ウジェーヌ・ド・ボアルネ

003-s_20160221182017e1e.jpg
ウジェーヌ・ド・ボアルネ(Eugen de Bauharnais)                         2015/9/25

このバラはどのようなバラなのか何も知らずに買ったバラの中の一つでした。
咲いてみたら印象的な色合いでラッキーと思ったものです。
それでこの名前はなんとなく記憶に残っていたのですが
昨年買った本を読んでいたらこの名前の人が出てきて
その時もしかしたら私の持っているバラの名前がこの人なのではないかと感じたのです。





          013-s_20160221182019708.jpg
          ウジェーヌ・ド・ボアルネ(Eugen de Bauharnais)     2015/9/27

調べてみたら私の予想が的中しました。
なんとジョセフィーヌの子供の名前だったのです。
ジョセフィーヌはナポレオンと結婚する前にボアルネ子爵と結婚していて
ジョセフィーヌの名前がJosephine de Beauharnaisで
子供の名前がEugen de Bauharnaisだったのでした。





013-s_20160221185452166.jpg

読んだ本というのがこの「ヴェネツィアのチャイナローズ」です。
題名に惹かれて買って
最初はフィクションだと思ってパラパラと見ただけで積読だったのです。
何かの拍子にノンフィクションだと知ってにわかに真剣に読み通しました。

内容はイタリアの貴族の末裔の男性が先祖の領地だったところで
なかば野生化したオールド・ブラッシュに似たバラを見つけて
このバラの素性を探索する物語です。

この男性の先祖はジョセフィーヌの側近で
ジョセフィーヌがコレクションしたバラの一つをもらったのではないかというところから始まるのです。
ウジェーヌ・ド・ボアルネのことは書き出しの最初の方に出てきて
ナポレオンがイタリアを征服した時に
ジョセフィーヌの子供、すなわちウジェーヌ・ド・ボアルネがイタリア副王の座についたと書かれていました。

これだけではこのバラがウジェーヌ・ド・ボアルネだということにはなりません。
Help Me Findで調べてみたら1838年に作出され
ウジェーヌ・ド・ボアルネの名前が付けられたとなっていました。
ここでようやくやっぱりそうだったのだということになったのでした。

本にはたくさんの付箋が貼ってあります。
昨年ノイバラのことについて調べていたのですが
ありがたいことに参考になることがたくさん出ていて
このようにたくさんの付箋が付いたのです。

この本はORを育てている方には興味深く読んでいただけると思います。
お勧めですよ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「ヴェネツィアのチャイナローズ」....

paper moonさま

おはようございます
風が強くて曇りで寒い朝となりました
そちらはいかがですか?

ufufu...題名に惹かれてですか、paper moonさまらしいです
教えてくださりありがとうございます
付箋の数も相当ですね
わくわくされながら読破ですね
こう言う寒い日は、読書が最高の友?
追究心旺盛なpaper moonさまを見習わなくてはと思うのですが、読書と言えば、安易なものに流されているワタシです。
↓スミズ・パリッシュ、
他所さまで拝見していましたが、お持ちだったんですね~
さすが....お目が高い!
今度拝見させてください^^

Re: 「ヴェネツィアのチャイナローズ」....

ゆめさんへ

こんばんは。
今日は風が強く一日寒かったです。
もちろん外仕事はお休みです。
実は先ほどまで出かけていたので
できなかったというのが本当のところです。

スミズ・パリッシュは昨年ようやくきちんと咲きました。
この春はもう少し見ごたえのある咲き方になるのではないでしょうか。
お出でになったときに見ごろだと良いのですが・・・。
お楽しみにおいでください。

明日は鉢の植替えをしようと思っているのですが
明日も寒そうです。

プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク