何と蕾を発見

桜の花に気を取られている間にバラの新葉が展開してきています。
HTに比べて新芽の動きが遅いORも順調に葉が展開してきました。
この時期はORの柔らかな葉の色合いを楽しんでいます。


DSC_1075-s.jpg
ロサ・モエシー・ヒリエリ(Rosa moyesii hillieri)                       4/23

2月の大雪で昨年伸びたシュートが全部折れてしまったのですが
古い枝にも新葉が展開してきました。




DSC_1078-s.jpg
ロサ・グラウカ(Rosa glauca)                                   4/23

新葉といえば萌黄色の葉が好きなのですが
こんな葉も好きです。




DSC_1037-s.jpg
ローズ・ディヴェール(Rose d'Hivers)              4/23

しなやかに伸びる枝と柔らかな葉の色合いが素敵です。




DSC_1106-s.jpg
ブラッシュ・ヒップ(Blush Hip)                                   4/23

アルバらしい色合いを見ていると花を見なくてもいいと思えます。




DSC_1101-s.jpg
レーヌ・デ・ビオレット(Reine des Violettes)                           4/23

アルバでなくてもこのように赤味がなくて柔らかな葉の感じは気に入っています。




DSC_1095-s.jpg
パヴィヨン・ドウ・ブレイニ(Pavilion de Pregny)                         4/23

なにも気にせず写真を撮ったのですが
モニターで見たところ蕾が上がってきていたのでした。
期待をしていなかったのでビックリ。

実はこれ以外に数日前に蕾が上がってきている品種を発見しているのです。




DSC_1025-s.jpg
ブレースビル・ホワイト・ノワゼット(Placervulle White Noisette) 4/22

昨年秋に購入したものですがなぜか年が明けても葉が青々としていました。
葉に白い斑点がついていますが2月に散布した石灰硫黄合剤なのです。

前年度の葉が全く落ちることもなく残っているというのは初めての経験でしょう。
葉が残っていたからなのでしょうか
新葉の展開と共に一気に蕾が上がってきたのでした。
でもよく見ると新梢に蕾が上がってきたのではなくて
古い枝から出てきているようで
新梢からの蕾はこれからになるのでしょう。

いずれにしても購入時の影響が残っているような気がするので
来春の状況で再確認しないと何とも言えませんが
今年の開花の一番乗りはブレースビル・ホワイト・ノワゼットです。

もしかしたら今月中に咲くかも
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク