路傍の花(2)

この時期はまだ朝露が残っているくらいの時に散歩すると気分がよい。
そうはいってもハリーの散歩は朝一番ではなく
バラの撮影、猫の餌やりなどがすんでからということで
散歩するときには日が昇ってしまってからということが多い。
昨日の写真も日が昇ってからのもので
最後の写真などは直射日光を遮るのに苦労した。

012-s_20110715194926.jpg
朝顔(たぶん)

朝顔とヒルガオの違いは苞の違いでわかるらしいが確認していない。
ヒルガオはピンク以外の色がないそうなのでこれは朝顔だろう。
ヒルガオと同じようにほかの雑草に埋もれそうになって咲いていた。


040-s_20110715195054.jpg
ヒルガオ

家の畑にでてくるとまさに雑草であるが
関係のないところで見るとかわいいものだ。

ヒルガオと聞くと昔のフランス映画で
カトリーヌ・ドヌーヴが娼婦役を演じた「ヒルガオ」を
なぜか、すぐに思い出してしまう。


055-s_20110715195114.jpg
アカツメクサ

シロツメクサ(クローバー)よりも花が大きいのとピンク色ということで
目につくとじっと見直してしまう。
もともとは牧草だったものが野生化したというが
親しみの持てる花である。


060-s_20110715195126.jpg
ヤブカンゾウ

少し前まで木版画で年賀状や暑中見舞いをだしていた。
ヤブカンゾウはやめる直前に暑中見舞いの題材にしたことで
印象が強い。

ニッコウキスゲの仲間だそうであるが
花びらが乱れた八重咲きになるところが印象的だ。


026-s_20110715195004.jpg

この花の斑入りのものが家にあるが名前を忘れてしまった。
数年前からバラの近くに置いて
アクセントにしようと思っているのであるが
いまだに置く場所が決まらずちょっと邪魔者扱いになっている。


063-s_20110716104053.jpg

この目立つ白い花は
家の生け垣に伸びてきているつる植物の花である。
バラ畑にかまけて庭の手入れをしないので
いろいろな雑草がはびこっている。

日差しが強くなっていたので
自分の体で光を遮っている。
このためアングル的にはちょっと不満。

この花は数年おきくらいに見ている。
実は唐辛子を大きくしたような形である。
種子は風車のような羽が付いていて
はじけて飛んで行くのである。

ちょっと面白いと思うけれど
生け垣の管理ということから見ると
やっぱり雑草である。

名前はまだ知らない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク