3月の里山を歩く会

昨日は里山を歩く会の今年最初の例会で
足慣らしということで近くの太郎山(1164m)に登りました。

朝の最低気温が-2℃と冷え込んだのですが
山登りには暑からず寒からずの気温で快適な登山でした。
普通では1時間で登ると言われているのですが
2時間の予定でゆっくりとした登山なのです。



DSC_0045-s_20130327212444.jpg

登山道の樹木は落葉樹が中心なので見晴が良く
休憩時もあそこが見えるといった会話が出ていました。



DSC_0004-s_20130327212202.jpg

このところ雨が降らず乾燥しているので山道も乾いていて
枯葉を踏みしめて歩くのは気持ちが良いものです。



DSC_0007-s_20130327212219.jpg

途中にはこのような道しるべがあります。
登山道というと1合目から10合目までの標識があるのではないでしょうか。
丁石という言い方も珍しいと思ったのですが
頂上は24丁丁石となっていたのです。
由来はどういうものだったのでしょう。



DSC_0014-s_20130327212233.jpg

天蚕の繭です。
萌黄色がきれいです。
山道から結構目にしました。
安曇野には天蚕センターがあり天蚕の糸から
織物を作っていると聞いたことがあります。



DSC_0039-s_20130327212355.jpg

山頂から見た光景です。
春霞のような空気で遠くははっきり見えなかったのですが
かえって雰囲気がある光景だと思いました。
一番遠くにかすかに見える山並みは北アルプスです。



DSC_0034-s_20130327212345.jpg

頂上での昼食です。
なぜかまとまっているのに別々の方向を向いているのが面白いですね。
今回は29名中(男女ほぼ同数)13名の参加と少なかったのですが
特に男性が4名と少なかったのは写真を見るまで気が付きませんでした。



DSC_0038-s_20130327212350.jpg

食事をしていたところにあったお地蔵さん。
実に雰囲気のある顔をしていました。
前にはお椀が置いてありお賽銭(?)がたくさん入っていました。
誰が管理しているのでしょう。



DSC_0026-s_20130327212238.jpg
ツノハシバミ

春がまだ浅いということで緑がなく花も見ることがなかったのですが
こんな花が咲いていました。
当然のことながら知らない花だったのですが
たまたま名札が付いていて知ることができました。
渋いというか上品な色合いで素敵だと思いました。



DSC_0050-s_20130327212457.jpg
春蘭

帰りの山道で誰かが見つけました。
枯葉の中に埋もれるように咲いていたのは春蘭でした。
昔はうちの裏山にもたくさん咲いていたと聞いたことがあります。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク