今日は氷点下

今朝は-1℃まで下がったそうです。
マイナスと書くよりも氷点下と書いたほうが寒そうに感じませんか。
これからはだいたいこのような気温で推移するでしょう。

朝、霜とバラを撮ろうと外に出たのですが思ったほど寒くはありませんでした。
体が順応してきたのでしょうか。



DSC_0027-s_20121115173609.jpg
ジュビリー・セレブレイション(Jubilee Celebation)                  11/15

あまり寒そうな感じがしませんね。
ホワイトバランスの問題でしょうか。



DSC_0014-s_20121115173522.jpg
ヘンリー・ハドソン(Henry Hadson)         11/15


DSC_0019-s_20121115173536.jpg
赤胆紅心                       11/15


DSC_0051-s_20121115173555.jpg
カーディナル・ドゥ・リシリュー(Cardinal de Richelieu)               11/15


こうして3枚並べてみるとみな霜の付き方が違うことに気が付きました。
偶然でしょうか。
それとも葉の表面の構造の違いによるのでしょうか。



DSC_0025-s_20121115173625.jpg
エブ・タイド(Ebb Tide)               11/15


DSC_0032-s_20121115173635.jpg
L.D.ブレスウエイト(L.D.Braithwate)         11/15
       

DSC_0033-s_20121115173643.jpg
イブ。ピアッチェ(Yves Piaget)                           11/15

やはり霜を見せるのには赤系統のバラがはっきりします。



DSC_0050-s_20121115173730.jpg
イングリッシュ・ヘリテージ(English Heritage)                   11/15

これくらいの色合いだと霜は見えずらいです。



DSC_0004-s_20121115173738.jpg
マダム・ジョゼフ・シュワルツ(Mme Josef Schwartz)                  11/15

萎れたマダム・ジョゼフ・シュワルツに乗った霜です。
萎れたバラに乗った雪の情景もよいですが
霜も風情がありますね。

写真をUPしてから気が付いたのですがERが3枚もありました。
やはり秋もよく咲くことがわかります。



今日も良い天気でした。
来春用に穴掘りを三つやりました。
HTを抜いたのです。
後に何を移植するかは未定です。

HTを抜いた後は直径50cmほどの範囲の用土を入れ替えました。
本に書いてある通りにやったのですが
古い根はそれよりもはるかに広がっており
土の入れ替えの効果はどれほどなのか
やりながら半信半疑でした。

やらないよりはやったほうがよいだろうと消極的にやったというところです。

この作業中に隣のエンジェル・フェイスの株元に癌腫を発見。
その隣のミセス・チャールス・ランプロウも怪しい。

私は癌腫は切り取って様子を見ることにしています。
後日処置しましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

霜が降りた薔薇の葉・・・本当ですね、それぞれに違った表情をしています。

晩秋の薔薇がこんなに美しいこと、初めて知りました。

こちらでは、乾燥と強風で、花弁が痛み萎れてしまうので・・・



pepar moonさんの写真にあこがれて、今日はカメラを物色してきました。

「値段が手ごろで、使いやすくて、背景がきれいにぼやけてくれるものありますか?」
と店員さんに聞いたら、「???」みたいな顔されちゃいました(^^;)
ネットでレビューを探したほうがわかりやすいかもしれませんね。

洋ナシ*おいしくいただいています。
そして、素敵な薔薇の・・・ありがとうございます。
部屋に飾って眺めています(^^)



ため息

こんばんは

素敵な写真、ありがとうございます。
思わず、何度でも見とれてしまいますね。

霜・・・そう言えば、まだこちらは霜も降りず、雪も降っていません。
小樽は今日が初雪だそうですが。
旭川では統計開始以来、そして札幌も過去30年で一番遅い初雪に
なっているようです。

でも、こんな素敵な景色・・・私もいつか見られるのかな~
今日は、鉢植えの方も縛りつけてしまいました~
でも、Hルゴサに霜が降りたらきっと素敵だろうな~
勝手に葉を落としてくれるバラは葉をつけっぱなしにして
霜が降りるのを待つのもいいですね。

穴掘り・・きつそうですね。
でも我が家と違い、土はやわらかそうですが・・・^^
何を植えたのでしょう~?
こちらも楽しみ^^

そして、梨とても美味しく頂いています。
とっても甘くて、みんなで争奪戦。
あっという間になくなります^^

Re: こんばんは。

藍色薔薇 さんへ

こんばんは。

> 霜が降りた薔薇の葉・・・本当ですね、それぞれに違った表情をしています。
>
> 晩秋の薔薇がこんなに美しいこと、初めて知りました。
>
> こちらでは、乾燥と強風で、花弁が痛み萎れてしまうので・・・
同じように咲くと言っても環境によって咲いた時の雰囲気も違いますね。
そちらでは花弁が痛むと聞いてびっくりです。
こちらはバラにとって良い環境だと思っていましたが
ほんとにそうなのだと実感しました。

> pepar moonさんの写真にあこがれて、今日はカメラを物色してきました。
憧れたなどという言葉を聞くと穴があったら入りたいくらい恥ずかしいです。
素晴らしい画像を貼っているブログをたくさん見ておられるでしょう。
>
> 「値段が手ごろで、使いやすくて、背景がきれいにぼやけてくれるものありますか?」
> と店員さんに聞いたら、「???」みたいな顔されちゃいました(^^;)
> ネットでレビューを探したほうがわかりやすいかもしれませんね。
プロに言わせると素人ではあまりカメラの差は出ないそうですよ。
でもぼけがきれいというのは条件になるのではないでしょうか。

> 洋ナシ*おいしくいただいています。
味は保障できなかったのですが喜んでいただけてようでうれしいです。

Re: ため息

ロサグリーンさんへ

こんばんは。

> 霜・・・そう言えば、まだこちらは霜も降りず、雪も降っていません。
> 小樽は今日が初雪だそうですが。
> 旭川では統計開始以来、そして札幌も過去30年で一番遅い初雪に
> なっているようです。
だいたい今頃は一回くらいどさっと降る時期ですね。
寝雪も遅いのでしょうか。
そうなるとダメージを受けるものが出てくるでしょうね。

> 勝手に葉を落としてくれるバラは葉をつけっぱなしにして
> 霜が降りるのを待つのもいいですね。
こちらでは石灰硫黄合剤を散布しても2月下旬になっても葉がついています。
ですからつるバラなどのように強い剪定をしないものは
冬の剪定が終わっても葉が残っているということになってしまうのです。
こういう状態は歓迎しないのですが
手で取るというのは最初から放棄しています。
>
> 穴掘り・・きつそうですね。
> でも我が家と違い、土はやわらかそうですが・・・^^
> 何を植えたのでしょう~?
> こちらも楽しみ^^
女性の方が穴堀をするというのは大変だと思いますが
あまり苦にせずやっています。
植えるのは鉢植えを移植することになるので
気が向いた時にやるということになります。
将棋の駒を並べるようにあちこち並べ替えながら考えるのですが
タイムリミットになってエイヤッとやっつけてしまうパターンになるでしょう。

> そして、梨とても美味しく頂いています。
> とっても甘くて、みんなで争奪戦。
> あっという間になくなります^^
味の方は保障できなかったのですが喜んでいただけたようでうれしいです。

No title

paper moonさん、こんにちわ。
もう氷点下ですか。晩秋というより初冬? それよりも冬といったところでしょうか。。

10月27日の記事拝見させていただきました。
3週間違うとお庭の雰囲気も随分と違いますね。
季節の移ろいもまた美しいですね。
Garden Cafe Green Rose、何度も足を運びたくなります。

Re: No title

かな。さんへ

こんばんは。

> もう氷点下ですか。晩秋というより初冬? それよりも冬といったところでしょうか。。
今日も寒かったですよ。
秋というよりも冬と言った方が早いかもしれません。

> 10月27日の記事拝見させていただきました。
> 3週間違うとお庭の雰囲気も随分と違いますね。
> 季節の移ろいもまた美しいですね。
> Garden Cafe Green Rose、何度も足を運びたくなります。
秋でもあれだけ魅力的なのですから春はどれだけ素晴らしいのでしょう。
私は来春はベストシーズンに行くつもりです。
またばったりとお会いできるようなことがあるでしょうか。

No title

こんばんは。
霜のついた写真、とても素敵ですね!
癌腫 我が家も先日、アルバメイディランドについたのを発見。
その枝だけ根元から切り、石灰硫黄合剤をたっぷり散布しておきました。
来年、どうなるか心配です。
10年ほど昔、アイスバーグについたときは枯れてしまいました。

Re: No title

baranakaさんへ

こんばんは。
まだ5時前なのに雨が降っているせいでしょうか
真っ暗です。

> 癌腫 我が家も先日、アルバメイディランドについたのを発見。
> その枝だけ根元から切り、石灰硫黄合剤をたっぷり散布しておきました。
石灰硫黄合剤でも効果があるのですね。
私はロ-ズアンティークさんから教わったアグレプトを塗っています。

我が家はなんとなく他の方のところよりも
発生率が高いような気がしています。
土壌中の病害菌が多いのでしょうか。
見つけた瞬間は本当に嫌な気分になりますね。

これから本格的な冬に向かいますね。
お体にはくれぐれも大事にしてください。
プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク