兄弟会にて(その2)

二日目の朝はさわやかな朝です。
食後は散歩と思ったのですが保養所の外は長い直線道路で気おくれしてしまい
保養所の中を散策。



DSC_0076-s_20131001200352fb8.jpg

保養所の中には大きな楡の木があって趣があります。



DSC_0075-s_201310012003485e3.jpg

栗の木もあってたくさん落ちていましたが
栽培しているものではないので親指の先くらいの大きさでした。



DSC_0074-s_20131001200344aa7.jpg

前日廻ったところは紅葉しているというほどには色付いてはいなかったのですが
保養所の木々は色付いていたのです。



DSC_0070-s_20131001200341da6.jpg

あじさいが一輪だけこんな色合いで咲いていました。
これも秋色でしょうか。



DSC_0078-s_20131001200357f2c.jpg

昨日のセゾン高原美術館では紅葉する木々がなかったのですが
保養所の駐車場では本格的に色付いた木が目につきました。



DSC_0079-s_20131001200517b32.jpg

玄関にあったペチュニア(?)の枯れかけた葉も秋の風情です。


このあとは軽井沢千住博美術館へ直行しました。
別荘地のようなこれといった標識のないところを走るのには
カーナビは本当に便利ですね。
ナビがなければたぶん保養所へ着くのにも一苦労で
千住博美術館へ行くのにも難儀したでしょう。



DSC_0082-s_20131001200522e60.jpg

千住博美術館は春に福岡先生の写真講習会でも来ています。
このカラーリーフガーデンは春に来たときは本当にきれいでしたが
さすがに秋ともなると枯葉が目立ってきていました。

赤い実はグラウカのヒップだと思います。




DSC_0083-s_2013100120052523d.jpg

美術館の入り口から見た秋の空です。

この美術館は人気があるのでしょう。
平日にもかかわらずにぎわっていてびっくりでした。
建物は著名な建築家の手になるものだそうで
曲線が美しく自然光をふんだんに取り入れた設計は心地よく感じられました。
写真撮影は禁止ということですが
ガラス張りの壁の外に見えるカラーリーフプランツは
写真に収めたくなるすばらしい光景でした。




DSC_0087-s_20131001200527050.jpg

美術館の外にあった楓は見事に紅葉していました。

軽井沢にはカラマツの並木がたくさんあるのでもうしばらくすると
黄金の景色を堪能できるはずです。
毎年カメラを持ってきてみたいと思っているのですが実行できていません。


このあとの昼食は昨日に引き続き蕎麦です。
たまたま二軒の蕎麦屋に行ったのですが蕎麦もつゆもまったく違ったものでした。
私はこの日の蕎麦が好みでしたね。



こうして秋の二日間兄弟会で楽しんできました。
来年は私のすぐ下の妹のところで計画してくれます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク