蕾を発見

昨日と打って変ってよい天気で
朝から暖かく春霞の中ハリーの散歩も暑いくらいだった。

この時期はバラについたアブラムシを取るのに忙しい。
そして、わずかに動き出した小さな芽にびっしりとアブラムシが付いているのを見ると
このアブラムシはどこからやってくるのだろうかと不思議でならない。

アブラムシを取っていたら蕾が上がってきているのを発見した。

017-s_20110427200901.jpg
パルフェ・タムール

パルフェ・タムール(Parfait Amour)はこの冬に取り寄せたもので
3月初めまで玄関に置いてあったものなので
蕾が上がったと言ってもフライングかもしれない。
写真では蕾ははっきりとは確認できないかもしれないが
アブラムシを取っているときの手の触感は蕾の膨らみをとらえていた。



021-s_20110427200927.jpg
アントニア・ドルモア

アントニア・ドルモア(Antonune D'ormois)の芽はこの程度の伸びである。
外に置いてあったバラの中で芽の動きの遅いものはこの程度だ。

傾向としては現代の品種ほど春の芽の動きが早いと思う。
交配を重ねていくと休眠に関する遺伝子が脱落していくのだろうか。




旧市街地の桜は早くも葉桜になってきているが
我が家の枝垂れ桜は見ごろである。
枝垂れ桜は地上から20cm位のところまで枝が伸びてくるが
このあたりで伸びが止まる。
芽の先に目があるのだろうかと思ってしまう。


036-s.jpg



ハウスの中にはあけびがパイプをよじ登って天井まで達している。
2本植えないと実がならないということを知らずに一本だけ植えた。
それで毎年花だけを見ていることになってしまった。

008-s_20110427201408.jpg
アケビの花



ジューンベリーは昨日咲き始めたと思ったら今朝は一気に開いた。


003-s_20110427201502.jpg
ジューンベリー


バラはこれから一斉に葉が展開してにぎやかになってくるが
今頃になって枯れるものがいくつかある。
今日もベル・ドゥ・ジャルダン(Belle des Jardins)が枯れているを発見。
どうも絞り花品種は我が家には縁がないようだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

枝垂れ桜きれいですね。
あのやさしい風情が、私も大好きです。
木もだいぶ大きくなったのではないでしょうか。

我が家の薔薇のつぼみは、一番早いセリーヌ フォレスティエのはなびらが、ちょっと見えてきました。
(ブログにのせました。)
都心よりは、少し遅いと思いますが例年どおりとすると
5月10日前後に見ごろをむかえると思います。

数も少なく、まったく自慢はできないのですが、もし上京なさることがありましたらぜひいらしてください。

Re: タイトルなし

りとさんへ

ブログを拝見しました。
本当に蕾が大きくなりましたね。

ゆっくり見せていただきたいと思っていますが
今年はちょっと無理かもv-16

こちらは昨年と同じで6月5日頃でしょうか。
遊びに来てください。
プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク