日曜バラ塾に行ってきました

昨日バラの家に行ってきました。
正確には日曜バラ塾に行ってきたというべきでしょう。

一度聞いてみたいと思っていたのですがバラの季節には行動半径が狭くなってしまって
動きがとれませんでした。

前日の土曜日に上京する機会がありちょうど良い機会だと思い
息子の家に一泊してから行ってきました。
息子のところには夜ついて朝出てくるというあわただしさで
孫と遊んでやらないジッチャンに息子夫婦はあきれていたでしょう。



この日のバラ塾のテーマは「バラって何?」というもので
系統を理解してから育て方を考えようという内容でした。


DSC_0020-s_20130218115130.jpg
                                             2/17

この日のキムタクてんちょは見るからに眠たそうな顔でしたね。
先ほどてんちょのブログを見たら眠い眠いと書いてあったので
本当に寝不足だったのでしょう。

後の白板に小さな字でたくさん書いてあるのは系統の一覧表です。

てんちょはこの系統一覧をもとにして耐病性を考えると品種選びがしやすい
またこれらの系統を大きく四つに分けるとさらに理解しやすいと説明していました。

てんちょは園芸書には少し前のHT全盛のころの栽培方法が
いまだに中心的な栽培方法として書かれていることを気にいているようでした。
私も実際バラの話をすると判で押したように
5枚葉の下から切ればいいのでしょうと言われることが本当に多いことを経験しています。



DSC_0001-s_20130218115248.jpg

大写しするとこのようになっています。
この一覧表のポイントは各系統の頭についている◎とか☓の印です。
(この一覧表はすでにてんちょのブログに書かれているのでここに載せてもよいでしょう)

ちなみに四つのタイプとはAタイプは原種とORで、BタイプはER、CタイプはHT、
SタイプはHTの栽培難度の高いものという分け方でした。

てんちょの話は本当に具体的で分かり易く納得できます。
ブログでの説明も早くまとめて本にしてほしいといつも思っているのです。
講演内容の詳細は気が向いたら書きましょう。



講演の前にハウスの中を一回り。
この時期はバラの花は期待できないことは判っていとのですが
それでもなにか撮るものがあるのではないかと
淡い期待からカメラを持っていたのです。

非売品と書かれたところにいくつか咲いていました。



DSC_0003-s_20130218115206.jpg
イエロー・チャールズ・オースチン(Yellow Charles Austin)2/17

すっかり色が抜けてしまっているのですが
これはこれでいいと思いませんか。



DSC_0005-s_20130218115121.jpg
レッド・インテューション(Red Intuition)                       2/17

枯葉との取り合わせも新鮮に見えます。



DSC_0014-s_20130218115122.jpg
ベーゼ(Baiser)                                    2/17

調べてみたら1953年に発表されたHT品種で
私が好きなパパ・メイアンの10年前に出た古い品種でした。
初めて見たのですが今も残っているということは銘花なのでしょう。

枯葉と混じって咲いていてもこうして見ることができただけで満足でした。




DSC_0019-s_20130218115128.jpg

売り場の苗木です。
興味は奥の長尺苗です。
すらりと伸びて枝数の多い作りに感心しました。
花の咲いているときに一本一本見たら素敵でしょうね。



DSC_0015-s_20130218115125.jpg

ハウス内の膨大な数の品種を頭に入れているのは誰なのでしょう。
うっかりすると売りそびれてしまうのではないかと
余計な心配をしてしまいました。

結局この日のお持ち帰りは長尺苗は買わずにマクミラン・ナース一鉢でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。てんちょの日曜バラ塾に行かれたのですね。
私も一度参加してみたいなぁと思っているのですが、日曜日は仕事なので
いつも、皆様のお話を聞いて、羨ましく思っています。

それにしても、バラの家のハウスの中、すごい数ですね。
ほんとうにどなたが管理なさっているのでしょうね。私も近々、予約している
大苗を受け取りに行く予定なのですが、予約のバラだけで、帰ってこれるの
でしょうか?(笑) 実に不安です。

Re: No title

roseさんへ

こんばんは。
毎日寒いですね。お元気ですか。

> それにしても、バラの家のハウスの中、すごい数ですね。
> ほんとうにどなたが管理なさっているのでしょうね。私も近々、予約している
> 大苗を受け取りに行く予定なのですが、予約のバラだけで、帰ってこれるの
> でしょうか?(笑) 実に不安です。
念願がかなって行ってきました。
春だったらバラの誘惑に勝てないのではないでしょうか。
Acchanのブログでここの画像を見せていただいていますが
圧倒的な数の開花を見たらだれでもよろめいてしまうのではないでしょうか。
この時期に行ったのは大いに残念だったのですが
内心ほっとしているところもあるのでした。
どうか迷わず帰ってこられますように!!

No title

こんばんは☆

私も、一度バラ塾に参加したいと思っていますが、なかなか実現しません。

バラの系統もこんなに細かく分類されているんですね。
漠然としか頭に入っていません(^^;)

講座のお話、いつか教えていただけるのを楽しみにしています。

ハウスの中・・・私も真っ先に行くのは、長尺苗売り場です!
鉢管理であるのに、枝も花数も本当に充実していて、感動してしまいます。

マクミラン・ナースを買われたのですね♪

クリーミーホワイトの美しいバラですね。
春の開花、楽しみですね。

Re: No title

藍色薔薇さんへ

こんばんは。

藍色薔薇さんは良く行かれるのですか。
あの品数に誘惑されたらそのまま帰ってくることは難しいですね。
いつもどうされているのでしょう。

> バラの系統もこんなに細かく分類されているんですね。
> 漠然としか頭に入っていません(^^;)
私は全く頭に入っていません。
もうこの年では覚えるのは無理だとあきらめています。
本当に詳しい人がいますがただただ感心するばかりです。


マクミラン・ナースは前から気になっていたのですが買わずじまいだったのです。
長尺苗の方に気を取られていてHTタイプの品種の方は見ていなかったのでしたが
帰り際に偶然目に入って買ってしまいました。

お友達が撮った同級会の写真を見ましたよ。
若いっていいな~と思いながらこの中に藍色薔薇さんもいるのだと探してしまいました。

プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク