取ろうか取るまいか

4時ころに夕立があって過ごしやすい夕方だ。
それでも今頃になっても(7時)雷が鳴っていて
パソコンを切った方がよいのかどうか気になる状況ではある。

今朝はカメラを持って外に出てみたらきれいに咲いているバラがいくつかあった。
この時期になると2番花といっても小さくて花びらが傷んでいるということが多く
咲かせた方がよいのか、取ってしまった方がよいのか悩む。

今日UPしたものもたまたまきれいに咲いていたというもので
それも一輪、二輪といった状態である。
こういう状態を見ると蕾は取るべきだと思うが
蕾が上がってくると一輪くらいは咲かせてみようという気になってしまう。




ヘンリー・ハドソンは今年の新苗であるが気にせず咲かせている。
タイミング良く朝開いたもので
夕方には傷みがでて一日で終わりだ。

これまでは真横から撮ったことがなかったことに気が付いて
意識して真横から撮ってみた。


007-s_20110712151645.jpg
ヘンリー・ハドソン(Henry Hadson)                           7/12



こちらも真横から撮ることを意識してみた。
この実生苗については
秋の花を見てから詳細に書いてみたい。

017-s_20110712151656.jpg
2010年実生苗                                      7/12




気がついたらフラウ・カール・ドルシュキが
頭の上の方で咲いていたので三脚を持ってきて撮ってみた。
これまでつるとして育ててきたが
今年はブッシュにしてみようかなと迷っている。
まだ蕾がたくさん上がってきているけれど
切るなら今しかない…

025-s_20110712151712.jpg
フラウ・カール・ドルシュキ(Frau Karl Druschki)                    7/12

035-s_20110712151728.jpg

039-s_20110712151741.jpg




サウダージもソーヤ・プロット・ティーも
朝は開きかけだったけれど夕方には傷みがひどく
取ってしまわなければならなかった。

041-s_20110712151755.jpg
サウダージ(Saudade)                                  7/12

043-s_20110712151808.jpg
ソーヤ・プロット・ティー(Sawyer Plot Tea)                       712




ソフィーズ・パーペチュアルは4cmくらいの小さな花が咲いた。
それでも外側と内側の色が本来の大きさで咲いたときと同じ色合いだ。
これはこれでかわいい。

044-s2.jpg
ソフィーズ・パーペチュアル(Sophies Parpetual)                     7/12

045-s_20110712151858.jpg




バロネス・ロスチャイルドはこの暑さでもきちんと咲く。
今年も何度も登場する名花である。

046-s_20110712151914.jpg
バロネス・ロスチャイルド(Baroness Rothschild)                     7/12

054-s_20110712151933.jpg



決めた。
とりあえずティー・ローズの蕾は全部取ることにしよう。
あとの品種は7月だけ一輪、二輪は咲かせてみたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

キーコメントさんへ

このたびはお声をかけていただきありがとうございました。
来週お邪魔できるように、さっそく準備をします。
ご期待に添えるかどうかv-8

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク