコレクションしているとのことです。
特に草間彌生の作品がたくさん展示されているのが印象的でした。

作品単独での撮影はだめだけれど館内の撮影はOKということで何カ所か撮りました。





DSC_0004-s_20160727203346940.jpg





DSC_0010-s_20160727204851369.jpg

展示品は版画の小品が中心ですがなぜか男性の作品は大きなものがあり
奈良美智の作品や奥に見える名前を忘れてしまった作家の作品などは印象に残りました。





DSC_0017-s_2016072720343616d.jpg

二回には草間彌生の展示コーナーと金額の入ったカードがついている作品のコーナーがあります。
美術館で作品を販売しているというのは初めての経験で驚きましたね。





DSC_0007-s_2016072720334767e.jpg

松本路子さんという名前は「日本のバラ」の写真を撮った人、
バラの写真の入ったエッセイ集「晴れたらバラ日和」の作者というように
バラ好きの写真家という程度の知識しかなかったのですが
今回の展示は長年にわたって撮ってきた世界の女性アーティストのモノクロの肖像写真でした。
オノ・ヨーコの1970年代の写真が迫力がありました。





DSC_0018-s_20160727205027897.jpg

これは展示品ですが美術館グッズで草間彌生の水玉模様をデザインしたボールペンがあり
気に入ったのですが結局買うのをやめました。





DSC_0001-s_2016072720334476a.jpg

最後は美術館のらせん階段の画像です。




今日のバラ

今日は曇り時々雨で気温も25度くらいと珍しく低くて過ごしやすい一日でした。
この時にやらなければとバラ畑の雑草取りを頑張りました。
ようやく草取りの目途が付いたのです。
とにかく夏草の種が落ちる前に処理できてバンザイという気分です。





DSC_0063-s_20160726195135e7d.jpg
                                                          7/26

バラ畑の光景です。
いかにも草ぼうぼうといった雰囲気が夏らしいです。





DSC_0003-s_20160726195131769.jpg
パルフェ・タムール(Parfait Amour)                                    7/26





DSC_0017-s_201607261951323e6.jpg
青の軌跡                                                    7/26






DSC_0087-s_2016072619513635c.jpg
ミセス・チャールス・ランプロウ(Mrs Charles Lamplough)                       7/26





DSC_0092-s_2016072619513782d.jpg
エンジェル・フェイス(Angel Face)                                     7/26





DSC_0138-s_201607261955332af.jpg
jーマリリンモンロー                                              7/26





DSC_0151-s_20160726195534af4.jpg
つるアイスバーグ(Iceberg Climbing)                                   7/26





DSC_0155-s_20160726195535323.jpg
シャンプニーズ・ピンク・クラスター(Chanpniey's Pink Cluster)                   7/26



しばらく遠出をしていないのでどこかへ行ってみたいと思っているところです。
みなさんはどんなところへ出かけているのでしょう。



今日はモダンローズをUP


このところ毎日写真を撮っているのですが
どの画像をUPしようかと考えているうちに時間がたってしまうという感じです。
今日の画像をUPしたいのですが昨日の画像からモダンローズをUPします。





DSC_0008-s_20160724220025851.jpg
スノードン(Snowdon)                                           7/24

春の花はきれいなのですが二番花以降はきれいに咲ききれないのです。
珍しく中心の花弁まできれいな状態だったのでパチリ。






DSC_0041-s_2016072422002634a.jpg
セラフィム(Seraphim)                                           7/24

去年から不調でようやく今年の二番花でそれらしい形で咲きました。
しばらく見ていなかったので咲いたときはどの品種だったか忘れていました。





DSC_0042-s_20160724220028ea3.jpg
No49                                  7/24

年々風格のある花姿になってきています。
小林森治さんの作品だという先入観を持たずに見ればよい花だと思います。





DSC_0044-s_20160724220029a5b.jpg
モーデン・ブラッシュ(Morden Blush's)             7/24






DSC_0071-s_20160724204237b81.jpg
ピエール・ド・ロンサール(Pierre de Ronsard)                           7/24

返り咲きするとうれしいバラもありますが
ピエール・ド・ロンサールは春一回だけ咲けば十分だと思っています。
春の印象が強すぎるのでしょうか。





DSC_0072-s_20160724204238f76.jpg
つるアイスバーグ(Iceberg Climbing)              7/24

反対につるアイスバーグはもっと返り咲きしてほしいバラです。





DSC_0096-s_20160724204239913.jpg
アップル・ティ(Apple Tea)                     7/24





DSC_0099-s_20160724204240c90.jpg
ザ・ヨーマン(The Yeoman)                    7/24

ERですがD. オースチンの育種目標半ばの品種という印象です。
そのせいでしょうかカタログ落ちしているようです。
丈夫だしよく咲くのでよい品種だと思いますよ。





DSC_0103-s_20160724204242638.jpg
スベニール・ドゥ・アンネ・フランク(Souvenir de Anne Frank)                   7/24

癌腫を切除したら回復してきました。


ティーとチャイナの二番花

昨日、今日と過ごしやすい気温で夕方のハリーの散歩のときにはTシャツ、短パンでは寒いと感じました。
今年は二番花がもう一つ咲いたという印象がなかったのですが
この気温に誘われるように一気に咲きだしました。
今日もたくさん写真を撮ったのですが前日撮った画像を載せないと日の目を見なくなってしまいそうなので
20日の画像をUPです。
この日はティとチャイナが多かったのでこの二種類にまとめてみました。





DSC_0525-s.jpg
ジーン・シスレィ(Jean Sisley)                                     7/20

定番の位置から撮りました。
秋の宿根草がにぎやかです。





DSC_0537-s.jpg
アルシディック・ジョゼフ(Archidic Joseph)                              7/20





DSC_0589-s.jpg
ラ・シールフィード(La Sylphide)                                     7/20

どうやらラ・シールフィードという名前で買ったこのバラは名前が違うようです。
ラ・シールフィードはもっとピンク色が濃いらしいです。
本当のラ・シールフィードを見てからラベルを変えたいと思っているところです。





DSC_0593-s.jpg
テプシー・インペリアル・コンキュバイン(Tipsy Imperial Concubine)               7/20





DSC_0601-s.jpg
スミズ・パリッシュ(Smith Parish)                7/20






DSC_0610-s.jpg
ミセス・ハーバード・スチーブンス(Mrs Herbert Stevens)                      7/20





DSC_0612-s.jpg
アレキサンダー・ヒル・グレイ(Alexander Hill Grey)                          7/20





DSC_0618-s_20160720195637c0d.jpg
赤胆紅心                                                    7/20





DSC_0631-s.jpg
リヴァル・ドウ・パエスツム(Rival de Paestum)                             7/20





DSC_0638-s.jpg
スベニール・ドーギュスト・ルグロ(Souvenir d'Augst Legros)  7/20




国分寺のハスの花

一昨日ハスの花を撮るぞと気合を入れて朝6時に国分寺の蓮池に行ってきました。
帰ってきてから画像を整理してみたのですがどうも物足りないと感じたのです。
原因は構図がおとなしいというか植物図鑑的で面白くないのです。

そこで今日たまたま国分寺近くに行く予定があったのでカメラを持って出かけました。
蓮池に着いたのは11時ころで撮影には不向きだと思ったのですが
結果は朝早い時間よりも良かったと感じたのです。

二日分を一緒にUPしました。





DSC_0410-s.jpg
                                                         7/19

数年前に来た時よりも花数が多くにぎやかでした。





DSC_0440-s.jpg
                                     7/19





DSC_0396-s.jpg
                                      7/19





DSC_0431-s.jpg
                                      7/19






DSC_0448-s.jpg
                                      7/19






DSC_0473-s.jpg
                                                          7/19

新聞に載るようなアングルということでレンズを変えて撮ってみました。
カメラ友達のyutorieさんの画像と違っていかにも平凡という撮り方です。




ここからは今日の画像です。





DSC_0647-s.jpg
                                      7/21






DSC_0648-s.jpg
                                                          7/21






DSC_0654-s.jpg
                                                          7/21





DSC_0661-s.jpg
                                                          7/21




DSC_0686-s.jpg
                                     7/21




こうして並べてみるとやっぱり芸術的に撮るセンスはないと実感したのでした。



久々のバラ撮り

今日は6時前に起きて車で15分ほどの所にある国分寺のハスの花を撮りに行ってきました。
帰ってきてからしばらくバラを撮っていないことに気が付きバラ畑を一回りしました。
ハスの画像は改めてUPしますがとりあえず今日のバラをUPです。





DSC_0494-s.jpg
ブリリアント・ピンク・イスバーグ(Briliant Pink Iceberg)                      7/19

このところバラの写真を撮っていなかったのはパソコン絡みのトラブルで
気持ちがバラに向いていなかったのです。

数日前にパソコンをwindows10にアップグレードしたところ
これまで周りの人には何の問題もなく書き換えられたと聞いていたのに
予想外の現象がでてきて対応に追われていたのです。






DSC_0496-s.jpg
アイスバーグ(Iceberg)                                          7/19

ようやくなんとか以前のように使うことができるようになったのですが
それでもまだトラブルに見舞われることがあって
内心ビクビクもので使っているというのが現状です。





DSC_0499-s_20160719145430968.jpg
マダム・シャルル(Mme Charies)                 7/19

これまで使っていた画像取り込みソフトもなんとなく違っていて
大いに不満だという気持ちが消えません。

このブログのFC2のサイトも以前とは違っているのですよ。






DSC_0502-s.jpg
ノワゼット・シンデレラ(Noisette Cinderella)                             7/19






DSC_0512-s.jpg
クレア・オースチン(Claire Austin)                                   7/19




パソコンをアップグレードする少し前にfacebookを始めたました。
ほんの思いつきでとりあえず立ち上げたのですが数日してトラブルが発生し急きょ閉鎖したのですが
パソコンのアップグレードと重なってしまいすごいストレスとなっていたのでした。
facebookでお友達になっていただいた方にはご迷惑がかかったのではないかと気にかかっているのですが
落ち着いたらきちんと調べてから改めて立ち上げてお詫びしようと思っています。


今日撮ったハスの花は落ち着いたらUPします。



今日咲いていたバラ(7/13)

夜半からの雨は日中降ったりやんだりしていましたが午後にはほぼやみました。
良い雨で鉢に水をやらなくても済むと思っていたのですが
夕方鉢を見てみたら萎れているものがありました。
十分に鉢内を潤すほどの雨ではなかったようです。





006-s_201607131935448bc.jpg
アーカデア・ルイジアナ・ティ(Arcadia Luouisiana Tea)                      7/13





015-s_20160713193546b5c.jpg
チエズ・チャイナ・No1 クリムソン(Chie's China No1 Crimson)                  7/13





          019-s_20160713193548ec3.jpg
          ピエール・ド・ロンサール(Pierre de Ronsard)       7/13

なぜか返り咲きのピエール・ド・ロンサールは咲いてもあまりインパクトがありません。
春の印象が強すぎるのでしょうか。





022-s_201607131935503b3.jpg
マダム・ピエール・オジェ(Mme Pierre Oger)                            7/13





029-s_2016071319392458c.jpg
赤胆紅心                                                  7/13





043-s_2016071319392693b.jpg
ザ・ブライド(The Bride)                                          7/13

明日は晴れの予報です。
ちりちりにならないできれいに開くでしょうか。





053-s_201607131939285f8.jpg
フレーザーズ・ピンク・ムスク(Frazer's Pink Musk)                          7/13

新芽の動く時期にまったく動くことがなく休眠状態だったのですが
6月に入って一気に新芽が伸び始めて今頃満開状態です。
枯れてしまうかと思っていたのでうれしいです。



雨が上がったので

久しぶりの雨が午後になってやみました。
バラ畑とは離れた場所に植えてあって
普段あまり目にすることのないメアリー・ローズがきれいに咲いていたので撮ってみました。
ついでに雫を撮ろうと思いバラ畑を一回りしたのです。





006-s_20160709202652da1.jpg
メアリー・ローズ(Mary Rose)                                       7/9





010-s_20160709202653c30.jpg
メアリー・ローズ(Mary Rose)                                       7/9





023-s_201607092026549f7.jpg
メアリー・ローズ(Mary Rose)                                       7/9





030-s_20160709202656618.jpg
リヴァル・ドゥ・パエスツム(Rival de Paestum)                             7/9






042-s_20160709202718a97.jpg
マドモアゼル・ドウ・ソンブレイユ(Mademoiselle de Sombreuil)                   7/9






053-s_20160709202720e2f.jpg
バーガンディ・アイスバーグ(Burgundy Iceberg)                            7/9

一重の小さな花弁のバーガンディ・アイスバーグも面白いでしょう。
こんな雰囲気の品種があってもいいのにと思ったのでした。



今日は涼しかったのですが明日からはまた暑い日が続くようです。
雑草がどんどん伸びてきています。
急がないと手では取れなくなります。



今日のバラ(7/6)

ハリーの散歩コースに咲いているタチアオイの花が一番上で咲いていました。
タチアオイの花が一番上で咲くようになると梅雨が明けると言われていますが
まだ梅雨明け宣言は出されていません。
今日もムシムシして暑苦しい一日でした。
最高気温が33℃だったと知って納得です。

朝撮ったバラは夕方には皆しわしわでしたよ。





012-s_20160706115115e00.jpg
レーヌ・デ・ビオレット(Reine des Violettes)                              7/6






          020-s_201607061151163b1.jpg
          リヴァウル・ドゥ・パエスツム(Rival de Paestum)       7/6

どれも皆小さな花ですがこのリヴァウル・ドゥ・パエスツムは3cmくらいで
形も本来の状態ではありませんがかわいいです。





022-s_201607061151198a7.jpg
L.D.ブレスウエイト(L.D.braithwate)                                   7/6





035-s_2016070611522480b.jpg
ロキンバー(Lochinvar)                                          7/6





043-s_201607061152254aa.jpg
コールドウエル・ピンク(Caldwell Pink)                                 7/6






046-s_20160706115226f1f.jpg
マダム・ジョルジュ・ブリアン(Mme Georges Briant)                         7/6






048-s_201607061152287e0.jpg
ブラック・ティ(Black Tea)                                         7/6

私がバラを栽培し初めて育ててみたいと思ったバラがブラック・ティでした。
ブッシュとつるの両方育てていたのですが
ブッシュタイプは癌腫で枯れてしまい
つるタイプはシュートが3cmくらいの太さでとても誘引できなくて抜いてしまったのです。
以来育てていなかったのですがこの春にバラ会の方からあげるよと言っていただいたのです。
また育ててみようと思ってほしいと言ったところなんと10号鉢に入った立派な苗がやってきました。
このバラは秋の色合いが魅力的です。
秋のUPを乞うご期待です。





028-s_20160706115121d7b.jpg
                                                        7/6

今日のおまけはエキナセアです。



夏顔で咲いています

連日曇り時に小雨といううっとうしい日が続いています。
遅れていた花ガラ切りがようやく今日終わりました。
今年はめずらしく全部のつるバラの枝抜きをやりました。
冬の誘引が楽になるのを期待しています。





002-s_20160704190425ebc.jpg
レイニー・ブルー(Rainy Blue)                                      7/4

ぽつぽつと咲いているバラはどれも夏顔です。
一週間くらい前に来たばかりのレイニー・ブルーもたぶん夏顔でしょう。





008-s_20160704190426db3.jpg
ミセス・キャンベル・オール(Mme Campbell Hall)                           7/4

本来よりもかなり濃い黄色でビックリしています。
朝はきれいに咲くのではと思っていたのですが
夕方には花弁が黒くなって開ききることはありませんでした。





016-s_20160704190429c4a.jpg
ヘンリー・ハドソン(Henry Hadson)                                    7/4

花弁数は春と変わらないのですがサイズは2/3くらいでしょう。





027-s_201607041904305c7.jpg
マリー・デルマー(Marie Dermar)                                     7/4





028-s_20160704190459efd.jpg
マダム・アルフレッド・ドウ・ルージュモン(Mme Alhured de Rougemont)             7/4

春の半分くらいの大きさですがこのくらいの大きさが好みです。





           031-s_20160704190500360.jpg
           ドクター・ハーバート・グレー(Dr Herbert Gray)        7/4

春よりも淡い色合いです。
こちらは春の花の方が好みです。





035-s_20160704190502994.jpg
マニントン・モーブ・ランブラー(Mannington Mauve Rambler)                     7/4

伸びてくる新梢もきれいです。



追記
今日バラ畑で作業していたら3匹のゴマダラカミキリムシと遭遇したのです。
もちろん飛び立つ前に捕殺しました。
ここではゴマダラカミキリムシを見かけるのは年に一回まれに見かける程度なのですが
一度に3匹というのは驚きで3匹目を発見した時は嘘だろうとおもって一瞬固まってしまったのです。
もう卵を産んでいるのでしょうか。



今日のバラ(7/2)

今年は2番花が咲いたというイメージがありません。
たまに咲いていても傷みがひどく写真を撮ろうという気にはなりません。
それでも今日は数点を撮りました。





001-s_20160702195031fcd.jpg
真宙                                                      7/2

二番花ではなくて一番花の最後の花です。
緑の玉はヤマボウシの実です。





006-s_20160702195032b50.jpg
レイニー・ブルー(Rainy Blue)                                       7/2

前からほしいと思っていたレイニー・ブルーをとうとう買いました。
バラ畑のイメージチェンジを計画していて
すみれの丘と入れ替えるバラとしてレイニー・ブルーを考えていたのです。
先週買ったのですが蕾がついていました。





          014-s_2016070219503376d.jpg
          エミー・グレイ(Emmie Gray)                  7/2






018-s_20160702195035f96.jpg
チャンピオン・オブ・ザ・ワールド(Champion of the World)                     7/2






          032-s_20160702195807be4.jpg
          ペーパー・ムーン                         7/2






039-s_20160702195441026.jpg
シャンプニーズ・ピンク・クラスター(Chanpniey's Pink Cluster)                   7/2






045-s_20160702195442eff.jpg
シダルセア ロザリー                                            7/2

少し前に1ポットだけ買ったものですが気に入っています。
3ポットくらい買っておけばよかったと思っています。





054-s_2016070219544573a.jpg
踊場                                                      7/2




まもなく梅雨が明けます。
バラもきれいに咲いてくれるでしょう。


ちょこっとドライブ⑥

どこの別荘地でも中に入ると意外に目印がなくわかりづらいものです。
ハーブスタンドのKIRAKOさんに教えていただいたT邸は
ヒュッテ・ブランシェというペンションを目印に何とかたどり着きました。

ここのお宅は牧草地跡に建てられた別荘で
あたりは見通しの良い場所にあり広いお庭と相まって開放感のある光景が目に入りました。
なんと敷地の周りが全部つるバラで囲まれているのです。




138-s_20160629212409e75.jpg

ここのオーナーは東京とここでトールペイントの講師をしておられるということで
トールペイントで彩られたドアを開いて入ると
このような光景が目に飛び込んできました。

南側に緩く傾斜した庭の向こうにはガゼボがフォーカルポイントになっていて
さらにその向こうには牧草地、松林と続き
晴れていれば南アルプスや八ヶ岳も見えるというとのことでした。
この日は午後から曇ってきてT邸に来たときは青空は見えませんでした。

別荘地の面積は聞いていませんが300坪くらいあるのではないでしょうか。
右側に見えるつるバラの長いフェンスが圧巻です。





141-s_2016062921244800b.jpg

なんとこのガゼボで私が行った前々日には
プロのバイオリニストのバイオリンコンサートが無料で開かれ
2回の公演で150人が集まったそうです。
この話だけでも広い庭だとわかるのではないでしょうか。





118-s_201606292123194df.jpg

オーナーのTさんは一ヶ月のうち20日は東京で指導をして
10日はここで指導されているとのことでした。
この10日の間に庭の維持管理をされていると聞いてびっくりです。
我が家の小さな場所にもかかわらず手が回らないとぼやくのが恥ずかしくなります。





125-s_201606292123293c9.jpg

この庭の特徴はたくさんあるバラの大半はつるバラで木立のバラはごく少数だということでしょう。
庭の真ん中は宿根草で彩られていて見通しは良いです。




134-s_20160629212406517.jpg

通路は芝あるいはウッドチップが敷き詰められていて歩きやすいのでした。
(ここで我が家に来たことのある方は我が家の状態を思い浮かべないでくださいね。)





124-s_201606292123269bd.jpg

Tさんはトールペイントでバラを描くにあたってもっと良くバラの形を知ろうと思ったことから
バラを植え始めて4年目だとおっしゃっていました。
それにしても広い敷地をつるバラで飾ろうというのはスケールの大きな計画です。
どうやら花ガラ切り以外はほとんど一人で管理されているようですが
きれいに整えられた状態を見ると信じられない行動力です。





121-s_201606292123225f1.jpg





122-s_20160629212324153.jpg

後で気がついたのですがつるバラの縁をぐるぐると歩いただけで
中心部の宿根草の部分は全く見ていなかったのでした。





131-s_20160629212404f19.jpg

たくさんあったつるバラの中で気になったのがこのバラです。
ラベルはエゼルとなっていました。





142-s_2016062921244643b.jpg

実はこのお宅で最も気になったのはこの大きな犬のオブジェでした。
入口に置いてあったのですが殺風景な我が家にも一つ置いておきたいです。



プロフィール

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク