安曇野めぐり①

恒例の兄弟会ということで安曇野に9月30日から一泊で行ってきました。
今年は私が幹事ということで力が入っていたのですが
直前になってなんとその夜は台風が直撃という予報が出たのです。

皆で相談したのですがその時の成り行きでいいのではないかということで
とりあえず出発しました。

我が家は出かけるとなるとハリーのホテルの予約、
バラの水やりのお願い、外猫の餌やりのお願い等々
事前の段取りが大変です。

今回は台風がくるということでバラの鉢の置き場所や
ハウスの開け具合など悩んだのですが
結果はハウスの中の鉢がいくつか倒れただけで大過なく済みました。



DSC_0001-s_20121002120129.jpg

安曇野と言えば蕎麦ということで二日共に昼食は蕎麦としました。
30日は碌山美術館の裏にある「そば処上條」です。
外観はとても蕎麦屋とは思えません。
中のつくりもレストランそのもので
元はレストランだったところをそのまま活用しているのではないかと推測したのですが
はたして本当はどうなのでしょう。


DSC_0004-s_20121002120138.jpg

前回下見に来たときはこの蕎麦を注文している人が多かったのです。
そこで同行の兄弟たちにはこの蕎麦を勧めました。
商品名はメモしてこなかったのですが
天恵ソバとなっていたと思います。


DSC_0005-s_20121002120147.jpg

こちらは私が注文したざる蕎麦です。
どちらも手ブレですがおいしさは伝わると思います。



当初の予定では昼食後にすぐそばの碌山美術館へ行く予定でしたが
天候が心配だったので
大王わさび農場に直行しました。




DSC_0041-s_20121002120207.jpg

私はここではわさび田よりも水車のある川面の風景がお気に入りです。

今回はここでクリアボートの体験をするというのが目的の一つでした。
わずか15分の体験でしたが初体験に皆喜んでくれました。
だまって乗っているだけではなくて皆(8人乗り)で力を合わせて
オールをこいでいくということを体験できたのが良かったのでしょう。


DSC_0017-s_20121002120246.jpg

クリアボートの上から見た水車です。
普段は見ることのできない位置から見る水車というのも興味がありました。


DSC_0034-s_20121002120304.jpg

水車も近くで見ると迫力があります。
川底には藻が泳ぐように揺らめいていてホッとする光景です。


この水車はもともとあったものではなくて
平成元年に黒澤明監督の映画「夢」のロケのために造られたのだそうです。
クリアボートのガイドの説明を聞くまで知りませんでした。

ずっと前からあったようにあの場所にぴったりの建物です。




DSC_0048-s_20121002120328.jpg

わさび田の風景です。
黒いのは日よけの寒冷紗で案内板によると
見に行った日(9月30日)まで掛けておくのだそうです。

寒冷紗があったほうが絵になるのかどうかわかりませんが
それはそれで美しいと思いました。



DSC_0043-s_20121002120351.jpg

寒冷紗の下はこのようになっていて畝状にわさびが植えられています。
わさびは苗を植えてから2年で収穫となるとのことです。



ここではお決まりのわさびソフトクリームを食べてから
「花林糖の蔵久」へ行きました。


DSC_0011-s_20121002120424.jpg

築200年という酒造場の中でやっているカフェで
さすがに趣があります。

物置を改造したカフェの屋根瓦も苔むして絵になります。

ここでは揚げたて花林糖というものがあり
これを食べながらコーヒーを飲むと絶妙な食感です。



DSC_0013-s_20121002120438.jpg

甍の波といいますがぴったりの趣です。
この奥に昔の酒造場があるそうです。



この後は一路今日の宿のにし屋別荘へ向かいました。
ここまでなんとか雨も降らず幹事としては一安心でした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク