昨日は皆既月食(スーパーブルーブラッドムーン)

昨日の皆既月食はテレビでもウエブサイトでも報道されていてその話題につられて撮ってみようという気になりました。
皆既月食というのはそれほど珍しいものではないと報道されていたのになぜ今回は話題なっているのでしょう。

持っているレンズはバラを撮るのが中心で望遠といえば80~200mmのズームしかありません。
200mmでは豆粒くらいにしか写らないのでカメラはDX(APS-C)で300mm相当で撮りました。
それでも小さく写っていたのでトリミングしています。




DSC_0004-s2_20180201193622bc2.jpg
                                2018/1/31 18:12

何か風景になるものを入れて写したかったのですが田舎で高い建物があるわけでもなく
光がある光景がなかったので日の丸構図で玄関の前での撮影です。




DSC_0015-s2_20180201193624ba9.jpg
                                2018/1/31 21:28

報道では20:48に月食が始まり21:51分に皆既月食になると言っていました。
この画像は月食が始まって40分後です。




DSC_0028-s2_201802011936254f9.jpg
                                2018/1/31 22:08

22時を過ぎたところで外に出てみたら白っぽい月が赤銅色に変わっていました。
皆既月食になっているはずですが右上が明るくてどうしてだろうと思っていたのですが
ウエブサイトに最大食は22:30だと出ていたので納得でした。
この時間には均一な赤銅色の月を見ることが出来たのでしょう。
わかっていれば最大食の時間にも撮ったのに残念なことをしました。

テレビでスーパーブルーブラッドムーンだと言っていたのを耳にしたのですが
どういう意味なのか聞き落してしまっていたので皆既月食の写真を撮ってからウエブサイトで調べてみました。
スーパームーンとは月が地球に接近した時に見える月で、ブルームーンとは満月のことで、
ブラッドムーンとは皆既月食の時の月であって今回はこの3つの現象が重なったことから
スーパーブルーブラッドムーンと呼ばれていたようです。
この現象は35年ぶりだということでそうなるとたびたび見られる皆既月食とは違って
テレビでも大きく取り上げられたのだと納得でした。

7月にはまた皆既月食が見られるそうなので真夜中でなかったら見ていようと思っています。





ウイリアムⅢ

今夜は皆既月食だということでテレビでも解説していました。
珍しく私もその気になってカメラをもって何度も外に出ています。
皆既月食まであと30分ほどあるので用意していたウイリアムⅢの画像をUPします。




DSC_0058-s_20180128202016967.jpg
ウイリアムⅢ(William Ⅲ)                       2017/5/21

ハイブリッド・スピノッシシマ(Hybrid Spinosissima)の品種ですが原種の雰囲気が強く
野趣味にあふれています。





DSC_0075-s_2018012820201764f.jpg
ウイリアムⅢ(William Ⅲ)        2017/5/31

このバラは昨年初めて我が家で開花したのですが生育状況はもう一つという感じで
強いというよりは弱いという感じです。





DSC_0094-s_20180128202019448.jpg
ウイリアムⅢ(William Ⅲ)        2017/5/29

ハイブリッド・スピノッシシマの系統ではバーネット・ダブル・ピンクは枯れてしまいました。
また・バラ友さんから頂いたバーネット・アイリッシュ・マーブルも枯れてしまったのでした。
原因は不明ですがなんとなく弱い系統なのではと思い込んでいます。





DSC_0101-s_201801282020200dd.jpg
ウイリアムⅢ(William Ⅲ)                       2017/5/29

バーネット・ダブル・ピンクは丸くて黒いローズヒップがたくさんつきますが
ウイリアムⅢにはヒップが付きませんでした。
もともとつかないのか樹勢が弱っていて付かなかったのか不明です。
この春には樹勢をつけて納得できる咲かせ方をしたいです。



そろそろ完全な皆既月食が見られる時間です。
うまく撮れたら明日UPしましょう。







エディーズ・クリムソン


寒い寒い。
今日も快晴なのに昼には北西の風5mで最高気温は1℃。体感温度はもちろんマイナスです。
明日の午前中まではこんな天気らしいですね。
近くの果樹園ではこんな寒さでもチェーンソーの音を響かせて剪定をしていましたが
私はひたすら冬ごもりです。
明日の午後からは気温もあがってきそうなのでバラかリンゴの剪定をしたいと思っていますが・・・。
果たしてどうなるでしょう。

今日のバラはエディーズ・クリムソンです。
昨年根元から折れてしまったロサ・モエシー・ヒリエリの後釜にしようと思っているバラです。
モエシーの交配品種というだけあってモエシーよりも華やかです。




DSC_0073-s_20180124095940e3c.jpg
エディーズ・クリムソン(Eddie's Crimson)               2017/5/21

今のところは鉢に入っているのですがそれでも2..5mくらいまで伸びています。





DSC_0096-s_20180124095942b2a.jpg
エディーズ・クリムソン(Eddie's Crimson)                2017/5/25





DSC_0122-s_20180124095943e72.jpg
エディーズ・クリムソン(Eddie's Crimson)                2017/5/24


MRよりもORに興味があるせいでしょうか、この明るさというか派手さはちょっと好みのわかれるところです。
自然樹形で育てた時の派手さを想像すると地植えしようかどうかちょっと逡巡してしまいます。




雪景色

天気予報通り昨日の午後から降り始めた雪は夜にはやんだもののこの冬初めての大雪となりました。
道路では20cmくらい、屋根の上には30cmくらい積もっていました。
家の前の道路は自分で除雪しなければならないのですが、我が家の前は家がなくかつ両隣の家までは50m以上あるので大雪となると大変です。
昨夜は7時過ぎに一度除雪して、10時ころにもう一度除雪を始めたのですが半分も行かずにギブアップ。
今朝起きて恐る恐る窓を開けてみたら昨夜のギブアップ時点からは降らなかったようで一安心です。
朝食前になんとか除雪を終えましたが昼からは疲れがドットで出て何もできませんでした。
札幌にいた時は休日には一日中除雪をしても何ということはなかったのに残念です。





DSC_3791-s.jpg

剪定の終わっている梨の木です。
ちょっと芸術的だと思いませんか。




DSC_3802-s.jpg

ご近所さんのリンゴ畑です。
こちらはまだ剪定していません。





DSC_3798-s.jpg

バラ畑の定点撮影場所からの光景です。
左のアーチがつるバラ最後の剪定を待っているつるサマースノーです。
右奥のシェッドの屋根の雪は30cmくらいあると思います。





DSC_3799-s.jpg

剪定の終わったピエール・ド・ロンサールですがきれいな誘引には見えませんね。





DSC_3808-s.jpg

ノイバラです。
少し前まではたくさん実が付いていたはずなのですが今朝見たら一つもついていませんでした。





DSC_3797-s.jpg

道路の反対側にあるバラ畑をみた光景です。
雪をかぶった光景は美しいですがあっという間に消えていきました。

道路の雪は融けてしまいましたがバラ畑の雪はいつ融けるのでしょう。
天気予報では明日の最高気温は2℃、明後日は0℃、明々後日は‐2℃となっています。
雪があっても剪定はできますが、まだやっていないリンゴの剪定に手を付けましょうか。


菫色の女王

このところ日中は良く晴れて気温も10℃近くまで上がりつるバラの誘引がはかどっています。
今日はグラハム・トーマスまで終わって残りはフランソワ・ジュランビルとつるサマースノーの
アーチだけとなりました。
こんなに順調に誘引が進むということはなかったのでどうしてだろうと不思議に感じています。
一番の理由は昨年すべてのつるバラにカミキリムシの幼虫が入ったと思えるくらい甚大な被害があったことから樹勢が衰えシュートが出なかったものが多く作業量が減ったのだろうと考えています。
もう一つの理由は例年になく早く葉が落ちたので誘引作業に入ったのが早かったということだったと思っています。


さて、今日のバラは日本語に訳すときれいな名前だと感じるバラの一つのレーヌ・デ・ヴィオレットです。





DSC_0159-s_20180120151318962.jpg
レーヌ・デ・ヴィオレット(Reine des Violettes)              2017/5/24

以前、「ROSA GALLICA」に出ていたヴィオラセ(Violacea)に一目ぼれして大騒ぎして手に入れたことがありましたが、
そのときバラ友さんからムックの「My Garden」Vol65の表紙に出ていたでしょうと教えていただきました。
確かに表紙を飾っていたバラはヴィオラセだったのですがこの表紙からはビビッと来るものはありませんでした。





DSC_0052-s_2018012015131572f.jpg
レーヌ・デ・ヴィオレット(Reine des Violettes) 2017/6/9

不思議なもので一度これはと思ってしまうと同じようなバラに気が向いてしまいます。
以来ガリカやモスの紫色のバラを買い集めたものです。





DSC_0018-s_20180120151311efb.jpg
レーヌ・デ・ヴィオレット(Reine des Violettes)             2017/7/13

しかし、レーヌ・デ・ヴィオレットは夢中になって集めたバラの一つではなくて
たまたま秋に行ったガーデン・ソイルで安売りをしていたバラの中から手にしたバラだったのです。





DSC_0099-s_201801201513164ca.jpg
レーヌ・デ・ヴィオレット(Reine des Violettes) 2017/7/28

しかし今では紫色の系統のバラの中ではヴィオラセを差し置いて一番のお気に入りです。
特別色が濃いわけでもないのですがなぜか目を引くのです。
名前が「菫色の女王」というのも気に入っていますが返り咲きするのもうれしいです。





DSC_0039-s_20180120151314f7a.jpg
レーヌ・デ・ヴィオレット(Reine des Violettes) 2017/8/23




明日からは大寒らしい本格的な寒さになるようです。
残りのつるバラの誘引はいつ終わることになるでしょう。




プロフィール

paper moon

Author:paper moon
FC2ブログへようこそ!

カレンダー+最終更新日
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク