スベニール・ダルフォンス・ラブレー

今朝、川向うから太鼓をたたく音が聞こえてきました。
この時期になるとどこかのお祭りの練習なのでしょうか、
毎年聞こえてくるのです。
稲穂の黄金色と太鼓の音は秋のイメージにぴったりです。

今日のバラはスベニール・ダルフォンス・ラブレーです。

このバラは買った時からスベニール・ドゥ・ドクトール・ジャメインに似ていると感じていました。
ほかの方にも同じような指摘をされたこともあったのです。
最近になって買った本の中に「スヴニール・デュ・ドクトール・ジャマンは
一時期スーヴニール・ダルフォンスの名で販売されていたバラと同一だろうといわれる」と
記述されているのを見つけました。

これを見てやっぱり同じなのかと納得したのでした。



DSC_0071-s_20120916145154.jpg
スベニール・ダルフォンス・ラブレー(Souvenir d'Alphonse Lavallee)6/2


ところがこの記事を書くにあたって確認のために調べていたところ
またわからなくなってしまいました。
資料によって微妙に書いてあることが違うのです。



DSC_0017-s_20120916145212.jpg
                                              6/10   

そして決定的な資料を見つけてしまいました。
バラの家の品種説明ではなんとスベニール・ダルフォンス・ラブレーと
スベニール・ドゥ・ドクトール・ジャメインは
それぞれ別品種として出ているではないですか。

 


DSC_0125-s.jpg
                             6/10  

バラの家の画像でばスベニール・ダルフォンス・ラブレーは
スベニール・ドゥ・ドクトール・ジャメインよりも
花弁が細く乱れる感じです。
我が家のバラの花弁ははスベニール・ドゥ・ドクトール・ジャメインそのものです。
さらに作出者と発表年が違うのです。
すなわち、この資料によれば我が家のバラはスベニール・ドゥ・ドクトール・ジャメインであって
スベニール・ダルフォンス・ラブレーではないというわけです。


                          
DSC_0074-s_20120916145234.jpg
                             6/11

本当の名前は私のところに来た時の名前と違っていたということはこれまでにもいくつかあります。
今回のように違っているとわかっても
自分だけの推測ではラベルを変えてしまう勇気がありません。
今回もとりあえずこれまで通りスベニール・ダルフォンス・ラブレーとしておくつもりです。



DSC_0073-s_20120916145247.jpg
                              6/20   

本では自立して2m位になると書いてあったので
弓なりになった枝に咲かせるというやり方をしてきたのですが
今年は3m位まで伸びてしまいました。
来春の剪定はどうしようかと思案中です。

                            
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。


二枚目のお写真、すてきな風景ですね。
配色も素敵です。
咲いているタイミングもバッチリですね(^o^)
左後方の淡い紫っぽいのは、なんという種類でしょうか??


先日教えていただいた、つるバラ用のワイヤーというのは
どこで手に入りますか??
ワイヤーなので、杭や支柱にぐるぐる結びつけて、
バラをそわせてみえるのでしょうか?

またお時間あるときに教えてください。
よろしくお願いします(*^_^*)

No title

paper moonさま

もう...この赤にドキ!です
ジャメインさん、家にもいますが花付きがぜんぜん違います
ウチのはショボイ('_')
基本から教えていただかなくては...
↓のジュノー
もう、うっとり...です
お迎えしたいバラの一つです
植え付けて何年目ですか?(ジャメインも)

Re: No title

Fさんへ

こんばんは。

> 左後方の淡い紫っぽいのは、なんという種類でしょうか??
アッシュ・ウエンズディです。
整理順で行くと一季咲きでは最初に紹介すべきところでしたが
いろいろあってまだUPしていませんが
近々UPする予定ではいます。

> 先日教えていただいた、つるバラ用のワイヤーというのは
> どこで手に入りますか??
> ワイヤーなので、杭や支柱にぐるぐる結びつけて、
> バラをそわせてみえるのでしょうか?
説明不足で惑わせてしまったようで申し訳ございません。
私はバラ畑の端の両側に支柱をたててその間にワイヤーを張っています。
このワイヤーにいくつかのつるバラを添わせているのです。
詳しことは省略しますがこのやり方は果樹農家がやっている方法で
私もJAにやってもらいました。

ようは平面を作ってそこに添わせるとよいというわけです。
本来であれば壁などを活用するはずですが
苦肉の策というわけです。
見た目はレンガの壁などと違ってどうしてよくありません。
ワイヤーを見えないように枝を添えるので
美しく見えるように枝を広げるというところまではいきません。

説明が長くなりましたがジュノーはオベリスクに巻くということはせず
平面に展開するようにするのが望ましいと思います。

まだ説明不足かもしれません。
不明なことがありましたらなんどでもお尋ねください。

Re: No title

ユメさんへ

こんばんは。

> もう...この赤にドキ!です
やっぱりね!
きっとユメさんのハートに届くと思っていましたよ。

> ジャメインさん、家にもいますが花付きがぜんぜん違います
> ウチのはショボイ('_')
どのように違うのでしょう。
花弁が少ないとか花が小さいとかなのでしょうか。
当たり前に地植えにしているだけなので特別なことはしていないのですよ。
しいて言えば日当たりは良いということくらいでしょう。
こちらは植え付けて5年くらいでしょうか。
なおジュノーはもう少し古いと思います。
どちらも一番樹勢の強い時かもしれませんね。
参考にならない説明で申し訳ございません。

プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク