家猫になったハナ

外猫だったハナは2月に膿胸になって入院手術した後
病院から家の中で飼うように言われてから家猫になりました。
家の中ではケージの中だったのですが半年くらいの間
外に出たいと昼といわず夜といわず大声で泣き通しでした。
自由に歩き回っていたのにケージに入れられたとなれば当然でしょう。

この二か月くらいは急におとなしくなってケージの中で泣くのは
ごはんの請求、水がない、トイレの掃除をしてという時だけになってきたのです。
このころから私たちの夕食の後に居間に入れてやるようになりました。
本来はハリーが私たちが寝るまでの間、
居間に来ていたのですが前半ハナで後半ハリーとシェアすることにしたのです。
昨日居間にいるハナを撮ったのでUPです。





DSC_0002-s_20161129202258c7c.jpg

なぜか私のそばから離れずこんな目で私を追います。






DSC_0026-s_201611292022593f3.jpg

そして私がパソコンの前にいると座って邪魔をしてくれます。






DSC_0040-s_20161129202300059.jpg

ケージの中で泣き叫んでいた時の表情からは考えられない穏やかな表情です。






DSC_0047-s_201611292024151a9.jpg







DSC_0058-s_20161129202416846.jpg

もうすかり気を許してパソコンの椅子を占領してくつろいでいます。






DSC_0060-s_201611292024188b4.jpg

毎日8時ころにはハリーと入れかわりです。





DSC_0064-s_20161129202419779.jpg

今日のおまけはハナと入れ代わりに居間に来たハリーです。
ハリーもこの椅子の上が好きなのです。




スポンサーサイト

雪が降りました

予報通り雪が降りました。
朝起きたときは5cmくらい積もっているかなという感じだったのですが昼近くまで降り続き
15cmくらいになったのではないでしょうか。
昼過ぎからは霙のような雪で夕方には5cmくらいの積雪だったでしょう。

今日は軽井沢に行く予定があったのですが車のタイヤが夏のままだったので中止です。
一日家でごろごろして過ごしてしまいました。
雪がやんだ昼前に雪をかぶったバラを撮りました。
この時期としては霜が付いたバラを撮るのですが季節外れの雪で前後してしまいました。





DSC_0005-s_201611241723441fc.jpg
つるサマー・スノー(Summer Snow Climbing)                             11/24






DSC_0004-s_201611241723434a0.jpg
紅美香登                                                   11/24

咲いているバラは雪の中でこんな感じになっているのです。






DSC_0020-s_2016112417234656c.jpg
マダム・シャルル(Mme Charles)                                     11/24






DSC_0027-s_20161124172348e67.jpg
ノワゼット・シンデレラ(Noisette Cinderella)                              11/24 






DSC_0029-s_20161124172611c6a.jpg
プロスペリティ(Prosperity)                                        11/24





DSC_0033-s_201611241726129d7.jpg
プロスペリティ(Prosperity)                    11/24





DSC_0042-s_20161124172614476.jpg
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ(Briliant Pink Iceberg)                      11/24





DSC_0048-s_20161124172615ac0.jpg
るる                                                      11/24






DSC_0052-s_20161124172617a70.jpg
                                                         11/24

今日のおまけはまだ収穫していないリンゴの「ふじ」です。
ほとんどの農家では収穫が終わっているのですが
我が家は一本しかないのにまだ収穫していません。
今夜の最低気温は‐8℃だそうです。
濡れたリンゴは凍って食べられなくなってしまうのでしょうか。




Hume's Blush Tea-scented China

昨日は10月の気温だったのに今日は雪が降るかもしれないという寒さでした。
烏帽子岳は今年二回目の雪模様でした。
もう一回烏帽子岳に雪が降ると平地にも雪が降るといわれています。
初雪もそう遠くないのでしょう。

昨日は玄関に取り入れていたヒュームズ・ブラッシュ・ティ・センテット・チャイナが咲いたので撮りました。
この春大苗を購入したのですが春の花はほんの数輪申し訳程度に咲いただけでした。
四季咲きだというのに7月には全く咲かず
秋にも咲く気配がなかったのですが10月に入ってにわかにたくさんの蕾が上がってきました。
このまま外に置いておいては咲くことなく冬を迎えてしまうと思って玄関に取り込んでおいたのです。






DSC_0008-s_20161122223720f2f.jpg
ヒュームズ・ブラッシュ・ティ・センテット・チャイナ                            11/22

バラの世界では重要な品種なのになぜかブログにはUPされてきません。





DSC_0003-s_20161122224113a58.jpg


ティーが好きな私には好みのバラです。
数少ないブログに載っていたヒュームズ・ブラッシュ・ティ・センテット・チャイナは
春しか咲かないと書かれていました。
私のところのバラはティーの匂いがしませんでした。
私は鼻音痴なのでつれあいに意見を求めたのですがあまり匂いがしないとのことだったのです。
来春にもう一度確認してみましょう。





DSC_0020-s_20161122223724de6.jpg






DSC_0025-s_20161122223748b1a.jpg






DSC_0028-s_20161122223749b8e.jpg



蕾は20花くらい上がってきていますがもう咲かせるのはやめて越冬させます。
来春は地植えにしてゆったりと咲かせてみようと思っています。






舞台撮影ワークショップ

今日はサントミューゼで舞台撮影ワークショップがありました。
谷古宇正彦さんという舞台撮影の第一人者が講師ということで
舞台撮影の経験など一度もないのに目くら蛇におじずの心境で参加しました。
結果は当然ながら目も当てられない内容で撃沈でした。

UPするような内容ではないのですが記録としてUPです。





DSC_0001-s_20161120191949a70.jpg

撮影前の説明をされる谷古宇正彦さんです。





DSC_0020-s_20161120191952455.jpg

舞台は10分程度の演技を3回やってもらいどこをどのように撮るか見極めて
3回目の演技で流れを作るように撮るようにとのことでした。





DSC_0024-s_20161120191953044.jpg






DSC_0013-s_20161120191950212.jpg






DSC_0059-s_2016112019195584d.jpg

最後に参加者20名の撮影画像を見てから講師からの講評がありました。
皆さんの画像を見比べると自分の未熟さがよくわかり
舞台撮影の難しさもよく分かったのでした。



雨あがり

昼近くになって雨が止んだので滴を撮ろうとバラ畑を一回りしました。
きれいな滴は撮れなかったのですがそれなりのバラをUPです。





DSC_0005-s_201611191714092ff.jpg
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ(Briliant Pink Iceberg)                    11/19





DSC_0015-s_201611191714118a3.jpg
アイスバーグ(Iceberg)                                         11/19





DSC_0018-s_20161119171412f29.jpg
リヴァウル・ドゥ・パエスツム(Rival de Paestum)                          11/19





DSC_0025-s_20161119171414272.jpg
マダム・シャルル(Mme Charles)                 11/19






DSC_0034-s_201611191715386e5.jpg
L.D.ブレスウエイト(L.D.Braithwate)                                   11/19






DSC_0051-s_20161119171541f25.jpg
イザベラスプラント(Isabella Sprunt)                                   11/19





DSC_0056-s_201611191715429f8.jpg
ペルデューク                                                 11/19

切り花品種です。
花弁が多いせいでしょうかいつもボーリングしてしまってきれいに咲かせられません。
珍しくきれいに咲いていました。






DSC_0059-s_201611191715449be.jpg
真宙                                                      11/19






DSC_0046-s_20161119171539258.jpg
ロサ・グラウカ(Rosa glauca)                                        11/19

今年は早々にヒップを切ったのですが切り忘れがありました。



改めてUPした画像を見てみると華やかさがなくてしっとりとした秋の夕暮れのような雰囲気です。
これはこれでいいものだと自己満足しています。


まだ霜が降りない

今日も秋晴れでした。
私の風邪もようやく治って久しぶりにバラ畑の仕事に精を出しました。
この冬にバラ畑の模様替えをすることにしていて
バラを抜いたり穴掘りをしたりと力仕事を頑張りました。

この秋は強い霜が降りていないのでバラも一気にダメになってしまうということがなく
いつまでもぽつぽつと咲いています。

さすがにきれいに咲いているという状態ではありませんが今日のバラをUPしましょう。





DSC_0112-s_201611182009483d3.jpg
スベニール・ドゥ・アンネフランク(Souvenir d'Anne Frank)                     11/18





DSC_0127-s_20161118200949873.jpg
チャールストン(Charleston)                  11/18

夏まではけばけばしいくらいの濃い色合いで咲いていますが
この時期になると柔らかな色合いに変わって好ましいです。






DSC_0149-s_2016111820095225e.jpg
サウダージ(Saudade)                                          11/18





DSC_0155-s_201611182010213ad.jpg
ウジェーヌ・ド・ボアルネ(Eugene de Beauharnais )                         11/18





  
DSC_0158-s_20161118201022da0.jpg
マダム・ジョゼフ・シュバルツ(Mme Josef Schwartz)   11/18






DSC_0159-s_201611182010243b5.jpg
ミセス・キャンベル・オール(Mme Campbell Hall)                           11/18                     





         
DSC_0140-s_201611182009519e4.jpg
ロサ・ムルチフローラ(Rosa Multiflora)                               11/18

ローズ・ヒップはまだたくさんついています。
小鳥たちも周辺にはリンゴがなっているのでヒップを食べようという気にはならないようです。





リンゴは今が晩生の「ふじ」の収穫時期です。
完熟したこのころになると小鳥に突かれて商品にならないリンゴが出てきます。
小鳥もちゃんとわかっていて形のいいおいしいリンゴを狙って味見に来ます。
しっかりつついて食べてくれればあきらめもつくのですが
つまみ食いをするように一回突いただけで別のリンゴに移っていくということをしてくれるのです。
このところそんな穴あきリンゴを取ってきて食べています。








Fara Shimbo

いよいよ咲いているバラも少なくなってきました。
加えて今月に入って風邪をひいたのがいまだに完治せず
半病人の状態で外仕事はできていません。
本来ならば葉を落とし始めたランブラーの誘引をしているはずなのですが
週末くらいからはできるでしょうか。

春の画像がほぼ整理が終わったのでぼつぼつUPしていこうと思います。
今日最初にUPしたFara Shinboはこの春にやってきた輸入苗です。
カタログの小さな画像を見て第六感で注文したのですが結果は期待通りでした。

咲き出しは赤色が強いのですが開くとともに紫色が強くなってきます。
大雑把な言い方をすればモスやガリカの一つだと言えますが
特徴は何かということは来春の開花を見て報告しましょう。





031-s2_20161114181214ee2.jpg
Fara Shimbo                            5/10





030-s_201611141812155bb.jpg
Fara Shimbo                                                 5/13





143-s_20161114181217bfb.jpg
Fara Shimbo                            5/16





031-s_201611141812188cd.jpg
Fara Shimbo                            5/17





073-s_201611141812205f7.jpg
Fara Shimbo                                                 5/18




今日は64年ぶりに見ることができるというスーパームーンは
小雨模様の天気で見ることはできませんでした。
昨年満月の撮影を試みたのですが何しろ田舎ということであたりは真っ暗です。
ポツンと月が映っただけの画像になってしまうことが分かったので
今回は撮るのはやめたのですが見てみたかったです。




初冠雪

今日は烏帽子岳が初冠雪でした。
ハリーの散歩のときに朝の空気の冷たさが違うと感じたのですがもう初冠雪と知ってびっくりです。
もっともここからそう遠くない長野市では初雪が降ったということだったので
ことさら驚くことではないのでしょうが
秋らしい秋が来なくていつまでも暑いと言っていたのに
一気に初冠雪となる寒さが来るとは自然はどこかで帳尻を合わせてくるのですね。





DSC_0053-s_201611091809130d5.jpg
                                                        11/9

初冠雪といっても烏帽子岳の頂上は一日雲がかかっていて見ることはできませんでした。
これは午後3時ころに撮った画像です。
頂上は見えていませんがすそ野は白くなっているのがわかります。






DSC_0006-s_201611091808381db.jpg
                                                        11/9

ついでに家の周りの紅葉を探してみました。
ニシキギがきれいに紅葉しています。
左手の山桜はもう半分くらい落葉してしまいました。





DSC_0008-s_201611091808405aa.jpg
                                                         11/9

この辺りでは例年霜が降りるせいでしょうか紅葉はきれいではありません。
色が変わっているのはケヤキです。





DSC_0019-s_20161109180841db1.jpg
                                                          11/9

今年は柿の成り年でどこでも目につきます。
聞くところによるとなりすぎて枝折れが多発しているとか。
そういえばこの柿の木も真ん中の枝が折れたまま実がついています。






DSC_0043-s_201611091809129e3.jpg
                                     11/9






DSC_0035-s_2016110918084366e.jpg
                                                          11/9

きれいな紅葉を探してみたのですがこの程度しか目につきません。






DSC_0060-s_20161109180914008.jpg
メトランド・ホワイト(Meitland White)                                    11/9

カメラ散歩から帰ってきたら咲いていたのでパチリ。






001-s_20161109185237e5e.jpg
ローズ・ディヴェール(Rose d'Hivers)                                   5/20

バラの花が一枚ではちょっと寂しかと思い春の画像から一枚追加です。
ローズ・ディヴェールの意味は「冬のバラ」という意味だそうで
最初にこのバラの名前をを知ったときは名前だけで欲しいと思ってしまったのです。
名前のイメージどおり良い花が咲きました。
春の一季咲きですが秋にも咲くとなると
イメージが崩れるので春に一度見るだけで十分なバラだと思っています。



なごりのバラたち

昨日と打って変わって北風の吹く寒い一日でした。
相変わらず体調不良で本調子ではありません。
そういいながら名残のバラを撮ったのでUPします。





DSC_0005-s_201611061902376ab.jpg
ブルームフィールド・アバンダンス(Bloomfield Abundance) 11/6

大きなガクが特徴的なバラですが今年は絶不調でした。
たぶんこの花が今年最初で最後だと思います。
数日後には零下の気温になるということなので咲ききれないのではないでしょうか。





DSC_0015-s_20161106190239b63.jpg
リヴァウル・ドウ・パエスツムRival de Paestum)                            11/6

こちらはティー・ローズなのでまだまだ咲くでしょう。






DSC_0028-s_20161106190240e08.jpg
スベニール・ド・ラ・マルメゾン(Souvenir de la Malmaison)                      11/6

秋の色合いはいいですね。






DSC_0029-s_20161106190412c69.jpg
アレキサンダー・ヒル・グレイ(Alexander Hill Gray)                           11/6

同じティー・ローズでも花弁の厚いこの系統はもう咲けないでしょう。






DSC_0047-s_2016110619024286d.jpg
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ(Briliant Pink Iceberg)                        11/6

アイスバーグは本当にいつでも咲いています。






DSC_0052-s_20161106190601162.jpg
ベイシーズ・パープル・ローズ(Baye's Purple Rose)                           11/6

春は大きな花で目立ちますがこの時期の花は半分くらいの大きさで
気が付いたら咲いていたという感じです。






DSC_0056-s_201611061906035fe.jpg
ペイントブラッシュ(Paintblush)                 11/6

今年来た入谷コレクションの一つです。
残念なっがら鮮やかなこの色は一日で淡い色合いに変わってしまいます。






DSC_0066-s_2016110619060415e.jpg
クイーン・オブ・ザ・ムスク(Queen of the Musk)                              11/6

春からポツリポツリと咲いていたのですがカメラを向けずじまいでした。
まとまって咲いていれば撮ったのですが仕方がありません。
記録ということで今年の一枚です。






DSC_0097-s_20161106190750023.jpg
No49                                                        11/6

小林さんの作品にしては丈夫でよく咲きます。
ちゃんとした名前を付けて世に出してやってもよかったのではと感じています。
もっとも現代風な派手さがないのが問題かも。






DSC_0111-s_201611061907516c8.jpg
プラウド・タイタニア(Proud Titania)                                     11/6

このバラはこれくらいまで開いたところがベストでしょうか。






DSC_0120-s_20161106190753bf3.jpg
ブラック・ティ(Blak Tea)                       11/6

秋のブラック・ティの色が好きなのですが
なぜか今頃になってようやくひとつふたつとつぼみが開いてきました。
完全に開ききるかどうかわからないのでこの時点の記録です。






DSC_0122-s_2016110619075445d.jpg
ザ・ナイト(The Knight)                        11/6

本来の大きさの半分くらいですがきれいに咲いています。
育てづらい品種だと聞いていたのですが
この一年間では健康的でつぼみもよく上がってきました。




我が家にはきれいなローズ・ヒップや紅葉のきれいな葉のバラはないのですが
一応UPしましょう。





DSC_0079-s_20161106190915b28.jpg
エリ・エステラ                              11/6





DSC_0081-s_201611061909177e2.jpg
アルバ・マキシマ(Alba Maxima)                                       11/6





DSC_0129-s_20161106190918842.jpg
タカネバラ(Rosa nipponensis)                   11/6

バラ友さんからいただいたタカネバラです。
タカネバラは他にもあるのですがこの個体の紅葉が一番きれいです。




明日こそは風邪も治ると思っているのだけれど思い通りに治るだろうか。
治ったら来年に向けた模様替えの作業をしたいのです。



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

11月のバラ

とうとう11月に入ってきました。
バラも大部分は今咲いているものが最後でつぼみの状態のものは大半が咲ききれないでしょう。

先週の兄弟会から帰ってから体調不良で鉢物の水やりも満足にしていませんでした。
本当は今日は里山を歩く会の日だったのですが大事をとって欠席です。
それでも曇り空の中、カメラをもってバラ畑を一回りしてみました。

たぶんティーの系統以外はもう咲かないだろうということでたくさんUPしました。





DSC_0122-s_201611021931580b1.jpg
シャンプニーズ・ピンク・クラスター(Chanpniey's Pink Cluster)                   11/2

同じピンク色でもくすんだような重たい感じのピンク色です。





DSC_0126-s_2016110219320072e.jpg
ピンク・メイディランド(Pink Meidiland)                                  11/2

濃いピンク色で咲いたり淡いピンク色になったりと咲き方も時によって変わるのですが
外側の花弁の色で咲くほうがきれいです。






DSC_0099-s_2016110219315526e.jpg
紅美香登                              11/2

こちらはこれから霜が降りても咲くでしょう。






DSC_0129-s_201611021932019b1.jpg
イングリッシュ・ヘリテージ(English Helitage)                             11/2






DSC_0143-s_201611021935189e8.jpg
ノワゼット・シンデレラ(Noisette Cinderella)                              11/2






DSC_0150-s_20161102193519be4.jpg
プロスペリティ(Prosperity)                                        11/2

プロスペリティもこれからの色合いが本領発揮だと言えるでしょう。






DSC_0121-s_2016110219315751e.jpg
バフ・ビューティ(Buff Beauty)                  11/2              







DSC_0158-s_20161102193521a4e.jpg
スミズ・パリッシュ(Smith Parish)                                     11/2






DSC_0185-s_201611021948256b4.jpg
フレーザース・ピンク・ムスク(Frazer's Pink Musk)    11/2

春の水切れで瀕死の状態だったのですが今頃になって咲き出しました。






DSC_0165-s_20161102193522462.jpg
プラウド・タイタニア(Proud Titania)                                    11/2

同じERでも写真を撮る品種と撮らない品種がありますが
プラウド・タイタニアは↓のメアリー・ローズと並んで撮らない代表品種です。
好みの品種ではないというわけではないのですが・・・どうしてでしょうか。






DSC_0172-s_20161102194824d21.jpg
ウネムディシャ(Unemudiiche)                                       11/2

春に買ったばかりの品種ですが
春の花のイメージと秋の花のイメージが違っていてびっくりしています。
春の花は秋よりも小さめのサイズでかわいいというイメージなのですが
秋の花は妙に色っぽいのです。





DSC_0191-s_20161102194827129.jpg
エクセレンツ・フォン・シューベルト(Excellenz von Schubert) 11/2

だいぶ前に枯れそうだと感じてバックアップとして挿し木をしておいたものです。
忘れていたら今頃になってほかの苗木の間で咲いていました。
引っ張り出して撮ってあげました。






DSC_0197-s.jpg
メアリー・ローズ(Mary Rose)                                        11/2

よく咲くのですがなぜかカメラを向ける気にならないのです。
一年の罪滅ぼしに撮りました。




プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク