久しぶりに雫を撮りました

朝起きてみると昨日の雨は上がっていたのですが厚い雲に覆われていました。
8時頃になって、そうだ雫を撮ろうと外に出たのです。

台風26号のあとの長雨でバラは皆下を向いていました。
咲いているものも花弁が痛んでいてきれいとは言えません。
まさに雫を撮る日でした。



DSC_0037-s_20131021145700a4b.jpg
                                                10/21

バラ畑のバラはたくさんの雫を付けていてとても華やかに見えました。
バラの葉には雫が付きやすいものとそうでないものがありますが
枝にも同じような傾向があるのですね。
この辺りはティー・ローズが多いのですよ。



DSC_0027-s_2013102114565481e.jpg
シャンプニーズ・ピンク・クラスター(Chanpniey's Pink Cluster)10/21

雨に打たれた花弁ははかなげな風情で趣があります。



DSC_0006-s_20131021145555e8f.jpg
不明                                              10/21



DSC_0009-s_2013102114555756d.jpg
ミセス・ダドリー・クロス(Mme Dudley Cross)   10/21

こちらもティー・ローズでたくさんの雫がついていました。



DSC_0005-s_20131021145553989.jpg
タランガ                                            10/21



DSC_0029-s_20131021145656693.jpg
グラハム・トーマス(Graham Thomas)                             10/21

彩に黄色いバラを入れてみました。
雨の重みで下を向いてしまって本来の華やかさがありません。
載せるのはちょっとかわいそうだったでしょうか。



DSC_0023-s_2013102115000051a.jpg
ラ・セビリアーナ(La Sevillana)                               10/21

ふだんはアップで撮ることのないバラですが
雫で飾られているとやんちゃな娘からシックな女性に変わったようです。



DSC_0075-s_20131021145831a9a.jpg
ロサ・ムルティフローラ(Rosa multiflora)                      10/21

このヒップを撮ったときには日が射してきていたのですが
大きな雫が残っていました。



DSC_0075-s2_201310211458333c2.jpg
ロサ・ムルティフローラ(Rosa multiflora)                      10/21

雫の部分をトリミングしてみると
雫の中に奥の景色がさかさまになって見えています。
見えているのはたぶんエンジェル・フェイスだと思いますよ。



DSC_0084-s_20131021145835eda.jpg
ターン・ブルー(Turn Blue)               10/21

めずらしく雨の影響もなくしっかりと咲いていました。
ブルー系ではよく咲くバラだと思います。



DSC_0011-s_2013102114560048f.jpg
                                              10/21

バラを撮っていたらトンボが目に入ったのです。
たぶん昨日の雨に一日打たれていたのでしょう。
首を折り曲げてじっとしているので死んでいるのかと思ったら生きていました。

2時間ほどして日が射して気温が上がってきたころに再び見に行くと
もう姿はありませんでした。
すぐそばにもう一匹(トンボの数え方はどう数えるのでしょうか)いたのですが
やはり姿が見えませんでした。
トンボには低体温症なんていうことはないのだと感心したのでした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

もうこの時期は四季咲きバラの咲く風景が
うらやましくてなりませんね^^

ターン・ブルーの色合いがとってもきれいです。
ブルー系のバラに手を出してみたいけれど、
寒さによわそうなイメージがあって、
手が出ないのですが、やっぱり耐寒性は弱いのでしょうか?

それと、前のローズヒップの記事でシュネーコッペの実がありましたが、
もしまだ残っていましたら、最後の一つ頂けますか?
発芽したものが質が悪いのか、ことごとく枯れていきます・・・・

話しは変わりますが、我が家はまだ暖房していないのですよ^^
太陽暖房でがんばっています。
我が家は日当たりがいいので、室温は23℃以上をキープ。
さすが北海道の家ですね。実家より暖かいです^^

バラの雫

雫は絵に(写真)になりますね。このように私も極めたいところです。
ターン・ブルー(Turn Blue)はおしゃれな女性ですね。
みんな小さな真珠の宝石で飾られているようです。
トンボも好きです。いつもいい被写体になってくれます。

Re: No title

ロサグリーンさんへ

こんばんは。

> もうこの時期は四季咲きバラの咲く風景が
> うらやましくてなりませんね^^

そうでしょうね。
私も暖かい地方の春の便りがうらやましくてなりませんので
その気持ちはよくわかります。

> ターン・ブルーの色合いがとってもきれいです。
> ブルー系のバラに手を出してみたいけれど、
> 寒さによわそうなイメージがあって、
> 手が出ないのですが、やっぱり耐寒性は弱いのでしょうか?

私のところではティー・ローズのように寒さに弱いとは感じていません。
育てづらいと言いますが暑さに弱いというほうが正しいような気もしています。
ターン・ブルーはブルー系では育てやすいのではないでしょうか。
シュートが出ずらく伸びるのが難といえば難でしょうか。
一度挑戦してみてはどうでしょう。

> それと、前のローズヒップの記事でシュネーコッペの実がありましたが、
> もしまだ残っていましたら、最後の一つ頂けますか?
> 発芽したものが質が悪いのか、ことごとく枯れていきます・・・・

まだだれもヒップの希望者がいないのであります。
一果だけですがお送りしましょう。
ついでにクリムソン・グローブも入れておきますね。

> 話しは変わりますが、我が家はまだ暖房していないのですよ^^
> 太陽暖房でがんばっています。
> 我が家は日当たりがいいので、室温は23℃以上をキープ。
> さすが北海道の家ですね。実家より暖かいです^^

北海道の住宅が暖かいことはよくわかっています。
我が家は築100年を超える古い蚕室作りの家なのです。
こちらに来た時に改築したのですが
こちらの大工さんは断熱処理をしても気密性まで理解していないようで
仕上げが雑なのです。
強い北風が吹くと風が入ってきたのにはがっかりしてしまいました。
おまけに居間の場所が北に面した場所にせざるをえなく
夏は涼しいのですが冬は暖房費が大変です。
今頃でしたら母が済んでいた南側の空き部屋でちょっとした作業をすることが多いのです。

Re: バラの雫

yutorieさんへ

こんばんは。

> ターン・ブルー(Turn Blue)はおしゃれな女性ですね。
> みんな小さな真珠の宝石で飾られているようです。

おしゃれな女性ですか。
たしかに育ちの良い女性の雰囲気ですね。
勝手なもので雫はワンポイントでほしいのです。
多すぎるとピントがボケてしまいます(笑)。

> トンボも好きです。いつもいい被写体になってくれます。

この秋はトンボが少ないと感じています。
yutorieさんはそんなことは感じませんでしたか。
昨年もバラに止まったトンボを撮っていたのですが…。
プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク