タカアシガニを食べに行こう

昨日は毎年恒例の日帰り旅行に行ってきました。
今年は沼津港でタカアシガニを食べるというツアーです。





DSC_0003-s_201711242000302c0.jpg

朝6時出発で21時帰着という強行軍でしたが遅刻者もなく行ってきました。
出発する時は雨と霧で真っ暗だったのですが時間と共に空も明るくなってきて
最初にバスを降りた富士山本宮浅間大社では雨も止んでいました。





DSC_0020-s_20171124200031291.jpg

浅間大社の参拝を終えて帰るころには雪をかぶった富士山も見ることが出来ました。




DSC_0022-s_20171124200033ed6.jpg

いよいよ沼津に着くという頃には青空が見えてきて朝の寒さもどこかへ消えて旅行日よりです。





DSC_0025-s_2017112420003415d.jpg

沼津港に着いたらちょうどお昼でさっそくこの旅行の目的のタカアシガニを食べることになりました。
これまでに食べたことがあるカニは毛ガニ、タラバガニ、ズワイガニ、花咲ガニなどですが
タカアシガニは初めてです。

やっぱりカニがテーブルに上がると豪華ですね。





DSC_0027-sのコピー

団体なのでこぎれいな座敷で食べるということにはなりませんが
皆さん口も利かずに黙々と食べつくしたのでした。





DSC_0047-s_20171124200037381.jpg

食べ終わって一息ついたらすぐ近くにある沼津港深海水族館へ直行です。
沼津港がある駿河湾は最深部2500mという日本一深い湾ということから
深海水族館が作られたという経過があると初めて知りました。
水族館というとジンベイザメが悠々と泳ぐ巨大な水槽があるとイメージしていたのですが
なんとパソコンのモニター程度の水槽が並んでいてびっくり。
そのうちに大きな水槽が見られるのかと思って見ていたのですが
↑の水槽が1m×40cm程度で一番大きな水槽でした。

当然のことながら中の魚類も数cmから5cmくらいのもので
これまで深海魚の大きさについてまったく意識してこなかったことに気がついたのでした。
そしてもしかしたら水圧を調整するためにちいさな容器しか準備できないのかもしてないと
思ったのですが正しかったでしょうか。

この水族館はシーラカンスの1mを超す標本も展示されていて
その大きさを実感することが出来ました。





DSC_0055-sのコピー

水族館を出たら市場の周りにひしめくように並んでいる干物屋をひやかして歩きます。
それに飽きたら沼津港大型展望水門へ上りました。
展望水門を背景にした同行の美女たちです。

この展望台は夕日が海に沈むころに来るときれいだと思いました。



深まる秋

今日も良い天気。

秋も深まって山の紅葉は褐色一色になってきました。





DSC_3162-s.jpg

手前に見えるリンゴは晩成種のふじです。
来週には収穫が始まって一気に色合いがなくなっていきます。





DSC_3163-s.jpg

家の前に見えるケヤキも葉が少なくなってきました。




DSC_3159-s.jpg

枝垂桜の葉は落ちてしまいましたが山桜は紅葉の見ごろです。






DSC_3166-s.jpg
リタウマ(Ritausma)                           11/13

バラの紅葉を探したのですがきれいに紅葉しているというのはありません。





DSC_3167-s.jpg
カーディナル・ド・リシリュー(Cardinal de Richelieu)           11/13





DSC_3155-s.jpg
タランガ(Taranga)                           11/13

バラも少々。





DSC_3173-s.jpg
スイート・セレナーデ(Sweet Serenade)                   11/13





DSC_3171-s.jpg
                                       11/13

おまけはお隣さんの畑のリンゴ。
目の前にあって鮮やかに色付いていて気になるリンゴです。
自分で交配したということで名前のないリンゴです。


明日は雨模様の天気予報です。
明後日から12月並みに寒さになるとか。
もしかしたら雪をかぶったバラを撮ることが出来るでしょうか。



いよいよ11月だ

いよいよ11月ですね。
もう来春のことを考える時期です。

少し前に春の新緑の光景を撮った画像を見たのですが
あまりの美しさに目を奪われてしまいました。
半年前のことなのにすっかり忘れてしまっていたのです。
あの美しさを思い出してこれからの厳しい作業を乗り越えていこうと気持ちを新たにしました。

今日は晴れた空に秋の雲がきれいでした。
うろこ雲、イワシ雲、羊雲さて今日の雲はなんと呼ぶのでしょうか。




DSC_2635-s.jpg
                                     11/1





DSC_2636-s.jpg
                                      11/1





DSC_2639-s.jpg
                                     11/1





DSC_2641-s.jpg
                                     11/1
紅葉が里まで下りてきました。
ローマン橋の奥の紅葉は矢沢城跡公園の桜でしょうか。




DSC_2643-s.jpg
                                      11/1

川の流れに落ちそうになって咲いています。
毎年掘り上げて良い場所に植えてやろうと思っているのですが
どうもバラ以外の植物は冷遇されてしまうのです。


もうしわしわになってしまったヒップもあるのですが気がついたヒップをUPです。





DSC_2649-s.jpg
ピンク・メイディランド(Pink Maidiland)                11/1





DSC_2661-s.jpg
エリエステラ(Eriesura)                        11/1





DSC_2666-s.jpg
ロサ・カニナ・キース(Rosa kanina’‵Kiese’)               11/1





DSC_2672-s.jpg
フリューリングスゴルド(Fruhlinsgold)                  11/1




画像をUPしていて気がついたのですがノイバラのヒップを撮るのを忘れていました。



今年の兄弟会

9、10日に8回目の兄弟会がありました。
今年の幹事は末の妹夫婦で前もって「軽井沢倶楽部ホテル軽井沢1130」に集合と連絡がありました。
場所は長野県側ではなくて私から見ると裏側の群馬県側にあるのです。
我が家からは1時間もかからず行ける場所だったのですが
途中の景色は紅葉がきれいでさすが軽井沢と思ったものです。
軽井沢だからもう寒いのではと思ってセーターをもっていったのですが
このところの夏のような気温で暑いくらいでした。
紅葉していたのはこの数日続いた暑さの前の寒さのせいだったのでしょう。





DSC_1747-s.jpg

ホテルの部屋からの光景です。
人気のホテルなのでしょうか連休最終日だというのに200室以上あるのに混雑していました。
御多分にもれず中国からの団体客も来ていてカウンターには中国の人と思われる人もいました。





DSC_1748-s.jpg

屋上から見た浅間山です。
歌には三筋の煙と歌われていますが今日は二筋でしたね。
いつも見慣れている長野県側の山容ではなく新鮮ではありましたが
やはり浅間山の光景は長野県側でしょうと思ってしまったのでした。





DSC_1750-s.jpg

快晴の空にポツンと白い月が出ていたので撮ってみました。
このホテルは8階建て屋上からは周囲360°が見渡せるのですが深い緑に覆われています。
走っていてわかったのですがこの緑の下はすべて別荘地なのですよ。




DSC_1759-s.jpg

屋上には標高1130mという名前のバス停が写真撮影用に置いてありました。
ホテルの名前が「ホテル軽井沢1130」ということでおかしな名前だと思っていたのですが
この場所が標高1130mだったところからつけられたと聞いてそういう名前の付け方もあるのだと
感心したり驚いたりでした。





DSC_1768-s.jpg

翌日は軽井沢の熊野皇大神社に行きました。
ここは長野県と群馬県の境の峠にある神社で神社が両県にまたがって建てられているのです。
そして神社も二つあって長野県側が熊野皇大神社で群馬県側が熊野神社だそうです。

私はこの神社には来たことがあったので行かずに神社の前の茶店に入りました。
旧中山道碓氷峠頂上、県境という看板に赤い線が引いて合って右側が長野県左側が群馬県と
書かれています。
地面にも赤い線が引かれているのが見えます。
ここが両県の県境だそうです。
この線の延長線上に神社にも石に掘られた立派な県境の線があります。





DSC_1772-s.jpg

茶屋の展望台から見た群馬県側の森です。
不思議なことに群馬県側は紅葉が進んでいるのに長野県側はまだこれからという状態なのでした。





DSC_1769-s.jpg

知らなかったのですがここには路線バスが来ているのです。
レトロなバスで観光気分が味わえそうです。

バス停の名前が見晴台というのはどうしてでしょう。
歩いて5分くらいの場所に見晴台と呼ばれる景色の良いところがあるのですが
バス停のある所は熊野皇大神社前の方がわかりやすいと思うのです。
いろいろ面倒なことがあるのでしょうか。




DSC_1777-s.jpg

お昼は幹事さんが探してくれた蕎麦屋さんです。
なぜか兄弟会の昼はそばですね。





DSC_1785-s.jpg

今年の兄弟会ではどっきりなことがありました。
夕食の席で私たちの結婚50周年すなわち金婚式ということでお祝いを頂いたのです。
それがこの桐の箱に入った祝金婚それに名前の刻印されたカステラでした。
さりげない心遣いに改めて兄弟夫婦への感謝の気持ちを新たにしたのでした。
念のため申し添えますがカステラの角が崩れているのは何度も箱を開け閉めしたからです。



今日も暑かったです。
最高気温は30℃だったとか。
そして明日からは打って変わって本格的な秋になり気温が下がって最高気温も20℃だそうです。
バラもいよいよ最後です。
今週いっぱいでおおむね今年はおしまいということになるのでしょう。


カメラ散歩

天気予報では今日、明日ともに雨の予報でそれなりの作業段取りをしていたのですが
今朝ちょっと降っただけで一日曇り、明日は晴れの予報に変わってしまい予定変更です。

朝方雨が上がるとつれあいから「運動不足なんだから散歩に行って来たら」と
上から目線で言われたのでした。
言われなくても行くよと心の中で言いながらカメラをもって散歩です。





DSC_0257-s_20170917182809b9d.jpg

アスパラガスの枝に絡みついていた朝顔を発見。





DSC_0261-s.jpg

お地蔵さんと呼んでいる場所です。
地域でもどういういわれのある場所なのか誰も知らない荒れた場所だったのですが
このところ近くに方が面倒を見てくれています。





DSC_0264-s.jpg

休耕地のアサガオです。
たぶんもう直ぐ刈り取られてしまうでしょう。





DSC_0277-s.jpg

道路と畑の間の10cmくらいの空間に植えられているコスモスです。
畑の持ち主の方が管理しています。





DSC_0300-s.jpg
フランシス・デュブルイ(Francis Dubreuil)                    9/17

こんな天気でも咲いているバラを撮りました。
彩りに一枚だけUPです。



昨日は恒例の別所線沿線写真撮影会に行ってきました。
帰ってきてからパソコンに取り込んでこれは良いのではと思えるいくつかをつれあいに見せたら
「う~ん」といったきり反応なしです。
要するに大したことはないという意思表示でがっかり。

気を取り直して後日UPしましょう。


プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク