新芽が出ないものもある

この春はブラインドになる品種が多いと書いていたブログがありました。
原因は春先の低温らしいとのことでしたが
私のバラ畑ではまだ蕾も見えていないのでブライインドが多いかどうかはわかりません。

それよりもこの春は新芽の動きがちょっと変だと感じています。
今年は芽の動きの速いものと遅いものとの差が大きいのです。


DSC_0024-s_20120501193501.jpg
イプシランテ(Ipsilante)

もっとも芽の動きの遅かったのはイプシランテで
今日現在でこのような状態です。


DSC_0029-s_20120501193514.jpg
アッシュ・ウエンズディ(Ash Wednesday)

一方動きの速かったアッシュ・ウエンズディはこのような状態です。

去年までは枯死したのではないかと心配するほど
芽が出てくるのが遅かったたということはありませんでした。
今年はイプシランテのほかにはロウブリッターも遅かったし
全体的にバラバラな感じでした。

移植したとか何らかの原因があればはっきりするのですが
イプシランテやロウブリッターなどは移植していませんし思いつくことはありません。
やはり天候が原因しているのでしょうか。



一方で今日現在全く芽の出てこないものもあるのです。
これは枯れたということなのですが
それはシャンプニーズ・ピンク・クラスター、オンディーナ、
ミスティー・パープルの3点でした。

2月の末に剪定した時にはしっかりしていたのに
4月になって色が悪いなと思ったら芽が出てきません。
こういうことは例年いくつか見られることで
これらは冬の寒さが原因なのかと思わなくもないですが
よくわかりません。

毎年思いどおりには行きませんが
今のところこれくらいの被害なので良しとしなければいけないのでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク