ちょこっとドライブ③

香草庵の次は東山魁夷の作品「緑響く」で深い緑の中で水辺を歩く白馬が描かれている場所となった
御射鹿池に行ってみることにしていたのでした。

当初の予定ではバラクライングリッシュガーデンを見た後に
御射鹿池に行くことにしていたのですが
バラクラでナビに入れてみたところ御射鹿池では表示されず行くことができませんでした。
事前の調査では山奥なので番地表示がされなかったので
御射鹿池と入力すれば何とかなるだろうと思ったのが間違いでした。

このときはあきらめて香草庵に直行したというわけです。
それでもあきらめきれずに香草庵で御射鹿池はどこでしょうと聞いてみたところ
信号を3つくらい行った信号を曲がったら直進するとすぐにわかりますと教えていただけたのです。

わずか20分くらい戻っただけで御射鹿池に着いたのでした。





076-s_20160628202346524.jpg

着いてみて驚いたのですがなんと絵のイメージから山奥の湖だと思っていたのに
道路わきにあるではないですか。
駐車場にはこんな立派な看板が立っていました。





081-s_20160628202349660.jpg

これがほぼ全景の小さな湖です。
本来は農業用水のため池で右側には堤防が見えています。
東山魁夷が描いた光景は正面の岸辺だとすぐわかったのですが
絵になりそうなところはこの場所だけだということにも驚いてしまいました。
もっと山深く四方が絵になるところだと思い込んでいました。





083-s_2016062820235250b.jpg

ズームで対岸の岸辺を撮ってみました。
風が吹いたりやんだりだったのですがそれにつれて湖面の表情が変わるのがよくわかります。
この画像は風が強いときです。





085-s_20160628202352512.jpg

風が収まると木々が映り込んで幻想的な雰囲気に変わります。
またこの時は晴れたり曇ったりという状況でしたが
光の加減によっても雰囲気が変わるのがわかりました。





088-s_201606282024376c9.jpg

この白樺の木(東山魁夷の絵では一本に描かれている)の右側に白馬が描かれていたのでした。





090-s_2016062820243813d.jpg

絵のイメージからするとこのサイズで描かれていたのではないでしょうか。

人気の場所だけあって昼過ぎにもかかわらず多くの人が来ていました。
きっと早朝だったらカメラマンがたくさん来ていることでしょう。

湖面が気象状況によって微妙に変わるのがよくわかりました。
写真を撮るのだったら時間や日にちを変えて何度も通うことになるでしょう。
それでも一度挑戦してみようという気持ちにさせてくれる景色でした。


このあとは姫野バラ園に頼んであった苗を取に向かったのでした。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク