雨が降ったから

夜半は強い雨が降っていました。
明け方にはぱらぱら程度の雨になっていたので
葉に残っている雫を撮ろうと外に出ました。


DSC_0011-s_20121018164520.jpg
つるサマースノー(Summer Snow Climbing)                       10/18


DSC_0022-s_20121018164530.jpg
マダム・ルグラ・ドゥ・サンジェルマン(Mme Leguras de St.Germain)          10/18


強い雨のせいでしょうか思いのほか葉の上には雫が乗っていませんでした。
早々に諦めて花についている雫を撮ってみました。



DSC_0023-s_20121018164545.jpg
レディ・ロバーツ(Lady Roberts)                           10/18

大きな雫は人の目の涙に見えませんか。



DSC_0054-s_20121018164607.jpg
メルヘンケニゲン (Marchenkonigin)          10/18

もう植えてからかなりの年数がたつのですが
このようにしみ一つなくきれいな状態で開きだしたのは初めてです。
いつもボーリングしてしまって開くところまでいかなかったのです。
この秋は雨が降らなかったのと防除のタイミングが良かったのでしょうか。



DSC_0065-s_20121018164623.jpg
エミーラ                         10/18

春はスプレー咲きになるのですが開ききることなく終わってしまいます。
秋は花数が少ないのでこの程度に開いてきます。
切り花品種だそうですが商品としてはどのような咲かせ方をしているのでしょう。



DSC_0053-s_20121018164639.jpg
ノスタルジー(Nostalgie)                               10/18

この赤は本来の赤色ではないです。
プロの方は自分のイメージに合わせて撮るのでしょうから
必ずしも本来の色合いでなくてもよいのでしょうが
私はできるだけ本来の色合いに近づけて撮りたいと思っています。

そう思っていてもどのように設定すればちゃんと撮れるのかわかっていないというのが
ちょっとした悩みになっています。
このような赤色、特に暗赤色は思うように撮れません。

いつも結果オーライ、だめならボツの繰り返しです。



DSC_0045-s_20121018164703.jpg
ルドルイ・キャッスル(Ludlow Castle)          10/18

今年最後の花です。
黒星病に弱く黒星病がでる指標のバラにしています。
今年は管理(防除)が不十分で葉を全部取ってしまわなくてはならない状態です。



DSC_0009-s_20121018164711.jpg
L.D.ブレスウエイト(L.D.Braithwate)                         10/18

今年はなぜかこのバラを撮っていません。
原因はルーズな咲き方できれいと感じることがなかったからです。
いつもと雰囲気が違っていたのですがどうしてなのでしょうね。
この時期になってようやく締まった咲き方になりました。

この赤色ももっと明るい色合いなのですが…。



雨上がりの朝は写真を撮るのが楽しいです。
いつか芸術的にバラと雫を撮れるようになりたいです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク