ローズヒップ

数日前に草取りの最中にセリケアにヒップが数個ついているのに気がつきました。
セリケアのヒップは完熟するのが早くて7月のうちにぽろぽろと落ちていきます。
まだたくさんヒップがついていた時に撮ったままUPしていなかったことを思い出して
遅ればせながらUPです。





DSC_0036-s_201708032108254cc.jpg
ロサ・セリケア・プテラカンタ(Rosa sericea pteracantha)            7/17






DSC_0038-s_201708032108273b2.jpg
ロサ・セリケア・プテラカンタ(Rosa sericea pteracantha)            7/17

見るからにおいしそうに見えるのですが小鳥たちには不人気なようで
食べられてしまうということはありません。





DSC_0040-s_20170803210828d0e.jpg
ロサ・セリケア・プテラカンタ(Rosa sericea pteracantha) 7/17

セリケアといえば棘のUPも欠かせません。
この時はまだ透明感がありますが今では濃いあめ色に変わっています。
秋になればあめ色が抜けて灰色に変わります。









DSC_0044-s2.jpg
                        2012/3/29

先月のことですがハリーが亡くなりました。
7月に入ってから急に散歩の歩みが遅くなってきておかしいと気になっていたのですが
もう年だからと勝手に納得していました。
しかしそれほど日を置かずに明らかに歩きたくないという動きになってきて
ようやく病院に連れて行ったのでした。
診断の結果は肝臓がんとのことで帰ってきてから一週間ほどであっけなく亡くなってしまいました。
12歳4か月でした。
亡くなる直前まで食欲がありコーギーの平均寿命から見るとまだ若いので
それも病院へ行くのが遅れた原因でした。

棺は咲いていた二番花のバラで覆ってあげました。
ハリーの前にいた力丸が亡くなったのは5月でその時はまだシャクナゲ栽培をしていたので
力丸の棺は咲いていたシャクナゲの花を切ってきて覆ってあげたことを思い出しました。

帰ってきた遺骨は桜の木の根元に埋めてある力丸の隣に埋めてあげました。



                                    

今日も咲いている

8月は咲かせないと言っているそばからあれこれ咲いています。
咲けば撮ってやりたくなってしまいます。

順不同でUPです。





DSC_0002-s_20170804192802f89.jpg
エリザ・ボエル(Eliza Boale)                         8/4

春はブラインドしてしまってほとんど咲かなかったのですが
今頃になって樹幹を覆うように咲き出しました。





DSC_0007-s_20170804192804cf4.jpg
ジーン・シスレー(Jean Sisley)                       8/4





DSC_0012-s_20170804192807896.jpg
エブ・タイド(Ebb Tide)                            8/4






DSC_0023-s_20170804192808eba.jpg
アルシディック・ジョゼフ(Archidic Joseph)                8/4






DSC_0029-s_201708041929035b7.jpg
バフ・ビューティ(Buff Beauty)                        8/4

この春は4月、5月とほとんど雨が降りませんでした。
それが原因だと思うのですが春の花は薄いベージュ色と言っていいような
本来の色とは遠く離れた色合いで咲きました。
シュートも出ず新芽も動かずどうしたものかと思っていたのですが
ようやく芽が動き出して蕾もどんどん上がってきました。
明らかに樹勢が弱っていると感じているのでこの時期に咲かせない方がいいと思いつつ咲かせてしまいました。
やぱり他の蕾は明日取りましょう。






DSC_0031-s_20170804192904ece.jpg
アーカディア・ルイジアナ・ティ(Arcadia Luouisiana Tea) 8/4






DSC_0037-s_20170804192906545.jpg
チャイコフスキー(Tchaikovski)                        8/4

チャイコフスキーは隣にあるミセス・チャールス・ランプロウやザ・ナンと共に抜いてしまう予定だったのに
なぜかそのまま残っています。





DSC_0044-s_20170804192907bfe.jpg
ザ・ナン(The Nun)                8/4





DSC_0049-s_20170804192909598.jpg
コルデス・パーフェクタ(Koedes Parfecta)                 8/4

本来はHTらしくきちんと上を向いて咲くのですが夏の花ということで大目に見てください。






DSC_0054-s_20170804192936a16.jpg
ザ・ヨーマン(The Yeoman)            8/4





DSC_0062-s_20170804192938ff6.jpg
ミセス・キャンベル・オール(Mrs Campbell Hall) 8/4






DSC_0010-s_201708041928053b6.jpg
                                       8/4   

今日のおまけはガウラでした。


7月は腰痛が抜けきらずおまけに雨が降り続いてバラ畑は草だらけの状態だったのですが
この数日の間がんばってかなりきれいになりました。
秋の開花に向けて頑張らなくてはという気持ちです。



                                          

7月30日のバラ

明日で7月も終わりです。
本格的な夏であってもよいはずなのに連日曇りそして雨という日です。
今朝も朝方まで強い雨で日中は曇り空でした。

雨上がりなら撮ってみようとバラ畑を一回り。
今日のバラをUPです。





DSC_0009-s_20170730194920568.jpg
スベニール・ド・ラ・マルメゾン(Souvenir de la Malmaison)7/30

何時も咲いている感じで花形も崩れず優秀です。





DSC_0014-s_20170730194921b81.jpg
ヒュームズ・ブラッシュ・ティ・セーンテット・チャイナ(Hume's Blish Tea-scented Chaina) 7/30

春の移植時に雨が降らずまともに咲かなかったのですがようやく調子が出てきました。





DSC_0024-s_20170730194923f16.jpg
紅美香登                      7/30





DSC_0027-s_20170730195006ebf.jpg
ソフィーズ・パーペチュアル(Sophies Parpetual)  7/30





DSC_0030-s_201707301950079c4.jpg
カーディナル・ヒューム(Cardinal Hume)       7/30





DSC_0036-s_20170730195009b98.jpg
レッド・チャイナfrom 台湾              7/30

本当の色合いはもっと黒い濃色ですよ。





DSC_0063-s_20170730195010f1b.jpg
デュシス・ド・グラモン(Dexyusisu de Gramon)                 7/30

今年の春木来たばかりの苗なのに気がついたらこんなにたくさん蕾がついています。
この時期なら咲かせないで秋の花を見るというのが正解なのでしょうが切るか切らないか思案中です。
でも今日カットしなかったので咲かせることになるでしょう。




DSC_0064-s_2017073019501234c.jpg
ブルームフィールド・アバンダンス(Bloomfield Abundance)7/30





DSC_0006-s_20170730194917b91.jpg
ルドルイ・キャッスル(Ludlow Castle)        7/230



今日は勢いで花ガラ取りをしながら本格的な夏剪定をしてしまいました。
例年ならばHTは8月15日過ぎに剪定をするのですがこの調子だと
秋の開花は成り行きということになりそうです。



二番花が咲いている②

変わり映えしないな~と思いながらそれでも撮っています。
特別紹介したい品種があるわけではないのですが昨日の画像をUPです。





DSC_0012-s_201707221736328d1.jpg
アイスバーグ(Iceberg)                            7/21  

なぜかこの数年アイスバーグらしいと思える咲き方をしてくれません。
ゆったりと咲かないのは肥料不足でしょうか。



                          

DSC_0023-s_20170722173635cc4.jpg
根室の朝                     7/21

春は見事に全部ボーリングしてしまいましたが二番花が一つだけ開きました。






DSC_0038-s_201707221737161b9.jpg
チエズ・チャイナ・No1・クリムソン(Chie's China No1 Crimson)       7/21





DSC_0046-s_20170722173718c99.jpg
マダム・シャルル(Mme Charles)                       7/21






DSC_0054-s_20170722173719c13.jpg
紅美香登                      7/21






DSC_0060-s_20170722173721a91.jpg
テプシー・インペリアル・コンキュパイン(Tipsy Imperial Concubine)     7/21

無意識に画像を並べているのですが気がついたらティやチャイナばかりになっていました。
これらもこれからは秋まで摘蕾し続けることになります。




昨日携帯を洗濯機に入れてしまい昨日、今日とドコモに日参していました。
現代の商品なのに待ち時間がやたらと長く思い切りアナログの世界に浸らせてもらいました。
今日は新しい携帯を取りに行っただけなのに1時間半待たされて
カウンターではわずか5分で終了というのは納得できません。

データの修復は頼んでおきましたが期待できないでしょう。
気がついた方はお手数でも電話をしていただけると嬉しいです。





二番花が咲いている①

二番花の咲く季節ですが今年は昨年よりも暑い日が続いて咲かせるのが良いのかどうか
悩んでしまうような小さな花が咲いています。
例年だと7月の花は咲かせて8月の花は摘むというやり方でやってきていました。
目下のところは悩みながら咲かせてみたり摘んでみたりと思いつくままのやり方です。
でもそろそろ本格的に摘蕾しようと思っています。

昨日のバラをUPしましょう。





DSC_0007-s_20170721203349caf.jpg
ソレイユ・ドール(Soleil d'Or)                        7/20





DSC_0015-s_201707212033512b0.jpg
リゼット・ドゥ・ベランジェ(Lisetlr de Beranger) 7/20





DSC_0019-s_20170721203352d34.jpg
ザ・ナイト(The Knight)              7/20





DSC_0022-s_20170721203353527.jpg
スベニール・ドーギュスト・ルグロ(Souvenir d'Augst Legros)        7/20






DSC_0027-s_20170721203430b37.jpg
ジャック・カルティエ(Jacques Cartier)                    7/20





DSC_0035-s_20170721203432d8f.jpg
スベニール・ド・ラ・マルメゾン(Souvenir de la Malmaison)         7/20




昨日は遠方よりバラ友さんがご夫妻で顔を見せてくれました。
バラ友さんと言いながら見たとおり本格的なサイクリングのスタイルです。





DSC_0041-s_20170721203434a15.jpg
                          7/20

バラ友としてお付き合いしてきたのですが以前ご夫妻でサイクリングを始めたと聞いていました。
数年前にお二人が我が家に来た時につれあいの自転車を見て初めて見たようにびっくり。
それまでも連れ合いの自転車は玄関に置いてあったのですが反応がなかったのですよ。
つれあいがサイリングをしていたと知ってにわかに話題がバラに加えてサイクリングに変わったのでした。

今回は美ケ原から霧ケ峰をツーリングする計画の途中で来てくれたのでした。
写真の場所はどこかの道路の端のようにも見えますが我が家のバラ畑の前です。
バラ友さんはバラ畑を一回りして卵のなくなった鳥の巣を見てから
さっそうと自転車に乗ってツーリングに向かていきました。



プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク