ツルバラの誘引

昨日の陽気と夜からの強い雨で積もっていた雪が一気に消えた。
しかし予想では今夜はまた気温が下がり-7℃くらいになるらしい。

ようやくツルバラの誘引がアッシュ・ウエンズデイ(Ash Wednesday)を残すだけになった。

昨日ピエール・ド・ロンサール(Pierre de Ronsard)の誘引をしようとしたら
はるか頭上に枯れた花を見つけた。
切り取って雪の上に置き写真を撮った。
もっときれいに撮れているつもりだったが私の腕ではこれが精いっぱいだ。

025-s_20110218184001.jpg
                                             2/17



ピエール・ド・ロンサールの誘引後の状態である。
地面の白いものはわずかに残った雪である。

このアーチはトマトの雨よけ栽培用のアーチを流用したものである。
ツルバラの重みで少し歪んでいるが補強したので大丈夫だろうと楽観している。

私は誘引する時にはかなり枝を密にする。
枝の間隔をあけて背景と調和させるような誘引も良いが
畑なので精いっぱいたくさん咲かせようと思っているのである。
これも密だという印象であるが上記のことのほかに
裏側のツルバラの枝が重なって見えることによることもある。

002-s_20110218183838.jpg
                                             2/18

この裏側にはすみれの丘、ツルアイスバーグ(Iceberg Climbing)
それにグラハム・トーマス(Graham Thomas)がある。

litomasakoさんからは誘引後のツルアイスバーグの状態を見せてほしいとコメントをいただいたが
まだブッシュタイプのバラの剪定をしていないので全体を撮れない。
ツルアイスバーグとピエール・ド・ロンサールでは雰囲気が違うのであるがご了解をいただきたい。

ツルバラの誘引についてはおさはちさんのブログに図入りで紹介されている。
また本では「バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テクニック」鈴木満男著(NHK出版)がわかりやすい。
litomasakさん参考にしてみてください。

ツルバラの誘引といえばびおれさんには中途半端な説明をしておしまいになってしまったことがあった。
びおれさん、このブログを見ていたら上記を参考にしてみてください。
おさはちさんのブログにでているおさ番頭さんの図はわかりやすいですよ。



022-s_20110218184253.jpg
ピエール・ド・ロンサール                              2009 6/4

誘引後とほぼ同じ場所から撮ったものである。
昨年はきれいに咲かなかった(minikoさんのご指摘で肥料のやりすぎ)ので2009年の写真をUP。


031-s_20110218184311.jpg
ツルブラック・ティ(Black Tea Climbing)                      2009 6/4

ピエール・ド・ロンサールの横にはツルブラック・ティがあった。
良い花だがシュートがあまりにも太く剛直なので誘引で手に余ってしまい
やむなく昨年抜いてしまった。
この写真は抜く直前の最後の写真である。
たまたまピエール・ド・ロンサールの隣に写真があったので入れてみた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは~!
寒い寒いと言いながらも
日増しに春の兆しが感じられるようになってきましたね。

憧れの「CLブラックティー」
抜いてしまわれたんですか~~!?
以前、秋に駒場バラ園に行った時、
お隣のフェンスで咲いているのを見て
即買いしたんですが、悲しいかな・・すぐにダメにしてしまいました。
この辺りでは なかなかあのブラックティー本来の色が出せなくて、
朱色っぽくなってしまうし。
寒いところのほうが綺麗に咲くバラって結構ありますよね。
こんなにきれいな色で咲いてくれるなら
懲りずにリベンジしたいなぁ~。

美しく誘引されたバラ達が咲く頃、お会いできるのを
楽しみにしています!


Re: タイトルなし

にゃんさんへ太字の文色付きの文字

にゃんさん、こんばんはv-7

ほんとうに春めいてきましたね。
夕方ハリーの散歩をしているとどんどん日が長くなっているのを実感しています。
バラの植替えの準備もしなくてはと気もそぞろです。

> 憧れの「CLブラックティー」
そうだったのですか。
本当に良い色合いですよね。
しかしツルバラとして楽しむには十分な大きさの面積がほしいですね。
いつかそんなところも見てみたいです。
にゃんさんのところではまだ余裕がありそうですね。
再挑戦してください。
そしてぜひ一度見せてくださいね。
私のところはいつでもいいです。

再び、こんばんはです!
余裕なんてとっくに、いや初めからありませんよ~。
paper moonさんのローズガーデンとは比べようもない
めちゃくちゃ狭~いバラ庭なんですよ。
CLやランブラーは好きなんですが
狭い庭ゆえ、本来の樹形を楽しむのはあきらめています。
好きなバラを、どれだけこのスペースに
詰め込めるか・・・。いつも置き場所に悩んでいます。
八王子といっても、一応都内なので、バラ友達の庭も
コンパクトな庭が多いですが
もしおいでになるようでしたらご案内しますよ!
狭いのを覚悟して来てくださいね!



paper moonさん
ピエール・ド・ロンサールのつるの誘因の写真をアップしてくださりありがとうございました。

中心になる枝がまっすぐに伸びていて、誘因した状態でも美しく整っているのですね。
イメージがわいて大変参考になりました。

うちのツルアイスバーグは、今年植え替えをしてオベリスク仕立てにしました。つるがいろいろな方向に曲がっていて、大変でしたが、なんとか終了。paper moonさんの写真より間の枝が短いような気がしますが、今年は植え替えたばかりですし、なにしろ庭がせまいのでこんなかなと思います。
新しい芽も元気に出てきたので植え替え成功かなとほっと安心
しているところです。
来年はpaper moonさんの写真をイメージしながら
もっと上手にできるようになりたいと思います。

おさはちさんのブログと鈴木さんの本の紹介もありがとうございました。さっそく見てみます。

Re: タイトルなし

にゃんさんへ

そうですよね。
ほしいものを理想の姿で育てるということなど
たいていの人には夢物語です。
私だって同じです。
だから不本意ながら抜くということになるのです。
うちではこの冬は9本もらわれて行きました。

> もしおいでになるようでしたらご案内しますよ!
> 狭いのを覚悟して来てくださいね!

ありがとうございます。
楽しみにしています。よ・ろ・し・く・v-254

Re: タイトルなし

litomasakoさんへ

もう芽が動いているのですね。
本当はへたくそな誘引の写真など出したくなかったのですが
お役に立てたようでホッとしています。

litomasakoさんのブログに写真が載るのを楽しみにしています。

paper moonさま

いつも有難うございます
時々お伺いし美しい画像や丁寧なコメントを拝見しながら
コメントもせずに失礼しております
先日お伺いしたつるバラの剪定のこと、覚えていてくださったのですね
早速教えていただいたブログに飛んで見せていただきました
何事も中途半端なバラ作りで恥ずかしいですが
参考にして剪定してみようと思っています
有難うございました

未だ未だ寒くてバラ園にも出てみないのです
でも、今が剪定の適期なんですよね
怠け者で困ったものです

又色々教えを請うことと思いますが
宜しくお願いいたします

Re: タイトルなし

びおれさま

心のこもったお返事をいただきありがとうございました。
勝手に名前を出してしまいご迷惑ではなかったかと
ちょっと反省していたところでした。
お返事をいただいてホッとしています。

お店に伺った時はゆっくりとお話しさせていただきたいと思っています。
これからもよろしくお願いします。
プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク