氷の大明神滝ツアー

今日は菅平高原にある凍った大明神滝の見学会に行ってきました。
ここは筑波大学菅平高原実験センターの中にある滝で
普段は非公開で年に4回ほど見学会が開かれているところなのです。

定員30名で抽選だったのですが運よく当選したのでした。

ここはほんのちょと前の2012年2月19日には-29.2℃という
本州で最も低い気温を記録したところで
寒いところだということは十分に承知していました。

当選の案内には寒さ対策の服装の注意書きがたくさん書かれていて
わざわざセンターで使用しているという長靴の写真までついていたのでした。
この長靴の写真は内側にあったかそうな保温材が張ってあるもので
これを見ただけで本当に寒いのだと実感してしまいました。

早速同じような長靴を探しに行ったのは言うまでもありません。
しかし同じような暖かそうな長靴は思ったよりも高価で
一回きりのためにはもったいないと思いあっさり予定変更して
それらしい保温材の付いた安い長靴にしたのでした。

長靴以外にもネックウオーマーや毛糸の帽子、貼るカイロ
さらにはヒートテックの下着の新調と準備万端に整えたのです。


これほど寒さに対して気を配って行ったのに
今日の天気は快晴、無風で気温はたぶんプラスだったのでしょう
春山をハイキングしているような快適な一日でした。
無駄な買い物をしたかもしれませんが実にラッキーだった一日なのでした。


ここではボランティアの方々が案内してくださったのですが
一グループ10人に対して5人のボランテアの方が付き
事前に動物の足跡のあるところにはマーカーを付けておいてくれるなど
至れり尽くせりでした。



DSC_0119-s_20140201172937b61.jpg

いよよ出発という時に滑りそうな靴の人は
稲わらの紐を巻いてもらっていました。




DSC_0025-s_201402011726021c7.jpg

大明神寮といて研究員の宿舎だったところだそうです。
築50年くらいということで今は使われていないけれど
毎年柿渋を塗って維持管理をしてるということで
外観は実にきれいでした。



DSC_0028-s_20140201172604466.jpg

歩きだすとすぐに色々な動物の足跡が目につきます。
これはなんだったかメモをするのを忘れていました。



DSC_0034-s_201402011726063c0.jpg

こちらはウサギですね。
このほかリス、キツネ、タヌキ、テン、カモシカなど説明書きの付いた棒が立っていました。



DSC_0042-s_20140201172611b26.jpg

鳥の足跡と羽根の痕です。
中央に細い線が平行に10本ほど見えますが
カケスが飛び立った時に付いた羽根の後だと説明していただきました。



DSC_0058-s_20140201172722742.jpg

昆虫もいましたよ。
ミヤモトクロカワゲラという昆虫で冬の間は
何も食べないということでした。



DSC_0059-s_201402011727248bc.jpg

こちらはリスが食べたマツポックリの残骸です。
中央下のほうに三角形の茶色のものがありますが
マツポックリの芯だそうです。
こういう状態で見るのは初めてでビックリ。



DSC_0039-s_20140201172609838.jpg

このおいしそうな赤い実はカンボクの実です。
おいしそうですがまずいものでいやな匂いがあるので肝木と呼ばれるのだと言われています。
鳥たちも食べないそうです。



DSC_0064-b.jpg

赤松の幹につけられた傷は熊の爪痕です。
黒い傷跡の上下に白っぽい傷が見えますが
こちらは昨年の秋につけられた傷で
黒い方はそれよりも前の年のものだそうです。

熊は赤松が好きだということではなくて
画面の右上に見えているつる(サルナシ)の実を食べに来ているときにできた傷だということで
ようするにここには熊がいますよと言っているようなものです。




DSC_0091-s_20140201172732761.jpg

このあたりから急な下り坂を降りていくと
いよいよ凍った大明神滝が見えてきました。
ここまで1時間くらいだったでしょう。

凍っているせいでしょうか。
普通の滝とは違ったイメージです。



DSC_0099-s_20140201172844267.jpg

落差は10mと聞いていたのですが
下から氷が伸びていてそれほどの高さには感じられませんでした。
わかりやすいように人を入れて撮ってみました。



DSC_0094-s_2014020117273591b.jpg

こうしてみると一気に凍ったのではなくて
雫がすこしずつ凍っていくということがわかります。



DSC_0097-1-s.jpg

滝の氷に触れるところまで行くことができます。
そばにいくと実にきれいです。



DSC_0104-s_201402011728480ac.jpg

暖かいせいでしょうか
透けて見える氷の向こうには水が流れているのが見えました。
光が抜けてくる氷はきれいでした。



DSC_0106-s_201402011728511a9.jpg

滝の下から見上げるということはめったにないでしょう。
凍っていても迫力がありました。



DSC_0109-s_20140201172855eb1.jpg

今回歩いたところはこんな感じのところで
見た通り本当に春の風景でした。



DSC_0117-s_20140201172935951.jpg

帰り際に見たセンター内のドイツトウヒと白樺です。


今日は2時間ほどの見学会でしたが
満足の一日でした。



筑波大学菅平高原実験センターは研究施設なので
自由に見に行くことはできません。

年4回の公開日があるので確認の上行くようにしてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~


長靴に荒縄、なるほど!
これなら安全ですね。
よい天気に恵まれていいお散歩でしたね。
私も行きたいです。

動物の足跡、沢山ついていて面白そうですね。
こちらも、何だろうというのがありますが(一直線とか)
キタキツネやエゾリスや鹿あたりは近くにいるみたいです。

実験施設・・・ハハハ、実は学生時代よく行きました。実習で^^
寒いけど、雪質最高ですね。

Re: No title

ロサグリーンさん、こんばんは。

こちらは今日は大雪でした。
そちらの苦労をチラッと思い出しましたよ。

そうですか。
学生時代は何度も来ていたのですね。
今回も我々といっしょに学生さん方も
専用のトラップで昆虫を採集していました。

寒いという先入観で緊張したのですが
札幌にいた時は力丸の散歩で新雪をかき分けて1時間くらい歩いていたので
菅平と言っても驚くほどの寒さではなかったのだと
帰ってきてから笑い話になったのでした。

このほかに行ってみてよかったところがあったら教えてください。


プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク