本の修理方法について

あっという間に1月が過ぎて2月になったような気がします。
ラジオでも1月がもう終わった、早いね、
2月は逃げるというから早く過ぎると感じるだろうね、
というようなことを言っていました。
言い古されている言葉ですが本当に年と共に月日の過ぎていくのが早く感じます。

さて、先週近くの図書館で「本の修理方法について」というボランティア講習会があったので参加しました。
以前製本を趣味としていたので本の修理にも興味があったのです。
製本をやっている頃に読んだ「古書修復の愉しみ」は稀覯本などを修復する話で
絵画の修復と同じように繊細な感性が要求されることを知って印象深かったものでした。





img110-s.jpg






DSC_0004-s_20170127191824c6e.jpg

今回の講座は持ち物としてエプロン、ハサミ、カッター、定規等と記されていたのですが
実技としてやったのは修理まではいかず保護用のカバー掛けだけでした。
講座は図書館のボランティアの方々が進行され
最初に本の保護カバー掛けのやり方を教えていただきました。





DSC_0006-s2_20170201171111204.jpg

本にあった保護シートを選んで本の大きさに合わせて切ります。
実技をしてくださっている方は腕から落ちるゴミ、チリを防ぐために腕抜きを付けています。






DSC_0012-s_2017012719182785e.jpg

このあとは手品のように透明なシートをはがすことなく
順番に本にシートを張っていきます。





DSC_0013-s_201701271918281af.jpg

慣れれば2,3分で一冊をくるみ終えるとのことでしたが
1冊やってみたのですが透明シートは厚紙から離れるとしわになりやすく
本との間に空気が入らないようにするのは緊張するし思うようにいかず
指導を受けながらでも1冊仕上げるのに15分くらいかかってしまいました。
出来栄えはちょっとしわが寄ったところがあるけれどなんとか許してもらえるのではという感じでした。



 

DSC_0023-s_2017012719183091d.jpg

この後は参加者が持参した修理希望の本を使って実技を見るというものでした。
これは壊れたアドレス帳の背に糊付けしているところです。





DSC_0025-s_2017012719185899e.jpg

盛大に破れた絵本の表紙を修理しています。
このとき付ける糊は竹串のようなもので水滴のように丸くなった糊を
置くように載せていくとよいと説明がありなるほどと納得しました。


修理に使う道具は台所など家庭にある身近なものを活用すると言っていましたが
「古書修復の愉しみ」の中でも同じようなことが書いてありました。
製本と違って修理の状況がみな違うということを考えれば
そのとき一番使いやすいものを探すというのは重要なのです。

それでも修理道具としての定番というものはあって
キハラという図書修理材料を専門に扱っているところのものを使っているとのことでした。
製本をやっているときはこの業者のものは使ったことがなく
製本と修理では分野が違うということなのでしょうか。

製本をやっていたころに製本、装丁に関する本のコレクションもやっていました。
150冊程度あるこれらの本も今は全く見ることもなく死蔵している状態なのですが
この中に図書館製本に関するものもあったはずだと思って探してみました。
まったく記憶になかったのですが
「あなたにもできる図書の修理と製本」という木原正三堂開発室編集の本がありました。
1973年発行という古い本ですが末尾には製本関係の道具、資材の価格表が出ていました。
おそらく木原正三堂というのはキハラという会社の前身の会社の名前なのでしょう。

また製本について興味がわいてきたこの頃です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク