雨の日のバラ

今日はさわやかな秋晴れだというのに
体が重く庭仕事もせずだらだらと過ごしてしまった。
なんとなく風邪気味という感じで、この原因は昨日の行動にあるようだ。
昨日は一日くもり空で時折小雨という天気であった。
絶好の撮影日和というわけでカメラを持って庭をうろうろしていたが、
体が湿ってしまったことが今日の体調に現れたのだろう。

カメラをちょっとグレードアップしたところでまだ練習中というところだが
昨日のバラをアップした。
雨の中のバラといえばHISAKOさんのブログがすてきだが
早くそのような雰囲気の写真に近づきたいものだ。

004-s.jpg
Cleire Austin

雨にぬれて散る寸前という趣だ。
春の色に比べて黄色みが強い。
蕾の色を見ると黄色の花が咲くのではないかと思ってしまうほどだ。
ERにはGraham Thomasをはじめ黄色のバラに良いものが多い。
Cleire Austinの交配親は黄色系統の育種の過程で出てきたものなのだろうか。
秋の蕾はほとんど黄色い花が咲きますよと言っているようだ。

012-s_20100928221553.jpg
Cleire Austin

このところの気温の低下によってようやく
秋のバラが咲き始めたという雰囲気になってきた。
紅美香登の蕾も本来の色が出てきた。

018-s.jpg
紅美香登

お気に入りのティーローズSouvenir d'Augst Legrosは雨で完全に下を向いている。

024-s.jpg
Souvenir d'Augst Legros

Burgundy Icebergは花弁の内側が紫色で外側が白色である。
普段は花弁の外側が白いことなどほとんど気にも留めていないが、
このように俯いたときにははっきり意識させられる。

027-s.jpg
Burgundy Iceberg

Apploseという名前はサントリーが遺伝子組み換えで作出した
いわゆる青いバラの名前と同じである。
こちらはイギリスのハークネスが1996年に発表したフロリバンダである。
樹勢が強く耐病性があり栽培しやすい。
残念ながらこの輝くようなオレンジ色は開花直後だけで
急速にあせてぼやけた色合いに変わってしまう。

045-s.jpg
Applose

黒真珠も撮ってみたが予想どうりうまく撮れなかった。
黒赤系の色合いを見たとおりに撮るというのは難しい。
新しいカメラのNIKON D90はこれまでのD80よりも設定条件が豊富なので
設定を変えることで希望する色調で写せるはずだと思っているのだけれど
ままならず---。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

とってもきれいな写真ですね。楽しませてもらっています。

Re: タイトルなし

> とってもきれいな写真ですね。楽しませてもらっています。
初コメントありがとうございます。
ひみこのお話も読ませていただいていますよ。
ひみこの写真をサムネイルで表示して見せていただきたいですね。
プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク