秋のバス旅行①

このところなぜか出かけることが多くなっています。
1日の日曜日には日帰りのバス旅行に行ってきました。
日帰りと言っても朝5時45分集合で夜の7時半に帰ってくるという強行軍です。
ハリーの散歩をしてから出たので起きたのは4時半だったのです。
ハリーもなんでこんなに早く暗いうちから散歩に出るのかと
明らかに不機嫌な顔をしていました。
行く先は小金井市の江戸東京たてもの園と川越市の喜多院と蔵造りの街並みでした。

今日は江戸東京たてもの園の画像をUPします。




001-s_201511022132467ed.jpg

ここは緑の多い広い敷地に明治から昭和初期の建物が点在しています。

最初に見た建物は2・26事件で暗殺された高橋是清の家です。
二階の瀟洒なガラス戸が時代を感じさせます。




007-s_20151102213247a63.jpg

この部屋で時の首相高橋是清が暗殺されたと説明されていました。




013-s_201511022132491d4.jpg

昭和初期の建物で全面は鋼板片を組み合わせてかたち作った看板建築の様式だそうです。
お店は荒物屋だそうですがそれにしては派手です。




015-s_20151102213250044.jpg

どこの建物の中かは忘れてしまいましたが丸いちゃぶ台が懐かしかったのでした。




022-s_201511022132516ce.jpg

東京神田にあった文房具屋さんですが筆が中心のようです。




031-s_20151102213331f41.jpg

迫力のある店構えです。
こんなお店を見ているとなんとなくあったような気がしてくるのは
年のせいでしょうか(笑)。




032-s_20151102213333d17.jpg

子安湯という銭湯です。
ところどころにガイドさんがいるのですが
その説明では宮崎駿の映画に使われたとか(小耳にはさんだだけで不確か)。
昔の銭湯は立派だったことを思い出しました。




035-s_201511022133341d3.jpg

私は東京の銭湯は予備校へ行っていたときに入っていたのですが
このような絵が描いてあった(タイルではなかった)のです。




036-s_201511022133366f5.jpg

子安湯の隣りに合った居酒屋です。
いまでも十分通用するハイカラな感じでびっくりでした。




044-s_20151102213420e17.jpg

江戸時代の豪農の館の長屋門です。
これだけで一軒の住宅よりも大きいのです。




041-s_20151102213337283.jpg

長屋門から見た住宅です。




042-s_20151102213418a1e.jpg

住宅の内部です。
日本家屋の美しさがよくわかります。
この家は昭和の時代まで実際に使われていたそうです。




046-s_2015110221342278d.jpg

都電7500形。
こんな黄色で走っていたのですね。
都電に乗った記憶はあるのですが色までは覚えていません。




049-s_20151102213423642.jpg

帰り間際に見た洋風建築の家です。
大正14年に建てられたとのことですがすてきなパーゴラのついた住宅です。
白いペンキが時代を感じさせます。
玉置さんのブログに時代と共にペンキの色が変わってきていると書いてあったのが
ここで見て確かにそうだと実感しました。
流れとしては白、モスグリーン、黒、青と変わってきて最近はボルドーカラーだとか。

しかし大正時代にこんなすてきなパーゴラを作っていたなんて考えられません。
そうそう、外にはちゃんとつるバラが一本添えられていましたよ。


ここではわずか1時間10分と短い時間しかなく全部を見ることができませんでした。
桜の古木がたくさんあって桜の咲く時期にはたいそう混みあうそうです。
そのころにまたゆっくり来てみたいものです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク