9月の里山を歩く会

もう10日近く経ってしまいましたが12日に
里山を歩く会で新穂高ロープウェイで西穂高岳(2909m)のふもとまでいってきました。
本来ならばロープウェイを降りてから山道を歩くところですが
バスとロープウェイを乗り継いで標高2000mを超えるところまで行ってきましたということだったのです。
ちょっと言い訳をすれば朝出発して夕方帰ってくるという行程では歩く時間がなかったということです。





DSC_0029-s_20160912202033610.jpg
新穂高温泉駅(第1ロープウェイ乗り場)

ここは標高1117mです。
この日もあまり天気が良くなくて出発する時から
ロープウェイから北アルプスを望むのは期待できなかったのですが
ロープウェイ乗り場に付いたときは晴れ間が見えて
もしかしたら周りの景色もよく見えるのではないかと期待されたのでした。








DSC_0034-s_2016091220203558b.jpg

第2ロープウェイのゴンドラから見た光景で左上の峰は笠ヶ岳(2898m)です。
ゴンドラが二階建てだというのが珍しかったです。





DSC_0035-s_20160912202038ff2.jpg

ゴンドラを支える鉄柱は35mもあるのです。
終点の西穂高口駅は標高2156mとのことでロープウェイの高低差は1039mでした。





DSC_0037-s_20160912202038733.jpg

西穂高口駅では雲が多くて見晴らしが悪く残念の一言です。
里山を歩く会というのならここから西穂山荘まで歩いてみるというのが理想なのかもしれませんが
昼食をとって30分ほどあたりを散策して帰路についたのです。

散策をしていたらこのような石仏がありました。
説明文によると幡隆上人(ばんりゅうしょうにん)を祭ったもので
このお坊さんは1828年に槍ヶ岳に初登頂した方だとのことです。
北アルプスといえばウエストンが有名ですが
このお坊さんはそれほど知られてはいないのは不思議です。






DSC_0039-s_20160912202114c62.jpg

2000mを超える高さの木々は風雪に耐えてみな風格があります。
この木はシラビソだと思います。





DSC_0041-s_2016091220211545b.jpg

晴れていれば槍ヶ岳を含む山々がこの鳥瞰図のように見えたはずです。





DSC_0045-s_2016091220211874b.jpg

この右手に槍ヶ岳が見えるはずだと言っていたら
一瞬雲の切れ目から驚くほど大きく見えたのです。
我が家からは小指の先ほどに見えているのですが
眼前に迫ってくるような山頂が見えたのは来たかいがあったというものです。





DSC_0048-s_20160912202118a02.jpg

折り重なる山々と深い谷の景観は見事でした。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

paper moonさま

おはようございます
里山の会...
新穂高温泉駅からロープウェイに乗って来たのですね
ロープウェイは、一気に高い所に連れて行ってくれるので、らくちんでそのうえ景色を楽しめて楽しいですね
今年は雨に降られなかっただけでも良かったじゃないですか....
爽やかだったでしょう~

私も2007年の夏に西穂高岳独漂までですが日帰りで行ってきました
ハイキングに行かないかと、誘ってもらい行ったのですが(何も知らないまま)、独標まではきつかったことを覚えています
先の西穂にはいつか行きたいと思っていますが...どうでしょう~
お疲れさまでした

Re: No title

ゆめさんへ

こんばんは。

> 私も2007年の夏に西穂高岳独漂までですが日帰りで行ってきました
9年前でしたか。
そのころなら私も行けたかもしれません。
今では山荘まででもちゅうちょするでしょう。
里山を歩く会の人たちも半分くらいはハイキングでいいよという感じです。
年齢と体力を自覚しているから良いのではないでしょうか。(笑い)

プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク