ほぼ終了

例年のことですがこの時期になると日差しが強くなり
春がすぐそこまでやって来ていることを実感します。
その一方で気持ちが緩むせいでしょうか
体感的には一番寒い時期だということを強く感じる時期でもあります。
しかし、今年はことのほか寒さが厳しく
春が近いことを感じることもなく寒さだけを実感しているこの頃です。
予報では明日の朝は-6℃、明後日の朝は-10℃だそうですが
そのあとは一気に暖かくなるとのことです。

気が付けば2月も終わりになります。
1月は行く、2月は逃げる、3月は去るという言い方をしますが
この時期になるとほんとにそうだと思い出します。


ようやくつるバラの誘引が
一番難物のアッシュ・ウエンズディを残すだけで
ほぼ終了というところまで来ました。

予定では今月中に畑の剪定を済ませて
二回目の石灰硫黄合剤の散布をし、
3月に入ったら鉢植えの植替えをすることにしています。




DSC_0002-s_20120217175653.jpg
1/26

誘引前のフランソワ・ジュランビルです。
上の部分は昨年の開花後にカットしています。
もっと下からカットすればよかったのですが
シュートが次々と伸びて櫛を入れていない髪の毛のような状態です。
ここでは見えませんが地面にはシュートがのた打ち回っています。


DSC_0002-s_20120217175957.jpg
2/17

こちらは今日誘引した状態です。
バラ園は剪定・誘引の終わった時が一番美しいと言った方がおりますが
この誘引状態は美しいと言えるでしょうか。

うしろの状態を見てわかると思いますが
今年はいまだに落葉していないのです。
雪が降る前に落ち葉を集めたのですが
地面には雪が降ってから落ちた葉がびっしりです。
つるバラの誘引も枯葉が付いていてやりずらかったです。

落ち葉は畑のバラの剪定が終わって地面が乾いたら
集めて焼却します。
今月中にここまでいければ理想的なのですが…。
(移動するものがあるのを忘れていました。
5本移動すると10か所の穴掘りですね)


029-s2_20120217175841.jpg
フランソワ・ジュランビル(Francois Juranville)2011/6/17

今年もこのように咲いてくれることを期待して
寒さの残る中でもうしばらく頑張ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

paper moonさん
お久しぶりです。
日曜日はー10℃ですって!
寒いんですねえ。
今年は特別なのでしょうか。
そのなかでばらの手入れをするんですから、咲いた時のうれしさは格別でしょうね。
風邪に気をつけてください。

フランソワ ジュランビルの剪定、あんなに思い切ってカットするんですね。
私は、他の種類ですが、しかももともとあんなに元気にシュートが出ていないのですが、もったいなくてあまりカットできていません。
明日、もう一度見なおしてみたいと思います。
参考になる写真をありがとうございました。




Re: No title

litomasakoさんへ

おはようございます。
朝起きてみたら雪が積もっていました。
箒で掃く程度だったのですが粉雪だったので寒かったのでしょうね。

この冬は初めて暖パンなるものを買って履いています。
暖かで外仕事には大変うれしいものです。
そのせいでしょうか2月の寒さでも風邪知らずです。

つるバラの誘引は枝同士の間隔を30cm位あけなさいと本には書いてありますが、
私は20cm位にしています。
さらに交差するように誘引するのでもっと間隔は狭くなってしまいます。
新しいシュートを先に誘引してから
残っている古い枝をかぶせるように載せます。
こうすると春の花数が増えて見ごたえがあるようになると思っています。
花が咲いた後はあとから載せた古い枝は根元からカットします。
こうすると夏以降の葉の重なりを防ぐことができます。

一度やってみてください。

No title

こちらも、今朝起きたらうっすらと雪が積もっていました。
日中は晴れたのですが、日蔭にはお昼ごろまで雪が残っていましたから、やっぱり寒かったんですね。

つるばらの誘引について教えてくださり、ありがとうございました。
枝同士30cmもあけるんですね。
うちのばらは、20cmもあいていないところがたくさん。
もう1度、見てみます。
新しいシュートを先に誘引してから古い枝をかぶせる・・・なるほど!
とても参考になりました。
がんばります!

Re: No title

litomasakoさんへ

こんばんは。
今朝は予報どおり寒かったですね。
家の前の用水路が全面結氷していました。
たぶんこの冬一番の寒さだったと思います。

> つるばらの誘引について教えてくださり、ありがとうございました。
> 枝同士30cmもあけるんですね。
リズム感のある咲かせ方をするのであれば
30cm位あけなけれないけないのでしょうね。
私はたくさん咲かせたいのでどうしても込み合ってしまいます。

> 新しいシュートを先に誘引してから古い枝をかぶせる・・・なるほど!
花が咲く枝がある場合にこのようにしますが、
見込みがなさそうな時は切ってしまった方が良いです。

えらそうなことを書きましたがプロの指導を受けていない自己流なので
一応の参考として見てください。


プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク