萌木の村オープンガーデン(その3)

ファースト・トレインは萌木の村をちょっと離れたところにあるペンションです。

たまたま7月4日は宿泊者のためのバラ剪定講習会の日で
オープンガーデンは中止だとのことだったのですが
無理を言って見せていただきました。




086-m_20150706203651293.jpg
First Train




065-m_20150706203602902.jpg
ドロシー・パーキンス(Dorothy Perkins)

この庭の特徴はつるバラが主体だということでしょう。
それも赤花が中心でインパクトがありました。




074-m_2015070620360717a.jpg





076-m_2015070620360893f.jpg

もちろん白花品種もありました。
ニュードンの絡んだパーゴラもあったのですが
ドロシー・パーキンスの海に圧倒されて写真も撮っていませんでした。





080-m_201507062036465d8.jpg
モーツアルト(Mozart)





069-m_201507062043161ed.jpg

気がついたらドロシー・パーキンスばかり撮っていたのでした。




085-m_20150706203649f73.jpg
エクセルサ(Excelsa)

エクセルサの奥には借景の牧場が広がっています。
エクセレルサはレッド・ドロシー・パーキンスともいわれるそうですが
そうなるとやはりドロシー・パーキンスの海だと実感してしまいます。




081-m_2015070620364838f.jpg
アルベルティーヌ(Albertine)

赤花のつるバラの中にもピンクや黄色のバラも咲いていましたよ。
クリーミーエデンのさわやかな黄色やアルベルティーヌのピンクがアクセントになっていました。




068-m_2015070620360353a.jpg
イレーヌワッツ(Irene Watts)

ここでのお気に入りのバラはイレーヌワッツでした。
私にはやっぱりピンクから白の色合いに目が行ってしまうのです。


ここでは空間を立体的に使うことが重要だと再認識させられました。
我が家でももっとつるバラを有効に使いたいと思いながら帰ってきました。



オープンガーデンめぐりはこれで終わったのですが
ファースト・トレインを出てからまだ時間があったので
ここまで来たのだからハーブ・スタンドに行ってみたいと言って
ゆめさんとkeikoさんにもお付き合いしていただきました。

ハーブ・スタンドは明日UPしましょう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク