別所線撮影会

もう十日ほど前になりますが
初めて撮影会なるものに参加してプロの先生から講評していただくという経験をしました。
撮影会は別所線と呼ばれている電車の沿線を撮り
別所線の存続についての意識を高めることを目的として開催するというものです。
そして撮影した写真は別所線沿線写真コンテストに応募できるのです。

集合場所に行くといかにもカメラマンというスタイルの人がいっぱいです。
50名の募集だったのですが定員いっぱいになったようです。
電車に乗り3か所の駅で降りて撮影するという説明がありました。

なんと、ここで初めて分かったのですが二人のモデルさんが来ており
モデルを使った撮影会だったのでした。
市の募集案内にはモデルのモの字も出ていなかったので
おもわず目をぱちくり。
てっきり電車とか駅舎を撮ると思っていたのですから。

(駅に置いてあった募集案内にはしっかりモデルさんの名前を出ていましたが
モデル撮影会とはどこにも書いてはありませんでした)



DSC_0038-s_201310202119531b3.jpg

始めのイメージではこのようなホームとか
↓のような電車や駅舎を撮ると思っていたのです。



DSC_0042-s_2013102021195584e.jpg

改札口を入ったところでいきなり撮影ですと言われてどうするのかと思っていると
モデルさんがポーズをとり参加者があっというまに取り囲んで
撮影開始です。
それでは自分もと思ってカメラを手にしてみたものの
ホームは狭く撮影できそうなところには近づけません(レンズが70㎜でした)。
どうしたものかと思案しているうちに
発車するので電車に乗ってくださいと言われてしまいました。



DSC_0157-s_20131020214315aa0.jpg

そのうちにだんだん慣れてきてモデルさんを狙ってシャッターを押しまくりです。
気がつけばあっという間に昼になり撮影会は終了したのでした。

午後からは講師の松本明彦先生から作品の講評をしていただきました。



DSC_0209-s_20131020211958d0c.jpg

私の作品を見て開口一番「遠慮して撮っていますね。初めてですか」といわれました。
一言でいうとモデルさんと気持ちが通じていないということでした。
確かに距離感があって目線もあっていません。

撮っていっる時に「こちらにお願いします」とか
「目線をください」とか声を出している人がいましたし
「あっそれいいね。いいよ、いいよ」といった声を出している人もいましたよ。
このような人たちの後ろでシャッターを押しているだけでは
良い写真は撮れないのだということです。

講評では2枚だけほめていただきました。
その一枚が↑に載せたものです。

確かにモデルさんはしっかり私の方を見てくれています。



DSC_0088-s_201310202139301d6.jpg

私はこんな作品が好きなのですが後の窓枠と露出が適正でないと言われてお終いでした。
(ここに載せた画像は補正をしたものです)



DSC_0233-1.jpg

中央の和服の女性は別所温泉駅の駅長さんです。
いつもこの姿で仕事をしているそうです。



今回はモデルさんと気持ちが通じていないといい写真は撮れないということを学びました。
たぶんバラを撮るときも同じなのでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

paper moon様 おはようございます!

目がぱちくりのpaper moon様を想像して
とっても親近感アップのメアリーです( *´艸`)クスクス
線路とか、駅舎とかをとるんだと思いますよね!
しかも、モデルがこんな若い子では
遠慮しますよねぇ~

つり革の写真、いい!って思いました♪
最後の2枚も、目線はコッチじゃないけど
小トリップを楽しんでる雰囲気が伝わってきて
素敵ですよね~♪♪

昔、仕事でプロの写真撮影の場に
何度も立ちあっていたのですが
「モデルとの距離」を縮めるために

「メアリーさん、モデル(←たいていはモデルが仕事じゃなくて普通の人)に何か話しかけて」と
カメラマンに指示とばされて
いつも、初対面の人に 何て声かければいいの?!
って四苦八苦していたのを思い出しましたw

一度、プロのモデルさんの撮影にも立ち会ったのですが
カメラマンが「嬉しそうに」と言えば
嬉しそうにキラキラと目を輝かせて、
「真剣な表情で」と言えば
グっと考え込んだような眼差しになって…

一言で空気感が変わる表情を創りだすというか
プロはすごいなぁ~って思いましたw

Re: No title

メアリーさんへ

こんばんは。
まだ5時を過ぎたところなのですが外は真っ暗です。

今回の話に共感していただいてうれしいです。

> 線路とか、駅舎とかをとるんだと思いますよね!
> しかも、モデルがこんな若い子では
> 遠慮しますよねぇ~

遠慮するような年ではありませんよ!
時間と共にやる気十分でした(笑)。
先生に褒められた作品のモデルさんは高校生だったのですよ。
今回のことできれいなものを撮るということに目覚めました。

> つり革の写真、いい!って思いました♪
> 最後の2枚も、目線はコッチじゃないけど
> 小トリップを楽しんでる雰囲気が伝わってきて
> 素敵ですよね~♪♪

つり革の写真は私も気にいっていたのですが
先生は講評をパスしてしまいました。
先生の専門分野はポートレートだというので眼中に入らなかったのでしょう。
小トリップですか
そのように言われると写真の格が上がったような気になってしまいます。
うれしいです。

なにごともその道のプロはすごいと思います。
メアリーさんもよい機会があったのですね。
もしかしたらメアリーさんもモデルの一人になっていたのでしょうか。
せっかくそのような機会があったのでしたら
プロの技を盗み取りすれば良かったのに…
そうすればメアリーさんの写真ももっとびしっとしまったものになっていたかも!!
(ナンチャッテ)

撮影会

やはりプロの先生のご指導はいいですね。
写真を見て引いて撮ってるのを分かってくれるなんてすごいです。
あまり使えないと思いますが私もフォトショップが欲しくなりました。
たくさんいいのを撮ってたのですね。
先生の選んでくださった4枚目は表情もうっとりとrosa615さんを見つめているようで素敵です。

Re: 撮影会

yutorieさんへ

こんばんは。

> やはりプロの先生のご指導はいいですね。
> 写真を見て引いて撮ってるのを分かってくれるなんてすごいです。

やはりプロの方は良いところも悪いところも的確に言ってくれますね。
本当に勉強になります。

> あまり使えないと思いますが私もフォトショップが欲しくなりました。

私はあまり加工はしたくないのですが
画像整理のブリッジは使いたいと思いました。

> 先生の選んでくださった4枚目は表情もうっとりとrosa615さんを見つめているようで素敵です。

本当に偶然なので先生に指摘されるまでその良さがわかりませんでした。
お恥ずかしい限りです。
たぶん今度はバッチリでしょう(笑)。
プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク