リンゴの花

このところバラが開花したというブログが多くなってきましたが
こちらはまだまだで蕾が膨らんできたといったところです。

というわけで今日はリンゴの画像をUP。
29日の画像です。
この日は受粉の適期でどこの果樹園でも家族総出で
さらには出面さんを集めて受粉作業をやっていたのです。



DSC_0048-s_20130501200126.jpg

軽トラはこの果樹園の農家のものでしょう。



DSC_0054-s_20130501200142.jpg

写真教室の福岡先生から
近景、中間そして遠景と入った構図で撮ってみるようにと言われたので
練習にリンゴの花を入れて撮ってみました。



DSC_0064-s_20130501200157.jpg

これまで花の写真を撮るということが中心だったので
どうしても構図が小さくなってしまっていたのでした。
広角側で撮ると間が抜けた感じになってしまい苦手意識があったのです。

今度どこかのローズガーデンに行ったときには
積極的に広角側でも撮るようにしてみるつもりでいます。



DSC_0076-s_20130501200210.jpg

気が付いたらリンゴの花の大写しがありませんでした。
凍害で中心花の蕊が黒くなてしまっているので
撮ろうと思わなかったのです。

このところ一週間くらいはまた低温で推移するようです。
この分ではバラの開花は例年通りということになりそうですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

pepar moonさんほどの写真の腕がおありでも
教室に通われているのですね。

なるほど。近影 中間 遠景 ですか。

撮りたいものしか見えていないことに気づきました。

こうした美しい山々や緑豊かなところだからこそ、可能なのでしょうね。

いまだ、カメラを決められずにおります。

光学倍数が高い方が、花を写すのには適していますか?



Re: No title

藍色薔薇さんへ

こんばんは。

写真は撮りたいものしか見えていないというのが普通ですね。
撮る前にファインダーの四隅を確認するだけですっきりと撮れるようになるそうです。
実行してみてください。

カメラの選択は難しいです。
自分の技術レベルと財布と撮影目的と等々条件がたくさん付いてきますね。

バラの撮影と目的が決まっているのであれば
カメラ屋さんで相談に乗ってもらえるのではないでしょうか。

光学倍率という言葉は勉強不足で知りませんでした。
私は家でバラを撮る場合は60㎜マクロか50㎜単焦点のいずれかしか使いません。
藍色薔薇さんが一眼レフを買われるのであれば
自分が見たイメージに合う60㎜マクロを付けて買われることをお勧めします。

でもカメラとレンズのことは言い出すときりがないそうですので
十人十色の答えが返ってくると言われています。
私の意見は一瞬忘れてください(笑)

プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク