東の畑のバラ


このところブログをUPするたびに同じことを書いていますが
本当に一気に秋になってしまいました。

昨日の朝は7℃と低かったものの今朝は曇り空で14℃と高くなったのですが
日中は21℃までしか上がらず作業着を羽織らないと外に出られませんでした。
夜にはとうとうストーブを出してきました。
こうなると夏の日差しが懐かしいです。

時折小雨のぱらつく中で写真を撮りました。
ティー・ローズなどは秋の開花のピークを迎えていてHTは今週末あたりにはピ-クを迎えそうです。
10日あたりに一斉開花するように剪定したつもりだったのですが
思うようにはいかず志半ばで終わってしまうようです。




DSC_1131-s.jpg
コルデス・パーフェクタ(Kordes Parfecta)                 10/2

今日はこれまであまりUPしてこなかた東の畑のバラをUPです。
少し前にモエシー・ヒリエリが折れたと書いたころに植えてあるバラです。

コルデス・パーフェクタは本来ならHTらしく上を向いて咲くのですが
たまたま細い枝に咲いて横に向いていました。





DSC_1133-s.jpg
ミセス・チャールス・ランプロウ(Mrs Charles Lamplough)         10/2

昔ティー・ローズだと思って購入したのですがHTでぼってりとした花弁が気に入らず
東の畑で冷遇されています。




DSC_1148-s_20171002210434f9a.jpg
ローテ・ローゼ(Rote Rose)          10/2

言わずと知れた切り花品種の名花です。
我が家には切り花品種もいくつかあるのですがローテ・ローゼが最も安定して咲いてくれます。
ただこの赤色がなかなか本来の色合いで撮れません。
今回も色飽和していないのですが朱色が強く出て本来の色合いではありません。





DSC_1149-s.jpg
ザ・ヨーマン(The Yeoman)                        10/2





DSC_1156-s.jpg
チューイン(Chu Ying)                          10/2

このバラもミセス・チャールス・ランプロウと同じように花弁が厚くぼってりとした咲き方です。
私が好むバラはどちらかというと花弁が薄いタイプなので
バラ畑から東の畑に移されたのですがそのうちに抜かれてしまうかもです。





DSC_1162-s.jpg
リタウマ(Ritausma)                            10/2

大株ですが秋のバラは咲き終わっていて咲き残りの一輪です。






東の畑のバラをUPしようと画像を整理していたのですがもうひとつパッとしないので
おまけに鉢物のバラをUPです。





DSC_1178-s.jpg
エミー・グレイ(Emmie Gray)                       10/2

小倫なのでポツリポツリと咲いていてもなかなか撮る機会がありません。
今日はめずらしく3輪がまとまて咲いていたのでパチリです。





DSC_1086-s.jpg
ペルフェクションド・モンプレシール(Perfection de Montplaisir)      10/2

購入したときは大株だったのですがだんだん小さくなってきて木立性とは言えない状態です。





DSC_1186-s.jpg
鉢物置き場                                10/2

バラ畑の光景はUPしていますが鉢物を置いてあるところは本邦初公開です(笑い)。
手前右側の黄色いバラはペルフェクションド・モンプレシールです。
一季咲きのバラも混在しているのでパラパラと咲いている感じです。



秋ですね

回りの田んぼはほぼ稲刈りが終わりました。
ケヤキの木の下を走ると落ち葉が道路わきにうず高く吹き寄せられていました。
本当に秋なのだと実感します。
そうは言っても昨日の最高気温は28.9℃だったということでバラは夕方にはチリチリでしたよ。

バラ以外に秋らしい光景も合わせてUPしましょう。




DSC_0788-s.jpg
ジャンヌダルク(Jeanne d'Arc)                       9/27





DSC_0797-s.jpg
ザ・ヨーマン(The Yeoman)                          9/27





DSC_0824-s_201709271133507ae.jpg
モーデン・ブラッシュ(Morden Blush's)                   9/27





DSC_0842-s.jpg
マーチン・フロビシャー(Martin Frobisher)                 9/27





DSC_0845-s.jpg
マドモアゼル・ドゥ・ソンブレイユ(Mademoiselle de Sombreuil)       9/27





DSC_0856-s.jpg
キンモクセイ                                9/27





DSC_0859-s.jpg
カラタチ                   9/27




秋も深まってきた感じです

このところ雨が降らずそろそろ雨がほしいと思っています。
近くの松茸山では雨が少なく不作だそうです。
昨年は大豊作だったのですが一つも口には入りませんでした。
近くで採れても貧乏人には豊作も不作も関係ないということですね。

バラ畑はティー・ローズを中心ににぎやかになってきました。
やはりティー・ローズの系統は軽めのピンチをしているからでしょうか。





DSC_0693-s.jpg
ジュビリー・セレブレイション(Jubilee Celebration)              9/24

バラ畑は引いて撮るとこんな感じです。
ジュビリー・セレブレイションの下に見える赤いバラはエブ・タイドです。
真ん中の白いバラはリヴァル・ドウ・パエスツム、右側の白薔薇はアイスバーグ、
ピンク系統はジーン・シスレーや紅美香登などです。




DSC_0641-s_2017092420012869c.jpg
エブ・タイド(Ebb Tide)                           9/23

まだ夏顔です。




DSC_0609-s_20170924200125360.jpg
ジーン・シスレイ(Jean Sisley)                        9/23




DSC_0636-s.jpg
マダム・シャルル(Mme Charles)       9/23




DSC_0648-s_20170924200129418.jpg
リヴァル・ドゥ・パエスツム(Rival dePaestum)                9/23





DSC_0687-s.jpg
アルシディック・ジョゼフ(Archidic Joseph)   9/24





DSC_0660-s_20170924181721f14.jpg
マドモアゼル・ドゥ・ソンブレイユ(Mademoiselle de Sombreuil)9/24 




DSC_0665-s.jpg
ミセス・ハーバート・スティーブンス(Mrs Herbart Stevens)         9/24




DSC_0685-s.jpg
スベニール・デリゼ・バルド(Souvenir d'Elise Vardon) 9/24




DSC_0709-s.jpg
不明のEHT                     9/24



  
DSC_0712-s.jpg
ミセス・ダドリー・クロス(Mrs Dudley Cross)                 9/24






DSC_0742-s.jpg
フロム・ジローNo1                9/24




黒点病は前から出ていたのですが今日初めてうどんこ病を発見しました。
今月初めに防除したきりでサボっていた付けが来たようです。
明日の朝一番に消毒の予定です。



気のせいか?

気がついたら9月も下旬になっていました。
10月上旬の一斉開花を期待しているのですがぽつぽつと途切れず咲いています。
8月から気になっていたのですが秋になっても花のサイズが小さいのです。
今年の気候のせいでしょうか。
10月に入ったら本来の大きさで咲いてくれるのを期待しています。





DSC_0517-s.jpg
チューイン(Chu Ying)                           9/22

花が小さいと書きましたが変わらないサイズで咲くものもあります。
チューインはどちらかというと例年より大きいくらいです。





DSC_0518-s2.jpg
ワイルド・ブルー・ヨンダー(Wild Blue Yondar) 9/22

こちらは小さい!





DSC_0530-s.jpg
リヴァル・ドゥ・パエスツム(Rivalde Paestum)               9/22






DSC_0547-s.jpg
ドクター・ハーバート・グレイ(Dr Herbart Gray)              9/22






DSC_0555-s.jpg
ペイントブラッシュ(Paintbrush)       9/22






DSC_0595-s.jpg
ミッドナイト・ブルー(Midnight Blue)     9/22





DSC_0576-s.jpg
                                      9/22

ようやくカマキリさんに会いました。
時々目にはしていたのですが写真を撮るタイミングがなかったのです。
春に2cmくらいのかわいいカマキリを見たのが最初だったのですが
一応卵を産むくらいの大きさになっていてよかったです。
もしかして春に見た一匹がこれまで生き残っていたのでしょうか。






DSC_0505-s.jpg
                                      9/22

ミーちゃんが梨の木に登っています。
なぜか木に登る猫はミーだけです。



ショック!台風18号の被害が・・

今朝起きてみたらロサ・モエシー・ヒリエリが根元から折れていたのです。
自然樹形で育てていて天径も3mを超えていて
我が家では唯一自慢できるバラだったので残念です。


昨日は厚い雲に覆われていたけれど雨は降らず翌日の天気は晴れの予報で
台風18号はどこへ行ったのだろうと思っていました。
その後、夜になって風が強くなりざわざわと葉音がしていたので
明日の朝は倒れた鉢を起こさねばと思いながら床に就いたのです。

今朝はさっそく倒れた鉢を起こしたのですがいくつかの鉢の枝が折れていた程度で
思ったよりも被害がなくてよかったと喜んでいました。





DSC_0316-s.jpg

その後生ごみを出すので道路に出たところ
反対側の畑の光景がいつもと違うことに気がついたのです。
ロサ・モエシー・ヒリエリとグロワール・デ・ムスーのあった場所がぽっかりと穴が開いたように
何もないのに気がつきました。
ゴミ袋を道路において急いで近寄ってみたら
ロサ・モエシー・ヒリエリがぽっきりと根元から折れているではないですか。
そしてグロワール・デ・ムスーは根元から倒れていたのです。





DSC_0317-s.jpg

根元から細くても枝が出ていればよかったのですが
この時期では新たなシュートが出ても冬が越せないでしょうし
春になってからの新芽の動きも期待できないのではないでしょうか。
それでも春まではこのまま様子を見てみます。





DSC_0315-s_20170918163115e00.jpg

我が家では古参のバラで折れたところの太さを図ってみたら13cm×11cmで
平均12cmの太さでした。

幹の折れた部分を見てみたら表面から見てもわからなかったのですが
表皮内側が変色して形成層の半分くらいが剥がれていたのです。
早晩枯れる状況だったことがわかりました。





067-s_20170918165205afa.jpg
ロサ・モエシー・ヒリエリ(Rosa moyesii hillieri)            2016/5/26

記念に自然樹形の姿をUPしようと画像を探したのですがなんと
ひとつもないことがわかりガックリ。
とりあえず昨年の画像のUPです。

画面左下のピンクのバラはグロワール・デ・ムスーです。
このバラは倒れただけだったようなので支柱を立てて起こしておきました。





026-s_20170918164857e68.jpg
ロサ・モエシー・ヒリエリ(Rosa moyesii hillieri)            2016/5/20





DSC_0329-s.jpg
ロサ・モエシー・ヒリエリ(Rosa moyesii hillieri)               9/18

折れた枝を整理していたらヒップがふたつ見つかりました。
せっかくだから種をまいてみましょうか。




プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク